FINAL CUT 母親 恭子役は裕木奈江!演技は嫌われるほど上手い?

『FINAL CUT』主人公・中村慶介の母親 恭子役は女優・裕木奈江さんです。

一時期はアイドル並みの美貌で人気絶頂だった裕木奈江さんですが、すっかり「あの人は今?」的な存在になってしまいました。

筆者は、女優・裕木奈江はフェアリーでエイジレスな存在だけど、(経歴などが)かなりぶっ飛んでいる人だと思っております。

この記事では女優・裕木奈江に注目して「役柄」や「経歴」「演技の評判」についてまとめました。

Sponsored Links


『FINAL CUT』主人公・中村慶介の母親 恭子役の女優・裕木奈江とは?



プロフィール


  • 芸名 裕木奈江
  • 別名義 Nae
  • 生年月日 1970年5月12日
  • 年齢 47歳

経歴


裕木奈江さんは1980年代代末に映画女優としてデビュー。

1990年代にはそのアイドル的な容姿で人気が出てテレビドラマ・CM・歌番組などテレビ番組での芸能活動にも進出・ラジオ深夜番組の『オールナイトニッポン』のパーソナリティも務めます。


1992年、ドラマ『北の国から’92巣立ち』に黒坂純(吉岡秀隆)の恋人役で出演、一躍脚光を浴びてブレイク。


裕木奈江さんはピザ屋で働く松田タマコ役で、純と関係を持って妊娠、中絶するという当時としては衝撃的な役柄でした。

主人公の五郎(田中邦衛)がかぼちゃを持ってタマコの叔父(菅原文太)へ謝りに行った時に菅原文太に「誠意ってなにかね。」と言われるシーンは名場面のひとつとして挙げられています。


1993年、ドラマ『ポケベルが鳴らなくて』に出演。


主人公である男性(緒形拳)の娘の友人でありながら彼と不倫関係になるOL役を演じます。

56歳の緒形拳さんが21歳のアイドル女優・裕木奈江さんと不倫する役を演じることが、大きな話題に。


このいわゆる“憎まれ役”を演じてしまったことで、その後の裕木奈江さんの行く末に多大な影響が出てしまいます。

当時の裕木奈江さんは人気絶頂(特に男子人気はダントツ1位)であったにもかかわらず、「裕木奈江が気に食わない」というバッシング記事も頻繁に載るようになりました。

『ポケベルが鳴らなくて』以降も裕木奈江さんへのバッシングは収まらず、「女性が嫌う女性」の代名詞になってしまいます。

その後、裕木奈江さんの出演したドラマは軒並み低視聴率に!

当然ながら、裕木奈江さんのメディアへの露出は徐々に減っていきました。


1999年、写真集『UNRELEASED FILMS』で初めてオールヌードを披露。

同年、ヘアメイクアップアーティストと結婚し、米国ロサンゼルスへ移住。

「日本ではもう女優としてやっていけないからアメリカに移住したのでは?」と囁かれます。


2006年4月 クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に“NAE”名義で出演。

2007年にデヴィッド・リンチ監督の最新作『インランド・エンパイア』に出演するなど国際女優として活躍します。


現在も”Nae”名義で活動し、日本を拠点に海外での活動も続けています。

そして裕木奈江さんは2009年に離婚して、現在はバツイチです。


『FINAL CUT』女優・裕木奈江の役柄は?


あおいさん(@aoi831004)がシェアした投稿


『FINAL CUT』女優・裕木奈江さんが演じるのは、主人公・中村慶介(亀梨和也)の母親・早川恭子(享年40歳)。

保育園「ルミナスキッズ」の園長を務めていましたが、“園児殺害事件”の犯人として疑惑の目を向けられて、12年前に自殺しました。

慶介とは仲のいい親子関係でした。


12年後、大人になった慶介は亡き母の復讐計画を実行に移します。

裕木奈江さんは慶介の回想シーンで度々登場することになると思われますが、この“園児殺害事件”の真犯人とは一体誰なのでしょうか?

女優・裕木奈江の演技の評判は?


『ポケベルが鳴らなくて』の演技が良すぎた?





裕木奈江さんが芸能界を干される原因になったドラマ『ポケベルが鳴らなくて』。

ツイッターでは「嫌われたということはそれだけ役に入り込んでいたから」「それだけ演技が上手かったんだと思う」「演技力の高さがアダになったってことか。」など女優・裕木奈江の演技を絶賛する声多数でした。


『ポケベルが鳴らなくて』のドラマの中で“不倫が原因で家庭が崩壊するシーン”があるのですが、それがバッシングの大きな引き金になったようです。


筆者は当時の状況を雑誌等で細かにチェックしていたのですが、結局裕木奈江さんって男性にはそんなに嫌われてなかったんですよ。

嫌っていたのはもっぱら女性だったと思います。

女性が女性を敵にまわすと本当に怖いですね。


裕木奈江が出演している海外ドラマも見てみたい?



2001年公開の映画『光の雨』での演技も絶賛の声が多く、裕木奈江が出演しているならば『ツイン・ピークス The Return』(アメリカ合衆国のテレビドラマ)も見てみたいという人もいました。


干されて可哀想!




現在では“バッシングされて干されて可哀想”の意見が多く、“同じことを繰り返してはいけない”という戒めの声も。

女優さんは不倫する役をただ演じているだけなんですから、本人と混合するのはおかしいです。


個人的にも女優・裕木奈江は憑依型の演技の上手い美人女優としてうつっていたので、「干された」という噂を聞いた時には本当に残念でした。

今回『FINAL CUT』でまた演技を拝見できるのが嬉しいです。

まとめ

2018年1月9日スタートのドラマ『FINAL CUT』に主人公・中村慶介(亀梨和也)の母親・早川恭子役で出演する女優・裕木奈江さんをご紹介しました。

裕木奈江さんの体当たりの演技をまたドラマの中で見られることが懐かしいし楽しみです。

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • 限界団地
  • コンフィデンスマンJP
  • シグナル(ポイント)
  • モンテ・クリスト伯
  • コードブルーシリーズ
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)
  • 正義のセ
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル!




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • デイジー・ラック(216ポイント)
  • 半分、青い。(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)