「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」のあらすじのネタバレ・前編!ディーン・フジオカ主演で名作が蘇る!

2019年1月6日(日)に、ディーン・フジオカさん主演の超大作『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』が放送されました。

豪華過ぎるキャスト陣の名演技にただただ泣かされっぱなしで、アッという間の3時間でした。

当記事では『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』のあらすじのネタバレ・前編をまとめています。


「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」のネタバレ・後編と感想!吉沢亮の演技が泣ける!の記事はこちら
「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」のネタバレ・後編と感想!吉沢亮の演技が泣ける!

「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」キャスト一覧!原作や主題歌、現代版の見どころも!はこちら
「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」キャスト一覧!原作や主題歌、現代版の見どころも!



『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』のあらすじのネタバレ・前編



『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』のあらすじのネタバレ・前編をまとめます。

平成という激動の時代を舞台に、追われる者・馬場純(ディーン・フジオカ/吉沢亮)と追う者・斉藤涼介(井浦新/清水尋也)の人生が交錯し、緊迫の心理戦が展開します。

果たしてこの旅路に終わりはあるのか?

弟思いの兄が、人殺しに



1994年の神戸。

馬場純(吉沢亮)は、母・結子(富田靖子)と弟・哲(荒木飛羽)の3人暮らし。

病気の弟のために一生懸命働いていた純でしたが、ある日事件の加害者になって少年刑務所へ。

純は、母・結子からお金を騙し取ったクリーニング店の店主・斉藤太(寺脇康文)と口論の末、誤って死なせてしまったのです。


「自分の肝臓を移植すれば弟は助かる」という思いから刑務所を脱走した純でしたが、病院に着いた時には哲は息を引き取っていました。

一方、純が脱獄したニュースをテレビで見た被害者家族の息子・斉藤涼介(清水尋也)は怒りに震えていました。


弟の死を目の当たりにした純は、自殺しようとしたところを徳田浩章(奥田暎二)に助けられました。

徳田は自立支援施設・徳田育成園の園長で、純は弁護士を目指す渡辺拓海(村上虹郎)の部屋に住むことに。


渡辺拓海と無二の親友に


View this post on Instagram

@misaoyyがシェアした投稿


渡辺拓海は、いつも沈んだ表情の純を気にかけてくれました。

純は、拓海のおかげでなんとか飯が喉が通るように。

拓海は、いつも片足を引きずって歩いています。


純が「なんでここにおるとか聞かへんの?」と聞くと「別にどうでもええ。お前俺がなんで足ひきずってるのか知りたいんか?」と拓海。

純が「いやっ」と首を振ると、「そういうことやんな」と拓海。

そして拓海が「でもひとつだけ。なんて呼んだらいい?」と聞いてきたので「哲」と亡き弟の名前を口にしてしまう純。


その頃、被害者家族はマスコミの糾弾に苦しんでいました。

マスコミは、殺された太が加害者家族からお金を騙し取ったことについて太の妻の歌織(かたせ梨乃)を激しく責めたのです。

涼介は「いい加減にしろ、被害者はこっちなんや!」と歌織を守りますが、「アタシの責任や。アタシがお父さんを止められなかったから」と泣く歌織。


また場面は変わって、徳田育成園の純と拓海。

拓海には、東京に彼女がいるという。

拓海は、その子のためにスタージュエリーのネックレスを買いました。


もうずいぶん待たせているから、早く弁護士になって迎えに行きたいと拓海は語ります。

拓海は昔国選弁護人に救われた過去があり、自分もそんな風に弱者の味方になりたいのです。

拓海は純に「やり直せると思うで」と優しい言葉をかけてくれました。


殺すつもりやなかったんやろ、正当防衛なんやろ



純と拓海が育成園に帰ると、警察が来ました。

とっさに隠れて逃げようとする純ですが、拓海が止めました。

そして園長も拓海も、純がここにいることを警察に黙っていてくれました。


拓海は「馬場純、刑事がそう言ってたわ。髪切ってくれ」と頼んできて、戸惑いながらも拓海の髪を切ってやる純。

純は、弟の哲が自分の肝臓を移植すれば助かったのに救えなかったこと、母が線路から落ちて亡くなってもしかしたら自殺だったかもしれないことをポツリポツリ話します。

拓海は真剣な顔で聞いています。


純:「哲はたったひとりで死んでいった、俺は人を殺したんや」

拓海:「殺すつもりやなかったんやろ、正当防衛なんやろ?」

純:「え?なんで」

拓海:「オレにとってオマエは凶悪犯っていうより、色々事情があって今ここにいる。なんかな、その方がリアリティーがあるんやな」

純は泣き崩れました。

そんな2人をかげから見守る園長の徳田。


難しい方を選べ


そして正月。

拓海は、母親が危篤のためにしばらく実家に帰っています。

純は園長の徳田と向かい合って話をします。

徳田:「あいつ(拓海)は、昔義理の父親に虐待されてグレてしもた。ま、過去のない人間なんておらんわな」

純:「なんで刑事に嘘ついたんですか?」

徳田:「お前の人生に関わってしまったからな。人は結局誰を信じて誰を守るか、そう思ってここをやっとる」

純:「俺はこれからどうすれば」

徳田:「それは自分で決めろ。どっちの道に行ったらいいか迷った時ちょっとしたヒントがある。難しい方を選べ。無理やと思う方を選べ。それが大体正解や」


拓海の過去


拓海が、母親の葬儀を終えて帰ってきました。

3日前に20歳になった純は、拓海と一緒に初めてのお酒を飲みます。


拓海は、自分の左足がこんな風になった理由を教えてくれました。

拓海の左足は、母親の男にやられてもので、母親はかばってくれませんでした。

その理由が、怖くてかばえなかったのか、何なのか?

そして拓海は母親に二度と会うまいと思っていたのに、よりによって死んだ時に会ってしまったと。


拓海:「弁護士になったら声を上げられないやつの代わりになりたいな」

純:「オマエならなれる」


阪神大震災


阪神大震災が起こり、激しい揺れの中、純は拓海を探します。

拓海は瓦礫の下敷きになっていて、必死でそれらをどかそうとする純。


しかし拓海は自分の財布を純に渡して「馬場純、オマエはオレになれ。オレには前科はない、もう親もおらへん、誰にもわからん」と言いました。

純は「何をバカなこと言っとるんじゃあっ」と叫びますが「やり直せ!俺の分まで生きろ」と拓海。


火がもう近くまで迫ってきて、「行け!行けって純!」と拓海が絶叫。

純は、涙をのんでその場を去りました。


震災から3日後、純は拓海の保険証を見せて「渡辺拓海です」と名乗りました。

ここから純は、渡辺拓海として生きることに。


純がいた避難所には涼介と母・歌織もいましたが、涼介は拓海の顔を知りません。

その後、涼介は新聞で純が徳田育成園で死亡した記事を読みます(実際は、死んだのは純ではなく拓海)。


宿命の再会



2004年の東京。

馬場純(ディーン・フジオカ)は、弱い者を助ける立派な弁護士になっていました。

そして「過去は変えられない、けれど未来は変えることができる。必ずやり直せます」と、昔拓海に言われたセリフを失意のどん底のクライアントに言い聞かせるのでした。

一方、斎藤涼介は刑事になっていましたが、馬場淳への憎しみを胸に煮やしたままでした。


ある日、少年たちの乱闘騒ぎの取り締まりに行った涼介は、純に再会。

しかしお互い初対面と思って、挨拶します。

純は少年の更生に力を入れていて、少年のバックにはもっと潰さなくてはいけない敵がいると涼介に告げました。


純が「渡辺法律事務所」に帰ると、佐山梨沙子(香里奈)がいました。

梨沙子は純とは不思議な縁で知り合って、定食屋を営む一方で事務所の手伝いもしてくれているのです。


シングルマザー・不和唯



純のところに、シングルマザーの不和唯(山本美月)がやってきました。

唯は家賃を滞納していて大家から退去命令を受けているのですが、悪徳保育園の園長料金も高くて困っています。


悪徳保育園の田辺元(金子ノブアキ)と真澄(長谷川京子)は血も涙もない悪魔で、唯が娘の梢(浅田芭路)を迎えに来るのが少しでも遅くなると法外な料金を請求してくるのです。


純は唯の保証人になったり、梢も一緒に3人で梨沙子の店でご飯を食べたり、あたたかく接します。

純:「すごいなあ、梢ちゃんをひとりでここまで育てたんですよね」

唯:「そんなことほめてくれるの先生ぐらいです」


唯はキャバクラで働いていましたが、時折鼻血を出して気分が悪くなることがありました。

一方、梢は悪徳保育園で田辺夫婦の娘・瑛里華(川島夕空)にいじめられて、その上真澄に虐待されることも。

とうとう唯は悪徳保育園の延滞料金が払えなくなり、元が紹介する“ワリのいい仕事”を受けるしかなくなります。


涼介が純を疑い始める



純は、面倒を見ていた不良少年・翼の様子がおかしかったので、翌日翼のところに駆けつけます。

すると翼と彼女が「オレオレ詐欺」の男に殴られていたので、純は2人を救出。


翼は、自分が関わっていた「オレオレ詐欺」について警察に全て話して足を洗って、イチからやり直すつもりだったのです。

「オレオレ詐欺」の検挙に来た涼介は、再び純と会うことに。

涼介は「これは弁護士の仕事じゃない、あなたみたいなおひとよし初めてですよ」とちょっと呆れ顔。


純と涼介は、梨沙子の店で酒を飲みます。

涼介に「(あんたのしていることは)偽善だな」と言われて「偽善です」と純。


「他人を救うことで自分が救われる、そんな人種がいるんだな」と微笑む涼介。

涼介が「俺は人を助けたいわけじゃない、ただ犯罪者が許せないだけ」と言うと「でも結果的に多くの人を救っている」と純。


しかし涼介が刑事になったきっかけが身内が事件に巻き込まれたからだと聞いて、顔を曇らせる純。

その後、純は電話で仕事の呼び出しをくらって出ていきました。

涼介は、純が置いていった郵便物の中に徳田育成園からのものがあったことと、純が神戸出身であることから、疑念を抱き始めます。


やり直せるまで付き合う


純が呼び出されたクリニックに行くと、セーラー服姿の唯がいました。

なんでもデリヘル嬢の唯が、客であるすずもとに怪我を負わせたというのです。


すずもとは「誰が相手にするか、あんなババア」と唯のことをババア呼ばわり。

純が「ほんとはもっと若い子が良かったんですよね、いつもみたいに」と言ってすずもとの手から携帯を取り上げると、画面には16歳の女の子との援助交際のサイト画面が出ていました。


純は「あなた、これが公になったら児童買春で捕まるかもしれない」と脅迫。

すずもとは事件をまるく納めることを承諾して、純は唯を送っていきました。


橋の上で、唯は自分は唯のためなら何でもできると言います。

純が「でもだからって!相談してくれれば……」と言うと「言えないよ!先生には知られたくなかった」と涙を流す唯。


純:「やり直せる。やり直せるまで一緒に付き合う!」

唯:「ただの一依頼人なのに?」

唯は「もう大丈夫ですから!」と言って帰っていきました。


翌日、涼介が純を待っていました。

涼介:「徳田育成園とは、どんな関係なんですか?」

純:「仕事で付き合いがあって……」

もはや、涼介は完全に純を疑っています。

そして純は、涼介の父親が昔殺されたことを知ります。


涼介の母・歌織は施設に入っていて、もう涼介のこともわからなくなっていました。

あの事件の後、涼介は「なんで親父を止めへんかったんや。何やらされてるかわかってたはずや。怖いから言って目ェ背けてきたんか!」と歌織を激しく責め続けてしまったのです。


涼介が純の正体に気が付く


涼介は、徳田育成園へ。

そこで、馬場純と仲が良かった男の名前が渡辺拓海で、足に障害があったことを知ります。

涼介は、純と拓海が入れ替わったに違いないという確信を持つに至ります。


涼介は純の事務所に行って、自分が殺されたクリーニング店の息子であることを激白。

そして犯人は馬場純という男で、刑務所を脱走して徳田育成園にいたことを話していきます。

徳田育成園に、渡辺拓海という男がいたことも。


涼介は「徳田育成園の渡辺拓海ってあなたじゃないですよね?」と聞くと、「まさか」と白を切る純。

涼介が、渡辺拓海の身体的特徴である足の麻痺が馬場純の死亡記録に書かれていることを話すと、さすがに顔面フリーズする純。


涼介は机をバンと叩いて「おそらく、馬場純が渡辺拓海を殺して人生を奪った……!私は馬場純を忘れようと思っていました。でも生きているなら話は別だ。確かに俺の親父はクズだ、俺が親父を殺していたかもしれない。それでも俺の親父だ!奴が親父を殺して俺の家族は壊れた。その罪を償わず脱走してまた罪を重ねた上に別人になりすましのうのうと生きてる!」と叫びました。

涼介は「もしそうなら、奴をこの手で刑務所にぶちこむ」と言い捨てて、出ていきました。


署に帰った涼介は、入手した渡辺拓海の指紋と馬場純の指紋の照合を依頼。

しかし純は拓海になった時に指紋を消していて、照会不可能の結果が出ました!


梨沙子の過去


その頃、梨沙子は拓海の写真と、彼からもらったスタージュエリーのネックレスを見つめていました。

そう、梨沙子は拓海の彼女だったのです。


唯の死と、純と涼介の別れ



唯たち母娘が住み込みで働ける場所がみつかったので、純は唯のアパートへ。

しかし唯は部屋で倒れていて、病院に搬送するともう助からないという。


純は悪徳保育園に梢を迎えにいきますが、「母親の委任状がないと無理」と冷ややかな田辺夫婦。

純は、田辺夫婦が見せた唯への高額過ぎる延滞料金の請求書を見て怒りに震えます。


唯は純に、梢のことを託して亡くなりました。

純は梢の委任状を手に梢を迎えに行きますが、すでに悪徳保育園は閉まっていて中から梢の鳴き声が……!

純はガラスを割って中に押し入り、梢を助け出して抱きしめました。


そして徳田から電話がかかってきました。

「馬場純、捕まるんか逃げるんかどっちか選ぶときがやってきた。お前にとって難しいのはどっちや、無理やと思うのはどっちや、お前が決めるんや」

とうとう、徳田のところに涼介がやってきたのです。


翌日、警察に悪徳保育園の告発がありました。

告発者の名前は、渡辺拓海。

拓海(純)が姿を消すために全てを清算したと気が付く涼介。


涼介は、すぐに純の事務所へ。

純はいなくて梨沙子だけがいて「あれは馬場純。渡辺拓海になりすまして生きてる。あたしは渡辺拓海の彼女だった」と衝撃の告白。


梨沙子は震災直後に馬場純が拓海になりすまして生きていると知って、しばらくして純に近付きました。

純は拓海の夢だった弁護士になっていて、拓海の分まで生きようとしていました。

梨沙子は純に対して最初は「許せない」と思っていたけれど、純のひたむきな生き方に触れる内に……。

涼介は「人の戸籍を奪って、人助けなんて反吐が出る!」と出ていきました。


涼介は、純が梢を一緒にいるのを見つけて、必死で追いかけます。

純はなんとか涼介から逃げて、梨沙子と電話。

梨沙子:「馬場純、逃げて、そして生きて」

純:「梨沙子さん、今まで本当にありがとう」

梨沙子:「こちらこそ、ありがとう」


涼介はGPSで純の居場所を特定して、再び追いかけます。

しかしあと一歩のところで、純の梢が乗った電車は発車。

涼介は「ああああああああ」と叫んで、その場に座り込みました。


梢の恋人は、若き政治家



2018年の福島。

純と美しく成長した梢(清原果耶)は、福島のリンゴ園で働いていました。

ある日梢は、若き政治家の碓氷慎(松下洸平)と出会い、恋に落ちます。


涼介はこの14年間純を探し続けていますが、手掛かりはつかめていません。

慎は、東日本大震災のあとに政治家を志した前途洋々の若き政治家で、悪徳保育園の田辺夫婦の娘・瑛里華(福田麻由子)が選挙スタッフとして手伝っています。


慎の祖父で元大物代議士の太一郎は、慎の交際相手がリンゴ園の娘と知って、顔をしかめます。

太一郎は秘書に「別れさせろ」と命令。

瑛里華は太一郎の机の上に置いてあった興信所の写真から、自分の恋敵が梢であることを知ります。


瑛里華は、現在は自転車泥棒を営む両親に久しぶりに会いにいきました。

瑛里華が持って来た写真を見た真澄と元は「間違いない、あの時の子だ、政治家と付き合ってるのか。これは面白くなってきた」といやらしい笑いを浮かべます。

瑛里華が「何考えてるの?」と聞くと「ちょっとした同窓会よ」と真澄。

「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」のネタバレ・後編と感想!吉沢亮の演技が泣ける!の記事はこちら
「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」のネタバレ・後編と感想!吉沢亮の演技が泣ける!

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • 黄昏流星群
  • SUITS/スーツ
  • 僕らは奇跡でできている(ポイント)
  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • コンフィデンスマンJP
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 獣になれない私たち
  • ドロ刑
  • 今日から俺は!!
  • ブラックスキャンダル
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • 昭和元禄落語心中(216ポイント)
  • まんぷく(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)