ドラマ「凪のお暇」4話のあらすじを原作ネタバレ!凪が廃人になっていく?

ドラマ『凪のお暇』3話ラストシーンで、凪(黒木華)がゴン(中村倫也)と結ばれました。

4話ではラブラブ生活のスタートかと思いきや、ゴンがメンヘラ製造機であることが判明!

凪はゴンといるために再び空気を読み始め、廃人と化します。

さらに、ゴンは慎二(高橋一生)にも接近して……?

当記事では、ドラマ『凪のお暇』4話のあらすじを原作ネタバレしてまとめています。

ドラマ「凪のお暇」4話のネタバレと感想!ゴンは不誠実?慎二株が急上昇!

2019.08.10

ドラマ「凪のお暇」3話のネタバレと感想!坂本がホラーで笑える?

2019.08.03

ドラマ「凪のお暇」の原作あらすじの結末ネタバレ!最新話まで随時更新!

2019.06.21

ドラマ「凪のお暇」エリイを原作ネタバレ!ゴンの元カノで未練タラタラ?

2019.08.03



ドラマ『凪のお暇』4話の公式あらすじ




凪 (黒木華) から正式に別れを告げられ道端で泣き崩れてしまった 慎二 (高橋一生) の前に、ゴン (中村倫也) のクラブ仲間・エリィ (水谷果穂) が通りかかる。そのままゴンがいるクラブへ連れていかれ、そこで 「ゴンは付き合った女の子をダメにしてしまう、“メンヘラ製造機”」 だという話を聞く。凪とゴンが気になる慎二だが、一方で、大阪支社から異動してきた、OL 時代の凪と同じサラサラストレートヘアの 市川円 (唐田えりか) と、距離が近くなっていた。

その頃、凪は隣人のゴンの部屋で一晩を一緒に過ごし、完全にゴンに堕ちてしまっていた。“良い意味で” どこまでも自由に振る舞うゴンに対して若干のモヤモヤを感じていた。しかし、ほかの女性と親密に話すゴンからは目をそらし続け、倹約家だったにも関わらずコンビニで食料を買い、ハローワークにも行かず自堕落な生活を送り続けるのだった…。

凪のことがどうしても気になる慎二は、再度、凪のアパートへ向かう。
凪は出てこず、たまたま出てきたゴンとなぜかゴンの部屋で凪の帰りを待つことに。
ついに直接対峙した慎二とゴンは… !?

引用元: 「凪のお暇」公式HP

『凪のお暇』4話を原作ネタバレ

ドラマ『凪のお暇』4話を原作漫画からネタバレします。

私たちのこの関係は何ですか



今までの自分の殻を破って、肩書きのない男・ゴン(中村倫也)と一線を越えた凪(黒木華)。

ゴンと結ばれた感想は「めっちゃくちゃ気持ち良かった!」。


人生初の至福の体験にメロメロの凪だが、ゴンはすぐにソシャゲを初めてシャワーに行ってしまった。

ゴンとの温度差に、違和感を感じる凪。


その日から、凪は連日ゴンの部屋で朝から“ただれた時間”を送ることに。

しかし凪は「私たちのこの関係は何ですか?」とゴンに聞けずにいた。

もしそれを聞いて、今の2人の関係が壊れたら怖いと思ったから。


凪は、段階を踏まずにゴンと“そういう関係”になったことを後悔。

慎二(高橋一生)とですら、きちんと段階を踏んで始まったのに……。


合鍵をもらってウキウキの凪に、エリイが忠告


そんなある日、凪はゴンから部屋の鍵を渡される。

ゴンに「俺と凪ちゃんの仲じゃない」と言われて、ぱああっと舞い上がる凪。


その晩、凪はゴンの部屋で手料理を作って待つ。

しかしそこへ帰って来たのは、ゴンの仲間でパフォーマーのエリイ(水谷果穂)だった。


エリイ:「あいつ誰にでも合鍵渡すからね。老若男女問わずガバガバ」

凪:「私の知らないゴンさんを教えてくださいっ」

【エリイの話】

  • ゴンは心の底から誰でもウェルカム男だが、悪気はない。
  • ゴンの言う「可愛い」「面白い」は無料のDMのようなもので、真に受けてはダメ。
  • ゴンはひたすら目の前の人に誠実だが、言い換えれば目の前にいない人には不誠実。
  • そんなゴンにやられて横たわる老若男女の屍を称して「モーゼの海割り」という通り名が付いてる。
  • しかもエッチがクソうまい。
  • ゴンとうまくやっていくコツは、用法用量を守ること。依存したら終わり。

凪にとってゴンは空気清浄機


エリイに忠告されたにもかかわらず、凪はどんどんゴンにハマっていく。

ゴンのクラブにも足しげく通い、散財もしていく。


凪にとって、ゴンは空気清浄機。

一緒にいる時の空気が、とにかく美味しい。


しかしゴンと離れると、その多幸感は5秒と持たない。

被害妄想、幻聴幻覚が日に日に酷くなっていく。


遂に凪は不眠に陥って「ヤバイ!」と自覚。

しかしこのタイミングで、ゴンが凪をバイクで海に連れ出す。


ゴンと見る海はとても綺麗で、ゴンはまるで王子様のよう。

凪は「私はゴンさんといるときのこの美味しい空気をずっと吸っていたい。それならゴンさんといない時の弱い自分を掌握しなきゃ」と決意。


アパートに帰ると、ゴンは美大生のモルちゃんと自分の部屋に帰ってしまった。

凪は、想像を絶する辛さを感じつつも、見ないフリをした。


凪、メンタルがヘラる



それからの凪は、ゴンのイベントに行くようになって生活が昼夜逆転した上、食事を作る気力もなくなった。


昼過ぎても、布団の中に毒虫のようにくるまる日々。

ゴンのことは気になるが、不安な時は耳栓をして寝ていればいいことに気付いたのだ。


そんなある日、雨の中、慎二が凪の部屋のインターホンを連打(凪はスヤスヤ)。


ゴンがやってきて、慎二を自分の部屋に上げる。


慎二が「最近あいつ(凪とつるんでるんでしょ?」と聞くと「確かに最近ちょいちょいかまってもらってるけど、でも僕ら我聞くんが心配するような仲じゃないから大丈夫だよ」とゴン。

一体どの口でどんなことが言えるのか?


さらに慎二の肩に手をかけて「我聞くんって可愛いね」。

ゴンの距離の近さにゾワゾワとする慎二。


ゴンは、凪が持ってきてくれた麦茶で麦ミルクを入れて慎二にふるまう。

「これって、あいつ(凪)が部屋に来るぐらいの関係性ってことじゃねえか」とムカつく慎二。


不意にゴンが「凪ちゃんがいない間に俺と勝負しない?」と言ってきて、身構える慎二。

しかしゴンが勝負を挑んできたのは、テレビゲーム。


慎二は、ゴンが垣根のないタイプ(空気読むって概念が皆無でレアキャラ。誰にでも平等なマイナスイオン的ポジション)だと気づく。

しかもゴンは優しくてヌルッと聞き上手で、こんなん隣に住んでたら確実に落ちるような奴。


慎二は、部屋中のあちこちに凪の縮れ毛を発見。

間違いなく、凪とゴンが関係を持っていることを確信する。


慎二が泣く


ゴンの部屋からの帰り道、慎二は凪と出くわす。

凪の顔色は悪く、コンビニ袋には自堕落なメシの数々が入っていた。


慎二:「いいのかよ、お前以外に何人も女がいるような男で」

凪:「全然いいよ?だって2人でいる時は幸せだもん。むしろゴンさんみたいな人はみんなでシェアしなきゃ」

慎二:「寒」

凪:「寒くても全然いいよ。ブスって言われても全然いいよ。自由にやらせてよ。だってせっかくのお暇なんだしさ」

慎二:「お前、マジですべってんなよ!」

雨の中で、慎二は泣いていた。


慎二が「お前は(ゴンといるときの)空気のうまみだけのために空気読んでやっていくんだ?」と言うと、「私は空気読んでない!」と凪。

慎二が「読みまくってるからそんなザマになってんじゃねえか。イキったところで結局お前は空気読んで自分をごまかして生きてくんだよ!だから俺言ったろ?お前は絶対変われないって!」と言うと、うらら(白鳥玉季)が慎二にアタック!

「凪ちゃんをいじめないで!」

「凪のお暇」うらら役の子役は白鳥玉季!原作から役柄、経歴、演技を紹介!

2019.07.13

まとめ

ドラマ『凪のお暇』4話のあらすじを原作ネタバレしました。

慎二の不器用な思いが、いつか凪に届きますように。

ドラマ「凪のお暇」4話のネタバレと感想!ゴンは不誠実?慎二株が急上昇!

2019.08.10

「凪のお暇」慎二(高橋一生)を原作漫画から詳しくネタバレ!最低なモラハラ男?

2019.06.22