99.9 Season2 4話ネタバレと感想!佐田がライバルに敵意むき出しで面白い?

『99.9 Season2』4話では、佐田がライバル弁護士・森本貴(近藤芳正)とプライドをかけた対決を繰り広げました。

もう、見栄の張り合いで醜いのなんのって……(笑)。

ゲストは有森也実さんで、あの懐かしい月9のオープニングテーマ曲も流れました。

同じくゲストの塚地武雅さんもキーパーソン役でいい味だしてたし、小ネタも満載の充実した1時間でした。

当記事では『99.9 Season2』4話のあらすじのネタバレと感想、小ネタやツイッターの評判についてまとめました。



『99.9 Season2』4話あらすじのネタバレ


今回の事件は?


班目法律事務所に刑事事件の弁護の依頼でやってきたのは、岩村梢(有森也実)。

被疑者は梢の夫で工場の社長・岩村直樹(ユリオカ超特Q)。


直樹が取引先のタナハシ機械製作専務・棚橋幸次郎を殺害後、自殺した事件についての相談です。

具体的には岩倉モーターの前で岩倉が幸次郎と口論になって殺害、その後近くのビルの屋上から飛び降り自殺したのでした。

その後、事件は被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分になっていました。


夫は無罪?


梢は夫の遺書だとされたメールの内容から、夫の無罪を確信していました。

梢の夫・直樹は普段は句読点は打たないし変換もしないのに、遺書だけきちんとした文章なのはおかしいのです。


3億円もの損害賠償請求?


梢は幸次郎の兄でタカナシ機械製作所の所長・政一郎(迫田孝也)から3億円もの損害賠償請求をされていました。

佐田は民事のスペシャリストとして、梢に相続放棄を勧めます。

そうすれば、慰謝料・3億円を支払わなくてすむから。

しかし梢は「そんなことをしたら主人が犯罪を犯したことを認めることになります。」と拒否。


佐田が断ったのに、深山が勝手に……?


佐田はこの事件は引き受けられないと断りますが、深山は独自に調査を始めます(笑)。


深山が周辺の下請け会社の人間に聞き込みをすると、岩村直樹は以前からタナハシ機械製作所から契約を打ち切られると悩んでいたとのこと。

しかし事件当日の記録によると、直樹は幸次郎から契約を打ち切ると言われて衝動的にスパナで殺したと書いてあるのです。

以前から打ち切られると知っていたのなら、矛盾することになります。


また、衝動的な殺人なのに、スパナを最初っから持っているなど有り得ません。

もし取りに行って襲い掛かったら、被害者の幸次郎はその姿を見て逃げていたと考えるのが自然なのです。


さらに深山は直樹が自殺したビルに行って、死体があった場所に寝転んでみたりと検証を続けます。

梢のところに行って、直樹の遺品なども見せてもらいました。


そしてとうとう、深山は有効な証拠をみつけました。

岩村は事件当日の18時30分から40分まではモンスタークッキングを見ていたのです(リアルタイムで書いていたと思われるレシピノートがみつかったのです)。

となると、岩村は自宅から自殺したビルに向かったことになります、しかもモンスタークッキングを楽しく視聴してからということに。

これはどう考えても自殺する人間の行動とは思えません。

深山は、直樹の指紋がついていた凶器のスパナを民間の鑑定所に出しました(佐田の許可は当然取らずに)。


深山がざっくり調べただけでも、こんなにたくさんの事実がわかりました。

被疑者死亡だと警察も検察も通り一辺倒のことしかしらべないのです。


佐田が事件を引き受ける?


そこへ梢が佐田のうやうやしい接待を受けて、班目事務所に入ってきました。

なんと佐田が今になって梢の依頼を引き受けたというのです。


実は亡くなった岩村はエンジンに関する特許を個人的に申請し、今年ようやく認められていました。

そしてその特許は莫大な価値があったのですが、妻の梢はこの事実を今まで知らなかったのです。


そして政一郎の狙いはまさにこの特許だったのです。

3億円もの法外な損害賠償金を請求すれば、支払い能力のない梢は必ず相続放棄するので政一郎にはびた一文入りません。

しかし梢が相続放棄すれば、同時に特許の権利も失ってしまうのです。


足立が真実を話す


タカナシ機械製作所の下請けである足立工業に勤める足立靖男(塚地武雅)は、以下の事実を話してくれました。

ここ近年、タナナシ機械製作所の売上高が大幅に落ち込んでいた。

理由は、経営が上手くいっていなかったから。

そんなときに弟の幸次郎が、タナナシ機械製作所を辞めて岩村と新会社を立ち上げるということになったみたいで、そのことに兄の政一郎は酷く憤慨していた。

しかし幸次郎の葬儀後、政一郎に呼ばれて、岩村が契約を打ち切られそうで悩んでいたという噂を流すように指示を受けた。

下請け会社の自分は従わざるをえなかった。


真犯人は政一郎?


どうやら真犯人は政一郎のようです。

政一郎には、特許で一致団結していた岩村と幸次郎の2人を殺す動機があるからです。


民事に切り替える?


舞子は状況証拠が揃った旨の書類を提出して、検察に再調査を依頼しますが、見事に跳ねのけられます。

検察にもメンツがあるからです。

すると佐田が奇策を思いつきます。

あえて示談の提案を退けて、岩村の妻・梢に対する損害賠償請求の民事裁判を起こさせるのです。

民事の法廷の場を利用して刑事事件の無罪を勝ち取るという、民事も刑事もこなす佐田ならではの提案。


相手の弁護士は佐田のライバル?


佐田は、さっそく政一郎の弁護士・森本貴(近藤芳正)に会いに行きます。

森本は、民事では超やり手の弁護士で、佐田とは面識はないけれど、お互い名前は知っているライバル関係だったのです。

絶対負けられない勝負に、互いに鼻息を荒くする佐田と森本。


裁判で足立が裏切った?


裁判が始まりました。

佐田はまず凶器に付いていた岩村の指紋以外の成分を発表。

その成分は岩村が倒れていた場所にあったセメントの成分と完全に一致。


このセメントは非常に特殊なもので、もちろん岩村モーターに置いてあるものではありません。

ではなぜ被害者を殺した凶器にそこから1キロも離れた場所にあるセメントが付着してたいのか?

これは何者かが幸次郎を殺害したのちに、その凶器をビルから落ちて死亡した岩村の手に握らせた後に、幸次郎の遺体の近くに置いたと考えられるのです。

しかし森本はその成分は佐田の不注意でついた可能性もあると反論。

逆に佐田はそれに対する立証をしなければならなくなります(そんなこと出来るわけがありません)。


そして証人の足立が佐田を裏切りました。

幸次郎と岩村が新事業を立ち上げる話など聞いたこともないし、タナハシ機械製作所の経営状態もうまくいっていたと証言してきたのです。

慌てふためく佐田ですが、まさに後の祭りでした。

森本は佐田を散々馬鹿にして去っていきました。


深山たちは、事件当日(1月14日)の証言をもう一度洗いなおします。

もし自宅から自殺したビルに向かった岩村をみかけたという目撃証言が得られれば、決定的な証拠になります。

工場からビルに向かったのではなく、自宅からビルに向かったのであれば、事情は全然違ってくるからです。


はったりをかます佐田


佐田は目撃者がみつかったと森本に大ミエを切ってしまいます。

呆れる舞子に対して、「さすがは佐田先生、いいミエの切り方だ。」となにやらうれしそうな深山。


佐田のはったりを受けて、事務所に帰った森本と政一郎は悪だくみ。

それならこっちは工場からビルに向かった岩村を見た目撃者を探せばいいのだと。

森本は、それは必ずしも真実でなくてもいいとほくそえみます。


政一郎は森本を信頼して事件の真実を話そうとしますが、森本は「事実などどうでもいい。大事なのは法廷で勝つか負けるかです。」と拒否しました。

森本は深山とは正反対の弁護士のようです。


逆転無罪を勝ち取る!


第二回法廷が開かれました。

結局証人はみつからず終いの佐田ですが、なんと森本の方は証人をみつけたという情報が入って慌てます。

そしてその証人とは、またしても足立!

完全にいいように使われています(;^_^A


足立工業のビルの近くで事件当日、工場から自殺したビルに向かう岩村を見たというのが、足立の証言の内容。

しかし深山は足立が岩村のコートを覚えていない点を鋭く指摘して、「犯人はあなただ!」とまっすぐ足立を指さしました。

犯人扱いされて狼狽した足立は「違う!本当は岩村なんか見てないんだ!嘘の証言をするようにたのまれただけなんだ!」と真実をゲロってしまいました。


深山にかわって証人尋問に乗り出した佐田は「誰に頼まれたんですか?」とじりじり詰め寄ります。

足立の視線は政一郎に向けられますが、政一郎はちょっとトイレにと席を立ちます。

しかし逃げようとした政一郎は、待ち構えていた明石らに取り押さえられました。

佐田はここぞとばかりに、「いや~これだからC級、いやD級の弁護士は困りますね~!」と森本をこきおろしてスッキリ。


事件の真相


事件の真相は政一郎が、弟の幸次郎と岩村に新会社設立について話し合いがあるとそれぞれに持ち掛け、幸次郎には18:30に岩村モーターへ、岩村さんには19:00に倉本倉庫のビルに来るように連絡。

幸次郎を殺害後、防犯カメラにうつらないよう裏道を通って今村を待ち合わせたビルに向かい、今村を屋上から突き落としたのです。

政一郎の事務所のロッカーから彼の血が付着した今村のコートがみつかりました。


深山を尊敬してる?


藤野宏樹(マギー)は「もし僕の家族になにかあったら、絶対深山先生にお願いすると思います、尊敬しています。」と微笑みます。

舞子も今回の事件が冤罪だったことで、また一皮むけた様子。

班目は深山と舞子を見て「いいコンビだね~。」と目を細めました。


舞子が持っていた写真に写っているのは誰?


中塚が舞子に声をかけて予定をたずねた時に、舞子の手帖から一枚の写真が落ちました。

なんと舞子のフラッシュバックで登場した男の子でした。


『99.9 Season2』4話小ネタ集

『99.9 Season2』4話の小ネタ集です。

今回もたくさん出てきましたよ~。

弁護士・明石達也登場の回?



なんと番組冒頭から、明石(片桐仁)が弁護士役で登場!

被告は深山(松本潤)で、検察が佐田(香川照之)、そして裁判官は舞子(木村文乃)。

明石は犯行時刻に深山が料理していたことを主張しますが、佐田にひっくり返され、舞子も異議を認めて、弁護人・明石は射殺されることに!

バババババ……と打たれた明石が、赤いものを見て「なんじゃこりゃ~!」と叫んで小料理屋・いとこんちの現実に戻りました。


モンスタークッキング?



『モンスタークッキング』とは劇中でプロレスラーの2人・中西学さんと北村克哉選手が出演する料理番組で、特大☆中西ジャーマンポテトを作っていました。

コンソメ小さじ2なのに、大さじ2入れたりとかなりいい加減な番組。

ちなみにこの2人のエプロンをデザインしたのはパラリーガル・中塚。

新日本プロレスを応援していたらいつのまにか選手のTシャツとか(モンスタークッキングの)エプロンもデザインするようになったというから驚きです。


本日の深山の料理


u m i 🐶さん(@oyama915)がシェアした投稿


深山特製カリフラワーの早春サラダでした。

野菜たっぷりの爽やかなお料理。


漫画家・山田貴敏先生登場


恒例・いとこんちのゲストですが、今回は漫画家・山田貴敏先生でした。

いとこんちはアフロの方5パーセント引きなので、かつらかぶって登場でした(笑)。

深山の「いただきマゼラン海峡!」に対して「3点……。」と言っていました。


舞子の腹話術の人形が届く?


Amazonから舞子に腹話術のお人形が届きました。

傍から見たらちょっと不気味な人形に「可愛い~!」とほおずりする舞子。

深山はニヤニヤ。


有森也実登場で、東京ラブストーリー?



4話のゲストは有森也実さん。

有村さんのアップになったとき東京ラブストーリーの主題歌イントロが流れました。


佐田がキャッシュで50万円?


深山が凶器となったスパナを勝手に鑑定に出したせいで、明石が代金50万円(!)を立て替えました。

するとなんと佐田の財布からキャッシュで50万円が即座に支払われました。


佐田先生、リッチ過ぎです!


深山の親父ギャグは?


今回の深山の親父ギャグは、足立に対する証人尋問の場面で出てきました。

「絶対ありませんね?」と深山が確認して、「絶対ありません。」と足立が答えるのを何回か繰り返したのちに「絶対ありま千と千尋の神隠し。」と深山が言ってニヤリ。

裁判中なのに舞子は0点と答え、佐田が「100点、いや、むしろ100点。」と言ったのがおかし過ぎです(笑)。


パラダイス・ロックって何?


今回の犯人・政一郎があまりに外道だったので、中塚美麗(アジアン馬場園)が「目の前にいたらパラダイス・ロックかけてやるのに!」と憤慨。

かわりに明石が技をかけられましたが、なんだかダンゴ虫みたいな感じの技(笑)。

明石は動けなくなりました。

『99.9 Season2』4話・ツイッターの評判は?


落合が気持ち悪い?



4話では落合(馬場徹)が舞子にウィンクしましたが、舞子は露骨によけました。

彩乃(榮倉奈々)より露骨に嫌っているんじゃないか?という意見がありました。


深山のコートが可愛い!






今回から冬服で登場の深山は可愛いトレンチコートを羽織って、検証に出掛けました。

「深山のコートが可愛い!」「このコートは5割増し可愛く見える」と大注目されました。


佐田と深山のやり取りが日曜の癒し?





法廷でもイチャイチャする深山と佐田。

この2人のやり取りに癒されるファンが多かったです。


佐田の悪口が酷すぎる?


相手の弁護士・森本を「ブタ野郎」とか「ブタのBでB級」と罵る佐田。

いくら相手が憎いからと言っても、口が悪すぎです(笑)。

さらに裏切った足立に対して「裏切らなさそうな体型してるくせによ~!」と舞子に愚痴ります。


裏切らなさそうな体型ってどんなんなのでしょうね(笑)。


面白かった!



今回も「面白かった!」の声多数でした。

小ネタが多すぎてなかなかつぶやけないのが唯一の悩みだとか(笑)。

感想

season1と違って、season2では元・裁判官の舞子の視点が加わっているので、より深く刑事裁判の世界を知ることが出来て面白いです。

最初はきつ過ぎる性格かと思われた舞子ですが、腹話術が面白くてけっこうナイスキャラクターに仕上がってきたんじゃないかな~と思っています。

深山や佐田との息も徐々にあってきてすごくいい感じ。

ラストシーンで舞子の手帖から落ちた写真の彼は、一体誰なのでしょうか?

舞子のフラッシュバックで何度も登場していたので、最初は舞子が担当した事件の被告人かと思っていましたが、それなら大事に写真を持ち歩いたりしないので、もっと近い関係の人物かなと予想(たとえば弟とか?)。

今回も小ネタがぎっしりで本当にすごいドラマだなと感心しました。

これは毎週日曜日の癒しドラマですね。

『99.9 Season2』5話はどうなる?


5話では、大怪我をした志賀(藤本隆宏)に代わって深山が少年事件の弁護をすることに。

依頼人の山崎大輝(市川理矩)とその友人・大江徳弘(福山翔大)が女子高生・工藤久美子(清原果耶)に対する強制わいせつの罪で起訴されますが、2人とも犯行を否定。

深山は犯行現場で事件当時のことを検証しますが……。

山崎は警察に脅されて一度自白をしてしまったという不利な状況。

絶体絶命な状況の中で、すべてを覆す事実を見つけることはできるのか!?

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • 限界団地
  • コンフィデンスマンJP
  • シグナル(ポイント)
  • モンテ・クリスト伯
  • コードブルーシリーズ
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)
  • 正義のセ
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル!




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • デイジー・ラック(216ポイント)
  • 半分、青い。(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)