『親愛なる僕へ殺意をこめて』最終回結末をネタバレ!エイジと京香の衝撃的な結末とは?

「人生は楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・エイジ(山田涼介)がある日目覚めると、横にミスキャン候補・雪村京花(門脇麦)が寝ていました。

突然美人の彼女ができてウキウキのエイジですが、なぜかここ数日の記憶がありません。

そんな中、畑中葉子の惨殺死体が見つかります。

当ページでは『親愛なる僕へ殺意をこめて』の1話~最終回までのあらすじと結末ネタバレ、原作の時系列についてまとめています。

※この記事は新情報が入り次第、追記していきます。

※ドラマの結末に関わる内容も含まれているので、まだ知りたくない方はご注意ください。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」ナミ(川栄李奈)は原作に登場しない?真明寺麗のドラマ版キャラクター?

2022年9月23日



『親愛なる僕へ殺意をこめて』とは?

『親愛なる僕へ殺意をこめて』とは、2022年10月スタートの山田涼介さん主演ドラマ。

門脇麦さんと川栄李奈さんがWヒロインを務め、遠藤憲一さん、佐野史郎さんなど演技派メンバーが勢ぞろい。

原作漫画は、大ドンデン返しに次ぐ、大ドンデン返しで、一瞬も目を離せないハードなストーリー。

とんでもないことが連続で起こるので、驚かされながらもインパクトのある展開に引き込まれていきます。

簡単なあらすじ


連続殺人鬼・LL(早乙女太一)を父親に持つ大学生・エイジ(山田涼介)に、ある日可愛い彼女・雪村京花(門脇麦)ができた。

しかしエイジにはここ数日間の記憶がないので、なぜ付き合うことになったのかわからない。

「人生は楽しんだもん勝ち」「細かいことは気にしない主義」で“今”を楽しむエイジだが、そんな中、15年前のLLの手口を彷彿とさせる「畑中葉子の惨殺死体」が見つかる。

自分にB一というもう一つの人格があることを知ったエイジは、「B一が畑中葉子を殺した犯人ではないのか?」の疑いの元、調査を進めていく。

犯人候補として

  • エイジのもう一つの人格・B一(山田涼介)
  • ハングレ集団『SKALL』のトップ・佐井社(尾上松也)
  • LLの5人目の被害者である白菱凛の父親・白菱正人(佐野史郎)
の3人の名前が挙がるが、果たして誰が犯人なのか?

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話~最終回までのあらすじネタバレ

ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話~最終回までのあらすじネタバレです。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』1話のあらすじネタバレ・判明した事実


あらすじネタバレ


※番組放送後に記載します。

判明した事実


番組放送後に記載します。


『親愛なる僕へ殺意をこめて』原作の犯人は4人

『親愛なる僕へ殺意をこめて』原作の犯人は4人います。

  • 畑中葉子を殺した犯人
  • 八野衣真を殺した犯人
  • 京花をメッタ刺しにした犯人
  • LL事件の真犯人

4人の犯人について以下でネタバレします。

※ドラマの結末に関わる内容ですので、まだ知りたくない方はご注意ください。

畑中葉子を殺した犯人


畑中葉子を殺したのは、雪村京花(門脇麦)です。

京花が葉子を殺したのは、エイジとB一(※)のため。(エイジとB一からしたら有難迷惑)

自身の父親・八野衣真(早乙女太一)が殺人鬼である事実を受け入れられず、復讐に命を懸けるB一(エイジの別人格/山田涼介)の目を覚まさせるために、LLと同じ残忍な手口(ありとあらゆる拷問をする)で畑中葉子を殺害しました。

京花は、自分が狙っているB一に近づく畑中葉子が許せなかったのです。

※B一はエイジのもう一つの人格


雪村京香は自身の生家の風呂場で、畑中葉子への虐待・殺害を実施。

人の言いなりになるしかできない父親・白菱正人(佐野史郎)にも虐待を手伝わせた結果、正人は自殺しました。


京花は畑中葉子の片耳をプレゼントとしてエイジ(B一/山田涼介)に送り付けるなど、既に精神崩壊している女性。

京花がモンスターとなった理由は、実の母親に押し入れに閉じ込められて育てられたからです。

幼い京花は、母親に洗濯機に放り込まれて洗濯物のように回されたりと、実に惨い虐待を受けていました。


そんな中、LLが京花の実姉・白菱凛を拷問・殺害。

絶望した母親が自殺し、京花は晴れて自由になり、施設で暮らせることになったのでした。(その後、今の優しい両親に引き取られた)


京花にとってLLは恩人であり憧れの存在。

京花がエイジ(B一)に近づいた理由も、LLの息子だから。

京花は畑中葉子を殺してB一の目を覚まさせた後、エイジとB一の人格統合をおこなうつもりでした。


八野衣真を殺した犯人


LL=八野衣真(早乙女太一)は焼身自殺したとされていますが、実は殺されていました。

猿渡敬三刑事(高嶋政宏)が愛する部下・桃井薫刑事(桜井ユキ)のスキャンダルが流出するのを防ぐため、八野衣真の存在ごと消し去ったのです。

15年前、猿渡は八野衣真の目撃証言を上層部に知らせず単独で乗り込み、八野衣真を絞殺した後、小屋に火を放って自殺に見せかけました。

桃井刑事のスキャンダルとは?

15年前のLL事件の渦中、LLから桃井に封書が届いた。中には桃井が女性とホテルに入る一部始終が写真に撮られていた。実はその女性は八野衣真の店で働く風俗嬢で、LLは「この写真をバラ撒かれたくなかったら捜査情報を流せ」と脅迫してきたのだ。猿渡はLL=八野衣真だと思い、八野衣を殺害したが、これこそが本物のLLの思うつぼだった。


京花をメッタ刺しにした犯人


エイジとB一の人格を統合することが目的だった京花(門脇麦)は、まずエイジの人格を殺害。

次はB一に本物のLLの正体をバラそうとしますが、その矢先に何者かに襲われてナイフでメッタ刺しにされます。


現場にいたのはナイフを持ったB一ですが、B一は犯人ではありません。

B一が京花に「誰にやられた?」と聞くと京花は「LL」と答えますが、LLでもありません。


京花を襲ったのは、エイジの義姉・乙。

乙は幼少期にB一からトラウマを植え付けられたことを恨んでおり、「エイジの大事なもの=京花」をメチャクチャにしてやりたかったのです。

14日にエイジが京花を家に連れてきた時、乙は「これで14年間の恨みが晴らせる」と歓喜。

その後は京花の跡を付けたり京花の持ち物にGPSを付けたりして監視し、18日に計画を実行したのでした。

LL事件の真犯人


LL事件の真犯人は浦島亀一(遠藤憲一)。

生まれながらに「虚無」を感じている人間で、自身の感じていることを世の中に広めたくてLL事件を起こしました。


S県内でLLの5番目の犠牲者・白菱凛が殺された時、浦島亀一は現場から遠く離れた北海道に家族で旅行していました。

しかしその後のB一の調べで、実は白菱凛が北海道で殺害されたことが判明。


当時、八野衣真と浦島亀一は、DVなど家庭に問題を抱える少女たち(全員八野衣真の風俗店で働いていた)を地方に逃がしていました。

(八野衣真が少女たちの「夜逃げ」を手引きする係で、浦島亀一が「新しい土地での住まいや仕事」を手配する係)


白菱凛も八野衣真の風俗店で働いており、八野衣真が白菱凛の「夜逃げ」を手引き。

亀一は北海道で白菱凛を待ち構え、家族の目を盗んで拷問・殺害。

家族を飛行機で帰らせ、自身はトランクに白菱凛の遺体を乗せて帰ってきたのです。

(八野衣真は浦島亀一がこんな酷い裏切りをしているとは、最後まで気が付かなかった)

浦島亀一は八野衣真を「殺人鬼・LL」に仕立て上げ、自分が犯した罪のすべてを真になすりつけたのです。


実は浦島亀一は、幼いエイジの人格が分裂していることに気が付いており、この偽りの息子の人生の結末が見たくて引き取ったのでした。

思いやりの塊のように見えた亀一でしたが、実は偽物の親子を演じていただけだったのです。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』原作の見どころ

原作の見どころは

  • 主人格はまさかのコッチ?
  • エイジという人格の殺害
  • エイジの京花への「究極の愛」

です。

以下でそれぞれについて詳しく解説します。

※ドラマの結末に関わる内容ですので、まだ知りたくない方はご注意ください。

主人格はまさかのコッチ?


エイジ(山田涼介)と京花(門脇麦)の突然のラブラブな恋愛から始まる本作では、誰もがエイジが主人格だと思っていたのではないでしょうか?

しかし真相は、B一が主人格で、エイジはB一が作り出した人格でした。

つまりエイジには本体がなく、人格のみの存在だったのです!


世にも珍しい「人格の殺害」


原作漫画では、世にも珍しい「人格の殺害」がおこなわれます。

具体的には、京花によるエイジという人格の殺害。


京花の目的は、エイジとB一の人格を統合することで、自分を受け入れてくれる「理想的なエイジくん」に作り変えること。

そのためにエイジを精神的に追い詰め、エイジが人格だけで本体を持たない「出来損ないの存在」である事実を突きつけたのです。

エイジのアイデンティティーは崩壊し、崩れるように倒れました。


稀に見る「究極の愛」


エイジは人格破壊されそうな状態でも、京花への愛が変わりませんでした。

京花がエイジとB一の人格統合をおこなう理由は、自分を愛して欲しいから。

今まで居場所がなかったエイジには、そんな京花の気持ちが痛いほど理解できたのです。


そしてたとえ京花の言動・行動がすべて嘘だったとしても、エイジは京花によって心救われていました。

エイジは京花に「俺も君を暗闇から救い出してあげたい」と言って、京花を抱きしめて「京花ちゃんが俺に死んでほしいなら、俺は喜んで死ぬ」と言って消えてしまいます。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』原作の最終回結末

原作の最終回結末の要点3つは
  • 畑中葉子殺害の犯人は京花で、目的は恩人であるLLの息子・エイジとB一の人格統合。
  • エイジの人格は消滅し、B一だけが残った。
  • B一は真犯人にたどり着くが、殺さない。
です。

原作の結末はエイジ(という人格)は死亡、復讐の塊・B一はLL事件の真犯人・浦島亀一(遠藤憲一)を殺さないラストです。

B一が亀一を殺さなかった理由は、殺したら亀一の望み通りになってしまうから。

そして悪の連鎖を繋げれば、また別の悪が生まれてしまうからです。


エイジの究極的な愛情を受けた雪村京花は、自分がエイジを殺したことを心から嘆きます。

たとえ京花が凶悪なモンスターであっても、思わず同情せざるを得ないほどの激しい悲しみを感じさせるラストです。

数年後に出所したB一は日雇い労働者として働きはじめ、今もエイジの魂はB一の中に生きており、それがB一を助けてくれる結末です。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』原作で起こった出来事を「時系列」で順番に解説!


『親愛なる僕へ殺意をこめて』は出来事の順番がややこしいので、時系列にまとめます。




























日時 起こった出来事
9月26日 雪村京香(門脇麦)が実父・白菱正人(佐野史郎)と15年ぶりに再会。

京花は正人に「SKALL」が運営するデートクラブ「ALICE」で畑中葉子を指名するように命令する。
10月16日 佐井社(尾上松也)が葉子を車で拉致しようとしたが、葉子は車から飛び降りた。

葉子はパパ活の相手・白菱の車に乗り込んで助けを求めるが、後部座席にいた京花に注射を打たれる。

その後、畑中葉子は行方不明になる。(京花が自身の生家で監禁・拷問していた)
10月24~26日 浦島エイジ(山田涼介)の記憶がはじめて飛んだ期間。

エイジのもう一つの人格・B一が大学一の不良・名脇から京花を助け、その夜京花は拷問し尽くした葉子を殺害。

京花はLLの息子・B一に付きまとい、エイジを見張る役を申し出る。
10月27日 エイジが目覚めると、隣に京花が寝ていて驚く。

京花は「エイジくんが告白して付き合うことになった」と言ったが、真実はエイジを見張るために彼女のフリをしていた。
10月30~11月2日 エイジの記憶が飛んでいる期間。11月1日に畑中葉子の死体が発見される。
11月4日 エイジが自分の部屋から血まみれのバットと大金を発見する。

警察から畑中葉子を殺した犯人だと疑われた後に、ポケットから畑中葉子の片耳が出てくる。
11月6日 エイジは自分のもう一つの人格・B一が葉子を殺したのではないか?と疑い、京花と別れて真相を探る。
11月9日 B一に人格交代。
11月12日 部屋で葉子の片耳を見つけたB一は、葉子の客・白菱(佐野史郎)の家に行って「お前が葉子を殺したのか」と問い詰める。

しかし後ろに隠れていた京花に注射されて倒れた。(この後エイジに人格交代)
11月14日 京花が浦島家へ。亀一の怪我を見て直感的に「LLなのでは?」と勘づく。

一方で、引きこもりの乙(※)は憎きエイジの彼女・京花を殺す計画を立てる。

※エイジの義理の姉。幼少期にB一によって強烈なトラウマを植え付けられた。
11月18日13時30分 エイジと京花が雪村家の生家にやってきた。

(この後3時間の間にエイジは死亡、乙が京花をメッタ刺しにした)

本当はこの日に京花は、亀一=LLであることをB一にバラすつもりだった。
11月18日16時半 メッタ刺しにされた京香とそばでナイフを持っていたB一を、警察が発見してB一を逮捕。

以降、人格交代はなくなる。
1月24日 B一が京花の病室へ行き、京花を襲う。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』ドラマの最終回結末を予想


次にドラマの最終回予想をします。

※原作のネタバレをふくみますのでご注意ください。

原作とドラマの大きな違いは

  • エイジの相棒として、原作ではチョイ役のナミが大活躍!
  • ナミは、原作の真明寺麗 (しんみょうじ・れい)の要素を含んだオリジナルキャラ
です。

原作のヒロインが京花(門脇麦)と真明寺麗 (しんみょうじ・れい)なのに対し、ドラマは京花(門脇麦)とナミ(川栄李奈)のダブルヒロイン。

原作の恋愛要素はエイジと京花だけでしたが、ドラマはエイジとナミの恋にも発展するかもしれませんね。(事実、原作の真明寺麗はエイジに気がある様子にも見えました)

畑中葉子を殺した犯人については原作通りだと思います。

猟奇的殺人に、人格の殺害。

真犯人の猟奇的な犯人の告白、楽しみです!!!

原作ではエイジが死にますが、ドラマでは死んでほしくないと思いつつも、やはりエイジが死ぬからいいラストなのかな、と。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」ナミ(川栄李奈)は原作に登場しない?真明寺麗のドラマ版キャラクター?

2022年9月23日