「アンサング・シンデレラ」小野塚綾(成田凌)原作ネタバレ!ドSな性格でみどりとの相性は抜群?

「アンサング・シンデレラ」が、2020年7月16日からスタート。

石原さとみさんが、アンサング・ヒーロー(縁の下の力持ち)=病院薬剤師・葵みどりを演じます。

お団子頭が超キュートな頑張り屋さんだけど、ちょっと暑苦しい(笑)女の子です。

当ページでは、みどりの前にたびたび現れる謎の青年・小野塚綾(成田凌)について原作ネタバレしてまとめています。

※小野塚綾役の清原翔さんが療養中のため、成田凌さんが代役となりました。

「アンサング・シンデレラ」原作ネタバレ!葵みどりがなりたい薬剤師になる物語!

2020年7月3日

「アンサング・シンデレラ」豊中瑠衣(臼田あさ美)原作ネタバレ!瀬野との関係が気になる!

2020年7月4日



「アンサング・シンデレラ」とは?



タイトルアンサング・シンデレラ
放送開始日2020年4月16日㊍
放送時間毎週木曜日:後10:00~10:54(初回15分拡大)
原作『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』荒井ママレ
脚本黒岩勉
放送局フジテレビ

『アンサング・シンデレラ』は、2020年4月16日㊍スタートの病院薬剤師を主人公とした医療ドラマ。

病院薬剤師が主人公として描かれるのは、日本の連続ドラマ史上初。


主人公は、キャリア8年目の病院薬剤師・葵みどり(石原さとみ)。

患者に寄り添い過ぎる傾向はあるが、とても熱意ある薬剤師。

彼女の言動が、患者や医師の意識を変えていきます。


原作は、荒井ママレさんの漫画『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』で既刊5巻。

2020年6月現在まだ完結しておらず、『月刊コミックゼノン』で連載中です。

「アンサング・シンデレラ」主な登場人物

ドラマ「アンサング・シンデレラ」の主な登場人物をご紹介します。

葵みどり:石原さとみ

「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある」が信念の病院薬剤師。それゆえ患者に深入りし過ぎることも。トレードマークは、おだんご頭。


瀬野章吾:田中圭

みどりの先輩薬剤師。後輩のみどりにいつも厳しい指導を行うが、心根は優しく誰よりも患者思い。



刈谷奈緒子:桜井ユキ

調剤のプロ中のプロ。作業効率を重視し、淡々と仕事をする。



相原くるみ:西野七瀬

新人薬剤師。医者ほど責任は重くないだろうという理由で薬剤師の道を選んだ。

「アンサング・シンデレラ」小野塚綾(成田凌)とは?



小野塚綾(成田凌)とは、謎の青年。

みどり(石原さとみ)が病院薬剤師であることになぜか興味を示し、その後もたびたびみどりの前に現れます。

“謎の青年”とくれば、キーパーソンで間違いなし。

みどりたち病院薬剤師とどうかかわっていくのか気になるわね。みどりとloveの予感も?

「アンサング・シンデレラ」小野塚綾(清原翔)原作ネタバレ

小野塚綾(清原翔)を原作ネタバレしていきます。

かなり長いので、要点だけ知りたい方はこちらにジャンプ。

2巻「病院の外」で初登場


小野塚綾(成田凌)は、原作漫画2巻「病院の外」で初登場。

タイトル通り、小野塚は病院薬剤師ではなく、ドラッグストア「ナカノドラッグ」(病院の外)の薬剤師


病院薬剤師・葵みどり(石原さとみ)は、透析患者・新田奏介が薬の飲み忘れが多いことに悩んでいた。

患者名新田奏介(にった・そうすけ)
問題点薬の飲み忘れが多い。
原因小野塚の薬の調合が雑な上に一部分間違っている。

その原因が新田の薬を出す「ナカノドラッグ」の小野塚の調合が雑であることに気付いたみどりは、抗議の電話をかける。

※「ナカノドラッグ」は24時間営業のドラッグストア。


電話に出た小野塚に、みどりはアダラートCRを半分に割ると効果が得られなくなって副作用が出る危険性があることを指摘。

小野塚は「今回から減量されてて在庫がなかったんでとりあえず半分にしたんです。医師もそれでいいって言ったので」と返答。


反省の色もない小野塚に、みどりはつい「とりあえずって何ですか!あなたも薬剤師ですよね?」ときつく問い詰めてしまう。

小野塚は「はい、医者には逆らえないのに責任だけ押し付けられる薬剤師ですよ。アダラート入荷したんでもう大丈夫ですから」とガチャン!

患者のことを何も気にかけていない小野塚に、「なんだ、アイツはー!!!」とブチ切れるみどり。


みどりは、新田に今度は“かかりつけ薬剤師”がいる薬局に変えてはどうかと提案。

新田の薬は種類が多く飲み方も複雑なので、きちんと毎回説明を受けた方がいいと思ってのことだ。

しかし新田は、勤務を続けながらの治療だと、24時間あいている「ナカノドラッグ」が便利だと答えた。


新田のことが心配でたまらないみどりは、おせっかいにも「ナカノドラッグ」へ。

小野塚:「マジですか。わざわざ文句言いに?

みどり:「いえ、新田さんが今入院しているのですが、退院したら色々相談にのっていただけたらと思って」


小野塚は、ドラッグストアの薬剤師が夜間営業でどれだけたくさんの仕事を「ワンオペ」で回さなければならないかを説明。

病院薬剤師は『患者と向き合う時間』を作れるかもしれないが、自分には無理だと告げた。


小野塚に「病院の外でもそっちの理想ふりかざすんじゃねーよ」と言われて、フリーズするみどり。


小野塚の過去


みどりが帰った後、小野塚はドラッグストアに入社した時のことを思い出す。

俺だって、最初からこんなんじゃなかった……。


小野塚が「ナカノドラッグ」に就職した理由は、待遇に惹かれたのもあったが、病院と違って長く一人の患者と向き合えると思ったからだった。

小野塚は、覚える仕事の多さに目が回りそうになりながらも、必死で働いていた。

患者さん第一主義で、みどりのように医師の処方ミスを指摘して患者さんに感謝されることもあった。


そう、夜間営業が始まるまでは。

夜勤と言っても、出勤は午後11時で19時まで通常通り仕事をこなす。

その後は全ての業務を一人で行い、9時の朝礼で引き継ぎをして退勤するのだ(キッツ~)。


小野塚は、人員不足の中他の人の穴埋めまでさせられ、勉強会にも行けない日々を送っていた。

その結果、毎日疲れ果てて「もう、いいや」と自分のしたいことをあきらめてしまったのだ。


みどりのお団子の位置が低くなる


みどりは、小野塚の状況を何も知らないくせに乗り込むような真似をしたことを恥じていた。

(気のせいか、おだんごの位置も低い)

なんとか小野塚に協力したいが、病院と薬局に溝があるのも事実。


新田の退院の日がやってきた。

みどりは、(薬を飲み忘れる)新田のためにオリジナルお薬カレンダーをプレゼント。

新田は「僕、これ、宝物にしますっ!」と泣いて喜んだ。


みどりの先輩・瀬野(田中圭)が小野塚に会いに行った。

瀬野:「うちの薬剤部で定期的に勉強会をやってるんだけど、今度近隣の調剤薬局の薬剤師さんたちとも合同でできたらと思って。で、ナカノドラッグでは小野塚さんに間に入ってもらえたらと」

小野塚:「そんなに俺のこと、何もやらないダメ薬剤師扱いしたいのかよ!」

瀬野:「俺はうちの若い薬剤師(みどり)が患者のためだと思ってやったことで失敗したあと、萎縮する姿を見たくないだけだ!」


瀬野は「君が何に不満持ってるか知らないけど、自分で動くしかないんじゃないの?」と言って立ち去った。

まさに図星を突かれてうなだれる小野塚。


小野塚が、合同勉強会にやってくきた。

みどりは、以下の3点について話した。

・薬の管理が悪かったとはいえ、小野塚の大変な日常にみどり達は介入できない。

・もっと病院と薬局で連携しやすい環境作りをすべきではないか(患者さんにとっては病院の薬剤師もドラッグストアの薬剤師も同じ)。

・そのために合同の勉強会や懇親会を開くのもgood。

みどりの熱意ある話を聞いた小野塚は、以前は自分にも目標とかあったことを思い出す。

すぐには変われない。でも……。

後日、小野塚はやって来た新田に「体調どうですか」と声をかけた。


4巻「月の裏」で2度目の登場


小野塚は、4巻「月の裏」で2度目の登場をします。

今回はみどりとの絡みはなく、頻繁に痛み止めを買いに来る生理痛が重い女性を心配しています。

みどりの影響を受けたせいか、患者に「ひどい痛みが続くようなら婦人科を受診した方がいい」と勧めています。


4巻「超えられぬ線」で3度目の登場


小野塚は、4巻「超えられる線」で3度目の登場をします。

みどりは、ODで運ばれてきた患者・若槻陽菜に“重複診療”の疑いがあることについて「ナカノドラッグ」に電話。

みどりが(1ヵ所から処方されたにしては)かなりたくさんの量の薬を持っていたからだ。

患者名若槻陽菜(わかつき・はるな)
病状パニック障害。※1ODで入院。
問題点※2重複診療の可能性あり。

※1 オーバードーズ。過量服薬。

※2 何か所かのクリニックで処方をもらっている。


若槻に薬を処方した薬剤師が産休に入っていたため、小野塚が電話に出る(みどりは内心「ゲ!」)。

小野塚は、担当者のメモに『(若槻は)要注意人物』と書かれていることを教えた。


ここからはSな小野塚のみどりへのプチいじわる攻撃。

小野塚:「そういえば、合同勉強会やるって言ってまだ進んでないですよね~。まあ、忙しいでしょうし」

みどり:「いえっ!やりたいのでがんばります!」

小野塚:「気長に待ってますので、そのときは協力します」

みどり:「あっ、ありがとうございます!」


4巻「与えられた役割」で4度目の登場


小野塚4度目の登場は、4巻「与えられた役割」。

小野塚からみどりに以下のメールが来るのです。
・若槻に薬を処方した薬局が「患者の望むように薬を処方する」という噂がある。

若槻のような患者には“かかりつけ薬剤師”が必要なのではないかと思ったみどりは「かかりつけ薬剤師の業務について教えてください」と小野塚にメール。


小野塚からすぐに電話がかかってきて、「早!」と驚くみどり。

小野塚の話

・かかりつけ薬剤師は、地獄のような制度。

・1人の薬剤師が365日、24時間対応はエグイ(毎日オンコール状態)。

・かかりつけ薬剤師の制度は元々やっていた薬局もあるので、制度化したから100円アップしますとは言えない。

・しかし服薬管理を一元化するのは大事だし、飲み忘れや重複も防ぐことができるので、若槻には有効。


小野塚が不意に「葵さん、明日の夜あいてますか?」と聞いてきて、「え?」となるみどり。

デートの誘いかと思いきや、この辺りの薬剤師が集まる小規模な飲み会へのお誘いでした。


みどりは後輩の相原くるみ(西野七瀬)と一緒に飲み会に参加。

小野塚がみどりを呼んだ理由は、※笹の葉薬局の薬剤師も来るから。

※笹の葉薬局は、訪問診療をメインにやっている薬局で、利用者のほとんどがかかりつけ。

現在「かかりつけ薬剤師」について知りたいみどりの参考になれば……って小野塚優しい!


小野塚は、自分について話します。

・今まで自分は、患者にとって存在感0の存在だった。

・それは、薬剤師なんて積極的に治療に関われないと自分から一線を引いていたから。

でもみどりとの一件で、自分の中の薬剤師意識が大きく変化。

・みどりは新田に“お薬手帖”を作ってあげたり小さいけど一歩を踏み出しているのに、自分は今まで何もしてこなかった。

・だからたとえどんなことでも、ひとりの薬剤師とのかかわりがその後に影響することはあると思う。

小野塚はあれから新田に自分の調剤ミスを謝罪したとのこと。

小野塚、メチャクチャ成長してます☆

4巻「長く診ること」で5度目の登場


小野塚5度目の登場は、4巻「長く診ること」。


みどりとくるみ、小野塚の3人は、在宅特化薬局である「笹の葉薬局」を見学させてもらうことに。

「笹の葉薬局」の薬剤師・仁科は、満面の笑みで迎えてくれました。


ここで、みどりと小野塚の年齢差が発覚。

みどり:27歳

小野塚:28歳

みどりは「大して変わんないじゃないですか」と言いますが、小野塚は「いや、変わるね。もっと敬ってもらえます?」。


小野塚は、仁科の話を聞いて、患者の日常生活に密着できる「笹の葉薬局」の仕事に興味を持ちます。

これならカルテだけ見せられて医師と対等に話せない現状とは違い、自分にもまだまだできることがあると思えたから。

小野塚は今の職場で4年目に入り、今後どんな道に進むか考え中。


仁科は、小野塚が「笹の葉薬局」に来てくれることを望んでいました。

小野塚はDS勤務でOTCに強いこともあるが、何より誰に対しても態度が変わらない動じない性格だから。


5巻「果てなき地平」で6度目の登場。


小野塚6度目の登場は、5巻「果てなき地平」。


みどりは、周りがステップアップしていく中、自分がどのような薬剤師になるかというこれからの姿を想像できずにいました。

そんな中、小野塚から「11月から笹の葉薬局で働くことになりました」のラインメッセージが。

「アノ小野塚が、自分の道を見つけている!」と焦る気持ちを抑えきれないみどりは、小野塚がいるファミレスに行って話を聞くことに。


以下がファミレスでのみどりと小野塚の会話ですが……なんか笑えます。

小野塚:「うわ、ほんとに来た」

みどり:「だ、だって帰り道だったから」

小野塚:「焼肉食いました?」

みどり:「あ、はい」(匂うのか?)

小野塚:「とりあえず注文どうぞ」(ピンポーン)

みどり:「季節のスペシャルパフェを」

小野塚が「急にどうしたんですか?笹の葉薬局に転職を考えていたとか?」と聞くと、みどりは「そういうわけじゃなく……何も考えられてないんですよね」と悩みを打ち明けました。


みどりは、先輩の瀬野(田中圭)から「長期的な目標を持て」と言われたことについて話します。

しかし今の萬津総合病院の薬剤師という仕事に不満があるわけではないけれど、未来像が全然浮かばない。


小野塚は、『緩和薬物療法認定薬剤師』の認定を取るための勉強をしていました。

みどりは思わず「なんか……楽しそうですね、小野塚さん。以前は負のオーラに包まれてたじゃないですか」と言ってしまいます。


みどりも『小児科薬物療法認定薬剤師』の資格を取りたいと思っていますが、小児科の担当3年目なので配置換えになる。

そうなってもブレずに勉強を続けられるのか、そもそも勉強する気があれば資格にこだわらなくてもいいんじゃないのか……とぐるぐるしていた。


小野塚:「ちょっと意外でした。葵さんってアツイっていうか暑苦しい感じじゃないですか。迷いなく突っ走ってるタイプかと思っていたから

みどり:「自分でもそう思ってたんですけど、薬剤師になるっていう目標を達成してからの方がブレブレかもしれないです」

小野塚:「もしかして将来の夢が薬剤師だったタイプですか?」

みどり:「そうなんですよ~」

みどりが薬剤師になった理由

・みどりが小さい頃に亡くなった母親が薬剤師だった。

・みどりは父親から「お母さんはすごいんだぞ。薬剤師っていって薬の専門家だったんだぞ」と聞かされて育った。

・みどりは母の面影を追いかけるように薬剤師になったが、母が実際に働いている姿を見たことは一度もない。


小野塚が「僕から見て、葵さんは芯が通っていると思いますよ。大丈夫です」と慰めてくれて、小野塚を見つめるみどり。

しかし次の瞬間、小野塚はみどりのパフェの大きなフルーツにフォークをグサッと突き刺しました。

う……うそだろ(みどりの心の声)


小野塚:「とりあえずもっと短期の目標ってことで、俺がナカノドラッグ辞める10月末までに合同勉強会実現させません?」

みどり:「や……やりましょう!」

この後、2人は勉強会について終電まで話し合いました。

「アンサング・シンデレラ」小野塚綾(清原翔)まとめ

小野塚綾についてネタバレしましたが、要点をまとめます。

  • 小野塚は、24時間営業のドラッグストアの薬剤師。
  • 夜勤を強いられて、自分の理想とは程遠い日々を送っていた。
  • 病院薬剤師のみどりに調剤ミスを指摘されてムカついたが、おかげで昔の自分を思い出せた。
  • 薬剤師なんて積極的に治療に関われないと一線を引いていたが、一歩を踏み出す決意をする。
  • 患者の日常生活に密着できる「笹の葉薬局」に転職。
  • みどりとの関係は、互いに悩みを打ち明けられる戦友?

感想

みどりと小野塚は、最初は喧嘩から始まって第一印象は最悪。

しかしお互いの立場や考え方を理解した後は、協力しあえる仲間になっていきます。


原作漫画の小野塚の性格はSで、いつもみどりをいじめているイメージ(笑)。

みどりはすぐテンパる性格なので、ムキになって言い返しています。


無気力だった小野塚ですが、みどりのおかげで自分の目標を見つけて転職まで果たします。

そうなると、今度はみどりが小野塚に自分の将来について相談。

(表面的にはアレですが、2人が深く信頼し合っていることがよくわかりますよね)


小野塚がみどりのパフェのフルーツをフォークでグサッと刺すシーンは、是非ドラマで再現してほしい!

みどりじゃなくても、ドキドキしちゃいますよね。


ドラマでは原作とは違って、小野塚は最初は謎の青年としてたびたびみどりの前に登場するようです。

おそらくドラッグストアの薬剤師として無気力な日々を送る小野塚が、病院薬剤師の実態を知りたくて身分を隠してみどりに接近するんじゃないでしょうか。

みどりと小野塚は恋に発展するのか

みどりと小野塚が恋に発展するかどうかですが、5巻まで読みましたが恋愛の気配はありません。

しかしSな小野塚がみどりをいじるシーンは面白く、2人はかなり相性がいいと思わされます。


ところがみどりと小野塚は、同じ薬剤師として認め合っている関係でもあります。

そして2人ともプライベートも仕事に費やしかねない熱心さなので、恋愛どころじゃない可能性も。

(原作漫画を読んでいると、今まで知らなかった薬剤師のお仕事の奥深さに驚かされるし、みどりや小野塚の熱意に感動させられるので!)


さらにみどりには、先輩薬剤師・瀬野(田中圭)の存在もあります。

瀬野はみどりにことのほか、目をかけています。


みどりが小野塚とモメた時も、瀬野はわざわざ小野塚に会いに行って解決しました。。

瀬野がみどりを好きな可能性は……あると思います。


しかしみどりはいつも「瀬野さんみたいな薬剤師になりたい」と瀬野をメチャクチャ尊敬しているし、瀬野もみどりに厳しすぎる指導をしているので、こっちも恋愛どころではないかも(苦笑)。

「アンサング・シンデレラ」原作ネタバレ!葵みどりがなりたい薬剤師になる物語!

2020年7月3日

「アンサング・シンデレラ」豊中瑠衣(臼田あさ美)原作ネタバレ!瀬野との関係が気になる!

2020年7月4日