「知らなくていいコト」1話のネタバレと感想!ケイトの父親は無差別殺人犯?

吉高由里子さん主演ドラマ『知らなくていいコト』1話が放送されました。

お仕事系ヒューマンドラマで父親がキアヌ・リーブス?と聞いていたのでコメディかと思いきや、どっぷりシリアス&ジェットコースター的展開?

そしてイマカレ(重岡大毅)が酷いし、モトカレ(塚本佑)が怖い?

当記事では「知らなくていいコト」1話のネタバレと感想をまとめています。

『知らなくていいコト』乃十阿徹(のとあとおる)を全ネタバレ!冤罪の可能性が高い?

2020.01.09



『知らなくていいコト』人物相関図



引用元:知らなくていいコト|日本テレビ

『知らなくていいコト』1話の公式あらすじ



一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁まかべケイト(吉高由里子)は、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南あんな(秋吉久美子)が倒れたと連絡を受ける。未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう!連載班の後輩で恋人の野中春樹のなかはるき(重岡大毅)に相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて……!


数日後、仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷 いわたに(佐々木蔵之介)に直談判する。ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子 たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。杏南の最期の言葉を聞き「ステキじゃないか」と“父親キアヌ説”を否定しない尾高に元気をもらうケイト。尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!!

引用元:知らなくていいコト|日本テレビ

『知らなくていいコト』ネタバレ

『知らなくていいコト』のあらすじをネタバレします。

キアヌ・リーブスの娘?


真壁ケイト(吉高由里子)は、週刊イーストの記者。

「ウソ言ったもん勝ちの世の中は絶対おかしい」という考え方の持ち主。

同じイーストの連載班の恋人・野中春樹(重岡大毅)との仲も絶好調。


母はキアヌと恋仲だった?


そんなある日、映画翻訳家の母・杏南(アンナ/秋吉久美子)ケイちゃんのお父さんはキアヌ・リーブス」の謎の言葉を残して亡くなった。

キアヌ・リーブスとは、あのハリウッドスターのことなのか?


ケイトがアンナの遺品を整理すると、キアヌとアンナのツーショット写真が出てきた!

写真の裏には「1986・10・ Los Angeles」と書かれていて、一枚のラブレターが(fax)。

親愛なるアンナ

最高だったよ

また会おうね

Keanu Reeves

映画デビューの1年後、22歳のキアヌリーブスはアンナと知り合って恋をして、その1年後ケイトが生まれたのだろうか?


元カレ・尾高の裏の顔


ケイトは、元カレでカメラマンの尾高(塚本佑)にこの事を相談。

尾高は「いい話じゃないか、信じろよ」と笑った。

今カレの野中(重岡大毅)は「ケイさんは可愛いけどキアヌには似てない」と言ったのに?


帰り道に車を運転しながら、尾高は“ある出来事”を思い出す。

それは、ある男が木更津刑務所から出所した日の姿を激写したこと。

尾高はその写真を持ってアンナのところに行き、アンナは泣いていた……。


詐欺被害者・多賀笑子


仕事に復帰したケイトは、ネット上の架空の人物(チャールズ)に恋をして多額の金を貢ぐ多賀笑子(たがえみこ/倍賞美津子)を取材するために笑子のお茶の教室に生徒として入門。

笑子は、お稽古中もスマホのメッセージを気にしていて、またお金をチャールズに振り込もうとした。

ケイトは、そんな笑子にチャールズは架空の人物で騙されている現実を告げるが、怒った笑子はケイトを破門。


アンナの卒論:ケイトの名前の由来


その夜、ケイトはアンナの卒論を読む。

それはスタインベック「エデンの東」についての論文で、ケイトという登場人物が出てきた。


自分の名前は「エデンの東」から取られたものだったのだ、と気付くケイト。

しかしそんな話を母親から聞いたこともない。


指輪


卒論の中から「TtoA 1985」と彫られた指輪が出てきた。

キアヌはKなので、Tとは誰なのか?


ケイトが調べると、Tが乃十阿徹(のとあ・とおる/小林薫)であることがわかる。

どこかで聞いたことがある名前だ。


無差別殺人犯・乃十阿徹


ケイトがネットで乃十阿徹を調べてみると、1990年の真夏のキャンプ場で起きた無差別殺人事件の犯人であることがわかる。

その時乃十阿徹は慶英大学英米文学部の大学教授で、生徒からの評判は「穏やかで良い先生だった」とのこと。


アンナは、ケイトはキアヌの子だと言ったが、アンナに指輪を送ったのは乃十阿徹。

「私は殺人犯の子供なの?」とショックを受けるケイト。


乃十阿徹は、ケイトの名前の由来になった『エデンの東』の作者・スタインベックの研究の第一人者だった。

私の父親は、乃十阿徹で間違いない。


プロポーズ



ケイトは恋人の野中から「結婚しよう、ずっと一緒にいよう」とプロポーズされた。

ケイトが「私は殺人犯・乃十阿徹の子供なの!」と激白すると、野中は「僕はケイさんが誰の子でも愛している」と告げた。

その頃尾高は、自分が撮った乃十阿徹の写真を見ていた。


翌朝、ケイトは笑子のところへ。

同じ女性として向き合うことで、笑子のラブストーリーを記事にすることを承諾してもらえた。


プロポーズ撤回


ケイトは乃十阿徹について尾高を問い詰めた。
ケイト:「あの時どうして尾高さんは乃十阿徹の写真を撮ったの?」

尾高:「乃十阿徹。そんな人もいたっけなあ?過ぎた仕事は忘れた」

ケイト:「ウソ。私がキアヌリーブスの子じゃなくて乃十阿徹の子って知っていたでしょう?」

尾高:「知らないよ、そんなこと

ケイト:「尾高さんはずっと私に何か隠してる

ここで邪魔が入り、会話は終わってしまう。


ケイトは、雑誌のバックナンバーを調べて乃十阿徹の記事を見つけた。

撮影は、確かに尾高由一郎だった。


場面は変わって漁港。

乃十阿徹は、謎の自転車屋を営んでいた。


その夜、野中がケイトの部屋へ。

野中は非情にも、ケイトとは結婚できないことを告げるのだった。

『知らなくていいコト』1話で判明した事実

『知らなくていいコト』1話で判明した事実をまとめます。

  • ケイト(吉高由里子)の父親は、無差別殺人犯の乃十阿徹(小林薫)でほぼ確定。
  • 乃十阿徹が犯行に至った時、彼はアンナ(秋吉久美子)が通う大学の教授で、生徒からの評判も良かった。
  • 木更津刑務所から出所する乃十阿徹を激写・スクープしたのは、ケイトの元カレの尾高(塚本佑)。
  • 尾高は乃十阿徹について明らかに隠し事をしている。
  • ケイトは今カレの野中(重岡大毅)にプロポーズされた翌日に撤回された。

『知らなくていいコト』筆者の感想


父親がキアヌ・リーブスかもしれないということで、視聴前はもっとライトでコミカルなドラマを想像していました。

しかし実は無差別殺人犯が父親ということが判明し、まさに天国から地獄のジェットコースター的展開にビックリ。

さらに恋人がプロポーズした翌日に撤回に来るとか、ヒロインのケイトが可哀想すぎる(>_<)

脚本家の大石静さんは「飴と鞭の使い方が上手い」と評判の方ですが、1話から大石ワールドにしっかり引き込まれました。

おそらく乃十阿徹は冤罪なのではないでしょうか?

それでも罪を認めて服役したのだから、裏に驚くべき真実が隠されているのではないでしょうか?

ヤバい匂いがぷんぷんするドラマでこれからも楽しみです。

『知らなくていいコト』1話の評判と感想

『知らなくていいコト』1話の評判と感想を見てみましょう。

今カレ・野中大樹(重岡大毅)のプロポーズ撤回が衝撃!






小さい彼女と大きい彼氏で見た目も超ナイスカップルのケイトと野中。

「ケイさんが誰の娘でも関係ない」とプロポーズしてくれたときは本当に感動したのに、翌日に早くも婚約破棄( ;∀;)


野中の言葉は以下です。

やっぱり結婚は無理かなって思うんだ

お父さんが誰でも関係ないとは思うんだけど、子供とかできたときのことを考えると

その遺伝子どうすんだって思っちゃう自分がいて

だからって結婚する人とは絶対に子供ほしいし、子供作らないのはさみしいし

ごめんなさい!


なるほど、野中は絶対に子供がほしい人だったのですね~( ;∀;)

1月19日スタートの日曜劇場『テセウスの船』の主人公・田村心(竹内涼真)も父親が殺人犯ということで幼少期からそれは酷い人生を送っているので、やはり生まれてくる子供にとってはキツイ現実が待っていることは否めません。


でもケイトは母親から父親が犯罪者と知らされてなかったわけで、ケイトも被害者ですよね?

野中の気持ちもわからないでもないけど、ケイトを守って欲しかったです。

これでもう、ケイトと野中は別れちゃうのでしょうか?


野中は何か隠している?




野中がプロポーズの翌日に風邪で会社を休んだことから、野中がプロポーズを撤回したことが本音ではなく何か隠しているのでは?の声がありました。

確かに、野中は何か隠していそうです。

闇が深そうな雰囲気ですからね~。


元カレ・尾高(塚本佑)は何を知ってるの?









元カレ・尾高もゾクゾクするほど怖い表情していましたよね~(^_^;)

出所した乃十阿徹(小林薫)をスクープした張本人なのに、何も知らないとか白々し過ぎる……。

尾高の回想シーンで、アンナ(秋吉久美子)が泣いていたのも気になる……。


そして「尾高が既婚でショック!」の声も多数。

確かに、2019年の同じく吉高由里子さん主演のドラマ『わたし、定時で帰ります。』の種田(向井理)的ポジションを期待したかったのにホント残念です。

まとめ

『知らなくていいコト』1話のネタバレと感想をまとめました。

考察しがいのあるドラマで、これは水曜日の夜は眠れなくなりそうです!

『知らなくていいコト』乃十阿徹(のとあとおる)を全ネタバレ!冤罪の可能性が高い?

2020.01.09