ドラマ「中学聖日記」初回放送前のスピンオフムービーをネタバレ!仲良し4人組が幸せだった頃の話

2018年10月9日(火)(よる10:00~11:07)から、新ドラマ『中学聖日記』がスタート(TBS系列)。

初回放送に先駆けて、5分程度のスピンオフムービーが公開されました。

聖(有村架純)に出会う前の仲良し4人組(黒岩晶、九重順一郎、白石淳紀、岩崎るな)の幸せで平和だった日常が描かれています。

当記事では新ドラ『中学聖日記』初回放送前のスピンオフムービーをネタバレしてまとめています。



『中学聖日記』スピンオフムービーをネタバレ




中学2年生の夏。

黒岩晶(岡田健史)、岩崎るな(小野莉奈)、九重順一郎(若林時英)、白石淳紀(西本まりん)は、仲良し4人組。

ビデオカメラを回しながら、心理テストをして答えていました。


九重:「今まで生きてきた中で、一番大事な日は何ですか」

るな:「クラス発表の日」


九重:「あなたの自慢できるポイントは?」

淳紀:「この笑顔」


これは聖ちゃん(有村架純)に出会う前の、僕たちの物語。

言葉にできない感情をまだ知らなかった頃の話。


九重:「あなたが友人関係で大切にしていることは何ですか?」

黒岩:「一緒にいることかナ」

九重:「俺たち一緒にいるもんな~」


九重:「あなたにとって青春って何ですか?」

淳紀:「みんなと一緒にいること!」


この心理テストは何なのかと言うと、黒岩が盗んだ(本人は拾ったと言ってる)国語ノートの裏に書いてあったもの。


今度はるながカメラを回します。

るな:「黒岩にとって、恋に落ちる瞬間ってどんな時ですか?」

黒岩:「知らないよ、そんな感情」


その後、黒岩は忘れ物(国語ノート)を取りに教室に戻ってまた帰ってきました。


4人は海を見ながら仲良くアイスキャンデーをたべます。

そして今までの先生が産休に入って、今度くる新しい先生がどんな先生なのか想像します。


まとめ

『中学聖日記』初回放送前のスピンオフムービーについてネタバレしました。

まだ恋を知らない中学生たちの前に現れる可愛すぎる聖ちゃん、かなり罪作りな存在かと思います。