未解決の女 5話はモスキートぺアンが鍵?ブラックぺアンと同じ結末なの?

地下室に籠る魔女・鳴海(鈴木京香)と熱血漢・矢代(波留)の対比が面白いドラマ『未解決の女』。

ところが、5話にしてゆゆしき事態が発生!

5話の公式あらすじに、「医療ミス」で「体内にぺアン放置」と書いてあるのです(>_<)

これって二宮和也さん主演のドラマ『ブラックぺアン』と状況が酷似……いや、ほとんどパクリですよね~?

当記事では『ブラックぺアン』のパクリと噂の『未解決の女』第5話のあらすじを、『ブラックぺアン』原作のあらすじと比較してみました。

“モスキートぺアン”についても調べてまとめています。



『未解決の女』第5話・あらすじ




『未解決の女』第5話では、厚生労働省の官僚・須賀勇蔵(児玉頼信)が突然、腹部大動脈りゅう破裂で死亡する事件が発生。

原因は体内から見つかった「モスキートペアン」と呼ばれる小型鉗子!


須賀は5年前に「松河総合病院」で大腸がん手術を受けていて、モスキートペアンはその際に放置されてしまったものだとみなされます。

この5年前の医療ミス疑惑が、ある未解決事件にも光を当てることになります。


それは、手術の1週間後に同院の放射線技師・中尾勲(町井祥真)が刺殺された事件。

手掛かりは中尾が最後に残した血文字「も」のみで、事件解決には至らず終い……。


「特命捜査対策室」の文字フェチ女・鳴海(鈴木京香)は、中尾が殺されたのは「術後のレントゲン撮影で体内のモスキートペアンに気づいたため」で、ダイイングメッセージの「も」はモスキートペアンを示唆していたのでは…と推察。

しかし容疑者・松河正一(植草克秀)をはじめ手術関係者にはアリバイがあり……。


そんな中、矢代(波留)はこの手術の第一助手が松河森次(宮迫博之)と知って、目を見張ります。

松河とは、数カ月前、捜査中に重傷を負った朋を、死の淵から救ってくれた恩人だったのです!


ちょうどその頃、「特命捜査対策室」の係長・財津喜延(高田純次)は、驚愕の新事実をもたらす文書を入手。

その筆跡と“ある一文字”に、鳴海が鋭く反応し…!?


『未解決の女』5話の鍵を握るのは“モスキートぺアン”のようです。

“モスキートぺアン”とは?



“モスキートぺアン”とは、小さな外科手術用の鉗子。

「モスキート」は蚊を意味し、「小さい」「軽い」という意味で使われています。

メーカーによっては「モスキートコッヘル」と呼ばれることも。


主な使用用途は、ペアンの用途と同様に、鈎の有無による特徴を活かして止血することです。

モスキートぺアンは、より繊細な部分に使用されることが多いです。


ドラマ『ブラックぺアン』とは?


doraさん(@vxro8459)がシェアした投稿


物語の舞台は、「神の手」を持つ佐伯教授(内野聖陽)が君臨する東城大学外科教室。

ブラックぺアンとは、佐伯教授が手術の最期の仕上げに使う黒いぺアン。

原作ではこのブラックぺアンにまつわる過去が、物語の大きな鍵を握っています。

帝華大の高階(小泉孝太郎)が“佐伯式”と同等の手術を行える新兵器“スナイプ”を手土産に乗り込んできたことから、ストーリーは動いていきます。

ドラマ『ブラックぺアン』と同じ結末なの?

一番気になるのが、『未解決の女』第5話が『ブラックぺアン』と同じ結末なのかどうかです。

iketenaimansさん(@iketenaiman)がシェアした投稿


二宮和也さん主演のドラマ『ブラックぺアン』“ブラックぺアン”にかかわる結末について、原作から簡単にネタバレします。

ドラマの今後のストーリーを前もって知りたくない方は、閲覧注意です。


原作『ブラックぺアン』“ブラックぺアン”に関するネタバレ


佐伯教授(内野聖陽)は、かつてイイヌマタツジという患者に直腸穿孔の手術をした際、体内にぺアン(普通のシルバーぺアン)を留置したまま閉腹。

その理由は医療ミスではなく、出血を止められなかったのでやむを得なかったから。


佐伯教授は、このぺアンを巡る問題で親友・渡海一郎(渡海征司郎の父親)との意思疎通に失敗、その結果、一郎は地方へ飛ばされて現在は亡くなっています。

それ以降、佐伯教授は自分の手術の仕上げに“ブラックぺアン”を使うようになります。


“ブラックぺアン”は特注のカーボン製でレントゲンには写らないし、火葬されたら一緒に燃えて後には残りません。

佐伯教授は自身の戒めとして“ブラックぺアン”を使い、そしてまた同じようなことが起こったら使用しようと決めていたのでした。


こうして『未解決の女』5話と『ブラックぺアン』のあらすじを見比べると、“モスキート”と“ブラック”の違いはあるものの「ぺアンを体内に放置する医療ミス?」という点では全く同じですよね~(^_^;)

『ブラックぺアン』の場合は上記の通り医療ミスではなくやむを得なかったからですが、『未解決の女』5話ではどうなるでしょうか?

『未解決の女』5話・モスキートぺアンのネタバレ



須賀勇蔵(児玉頼信)の体内にぺアンを置いたのは、手術の第二助手である中国人医師でした。

中国人医師の妹は、須賀のせいで留学して医師になる夢を断たれて自殺しました。


中国人医師は須賀を殺すつもりまではなかったけれど、妹の復讐がしたかったのです……。

そしてこの中国人医師の行為が、松河正一(植草克秀)、森次(宮迫博之)兄弟の運命をも変えていくことになりました。


『未解決の女』のモスキートぺアンは、医療ミスではなく復讐だったのです。

まとめ

ドラマ『ブラックぺアン』とそっくりな設定で大きな話題を呼んでいる『未解決の女』5話のあらすじや、“モスキートぺアン”についてまとめました。

2018年5月18日、『未解決の女』5話放送後、追記しました。

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • コンフィデンスマンJP
  • シグナル(ポイント)
  • 隣の家族は青く見える
  • 犯罪症候群 Season2
  • コードブルー Season3
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン




Hulu 日テレ公式


  • 正義のセ
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル!
  • anone
  • トドメの接吻/トドメのパラレル
  • もみ消して冬




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • デイジー・ラック(216ポイント)
  • 半分、青い。(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)