相棒 300回記念SP キャスト一覧!あらすじや歴代の謎も総まとめ

2000年6月に誕生したドラマ『相棒』が2018年1月31日(水)に放送300回を迎えます。

それを記念し、24日(水)の299回(第13話)、31日(水)の300回(第14話)が前後篇で『相棒 300回記念スペシャル』を放送することに決定しました。

津川雅彦さん、木村佳乃さん、高橋惠子さんなどの名キャラクターの再登場に加えて、これまでの「相棒」ワールドにちりばめられたさまざまな謎に迫る内容になっているとのことで、非常に楽しみです。

当記事では、『相棒 300回記念スペシャル』の簡単なあらすじやキャスト・放送時間、歴代の謎についてまとめています。



『相棒 300回記念SP』のあらすじとは?




「相棒」は2000年6月に「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとしてスタートし、今回のシーズン16まで17年にわたって放送されてきました。

今回の300回記念スペシャルは、輿水泰弘(こしみず やすひろ)さん脚本の前後編。

元法務大臣で投獄されていた津川雅彦さん演じる瀬戸内米蔵が約4年ぶり、木村佳乃さん演じる元衆議院議員の片山雛子が2年ぶり、さらに高橋惠子さん演じる尼僧の蓮妙が2004年放送の『相棒3』以来、約13年ぶりに再登場を果たします。


かつて杉下右京(水谷豊さん)に逮捕されて横領の罪で服役していた僧侶で元法務大臣の瀬戸内米蔵(津川雅彦)が仮出所の日を迎えるところから物語はスタート。

住職として寺の最興を志す瀬戸内の元を、元・衆議院議員・雛子(木村佳乃)が訪問。

なんと出家を願い出て瀬戸内をびっくりさせます。

一方、同寺の荒れた墓地から白骨遺体がみつかり、連絡を受けた右京と亘(反町隆史)は捜査に乗り出します。

同じ頃、警視庁広報課長の社美禰子(仲間由紀恵)は、ロシアのスパイ・ヤロポロクから手紙を受け取ります。

手紙には白骨遺体事件に関する情報が記されていました。


瀬戸内の仮出所に始まり、警視庁広報課長・社美彌子の身辺にも派生し、思わぬ方向へと展開しながら、これまでの『相棒』ワールドにちりばめられたさまざまな謎に迫るという豪華な内容になっています。


『相棒』歴代の謎とは?

相棒にはシリーズを通じて、いまだ多くの謎が残されています。

今回の『相棒 300回記念SP』では謎の一部が解明されるということで、大注目です。

以下に『相棒』歴代の謎について簡単にまとめました。


特命係と因縁深い戸内米蔵の動向が気になる!




瀬戸内米蔵(津川雅彦)は元法務大臣。

人命を非常に尊重する人物で、在任中には死刑執行命令書への署名を一切しませんでした。

強い正義感の持ち主でもあり特命係のことを高く評価しますが、国際支援物資を巡る不正に手を染めるようになり、特命係に逮捕されて懲役10年の実刑判決を受けます(『相棒7』2話・2008年10月29日放送)。

刑務所収監中も特命係の捜査にたびたび協力してきました。

『相棒 300回記念SP』では刑期を終え、出所してくることになる米蔵ですが、その胸に去来するものとは?

特命係と深い因縁を持つ彼が何を考えていて右京らとどんな関わりをしていくのか……その動向は謎に包まれています。


議員辞職した片山雛子の思惑とは?




『相棒13』第1話(2004年10月13日)の登場以来、数々の事件の渦中にいながらも自身に不利な状況をかいくぐり、特命係の追求を逃れてきた片山雛子。

女性初の総理大臣候補とも目されましたが、『相棒14』第10話(2016年1月1日放送)で共に次期政権の中枢を担うはずだった時の官房長官をテロで失い、自ら議員辞職して政界から姿を消しました。

表舞台に姿を見せないまま2年の歳月が流れましたが、野心家の雛子がこのままでいるとは思えません。

雛子の意外な思惑が、近々右京と亘を驚かせることになるかもしれません。

片山雛子についてもっと詳しく知りたい人はこちら
相棒16 SP 片山雛子【木村佳乃】とは?初登場や議員辞職、300回SPの謎解明も


社美禰子とロシア人スパイの関係は一体……?




社美禰子は『相棒13』第1話(2014年10月15日)で初登場。

アメリカに亡命したロシア人スパイ・ヤロポロクに関わる事件で特命係と知り合います。

社美禰子はスパイのヤロポロクと関係を持ち子供を出産した過去を持ちますが、『相棒15』最終話(2017年3月22日)で週刊フォトスにその事実をスクープされてしまいます。

副総監の大杉連ら上層部の知るところとなり厳しい追求を受けますが、美禰子はこの事実を認めつつ乱暴されて出来た子供だと激白、証人として甲斐峯秋を同行させます。

峯秋のおかげで更なる追求を逃れた美禰子ですが、右京はこの事実を認めていません。

また、峯秋は何故美禰子をここまでかばうのでしょうか?

社美禰子についてもっと詳しく知りたいひとはこちら
相棒16 SP 社美彌子【仲間由紀恵】とは?過去の出演から300回SPの謎解明まで


スクープをものにする風間楓子の情報源は?


『相棒15』18話(2017年3月22日放送)で社美禰子が訳ありシングルマザーであることを報じたことをきっかけに、特命係が首を突っ込んだ事件に何かと絡んでいる写真誌『週刊フォトス』の記者・風間楓子(芦名星)。

相手が美禰子であっても大胆に切り込んでいく度胸はお見事としか言いようがありません。

そして『相棒 300回記念SP』では記者として“ある大物”とパイプを持っていることが判明。

風間楓子がなぜスクープをものにできるのか?

その情報源はいまだに謎に包まれているのです。

風間楓子についてもっと詳しく知りたい人はこちら
相棒16 フォトスの記者・風間楓子役は芦名星!相棒15【最終回】にも出演


甲斐峯秋の本心が気になる!


右京の3代目相棒・甲斐享(成宮寛貴)が起こした連続傷害事件をきっかけに、警察庁ナンバー2の次長職から、閑職といわれる警察庁長官官房付のポストに事実上降格された甲斐峯秋(石坂浩二)。

現在放送中の『相棒16』1話(2017年10月18日放送)では衣笠副総監(大杉連)の策略で特命係の指揮統括を押しつけられたかに見えますが、峯秋は逆にそれを利用しようと考えている雰囲気もありました。

同エピソードのラストでは、衣笠副総監に向けて「君を後悔させることにならなければいいんだが」という意味深な発言も残しています。

いつもポーカーフェイスの甲斐峯秋が本心では何を考えているのか誰にもわかりません。

権力復活を虎視眈々と狙っているのはまず間違いなさそうですが……。


青木年男が警察嫌いになった原因は?


サイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官・青木年男(浅利陽介)は元々は大の警察嫌い。

『相棒14』第15話で特命係の策略にのせられて“面通し”させられてから、特命係を恨んでいます。

そして2人に復讐するためだけに警察に転職(警察嫌いなのに)。

青木が警察嫌いになった原因は衣笠副総監と竹馬の友である父親の存在なのですが、彼の父がどんな警察官で、なぜこれほどまでに彼が警察嫌いになったのかについては謎に包まれています。

さらに、特命係に今でも復讐するつもりなのかどうかもわかりません(けっこう右京さんになついているので)。

青木年男についてもっと詳しく知りたい人はこちら
相棒16 青木【浅利陽介】は右京と亘に恨みを持ってる?笑顔の裏にある目的とは?


突然姿を消した日下部彌彦の腹心はどこへ?


『相棒15』第1話(2016年10月12日放送)で執拗に美彌子をマークしていたスーツ姿の男・坊谷一樹(蔵原健)ですが、この回を最後に突然姿を消しています。

日下部(榎木孝明)の指示を受けて極秘裏に動いていたことは確かなのですが、一体どうなったのでしょうか?

日下部は、亘にも美彌子を探らせていた過去があるため、坊谷がスパイに関する調査をしていたことは間違いなさそうですが……?


これらの謎がどこまで明かされるのかは実際に『相棒 300回記念SP』を見てのお楽しみです。

『相棒 300回記念SP』キャスト一覧

『相棒 300回記念SP』のキャストをご紹介します。

メインキャスト


まずは『相棒16』のメインキャストをご紹介します。

杉下右京:水谷豊



  • 役名 杉下右京(すぎした うきょう)
  • キャスト 水谷豊(みずたに ゆたか)
  • 生年月日 1952年7月14日
  • 年齢 65歳


杉下右京は、警部。

切れ者過ぎるがゆえに上層部から目を付けられて、特命係という閑職に追いやられてしまいました。

好奇心からたびたび事件に首を突っ込み、名推理で事件の謎を解き明かしていきます。


水谷豊さんの過去出演作品は『傷だらけの天使』『刑事貴族シリーズ』など多数。



冠城亘:反町隆史


はるみさん(@h_aru11)がシェアした投稿


  • 役名 冠城亘(かぶらぎ わたる)
  • キャスト 反町隆史(そりまち たかし)
  • 生年月日 1973年12月19日
  • 年齢 44歳

冠城亘は、巡査。

元は法務省のキャリア官僚でしたが、警視庁に飛ばされ、かねてから希望していた特命係に異動してきました。


反町隆史の過去出演作品は『ホットマン』『ワンダフルライフ』など多数。


社美禰子:仲間由紀恵


@maaaaaru_017ynがシェアした投稿


  • 役名 社美禰子(やしろ みやこ)
  • キャスト 仲間由紀恵(なかま ゆきえ)
  • 生年月日 1979年10月30日
  • 年齢 38歳

社美禰子は、広報課課長。

アメリカに亡命したロシア人スパイ・ヤロポロクと訳ありの関係があります。

一人娘を持つシングルマザー。


仲間由紀恵さんの過去出演作品は『SAKURA〜事件を聞く女〜』『ごくせん』など多数。


青木年男:浅利陽介



  • 役名 青木年男(あおき としお)
  • キャスト 浅利陽介(あさり ようすけ)
  • 生年月日 1987年8月14日
  • 年齢 30歳

青木年男はサイバーセキュリティ本部の特別捜査員で、階級は巡査部長。

役所に勤める公務員でしたが、コンピューターの専門的な知識と父親の竹馬の友である副総監のコネにより特別捜査官として採用されます。

しかし元々は極度の警察嫌いで、以前、特命係の2人にハメられたことを根に持ち、復讐の機会を狙っている様子。

友達は少ないようで、特命係の2人にいつもからんできます。


浅利陽介さんの過去出演作品は『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『恋空』など多数。


月本幸子:鈴木杏樹


KumaKumaさん(@kumakumacamera)がシェアした投稿



  • 役名 月本幸子(つきもと さちこ)
  • キャスト 鈴木杏樹(すずき あんじゅ)
  • 生年月日 1969年9月23日
  • 年齢 48歳

月本幸子は小料理屋「花の里」の女将。

右京に殺人未遂で逮捕された過去を持ちますが、今は立派に更生しています。


鈴木杏樹さんの過去出演作品は『あすなろ白書』『若者のすべて』など多数。


日下部彌彦:榎木孝明



※写真右の人物

  • 役名 日下部彌彦(くさかべ やひこ)
  • キャスト 榎木孝明(えのき たかあき)
  • 生年月日 1956年1月5日
  • 年齢 61歳

日下部彌彦は法務事務次官。

亘の元上司で懇意にしていましたが、目を掛けていた女性検察官を右京が辞職に追いやった一件から関係が一変。

特命係を目の敵にするようになり、特命係を廃止に追い込もうと策謀を巡らせます。


榎木孝明さんの過去出演作品は『ぴんとこな』『花咲舞が黙ってない』など多数。


衣笠藤治:大杉連



※写真左の人物

  • 役名 衣笠藤治(きぬがさ とうじ)
  • キャスト 大杉連(おおすぎ れん)
  • 生年月日 1951年9月27日
  • 年齢 66歳

衣笠藤治は、警視庁副総監。

警視庁のNo.2で、サイバーセキュリティ対策本部の発足に携わった人物。

以前、自身の娘が殺人事件の目撃者になった一件に特命係が首を突っ込んだ経緯から、その存在を疎ましく感じ始めました。

『相棒16』第1話で、甲斐峯秋(石坂浩二)に特命係の指揮統括になってくれるようにたのみます。

その目的は、目障りな峯秋を特命係もろとも失脚させるためと、かなりの腹黒い人物。

『相棒16』第12話で、家庭内の秘密を右京に暴かれて、ますます特命係が邪魔な存在だと思うようになります。


大杉連さんの過去出演作品は『闇金ウシジマくん Part3』『ボクの妻と結婚してください。』など多数。


甲斐峯秋:石坂浩二



※写真右の人物

  • 役名 甲斐峯秋(かい みねあき)
  • キャスト 石坂浩二(いしざか こうじ)
  • 生年月日 1941年6月20日
  • 年齢 76歳

甲斐峯秋は、警察庁長官官房付・警視監。

以前は警察庁No.2である次長の職にあったが、特命係に所属していた息子の享(成宮寛貴)が起こした連続傷害事件を受け、警察庁長官官房付のポストに事実上降格されます。

それでも警察内での影響力は依然として強く、美彌子(仲間由紀恵)からの依頼を受け、亘(反町隆史)の特命係への異動でも裏で手を回しました。

右京の能力の高さも認めていて、『相棒16』第1話では衣笠の要請で、特命係の指揮統括を引き受けます。

いつも穏やかな笑顔ですが、その腹の内は……?


石坂浩二さんの過去出演作品は『私は貝になりたい』『沈まぬ太陽』など多数。


『相棒 300回記念SP』5人のキーパーソン


『相棒 300回記念SP』のキーパーソン5名をご紹介します。


瀬戸内米蔵:津川雅彦



※写真右下の人物

  • 役名 瀬戸内米蔵(せとうち よねぞう)
  • キャスト 津川雅彦(つがわ まさひこ)
  • 生年月日 1940年1月2日
  • 年齢 78歳

瀬戸内米蔵は元法務大臣。

強い正義感の持ち主で特命係のことを高く評価し、捜査にも協力していました。

しかしその正義感があだになって国際支援物資をめぐる不正に手を染めて特命係が逮捕、懲役10年の実刑判決が下されました。

その後出所し、僧侶として実家の寺・徹正院に戻るのですが……。


津川雅彦さんの過去出演作品は『必殺橋掛人』『必殺! 主水死す』など多数。


片山雛子:木村佳乃



※右上の写真の人物

  • 役名 片山雛子(かたやま ひなこ)
  • キャスト 木村佳乃(きむら よしの)
  • 生年月日 1976年4月10日
  • 年齢 41歳

片山雛子は、元内閣官房副長官。

元国会議員で、右京が「身の回りで事件が起きるたびにそれを逆手に取り、まるで糧にするかのように大きくなっていく人間」と評するしたたかでやり手の政治家。

時の官房長官が殺害されたテロ事件で、責任を取る形で自ら議員辞職。

それから数年間は鳴りを潜めていたが、瀬戸内の出所にともなって大胆な行動に出ます。


木村佳乃さんの過去出演作品は『僕のヤバイ妻』『ひよっこ』など多数。


蓮妙:高橋惠子



※右上の写真の白い袈裟の女性

  • 役名 蓮妙(れんみょう)
  • キャスト 高橋恵子
  • 生年月日 1955年1月22日
  • 年齢 62歳

蓮妙は滋妙院の庵主。

『相棒3』最終話で登場。

実家が寺である瀬戸内(津川雅彦)とは兄妹弟子の仲に当たります。

瀬戸内と小野田が訪ねた寺にいた雀蓮(高橋由美子)という尼僧に白骨遺体の復顔像がよく似ていたことから特命係が捜査。

右京の大胆な仮説から、雀蓮と蓮妙が親子であることが判明した過去があります。

『相棒 300回記念SP』では仮出所した瀬戸内の身元引受人になりますが……。


高橋恵子さんの過去出演作品は『女将になります!』『天国へのカレンダー』など多数。


常盤臣吾:矢野聖人



  • 役名 常盤臣吾(ときわ しんご)
  • キャスト 矢野聖人(やの まさと)
  • 生年月日 1991年12月16日
  • 年齢 26歳

常盤臣吾は瀬戸内の寺の檀家総代の息子。

幼少時から瀬戸内に世話になっており、荒れた境内の再整備を買って出ます。

現在はフリーターで、最近まで海外を放浪していました。


矢野聖人さんの過去出演作品は『イニシエーション・ラブ』『闇金ウシジマくん Part3』など多数。


風間楓子:芦名星



  • 役名 風間楓子(かざま ふうこ)
  • キャスト 芦名星(あしな せい)
  • 生年月日 1983年11月22日
  • 年齢 34歳

風間風間楓子は「週刊フォトス」の記者。

1年程前、美彌子がシングルマザーであるというスクープ記事を書いて以来、特命係とも顔見知りの仲に。

『相棒 300回記念SP』では、どこからか瀬戸内出所の情報を聞きつけ取材に現われます。


芦名星さんの過去出演作品は『ST 赤と白の捜査ファイル』『コピーフェイス〜消された私〜』など多数。

『相棒 300回記念SP』放送日


  • 放送日 2018年1月24日(水)、31日(水)
  • 放送時間 21:00~22:09
  • テレビ局 朝日テレビ系列

2018年1月31日(水)に放送300回記念を迎える『相棒』。

前篇の放送は2018年1月24日(水)21時~(『相棒16』第13話)、後篇の放送は2018年1月31日(水)21時~(『相棒16』第14話)です。

シーズンを超えて張り巡らされた伏線が回収される『相棒 300回記念SP』は必見の内容です。

お見逃しなく!

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • 黄昏流星群
  • SUITS/スーツ
  • 僕らは奇跡でできている(ポイント)
  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • コンフィデンスマンJP
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 獣になれない私たち
  • ドロ刑
  • 今日から俺は!!
  • ブラックスキャンダル
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • 昭和元禄落語心中(216ポイント)
  • まんぷく(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)