僕たちがやりました板尾創路演じる弁護士・西塚の正体とは?原作ネタバレ

ドラマ「僕たちがやりました」で、板尾創路が輪島宗十郎にくっついている弁護士・西塚役として活躍しています。

当記事はドラマ第4話まで視聴した時点で書いているのですが、ついに弁護士・西塚が動き出しました!

弁護士・西塚の正体について、原作からネタバレしていこうと思います。

ネタバレを読みたくない方は注意!



ドラマ「僕たちがやりました」弁護士・西塚

原作からネタバレをするといいましたが、漫画「僕たちがやりました」には実は西塚という名前のキャラクターは存在していません。

ということは、ドラマ版限定のオリジナルキャラクターなのか?

と問われるとそう決定づけることもできない…そんなキャラクターが西塚なんです。


まずは、ドラマ版での西塚の動きをまとめてみましょう。


西塚は輪島宗十郎の隣にいるスーツを着た男。

とても落ち着いた風貌で抜け目のなさそうな印象をうかがえます。


キャバクラで刑事・飯室が「輪島宗十郎の周りで人がよく死んでいる」という話を輪島に突きつけてきたシーンでは、ふざけている輪島とは相対して西塚は冷静に「次からは弁護士を通してください」と対処しています。

この動きから、輪島宗十郎の側近であり信頼を置ける部下のような存在であることが予想できます。


また、第4話で西塚は刑務所にいるパイセンの元に訪れ、問い詰められても自白しないように助言しています。

そして、4話のラストシーンで出頭したパイセンの似顔絵そっくりの男…彼は西塚が送り込んだものだと予想できますね。

原作「僕たちがやりました」の西塚は?

さてさて、原作では西塚という男は出てこないのですが、とても立場が似たような男がいたのです。

それは、輪島宗十郎の側にいるスーツ姿の男で名前は作中では出てこなかったのです。


原作のスーツの男は、輪島宗十郎も知らないところでパイセンの事件を揉み消した張本人…

つまり、ドラマ第4話でパイセンを助けようとした西塚に近しい存在と言えるんですね。


おそらくですが、原作のスーツの男は弁護士ではないとは思います。

イメージとしては、スーツの男がパイセンの元に弁護士を送り込んだという感じ。


なので、その弁護士とスーツの男を混ぜ合わせた存在がドラマで西塚という一人のキャラクターとして合体したような感じなのではないでしょうか。



原作「僕たちがやりました」西塚のネタバレ

原作「僕たちがやりました」のスーツの男(以後、原作の話ですが西塚と呼びます)が、何をしたかまとめます。

矢波高爆破事件の揉み消し

矢波高爆破事件はパイセンが空港で容疑者として捕まってしまうが、犯人の似顔絵にそっくりな男・真良中幹男が自首しに来たことでパイセンは無罪となり釈放される。

警察も誤認逮捕だと認めたのだ。


その裏で動いていたのが、西塚であった。

西塚は借金で潰れてしまった家族持ちのホームレス(真良中幹男)を探し出した。

そして、嫁と子供を養うかわりにそのホームレスを指名手配の似顔絵に似せた顔に整形させて、嘘の証拠と供述で自首させたのだ。

これにてパイセンは無罪、そして「輪島宗十郎の子が殺人犯である」という事実が消えた。


なお、この一連の揉み消しは輪島宗十郎は知らず、西塚の独断で処理したものである。

パイセンに金を送り続けている

パイセンの持っている金は輪島宗十郎が今は亡き13人目の愛人にしてパイセンの母親である早季絵の望みを聞いて送り続けているもの。

ただ、その管理をしているのは西塚である。

トビオたちの自首計画を揉み消す

トビオ、パイセン、マル、伊佐美は代々木公園で盛大に自首をするというパフォーマンスを見せるが、「僕たちがやりました!!」と宣言した瞬間にワゴン車が突っ込んできて、暴力でトビオたちを拉致。

その車を運転していたのが西塚であった。


トビオたちがやらかそうとしたことまでは読めなかった西塚だったが、パイセンが口座から全額引き出していたことに気がつきマークし続けていたのだ。

そして、輪島がトビオたちの自首騒動に激怒し、パイセンを殺す指示を受けていた。


西塚はトビオ、マル、伊佐美を車から逃がそうとしたが、トビオだけは予想外にも残ることに。

車に乗っていたパイセンの兄・玲夢(レイム)にナイフで刺されそうになったトビオが、咄嗟に運転している西塚にマスクを被せ、わざと車を事故らせる。


転倒した車から全員外へぶちまけられたが、玲夢がパイセンに襲いかかる。

しかし、パイセンはナイフで玲夢を逆に滅多刺しにしてしまう。

パイセンは殺人犯として捕まってしまい、トビオは被害者として扱われた。

結局のところ、この一連の騒動は輪島宗十郎の全資産7割を使って揉み消され、パイセンと輪島宗十郎の血縁関係も抹消されて幕を閉じた。

まとめ

ドラマ「僕たちがやりました」の板尾創路演じる弁護士・西塚の正体について原作からネタバレしました。

原作の西塚(らしきスーツの男)は、輪島宗十郎がゲラゲラ笑っているときにも常に真顔の男。

4話時点で板尾創路の演技で笑っている場面が見られないことから、ある意味原作どおりに演技をしていると言えるキャラクターではないでしょうか。


闇世界を生き抜く敏腕弁護士・西塚が今後どんな怖い存在となって動いていくのか…

そして、天才・板尾創路の演技にも期待です!


輪島宗十郎についてはこちらでまとめています。

僕たちがやりました古田新太演じる輪島宗十郎の正体とは?原作ネタバレ

2017.08.09

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • 海月姫
  • FINAL CUT(ポイント)
  • 隣の家族は青く見える
  • オーファン・ブラック
  • 犯罪症候群 Season2
  • コードブルー Season3
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン




Hulu 日テレ公式


  • トドメの接吻
  • トドメのパラレル(スピンオフ)
  • anone
  • もみ消して冬
  • リピート
  • Mother
  • Woman
  • ガキ使 笑ってはいけないシリーズ




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • 99.9 Season2(324ポイント)
  • アンナチュラル(324ポイント)
  • 監獄のお姫さま(324ポイント)
  • 女子的生活(216ポイント)
  • わろてんか(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)