「3年A組」9話の口パク(サイレント)が何を言ってるかネタバレ考察!悪意にまみれたナイフの持ち主!

ドラマ『3年A組』9話での柊一颯(菅田将暉)の口パクシーン(サイレント)が大きな話題を呼んでいます。

なんと「立て籠もった最大の理由」と「影山を殺した本当の犯人」の後で口パクになっていたので、視聴者はストレス溜まりまくり……。

読唇術を持つ者への呼びかけが起こり(笑)、映画化の噂まで広がり、まさに大パニック!

当記事では、ドラマ『3年A組』9話の口パク(サイレント)が何を言っているのか、ネタバレ考察してまとめています。


「3年A組」さくらの「私が澪奈を殺したの」の意味をネタバレ!こくぼゆうこも関係が?の記事はこちら
「3年A組」さくらの「私が澪奈を殺したの」の意味をネタバレ!こくぼゆうこも関係が?

「3年A組」9話のネタバレと感想!さくらの「私が澪奈を殺したの」の意味は?の記事はこちら
「3年A組」9話のネタバレと感想!さくらの「私が澪奈を殺したの」の意味は?

ドラマ「3年A組」最終回結末をネタバレ予想!柊一颯と影山澪奈の関係とは?の記事はこちら
ドラマ「3年A組」最終回結末をネタバレ予想!柊一颯と影山澪奈の関係とは?

「3年A組」茅野さくら(永野芽郁)共犯説をネタバレ!いつから繋がってたの?の記事はこちら
「3年A組」茅野さくら(永野芽郁)共犯説をネタバレ!いつから繋がってたの?

「3年A組」マインドボイスのユーザー5000万人が黒幕?50億円の使い道は?の記事はこちら
「3年A組」マインドボイスのユーザー5000万人が黒幕?50億円の使い道は?



『3年A組』9話の口パク(サイレント)シーンとは?


Xiángziさん(@xiangzi.h.s)がシェアした投稿


9話では、柊一颯(菅田将暉)は、3年A組の生徒たちに向かって、フェイク動画が流れたことも、自分が犯人扱いされることも、全部計画通りだと話します。

さらに「これから計画の全容も本当の目的もすべて話す。想像力を掻き立ててよく聞いて欲しい」と言います。

俺には、学生時代から付き合っている恋人がいた。

彼女は武智先生の秘密を暴いたことで、フェイク動画を流されて、精神を病んだ。


俺はそのフェイク動画の証拠をつかむために、武智がいるこの魁皇高校に入った。

しかし学生時代に患っていたガンが再発して、無駄に月日を過ごすことになった。


そんな時、影山のフェイク動画が投稿された。

俺は影山に会って話を聞くことにした。

けどその帰り、影山は武智を説得するためにひとりで学校を出て、亡くなった。


あの日、武智は影山に会っていない。

影山を殺した本当の犯人は……(ここでサイレント状態に)。

影山は泣きながら俺に訴えたよ、私はもう私じゃない、助けてって。


結局俺は何もできなかった。

影山の力になってやれなかった。

あの日無理にでも一緒に行っていたら、こんあ悲劇は起きなかったんじゃないかって自分を責めたよ。


でもそのときは回避できても彼女はいずれ同じ目にあっていたんじゃないかってそう思ったら、俺は今回のことをちゃんときちんと明日の活力に変えるべきだと考えるようになった。


影山が亡くなった日、俺は余命を宣告されたんだ。

影山より先に死ぬはずだった俺が、やるべきことは何なのか。

自問自答を続けた結果、今回の計画に至った。


俺の目的は3つある。


ひとつめは武智大和に自分が犯した過ちを気づかせること。

彼女たちが味わった苦痛を追体験させることで、罪の重さを知ってほしかった。


そしてふたつめ、これが立てこもった最大の理由だ。

それは……(サイレント状態に)。

生徒たちが涙を流す。


(柊はナイフを取り出して、自分の手の甲に突き立てた。)

ナイフを刺せば、血が出る、痛みも伴う。場合によっては命も奪える。

当たり前のことだ、今の社会はこんな当たり前のことに気づく暇もないほど忙しく回り続けている。


お前たちにはそれに気づかない、感情がマヒした大人にはなってほしくなかった。

想像力を働かせて、自分の言動や行動に責任を持ち、決断をする前に踏みとどまってこれが本当に正しいのかどうか問いただす。

こんな誰もがわかっているのにできていない考えることの大切さを、みんなには伝えたかった。

それが俺の3つめの目的だ。


自分の余命を知らされるまでは、俺もこんな事件を起こすなんて考えてもいなかったよ。

でも、影山が気づかせてくれたんだな。


俺はまだ、何もしてない。

教師を名乗りながらも、まだ何も教えてないって。

みんなには怖い思いをさせて、本当に申し訳なかったと思ってる。


でもこの10日間で、みちがえるほど変わってくれた。

それがなにより、なにより嬉しかった。

俺を教師にしてくれてありがとう。


明日の昼に、みんなを開放する。

俺の授業は終わりだ、今までお疲れ様でした。

なんと、これで柊一颯先生の授業はオシマイ?

ってことは、今回の授業は凄く大事ってことです。

要点をまとめると……

【柊の目的】

・ひとつめの目的:武智大和に自分の罪を気づかせて、彼女たちの苦しみを追体験させることで、罪の重さに気づかせる。

→この目的は既に達成。

・ふたつめの目的:3年A組の生徒たちに、想像力を働かせて、自分の言動や行動に責任を持ち、決断をする前に踏みとどまってこれが本当に正しいのかどうか問いただすことができる人になってほしかった。

→この目的も既に達成。

最大の目的:口パク(サイレント)なので視聴者にはわからなかった。

おそらく未達成。

【影山澪奈を殺した犯人】

口パク(サイレント)なので視聴者にはわからなかった。


【影山澪奈を殺した犯人】と【最大の目的】が口パクでは、視聴者は置いてけぼりもいいところ。

3年A組の生徒が泣いていても、全く共感できません(^_^;)


Twitter(ツイッター)では「口パク部分が気になりすぎる」の声が相次ぎました。




こういうの、本当にストレスが溜まるよね~。

最終回に口パクの中身がわからなかったら、視聴者の怒りはおさまらないだろうなぁ。


『3年A組』口パクになったのは映画化が原因?




視聴者が柊先生の口パクでストレスを溜める中、なんと映画化の情報が出回ります。

噂の出所は「エンタMEGA」で、内容はまとめると以下の通り。

・ドラマでは謎は解明されず、映画に持ち越される。

・視聴者からの大バッシングは覚悟の上。

本当なら許せない!

もちろん大炎上間違いなし!


映画化の噂については、どうやらデマのようです。


フェイク動画に、フェイクニュース。

まるでドラマの柊先生の授業の延長のような状況にびっくりです(^_^;)


そして最終回の公式予告動画に「全てが明らかになる」と出ているので、まあまず映画化はないでしょう。

本当に映画化されるならば、公式の何かで発表されるはずです。

『3年A組』9話の柊一颯の口パクの内容をネタバレ考察

『3年A組』9話の柊一颯の口パクの内容をネタバレ考察していきます。

影山本人だ




2019年3月4日放送の情報番組「ZIP」でも、柊が何を言ったのか考察が行われました。

「ZIP]が予想したのは「(影山澪奈を殺したのは)影山本人だ。」です。


ツイッターでもこの予想が一番多かったです。

確かに改めて柊の唇の動きを見てみると、そんな感じもします。


しかしもし影山澪奈を殺したのが澪奈自身であるとしたら、澪奈は自殺だったということになります。

柊は途中から「影山澪奈は殺された。影山を殺した犯人を突き止める」と言い直していました。

殺された人物が自殺というのは、辻褄が合いませんよね?


ここで気になるのが、「影山澪奈二重人格説」。

澪奈のもう一つの人格が、澪奈を殺したとする説です。


澪奈は、柊に「私はもう私じゃない、助けて」と泣きながら訴えていました。

この発言からも、澪奈が二重人格になっていた可能性が考えられます。


しかしこの結末は、2017年7月期のドラマ『愛してたって、秘密はある。』と全く同じパターンになってしまいます。

それに、ドラマが10回もかけて追及してきた「影山澪奈の死の真相」が「ZIP」によって解き明かされるというのは、さすがにないかと思います。


影山を殺したのは……



柊一颯がサイレントシーンで、「影山を殺したのは」と言っていたとする説です。

そしてその後カメラは生徒たちをうつしているので、肝心の柊が犯人の名前を言っているところはうつってないんじゃないかと思われます。


影山のご両親だ




「影山のご両親だ」「影山のお父さんだ」など、影山の親であるという声もありました。

しかし影山のご両親は9話で初登場で、しかもお母さんだけです。

このドラマのテーマは「ネット社会」を含めた社会全般なので、事件が影山澪奈の家族の中だけで完結するとは思えません。


校長




少数派ですが、柊の口パクが「校長」という声もありました。

確かに常に“事なかれ主義”を貫く彼が、隠蔽のために澪奈を殺した可能性は考えられますが、ちょっと突飛な気がします。

それに最終回でいきなりクローズアップされる人物としては、校長は弱いと思います。


茅野とは言っていない



9話ラストシーンで「私が澪奈を殺したの」と衝撃の告白をしたさくら(永野芽郁)ですが、柊は口パクの時に「(影山澪奈を殺した犯人は)茅野さくらだ」と言ったのでしょうか?

これについては、柊の口の動きが違うし、生徒たちもさくらが犯人とは思っていない様子。

それを証拠に、さくらの激白に対して3年A組の生徒たちは呆気に取られていました。


SNS



柊の口パクが「SNS」と言う声も。

筆者もこれに賛成です。


最終回の公式予告動画を見てください。



柊が何者かに向かって「これが俺が立て籠もった最大の理由だ!見苦しいんだよ!お前に言ってんだよ!逃げてんじゃねえぞ!」と罵声を浴びせています。

何者かとは、おそらく「本当の黒幕」。


筆者は、影山澪奈を殺した犯人は、「マインドボイス」のネット民だと予想しています。

しかし「マインドボイス」だけでなくその他の無自覚な人間たち(武智やベルムズ、3年A組の生徒たち)も含まれていると思われるので、「大衆」という言葉の方がしっくりくるのかもしれません。


そしてこの考え方だと、5話の柊のセリフとも矛盾しないと思います。

【5話の柊のセリフ】

影山の事件は誰が死んでいてもおかしくはなく、ターゲットになったのがたまたま影山だっただけで、他の誰かが同じような目にあう可能性も十分にあった。

そして事件はまだ終わってない。

ここで解決しなければ、第2、第3の犠牲者が出る。

警察では加害者を特定できない、だから世間を使ってあぶり出す必要がある。

立て籠もったのはそのためで、大勢の人間に興味を持ってもらうことが目的だった。


柊の口パクが「SNS」や「ネット民」だとすると、1話の「考えるんだ、悪意にまみれたナイフで汚れなき弱者を傷つけないように!」と叫びの意味もわかってきます。

ストレスを抱えたネット民は、常にターゲット(はけ口)を求めています(無自覚に)。

つまり、ネット民は悪意にまみれたナイフを持ってる場合が多いのです(繰り返しますが無自覚に)。

そしていったんネットにさらされてターゲットになった人間は、たとえ無実でもそれが証明されることはなく、顔も知らないネット民たちに食い尽くされてしまう……。

柊はそんな現実をなんとかしたくて、この計画を実行したのではないでしょうか?


そうなると、「立て籠もった最大の理由」の方の口パクは、「SNSの悪意を根絶すること」ではないでしょうか?

まとめ

ドラマ『3年A組』の柊の口パクの内容についてネタバレ考察してまとめました。

いまだにその姿を現さない「こくぼゆうこ先生」も気になりますが、黒幕としてはこの予想が合っていると予想しています。


「3年A組」さくらの「私が澪奈を殺したの」の意味をネタバレ!こくぼゆうこも関係が?の記事はこちら
「3年A組」さくらの「私が澪奈を殺したの」の意味をネタバレ!こくぼゆうこも関係が?

「3年A組」9話のネタバレと感想!さくらの「私が澪奈を殺したの」の意味は?の記事はこちら
「3年A組」9話のネタバレと感想!さくらの「私が澪奈を殺したの」の意味は?

ドラマ「3年A組」最終回結末をネタバレ予想!柊一颯と影山澪奈の関係とは?の記事はこちら
ドラマ「3年A組」最終回結末をネタバレ予想!柊一颯と影山澪奈の関係とは?

「3年A組」茅野さくら(永野芽郁)共犯説をネタバレ!いつから繋がってたの?の記事はこちら
「3年A組」茅野さくら(永野芽郁)共犯説をネタバレ!いつから繋がってたの?

「3年A組」マインドボイスのユーザー5000万人が黒幕?50億円の使い道は?の記事はこちら
「3年A組」マインドボイスのユーザー5000万人が黒幕?50億円の使い道は?

「3年A組 今から皆さんは人質です」生徒役キャスト一覧!出席番号1~15を紹介!の記事はこちら
「3年A組 今から皆さんは人質です」生徒役キャスト一覧!出席番号1~15を紹介!

「3年A組 今から皆さんは人質です」生徒役キャスト一覧!出席番号16~30を紹介!実年齢と過去作品、最年長と最年少も!の記事はこちら
「3年A組 今から皆さんは人質です」生徒役キャスト一覧!出席番号16~30を紹介!実年齢と過去作品、最年長と最年少も!