ドクターX5期 神原晶役は岸部一徳!メロンと請求書のシーンはお決まり?

2012年にスタートした「ドクターX」が、この秋「ドクターX 第5シリーズ(5期)」として放送されます!

初回放送は、2017年10月12日(木)夜9時スタートです!(テレビ朝日系列にて)

この「ドクターX」は、米倉涼子さん演じるフリーランスのスーパードクターの外科医「大門未知子」が「私、失敗しないので。」の言葉で、難易度の非常に高い手術を、日本初、また時に世界初として、数々の手術を成功させていきます。

「大門未知子」が「晶さん」と呼ぶ「神原 晶(役者:岸部一徳)」とは、どんな人物なんでしょうか~?




「神原晶」…「神原名医紹介所」の所長として

■「神原晶(俳優:岸部一徳)」は、フリーランスの外科医「大門未知子(女優:米倉涼子」や、フリーランスの麻酔科医の「城之内博美(女優:内田有紀)」が所属している「神原名医紹介所」の所長です。



■ 未知子の同僚や病院院長などには、「あのマネージャー」と呼ばれています。



■ 病院へ請求書を持って行くときは、
  ■ 必ずスーツを着て、
  ■ 高級メロンを持って
  ■ アタッシュケースケースを持って、病院へ伺います。

そして、
「どうぞ、メロンです。請求書です。」と、メロンと請求書を渡します。
ドラマ『水戸黄門』の印籠シーンのように、晶さんのこのメロンと請求書のシーンは「お決まりのシーン」ですが、何度観ても面白いです~。

➡退室した後は、必ず、キレッキレッのスキップで病院を去って行きます(笑)。




■ 大門未知子の営業をする際のお決まりのフレーズは、「大門未知子なら、きっと、お役に立つと思いますよ。」(笑)。



「極秘手術の口止め料は、手術代と同額を病院からいただくことになっております。」



■ 未知子の手術代をどんどんあげていき、「ドクターX シリーズ3(3期)」の頃には、未知子の「晶さん」への借金は完済していたようです。


■ かなりの情報通。



「神原晶」…大門未知子との関係

■ 「大門未知子(女優:米倉涼子」のお父さんの診療所の借金を、肩代わりしていた。
「ドクターX シリーズ3(3期)」の頃には、未知子の「晶さん(俳優:岸部一徳)」への借金は完済していたようです。
ただ、晶さんは、借金完済されていることは、未知子には伝えていなかった。



■ 晶さんは、未知子の父親(「大門寛」、「大門診療所」の外科医、俳優:現在まで配役なし)と、毒島隆之助(帝都医科大学付属 第三病院 院長・・シリーズ1(1期)、俳優:伊東四郎)と、医局時代3人同期だった。



■ 1999年頃、未知子がキューバにいる外科医の晶さんに「助手にして」と頼まれ、未知子を弟子にした。つまり、晶さんは大門未知子の師匠

晶さんの教えは、
「外科医の手術力は、最初のトレーニングで決まる。

どれほどの熱意を持って手術を学ぶか、どれほどうまい外科医の手術を見るか。

川の水が流れるように、基本手技を反復し、美しい最終術野(さいしゅうじゅつや)を作る。

それが私の考える理想の手術だ。

そして、
1番大事なのは、どんなに厳しいオペでも、決して患者を見捨てないこと。




晶さんは、大門未知子のための「壮大な計画」がある。

未知子が思う存分に手術ができるように、最新の医療施設を整えて、最高の外科病院を作ろうと思っている。

そのために、未知子が稼いだ手術代を未知子には内緒で貯めてくれていた。


➡その未知子が稼いだお金を、よく行く銭湯の「男 2番」のロッカーに、下記のものを入れて保管していた。
 
  ■ 手術代の札束(約2億ぐらい?)

  ■ 大門未知子名義の登記済権利証

  ■ 大門未知子外科病院の見積書

  ■ 大門未知子外科病院の計画図


➡大門未知子は、晶さんが銭湯の「男 2番」のロッカーに貯めてくれていたお金を使って、宇宙旅行へ行ってしまった。

晶さんは、手術適応外の重病に冒された

第3期最終話で癌が既に肺動脈にまで浸潤する程に重篤化していた上に脳にも転移して重症であることが判明し、「未知子に失敗はさせられない」として彼女の手術を拒むが、結局は意識不明のうちに手術を受けて見事に完治した。

引用元:Wikipedia ドクターX〜外科医・大門未知子〜

「ドクターX シーズン3(3期)最終回」では、「晶さん(俳優:岸部一徳)」の重篤のシーン、「大門未知子(女優:米倉涼子)」のために「晶さん」が貯めていた札束のシーンなどがあり、「ドクターX」シリーズがついに終わってしまうのではないかとドキドキした回でした。

晶さんは、どうして医師免許はく奪?

金沢の総合病院「クロス医療センター」が舞台になった「ドクターX スペシャル」で、「神原晶(役者:岸部一徳)」がなぜ医師免許をはく奪されたのか初めて分かりました。(2016年)


晶さんは、
キューバの病院で、「黒須 貫太郎(役者:ビートたけし)、現「クロス医療センター 病院長 黒須 貫太郎」にオペの代役を頼まれ。

手術は成功したが、失敗していたら殺されていたようなマフィアか何かの手術だった。

手術の後、警察がなだれ込んで来た。恐らく「黒須」がタレこんだ、と。


その時に、晶さんは、前科が付き医師免許を取り上げられた。

晶さんに関するミニ情報


■ 晶さんは、茶色の猫を飼っている。猫の名前は「ベンケーシー」

■ 料理が得意。未知子のごはんを作ってあげている。

■ 趣味は、麻雀。

■ オペラ歌手「サバロッティ」の歌が好き。

(■ クラブで踊る、のも好きだと思います。)

「晶さん」こと、岸部一徳さんとはどんな俳優さん?

「神原名医紹介所」の所長の「晶さん」を演ずる岸部一徳さんは、1947年1月9日生まれの、現在70歳。(え~見えなかった!)

身長が181cmもあるそうです!(「大門未知子」演ずる米倉涼子さんとの身長差も「ドクターX シーズン5(5期)」では確認したいと思います。)

1967年「ザ・タイガース」としてミュージシャンとしてデビューされました。ベーシストだったようです。どうりで「神原晶」は、キレッキレッのスキップをされると思ったら~(笑)。

また、数多くのテレビドラマ、映画に出演されている日本を代表する俳優さんの一人です。
――――――――――――

初回放送は、2017年10月12日(木)夜9時スタートです!(テレビ朝日系列にて)


「大門未知子(女優:米倉涼子)」と「神原晶(俳優:岸部一徳)」さんの掛けあいシーンを楽しみに観て下さいね!


そして、「晶さん」の声のトーンにも注目です!

★ 未知子と焼肉を食べている時、ダンスしている時などは、「みちこ~!」と高音です。
また、高額の請求書を渡し退室した後のキレッキレッのスキップで病院を去って行く時に発する言葉も高音です。

「どうぞ、メロンです。請求書です。」と、お決まりのメロンと請求書を渡すシーン。
また、「大門未知子」の営業をする際のフレーズ「大門未知子なら、きっと、お役に立つと思いますよ。」「極秘手術の口止め料は、手術代と同額を病院からいただくことになっております。」は低音です。

★ 中音程度の声の時は、未知子達とマージャンをしながら「医療や病院の情報」を話している時や、「ね、ベンケーシー」と飼い猫を撫でている時でしょうか?

「晶さん」の声色も声のトーンも聞き分けてみて下さい。

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • 黄昏流星群
  • SUITS/スーツ
  • 僕らは奇跡でできている(ポイント)
  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • コンフィデンスマンJP
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 獣になれない私たち
  • ドロ刑
  • 今日から俺は!!
  • ブラックスキャンダル
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • 昭和元禄落語心中(216ポイント)
  • まんぷく(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)