『リモラブ』美々と檸檬=青林(松下洸平)の恋の結末をネタバレ予想!2次元の恋は実るのか?

ソーシャルディスタンスの世界で、ソーシャルネットワークから始まる恋。

ドラマ『リモラブ~普通の恋は邪道~』が2020年10月14日(水)からスタート。

恋をさぼっていた産業医・大桜美々(波留)は、オンラインゲームで知り合った男性“檸檬”をします。

2話で檸檬の正体が、青林風一(松下洸平)であることが判明しました。

当記事では、ドラマ『リモラブ』の美々と“檸檬”こと青林の恋について1話~最終回までネタバレ考察してまとめています。



『リモラブ』主人公は恋をさぼってきた女医



『リモラブ』は、鏑木パルプコーポレーション(通称:カルパネ)の産業医・大桜美々(波留)のリモートの恋を描く考察型ラブストーリー。

美々は恋愛をさぼってきた“おひとり様”で、以下のようにかなりの変わり者。

  • 学生時代に多少恋愛経験はあるが、今まで恋愛に興味ナシ。
  • “診察室の独裁者”と言われるほどドS。
  • 観察力と洞察力が鋭く、社員の悩みを見抜く力を持つ。
  • 過去の経験から今では、男性を食べ物に例えるのがクセ。

物語の舞台は、今から半年前のコロナ禍の日本。

美々は、コロナから社員を守るために奮闘。

そんな中、SNSのオンラインゲームで知り合った“檸檬”に恋をしてしまいます。


そして“檸檬”が同じ会社に勤めていることが判明して……?

“恋の容疑者”は、5人。


美々が恋する相手・檸檬と出会うきっかけを与えてくれたのは、非常勤の精神科医・富丘ゆり(江口のりこ)。

結婚するつもりはないが、恋多きモテ女のため、美々にもアドバイスを。

『リモラブ』恋の容疑者5人とは?

『リモラブ』美々の恋の容疑者は以下の5人です。

いずれも美々が勤める「鏑木パルプコーポレーション(カネパル)」の社員です。

八木原大輝(21):高橋優斗/HiHi Jets・ジャニーズjr.



美々の元で働く新人看護師で、イマドキ男子。

美々に厳しく言われつつも、気にせず日々仕事をこなす。

社交性もあり、時に美々に恋のアドバイスをすることも。

居酒屋の娘・乙牧栞(福地桃子)とラブラブで、美々を毛嫌いはしてないが女として意識はしていない。

美々からの評価は、回転ずし。

1話で檸檬嫌いであることが判明したが……?


朝鳴肇(48):及川光博



人事部長。

別居中ながら、妻子持ち。

ラテン系の性格で、いわゆる“昭和のオヤジ”。

青林とは、仲良し上司・部下関係。

美々のことは「彼氏はいないだろ。ぼっちだ」「嫌われている」と評価。


岬恒雄(31):渡辺大



営業部の社員。

自らの健康より仕事を大事にするため、美々とは多々衝突。

仕事はやり手。


1話では37度5分の熱を出したがために、美々に追いかけられることに。

3DKのマンションに、両親と出戻りの兄貴2人と妹と弟と住んでいることが判明。

美々については「まるでばい菌扱いだな」「人を人と思ってない」と悪印象の塊。


青林風一(31):松下洸平



人事部の社員。

誠実で仕事も真面目にこなすが、とにかく私服がダサい。

恋にはオクテながら、真っすぐ。

美々のことは「誰もお茶にも誘わない」と思っている。


1話ではコロナ禍で我孫子沙織(川栄李奈)と社内恋愛をスタート。

美々に濃厚接触は避けるように言われるが、結局会いに行ってしまう。

美々が「命より大事なものがありますか?」と聞くと「あると思います」と答えた。

美々からの評価は、しなびたキャベツ。


五文字順太郎(26):間宮祥太郎



人事部の社員。

エリート一家の末っ子で甘え上手。

先輩の目を盗み仕事をサボることが多々ある。

美々のことはかわいそうな女性だと思っている。

『リモラブ』美々が恋した容疑者が誰なのかネタバレ考察

『リモラブ』美々が恋した容疑者が誰なのかネタバレ考察します。


青林と八木原には、彼女アリ。

朝鳴は、別居中ながら妻子持ち。

独身かつフリーなのは、五文字と岬の2人。


年齢的にも見た目的にも美々とピッタリなのは、青林。

誠実なのもポイント高いし、演じる松下洸平さんは現在ブレイク中で注目株。

『東京タラレバ娘2020』で倫子からモトカノへ乗り換えた実績あり。

今回もあっさり美々に乗り換える可能性も?


朝鳴の強みは、ラテン系のノリ。

ムードを作って誘われたら、美々も誘いに乗るかも?


『檸檬』というネーミングにイメージがぴったりなのは、八木原。

キラキラ男子とドS女子、意外と合うかも?


美々とぶつかり合うは、一見相性最悪。

でもぶつかり合う同志は、互いを意識しやすいということも。


五文字は、彼女持ちではないけど仕事をさぼり勝ちなので、仕事人間の美々の苦手なタイプかも。

エリート一家の末っ子で将来性はあるので、結婚相手にはいいかも?


まだ1話も放送されていないので大胆予想になりますが、筆者の予想は青林。

私服がダサいとかなかなか可愛いし、「檸檬」というネーミングが似合わないこともありません。

2話で、檸檬の正体が青林と判明しました。

『リモラブ』1話で美々と檸檬が出会う



1話で、美々と檸檬がオンラインゲーム上で出会いました。

「檸檬」のネーミングの由来は「なんとなく」で実は檸檬が苦手とのこと。

ちなみに、美々のゲーム上のハンドルネームは「草もち」(笑)。


檸檬と美々は、毎朝、お昼休み、休憩時間、夜に5分ずつ会話をして愛をはぐくみます。

ドSな美々が一方的にバイバイ言ってもう終わり?な危機も迎えましたが、なんと檸檬が美々の職場の屋上から撮った写真を送ってきました。


美々が急いで屋上に行くと、八木原大輝(高橋優斗)の姿が!

美々は「草もちです♡」でデレデレで挨拶。

しかし八木原は檸檬ではありませんでした。

1話の檸檬情報まとめ
・オンラインゲームが美々よりヘタ。

・檸檬が苦手。

・草もちは好き。

・美々の評価は、檸檬というより味噌煮込みうどん。

・草もちの葉っぱを食べる。

・会話は退屈。

・会話はプライベートなことも仕事も一切触れてこない。

カネパルの社員。

『リモラブ』2話で檸檬の正体が判明



『リモラブ』2話では、檸檬の正体が青林(松下洸平)であることが判明。

青林は彼女持ちの身でありながら、5か月も草モチ(=美々)とLINEしていたのでした。

そして檸檬こと青林は、草モチに「会いませんか」と言ってきました。


美々は、檸檬の尿酸値5.29と同じ数値の以下の4名に対して「特別健康診断」という名の調査を行います。

・ノリの佃煮こと深杉先生。

・トンカツこと朝鳴(及川光博)。

・ビーフジャーキーこと五文字(間宮祥太郎)。

・とんこつラーメンこと岬(渡辺大)。


美々が檸檬に関する質問を行った結果、朝鳴がすべての条件に当てはまりました。

朝鳴が檸檬だったのかと思った美々は、一気に檸檬への恋心が冷めていきます。


そして檸檬に「会えません。さようなら」。

すると檸檬から以下のメッセージが。

僕は、草モチさんが誰であっても良かった。

誰であっても話しかけていたと思います。

でもきっと、草モチさんだから楽しかった。


檸檬を失いたくないと思った美々は、朝鳴の元へ走りました。

「私が草モチです」

朝鳴は「誰?」。

その頃、青林は彼女の沙織(川栄李奈)から「もう草モチと連絡取っちゃダメだよ」と言われていました。

2話の檸檬情報まとめ
・檸檬の正体は青林。

・檸檬が苦手だったが、沙織から「トマトソースに檸檬が美味しいよ」と言われて最近好きになった。

・彼女がいながら、草モチに「会いませんか」とメッセージした。

まさかの檸檬が彼女持ち

なのに草モチと会おうとしたってこと?最低じゃない?

3話は、美々に気がある五文字(間宮祥太郎)回ね。