BG 元妻 仁美役は山口智子!キムタクとロンバケ以来の共演でファン歓喜の声も!

『BG~身辺警護人~』主人公・島崎章(木村拓哉)の元妻・仁美役は、山口智子さんです。

キムタクと山口智子さんは、1996年の大ヒットドラマ『ロングバケーション』以来22年ぶりの共演ということで、大きな話題を呼んでいます!

山口さんといえば「90年代のトレンディドラマに山口智子あり!」と言わしめるほどの存在感を放った女優さんで、50歳を過ぎた今でも変わらぬ美貌とスタイルをキープしています。

当記事では『BG~身辺警護人~』で元妻・仁美を演じる女優・山口智子に注目して「役柄」や「経歴」「演技の評判」についてまとめました。



『BG~身辺警護人~』仁美役の女優・山口智子とは?


ronさん(@rukaron_rukaron)がシェアした投稿


プロフィール


  • 芸名 山口智子
  • 本名 唐沢智子(からさわ ともこ・旧姓:山口)
  • 生年月日 1964年10月20日
  • 年齢 53歳
  • 配偶者 唐沢寿明
  • 事務所 研音

経歴


山口智子さんは1986年、東レ水着キャンペーンガールとしてデビュー。

1987年にはこの年からスタートしたアサヒビールのキャンペーンガールにも就任。


女優デビューは1988年のNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』で、ヒロインを務めました。


やっぱりすごく初々しいですね。


その後はトレンディードラマのヒロイン級の役柄を演じて、90年代の連続ドラマ全盛期に「連ドラの女王」と呼ばれるまでになります。

シリアスもコメディもこなせる演技力で「高視聴率女優」として大活躍。


1991年にはドラマ『もう誰も愛さない』で吉田栄作さん演じる沢村卓也に騙され陥れられながらも、最後は命がけで彼の子供を出産する美幸役を熱演。


「裏切り」と「不幸」の連鎖に加えて、メインキャストがどんどん死んでいくという凄まじい内容のドラマでした。

性的虐待、冤罪、失明、流産、殺人と人生の修羅場をすべて飲み込んだ汚れ役を演じた山口智子さんは滅茶苦茶カッコよかったし、回を追うごとに美貌に磨きがかりました。


その後は『ダブル・キッチン』で野際陽子さん演じる姑と毎回バトルを繰り広げる妻・都役を演じ、『29歳のクリスマス』では仕事にも恋にも行き詰まった29歳の女性を演じ、『王様のレストラン』ではやる気のない才能を秘めた女シェフを演じました。


山口智子さんはその年齢の等身大の女性を演じることによって、同世代の女性達から圧倒的な支持を集めることに成功。

さらに飾らない性格や自然体な生き方、ファッションなども好感を持たれて、人気はうなぎのぼりに。


1996年の大ヒットドラマ『ロングバケーション』ではキムタクの恋人役を好演。

Akiya Kisibeさん(@akiyyya)がシェアした投稿


山口智子さんの役柄は婚約者・朝倉に逃げられ、モデルの仕事をクビになって“ロングバケーション”(人生の長期休暇)を迎える30歳目前の葉山南。

朝倉のルームメイトである瀬名(木村拓哉)のマンションに転がり込みます。

南が瀬名の優しさに癒されて、2人が惹かれ合っていく過程がとても素敵なドラマでした。


プライベートでは1995年に唐沢寿明さんと結婚、以降はCMを中心に仕事をシフトし、しばらくは山口智子さんをドラマや映画で見かけなくなりました。


2012年のドラマ『ゴーイング マイ ホーム』で華麗なる復帰を遂げます。

山口さんの以前と全く変わらぬ容姿に、筆者はただただ感心しました。


その後は、2015年のドラマ『心がポキッとね』で藤木直人さんの恋人役を好演。


共演者で20代の水原希子と並んでも見劣りしない美貌も話題になりました。


2017年の『ハロー張りネズミ』では大酒飲みの所長・風かほる役を演じました。


サバサバした演技がカッコよかったです。


『BG~身辺警護人~』女優・山口智子の役柄は?



『BG~身辺警護人~』山口智子さんの役柄は、島崎章(木村拓哉)の元妻・仁美。


仁美は既に再婚していて息子・瞬(田中奏生)によると夫婦仲はラブラブで、いまだに独り身の寂しい章とは大違いです。

しかも仁美の新しい夫は、イケメンで優しくてお金持ちで章より10歳年下というからまた驚きです!


章を演じるキムタクの実年齢が45歳ですから、それより10歳年下ということは35歳。

山口さんの実年齢が53歳ですから、35歳の旦那さんは18歳年下ということになりますね(スゴイ)!


キムタクと山口さんが共演するのは、1996年の大ヒットドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)以来、22年ぶり。

衣装合わせで再会した時にキムタクが山口さんをハグして抱き上げたそうで、まるで最終回のワンシーンのような感動的な再会だったそうです。

ネット上では「章の元妻役は誰なのか?」が話題になっていましたが、その重要な役柄を演じる人物に山口さんが決定したのはこれ以上ないキャスティング。


『BG~身辺警護人~』気になる仁美の登場シーンですが、第6話(2月22日放送)と第7話(3月1日放送)に登場。

元妻・仁美から「誰かに狙われている」「私の警護をしてほしい」と依頼される章ですが、とてもドラマチックな回になるということで、ドキドキしながら視聴したいところです。

女優・山口智子の演技の評判は?

1990年代には「連ドラの女王」「高視聴率女王」の名を欲しいままにした人気女優・山口智子さんの演技の評判を見てみましょう。

『ハロー張りネズミ』での演技の評判は?




『ハロー張りネズミ』での山口智子さんの演技の評判は、高評価が多かったです。

山口さんお得意のサバサバした演技が、探偵事務所の所長役にドンピシャでハマッたんだと思います。

「こんな上司と仕事したい」という声もありましたが、いいですよね~仕事中にワインやビール飲めるって(笑)。




一方、「山口智子は山口智子」「演技がクドくて胃もたれする」など何を演じても一緒に見えるという意見もありました。

「20年以上前のロンバケから全く演技進歩していない」「バブルの頃からのテンション高い演技が変わってない」などかなり手厳しいご意見も(^_^;)

逆に「トレンディーな演技が好き」「山口智子の演技が大好き」というファンも多いのですがね……。

『BG~身辺警護人~』キムタクと山口智子の共演が楽しみ





キムタクと山口さんの22年ぶりの素敵過ぎる再会に興奮&期待する視聴者多数で、ツイッターは盛り上がっています。

22年ぶりの共演なので、元妻役はちょうどいい距離感ですよね。

それにしても立原愛子役の石田ゆり子さんといい、美しすぎるアラフィフ女優が増えてきましたね。

まとめ

『BG~身辺警護人~』元妻・仁美役を演じる女優・山口智子さんをご紹介しました。

最高のキャスティングに、今から放送が待ちきれない人も多いでしょう。

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • 限界団地
  • コンフィデンスマンJP
  • シグナル(ポイント)
  • モンテ・クリスト伯
  • コードブルーシリーズ
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)
  • 正義のセ
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル!




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • デイジー・ラック(216ポイント)
  • 半分、青い。(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)