99.9 Season2 2話 あらすじのネタバレと感想!最終回並みの内容で感動と感涙……

『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』2話では、早くも主人公・深山大翔(松本潤)の父親の事件の真相が明らかになりました。

ツイッターでは「まるで最終回のようだ。」「映画並みの迫力だ。」など感動の声が相次ぎました。

この記事では『99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ』2話のあらすじのネタバレとツイッターの評判、感想をまとめました。



『99.9 Season2』2話 あらすじのネタバレ

『99.9 Season2』2話 あらすじのネタバレの前にキャスト一覧を確認したい方は以下からどうぞ
99.9シーズン2 キャスト 一覧!あらすじ・放送日・動画配信情報も


深山の父の事件で新事実発覚!


深山(松本潤)の父親・大介(首藤康之)は、26年前に殺人事件の被告人として勾留中に亡くなりました。

深山は今でも父の無実を信じています。

ダジャレが好きで明るくて優しかった父がそんなことするはずはない……。


1話ラストシーンで、深山は父の事件の被害者の妹から呼び出されて金沢へ。

事件現場に落ちていた遺留品を渡されました。

それは赤い金魚のような模様がある水晶のついたストラップでしたが、深山には見覚えはありませんでした。

これは絶対に父のものではない、第三者が事件現場にいた証拠だ!

そう確信した深山は、班目(岸部一徳)に電話。

班目は「26年前の事件はそう簡単にはいかないよ。」と諭しますが、深山は「そこに事実があるなら僕はみつめださなきゃならないんです。」と強い意志を見せました。


明石&舞子ペアも金沢へ?


明石(片桐仁)は深山に頼まれて、深山の父の事件に関する資料を金沢まで届けることに。

一方舞子は既に事務所を去るつもりでしたが、班目に止められます。


深山の父の事件について舞子(木村文乃)に話す班目。

深山の父・大介は26年前に殺人事件の被告人として勾留されました。

本人は否認し続けましたが一審で「有罪判決」が出てしまいます。

控訴しましたが、その間に大介は獄中死を遂げてしまい……。

法律上は刑は確定しないまま死んだことになりますが、世間は違いました。

大介は殺人犯として死んでいき、深山は犯罪者の家族として生きてきたのです。


舞子の頭に謎の男(佐藤勝利)のフラッシュバックがよぎりました。

「私は親友の父親を殺人犯だと疑い、判断を誤るところでした。力にはなれません。」

舞子は自分の力なさを心から悔いていたのです。

しかし班目は「答えを間違えたのは、追い求める勇気がなかったからだ。弁護士っていうのはその勇気が必要でね。」と舞子の背中を押します。

こうして舞子も金沢行きが決定しますが、明石は「俺のポジションを奪おうとしやがって~っ!」とライバル心むきだし状態に(笑)。


深山の父親の事件の全容(26年前の時点)


舞子は、明石から26年前の深山の父親の事件の全容を聞きます。


26年前の事件当日、深山の父親・大介は翌日の材料を仕入れに出掛けていました。

大介は“キッチン深山”のコックだったのです。

その帰りの20時40分ごろ、駅前で知り合いだった被害者の鏑木美里(織田梨沙)をみつけてピックアップ。

そして20時50分ごろコンビニの前で彼女を下ろし、雨が降っていたので傘を貸しました。

大介はその後21時過ぎには自宅に帰っていて、妻がそれを証言。

しかし裁判官からは家族の証言として信憑性がないとされてしまいました。


鏑木美里の捜索願いは翌日に出されました。

美里の母親は朝の3時まで勤務していて、妹は姉の帰りが遅いとは思ったけれどバイトの日は遅いので先に寝てしまったのだそう。

そして捜査開始後数時間で、林の中で美里の遺体は発見されました。

駅の防犯カメラに美里が大介の車に乗って立ち去るところがうつっていたことから、警察は大介に疑いをかけます。

さらに事件現場に大介の傘(大介が美里に貸したもの)が落ちていたことから、警察はますます大介への疑うように。


そして数日後、深山の父親は逮捕されました。

しかしここで近所の人が深山の父親が21時過ぎに帰宅したのを見たという証言をして、事態はひっくり返るかと思われます。

ところが検察は「訴因変更」によって犯行時刻の幅を広げてきました。

「訴因変更」とは、公判の途中で検察官が起訴状に記載した犯行に関する事実等を変更や追加すること。

そんなあからさまにおかしな「訴因変更」なのに裁判官は受理。

一度レールに乗って走り出したものは、そう簡単にはくつがえせないのが日本の司法制度なのです。


深山は丸川を頼る?



さて深山はというと、金沢地方検察庁へ金沢地検の検事・丸川貴久(青木崇高)に会いにいってました。

まずは遺留品(赤い金魚の水晶のキーホルダー)について調べてほしい、とたのみます。

誠実な丸川は引き受けますが、「検察庁には訪ねてくるな。」と釘を刺してきました。


そして明石&舞子ペアが金沢に到着して、深山が迎えにいきます。

「元裁判だから、感覚麻痺してるんじゃないの~?」と嫌味たっぷりな深山に「仕事ですから。」と舞子。


翌日、丸川と落ち合う3人(深山、舞子、明石)。

金魚のキーホルダーは美里の遺体のそばに落ちていたことが判明しましたが、雨で出来た水たまりのせいで指紋は検出されなかったとのこと。

そして警察は早い段階からこのキーホルダーを美里の持ち物と決めつけたのです。

ずさんな捜査記録にあきれ果てる元裁判官・舞子。


深山の父にとって不利な条件が発覚?


そして深山の父にとって不利な事実も同時に発覚しました。

美里はコンビニには立ち寄っていなかったのです。

コンビニの店長がそう証言したのでまず間違いなさそうです。

これは深山の父が嘘を付いていたという大きな証拠です。

「状況的にかなり厳しいぞ。」と丸川。

「また何かわかったら連絡してくれ。」と深山。


コンビニの店長に話を聞きに行く


深山と舞子はそのコンビニの店長に話を聞きにいきました。

コンビニの店長の話は以下です。

その日は雨だったからよく覚えてる。

20時以降は誰も客が来なかった。

深山は“美里はコンビニの中に会いたくないひとがいたから入らなかったのではないか?”と推測していたのですが、客がひとりもいなかったのならそれは有り得ません。

これは一体どういうことなのでしょうか?


一方、舞子も首をかしげます。

事件現場で大介の指紋がついていたのは傘だけ。

衝動的な殺人事件なのですから、他にもベタベタ指紋がついているはずなのにないのがおかしいのです。

真剣な深山と舞子のそばで明石は「犯人は透明人間だ!」と叫びます(笑)。


相変わらず勘違い野郎の落合陽平



班目法律事務所でも、金魚のキーホルダーがどこのものか探っていました。

特に“検索技術者1級”の資格を持つ落合(馬場徹)は、舞子への下心から鼻息荒くやる気を出しています。

一方佐田は、家族と癒しの時間を過ごすために週末休暇を取っていました。


いただきマツコデラックス!


serinさん(@sho_y125)がシェアした投稿


そのころ、深山は父との思い出に浸りながら温泉のあとの牛乳を飲んでいました。

「いただきマツコデラックス!」と親父ギャグも健在。

舞子も同様に風呂上りの牛乳を飲んでいましたが、深山に「何故私が麻痺していると思うの?」と聞きます。

深山は「法廷で初めて被告人に会うのに、公正に判断出来てると思うこと自体が既に麻痺している。」と答えました


佐田の家に班目が?


AKIRAさん(@a_kr_1205)がシェアした投稿


家族と休暇中の佐田の元へ班目が訪問。

「早く帰ってください。」と迷惑がる佐田ですが、班目は佐田の妻・由紀子(映美くらら)に「これは佐田先生への特別報酬です。」と言って封筒を渡します。

中身は金沢の最高級旅館の宿泊券!(ちなみに日付けは今日)

由紀子と娘は大喜びで、佐田は大弱り。

こうして佐田も金沢へ行かざるを得なくなってしまいました(笑)。


美里はストーカー被害に遭っていた?


舞子は美里の妹・美由紀(野々すみ花)に会いに行きます。

すると美由紀は「姉は当時ストーカー被害に遭っていました。」と話してくれました。

ただし美由紀はそのストーカーが、深山の父・大介と思っているようですが……。

そして美由紀はこの事実を警察に話したというのですが、裁判記録には残っていませんでした。

美由紀が話した警察官の名前は、巡査部長の三宅宏之。


三宅宏之に会う


深山と舞子は三宅宏之に会いにいきました。

三宅宏之は、美由紀から聞いたストーカーの話を上層部にちゃんと話したと言います。

深山は「ではなぜ裁判記録には残っていないのでしょうか?」と聞きますが、「それは下っ端である自分にはわからない」と答える三宅宏之け。

深山は三宅宏之に赤い金魚のキーホルダーも見せますが、三宅宏之は一瞬顔色を変えますが「何も役に立てなくてすまない。」と立ち去りました。


佐田、金沢に到着!


佐田が金沢に到着。

金粉入りのお茶を飲んで口に金粉をつけながら話す佐田を、深山はニヤニヤと眺めます。

深山は佐田をおだてて、今回の事件への見解を聞きます。

「26年前に解けなかった謎は検察が表に出さなかった証拠(キーホルダーとストーカー被害の事実)に隠されていると思う。」と調子に乗って自説をまくしたてる佐田に、「光ってるな~。」と深山。


キーホルダーがどこのものかわかった!


赤い金魚のキーホルダーですが、なんと佐田の娘が同じものを持っていました。

赤い金魚ではなく“鯉”が正解のようですが。

なんでも信州の西塞山(せいさいさん)の頂上で売っているのだそう(佐田の娘のカレシが買ってきた恋愛成就のお守り)。

時同じくして落合もこの事実に辿り着いて電話してきますが、佐田に「2度も同じ話を聞きたくない!」と一喝されました(笑)。


事件の第一発見者が警察官?


そこへ丸川から深山に新事実が電話で告げられました。

事件の第一発見者はなんと警察官2名。

巡査部長・三宅宏之と巡査・小倉学(薬丸翔)です。

「犯人が警察官ならば現場に指紋が残っていても、証拠から除外されるでしょう。」と深山。

そう……深山は真犯人は警察官だとにらんでいます。

深山はお守りを見た時に一瞬動揺した三宅があやしいと思います。


やっぱり検証する?



そして恒例、検証のお時間(笑)。

チーム班目全員で、信州の西塞山(せいさいさん)の頂上に行きます。

ひいひい言いながらなんとか登って、同じキーホルダーを発見。

今度はすぐに降りて「入山記録」を確かめたいという深山に対して、弁護士になれるお守りを買う明石に、娘が彼氏と別れることを祈願する佐田。

舞子はそんな3人を見てため息をつきます。


下山した4人は今後はこのキーホルダーを誰が買ったのかを調べるために「入山記録」にかじりつきます。

26年前の過去5年分の記録を読むのですからなかなか大変な作業です。


最高の上司・班目



班目は大友修一(奥田暎二)に会いにきました。

大友は深山の父・大介の事件の担当検事だった男です。

深山が色々嗅ぎまわっていることに既に気が付いていて、部下に色々報告させてました。


班目はそんな大友に堂々宣言します。

「もし深山先生がなにかをつかんだならその時は誰の邪魔も入ってはならない。私は彼を全力で守るよ。」

まっずぐに大友を見据えて視線をそらさない班目、かっこよすぎます。


今回の深山の親父ギャグとは?


@__ars__ohnoがシェアした投稿


とうとう深山は「入山記録」からある人物の名前を発見、事件の真相に辿り着きました。

そして外に飛び出して恒例・親父ギャグ。

「透明インゲン(人間)。」

「すげえの出た!」と最高の笑顔の佐田。


まだ深山の親父ギャグは止まりません。

「きゅうり(急に)走り出してトマト(止まと)ったでしょう。」

手を叩いて喜ぶ佐田。


まだまだ出ます。

「なす(為す)すべなし。」

ひ~ひ~っ!ともはやたまらない佐田です。


真犯人はコイツだった!



真実がわかった深山は、大友に会いにいきました。

「傘についていた警察官の指紋ですが、証拠から除外しましたか?」と大友に切り出す深山。

大友は「覚えちゃいないが、誤って触れた指紋で警察官を逮捕していたらきりがない。」とのらりくらりとかわします。

さらに深山は「被害者の美里さんがストーカーに狙われていたことをご存じですか?」と聞きますが、こちらも大友はあやふやな態度で誤魔化しにかかります。


深山は「この付きまとっていた人間こそが真犯人だと思います。」と以下の説を大友に説明。

事件当日、深山の父・大介はコンビニの前で美里を下した。

しかし美里はコンビニには立ち寄っていませんでした。

中に会いたくない人物がいたからです。

コンビニの店長は「その時間は中に客はいなかった。」と言いましたが、実はひとりいたのです。


それは巡回中の警察官・小倉。

警察官は時に周りに溶け込んでひとの記憶に残らない透明人間なってしまうことがあるのです。

さらに26年前から30年前の信州の西塞山(せいさいさん)の入山記録に小倉の名前がありました。

事件現場に落ちていたお守りは小倉で間違いありません。


そして深山がここまでの事実に辿り着いたことを知った三宅が重い口を開いて真実を話しました。

26年前に小倉と三宅が美里の遺体を発見した時、小倉は自ら遺留品の傘を触りました。

三宅は当然怒り、上層部にも叱られました。

そして小倉は一か所しか傘を触っていないのに、小倉の指紋は二か所にあったことから、三宅は小倉をあやしむようになりました。


その時に三宅は、美由紀が美里に付きまとう男がいると言ったことを思い出しました。

三宅は小倉こそがそのストーカーだと確信を持ちます。

そして三宅は上司にその事実を報告するも相手にされなかったので、大友にも報告に行きました。

しかし大友は「これでもし小倉が白だったらどうする?警察、検察を揺るがす大事件になるぞ。」と三宅を脅迫。

さらに「もし私たちが間違えているとしたらそれを判断するのは裁判官だ!」と責任を裁判官に丸投げしました。

こうして小倉に関する事実は表に出ることなく裁判は進み、大介に有罪判決(無期懲役)がくだったのでした。

「犯人は小倉学で間違いない。」と深山は締めくくりました。


事件の真相


深山の父の事件の真相は以下でした。

あの日、コンビニから立ち去る美里を追いかけた小倉は交際を迫りました。

恋愛成就祈願をしたお守りを必死に渡そうとしましたが、美里に拒絶されてかっとなってつい殺してしまったのでした。

遺体の第一発見者となって傘を触ったのは、傘に既に自分の指紋がついていることを知っていて隠すため。


小倉は既に死亡?


深山の完璧な説を聞いても、大友は「素晴らしい想像力だ。」と相手にしませんでした。

佐田は「小倉は事件後に海外に行っていますがそのせいで時効が成立していない可能性がある。我々は彼の居場所を突き止めて当時の捜査がいかにずさんだったかを証明します!」と宣言。


ところが大友の口から衝撃の事実が語られました。

「小倉は既に亡くなっている。」

外務省の情報だから確かな情報です。


「残念だったな。」と言う大友ですが、深山は「残念なんかじゃありません、僕はただ事実が知りたかっただけなんで。」と動揺を見せません。


佐田の名言


佐田は最後に大友に向かって熱弁をふるいます。

大友さん、あなたにとって深山の父親は一体何だったのですか?

どうして犯人にしなければならなかったのですか?

これならまだ個人的な恨みと言われた方が深山は納得できます。

検察は最後に裁くのは裁判官だと言う、裁判官は検察あげてきた証拠だと言って判決をくだす、そして我々弁護士も時に依頼人の利益を優先して打算的になることがある。

裁かれるひとの人生に誰も責任を負おうとはしない!

裁判とは一体誰のためにあるんでしょうね?

それでも大友は自分の非を認めることはありませんでした。


丸川がかっこいい!


丸川は深山から報告を受けてうなだれます。

事件の真相には辿り着いたけれど大友が非を認めず、小倉の時効も成立してしまっていたからです。

深山は「今回のことであなたに見えない力が働いたら、申し訳なく思います。」と謝罪。

しかし丸山は「私は自分の信念に従ったまでだ。もしそうなったとしても悔いはない。」と男を見せました。

そして最後に「この大きな過ちに対して事件にかかわたすべての検察官、裁判官はキミに謝らないだろう。同じ立場の人間としてせめてものつぐないに……。」と言って深山に向かって深く頭を下げました。


大介の墓の前で


大介の墓に事件の報告に行く深山と班目。

「大介の思いは果たせなかった。無実を証明できなかった。」という班目ですが、深山は「無実を証明できても父は戻って来ない。」と言います。

そう、どちらにしても大介の笑顔は二度と見ることはできないのです。


「だから、たったひとつの事実が見えたこと、それだけで十分です。」と深山。

班目は「大友が辞職したよ。あいつなりにけじめをつけたってことかな。」と言いました。

その頃、舞子は改めて弁護士としてやり直す決意を固めていました。

これで立花(榮倉奈々)の後任弁護士が誕生したので佐田は民事と兼任できることになったわけですが、深山&舞子の凸凹コンビはこれからも佐田を悩ます存在になりそうで……(笑)。

『99.9 Season2』ツイッターの評判は?

『99.9 Season2』ツイッターの評判を見てみましょう。

加奈子は相変わらず深山LOVE!


いとこんちに現れた加奈子(岸井ゆきの)は、深山が金沢にいると知って自分も行きたいと言い出します。

「1に大翔、2に大翔、3、4も大翔で5にライブ。」

“かなこのカナブンブンナイト”のライブも休みかねない発言に、店長の健太(池田貴史)は「(シンガーソングライターを)やめちまえ!」の一言を(笑)。

そんなダメダメな加奈子にツイッターでは……


やっぱり「可愛い。」の声が(笑)

season2でも加奈子は大人気です。


明石、敷きま~す!


金沢の旅館では深山と舞子は壁に事件関係の資料をベタベタ貼って会議(バレたら大変!)。

明石は布団を敷きに来た仲居さんを足止めするために、「明石敷きま~す!」と挙動不審な態度を(笑)。

「危険な人物と思わせるしかなかった。」と言う明石の元へ今度は警察が来る騒ぎへ(笑)。

そんな明石にツイッターは……



危険人物を通り越して変態だという厳しいご指摘の声がありました(笑)。

今回も明石は大活躍で、3日お風呂に入らないわ司法試験合格のお守りを購入するわで、私たちをたっぷり楽しませてくれました。


岸部一徳がかっこいい



大友の魔の手から深山を全力で守った班目(岸部一徳)に、ツイッターでは「これこそ理想の上司」と賞賛の声があがりました。



丸川がいい人!




season2では、深山の味方として登場した丸川。

最後には「自分の意思でやったことだから。」という潔い態度もかっこよく、ツイッターでは丸川人気が急上昇しました。


深山のダジャレも絶好調?




毎回外せない深山の親父ギャグ。

今回は野菜を使っての三弾攻撃と相成りました。

劇中で笑ってるのは佐田だけなのですが、視聴者の皆さんの中にはウケているひとが案外多いようでした(笑)。


佐田の名言に涙するひとも




諸悪の根源・大友に対して、最後にビシッとキメてくれた佐田。

特に「裁判は誰のためにあるのでしょうね。」のセリフが刺さった人多数でした。

この言葉は深く受け止めなければなりませんね。


最終回みたいだし、映画みたい?





season2が始まってまだ2話なのに、もう深山の父・大介の事件の真相が判明しました。

20分拡大の濃厚なドラマの内容に「最終回並みだ。」「映画のようだ。」の声がありました。

無罪は証明できませんでしたが、真実を知った深山が満足していたことが救いです。


最後は視聴者は号泣、感動の結末で終わりました。

また、若い人でこのドラマをきっかけに弁護士の仕事に興味をもったという人がいました。

今後はおそらく舞子の心の闇が描かれるのでしょうね。


感想

2話では、早くも主人公・深山大飛の父・大介の事件の真相が描かれました。

「ちょっと早すぎるのではないか?」の声もありましたが、今後に舞子の過去を描くために早く終わらせたのかと思われます。


筆者は大介が無罪だったとわかった時、本当に悔しいと思いました。

何故ならもう大介は死んでしまって、取り返しがつかないから。


でも深山の言う通り、たとえ無罪を勝ち取っても大介は生き返らないのです。

ここまでの事実を踏まえると「事実だけ知れたら満足」という大翔の言葉が胸に染みてくるのです。


深山は決していいかげんな人間でも冷たいヤツでもなく、事実をありのままに受け止めようとする強い人間なのです。

今回の事件を通して佐田や班目の人間性の素晴らしさを再確認するとともに、丸川がいいヤツになって再登場するなど感動的要素てんこ盛りの内容だったと思います。

そして元・裁判官の舞子が今度は弁護士として歩み始めます。

次週からの深山&舞子が非常に楽しみです。

『99.9 Season2』3話はどうなる?




3話では、佐田が大ピンチに陥ります。

“依頼人の利益”を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまうのです!


そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。

弁護士として再スタートをきった舞子ですが、今までの態度から豹変する山内に、裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じます。

舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励してきますが……。

深山と舞子は佐田の窮地を救うことができるのでしょうか?

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • 海月姫
  • FINAL CUT(ポイント)
  • 隣の家族は青く見える
  • オーファン・ブラック
  • 犯罪症候群 Season2
  • コードブルー Season3
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン




Hulu 日テレ公式


  • トドメの接吻
  • トドメのパラレル(スピンオフ)
  • anone
  • もみ消して冬
  • リピート
  • Mother
  • Woman
  • ガキ使 笑ってはいけないシリーズ




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • 女子的生活(216ポイント)
  • わろてんか(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)