「ニッポンノワール」7話のネタバレと感想!才門要は生きてる説浮上!

『ニッポンノワール』7話では、清春(賀来賢人)南武(北村一輝)が、碓井政明(大和田伸也)を追い詰めます。

ところが、土壇場でなぜか南武が裏切って……?

克喜(田野井健)や宮城(細田善彦)の驚愕の事実も判明します。

当記事では『ニッポンノワール』第2部【覚醒編】7話の

  • 公式あらすじ
  • 簡単なネタバレ
  • 判明した事実
  • 考察・怪しいポイント
  • OPとEDのネタバレ考察


についてまとめています。

「ニッポンノワール」8話のネタバレ考察と感想!ガスマスク男の正体は南武の息子?

2019.12.02

『ニッポンノワール』ED(エンディング)の会話を全てネタバレ考察!南武が清春を裏切った理由も判明?

2019.11.26

「ニッポンノワール」6話7話で才門要(井浦新)が死んだのかネタバレ考察!貴志正臣と地獄で会話?

2019.11.19



もくじ

『ニッポンノワール』相関図



引用元:https://www.ntv.co.jp/NNY/chart/

『ニッポンノワール』7話の公式あらすじ

警察の極秘地下組織・ニッポンノワール。
警察病院の地下に潜入した遊佐清春(賀来賢人)ら。その奥に現れたのは謎の実験施設で
あった。そこで清春が思い出したのは衝撃的な事実を口にする薫(広末涼子)の姿。一人息子の克喜(田野井健)はニッポンノワールの人体実験の犠牲になったという。

実験施設にたどり着いた清春の前には銃弾をも恐れぬ謎の工作員たち。そして、その奥から南武(北村一輝)たちも潜入を試みやって来る。三つ巴の果てに訪れる結果は――。

一方、克喜を保護していた深水喜一(笹野高史)と娘の咲良(夏帆)の元に突然大勢の捜査員が押し寄せ克喜を連れ去ってゆく。克喜の保護を命じたのは、克喜の祖父にあたり、薫の父でもある碓氷元警察庁長官(大和田伸也)だった。事件の鍵を握るとしてニッポンノワールの組織に監禁される克喜。と、その前に見たことのある意外な人物が姿を見せる!
徐々に明らかになりつつあるこの国に蔓延る闇。ニッポンノワールの謎。
――事態急転の第七話、開幕。

引用元: 参照記事のタイトル

『ニッポンノワール』7話のネタバレ




清春、南武班、ゾンビの三つ巴の戦い


遊佐清春(賀来賢人)が、警察病院の奥の部屋に行くと、そこには謎の実験施設があった。

そこへ工作員姿の男たちが現れて、遊佐に迫る。


遊佐清春は、以下の記憶を思い出す。

山小屋で、碓井薫が言った言葉の続きだ。
私は、3年かけてニッポンノワールの存在に辿り着いた。

私の父・碓井政明元警察庁長官(大和田伸也)が、ニッポンノワールに関わっている。

彼が、克喜を作り替えたの。


南武修介(北村一輝)率いる警察も登場!工作員たちに発砲するが、工作員たちは撃たれても撃たれても立ち上がってくる。

時限爆弾に気付いた南武らは、いったん退散する。


南武の指示で、清春は裏口へ急ぐ。

才門要(井浦新)を探すが血まみれのライターが落ちているだけで、彼の姿はなかった。

裏口を出ると、ファイター田中(前川泰之)が車で待っていて一緒に逃走する。


克喜は監禁、才門は死亡


時を同じくして、喫茶店「ボナーロ」には、碓井元警察庁長官(大和田伸也)の命令を受けた警察官たちが来ていた。

克喜(田野井健)が連れ去られて、監禁されてしまうことに!

「ボナーロ」には、いつの間にか監視カメラが仕掛けられていた。


才門は、既に心肺停止。

駆け付けた明美(立花恵理)は「かなめー!」と泣き叫んだ。


清春は、当分は放来撮影所の倉庫で生活することになった。

南武が、清春を公安から守るために、ファイター田中に頼んだのだ。


その後、南武班は再び警察病院に潜入しようとするが、エレベーターのボタンが変わっていて、地下へは行けなくなっていた。

完全な証拠隠滅だ。


清春の覚醒前に全てを終わらせる?


咲良(夏帆)が、清春に会いにやってきた。

克喜が碓氷元警察庁長官に保護されたと聞いて、憤る清春。


清春はこの件を南武に報告、その後、南武は碓氷に会った。

碓井は「彼(清春)は重要な案件を抱えている。覚醒する前に全てを終わらせなければならない」と言った。


南武は「遊佐清春の覚醒とは何ですか?」とたずねるが、碓井は教えない。
碓井:「十億円事件と碓井薫殺害事件の犯人を見つければ、刑事部長のポストを用意する。さらに遊佐を捕まえたらその後のキャリアも約束しよう」

南武:「ですが、ニッポンノワールの名前が出ることになってもお考えは変わりませんか?」

碓井:「どういう意味だ?」

南武:「実は薫さんがニッポンノワールの情報を遊佐に託していたようで。彼はその記憶を取り戻しつつある」

実は、江國(杉本哲太)が碓氷の密命を受けて、南武を狙っていた。

碓井は江國に「しばらく南武を泳がせろ。十億円のありかがわかってから始末しろ」と命じた。

南武はそれに気づいていて、2人の会話を盗聴。


その夜、南武は清春のアジトへ行き、江國が裏切ったことを報告。

江國が克喜の居場所を知っていると聞いて、居ても立っても居られない清春。


南武は「暴走するなよ。もう克喜だけの問題じゃない」と釘を刺して帰って行った。

その後、清春は倉庫で克喜が持っていたガルムフェニックスのキーホルダーを見つける。


江國が清春に「NN」を見せる


清春は、江國に接触。

克喜の居場所を教えなければ、江國の妻を殺すと脅迫。


清春は江國に殴りかかるが、江國は清春に「NN」の画像を見せた。

いつも通り、清春は気絶。


『3年A組』の3人が登場



水越涼音(福原遥)真壁翔(神尾楓珠)熊沢花恋(堀田真由)が、喫茶店「ボナーロ」にやって来た。

3人は宮城を見て「私たち魁皇高校立て籠もり事件の生徒です。私たちを覚えていますか?」と聞くが、宮城は何も覚えていなかった。


碓井政明の話



清春が目を覚ますと、碓井が現れた。

この部屋は警視庁の別館の地下5階で、清春らを監視する部屋だという。


碓井は、ニッポンノワールの全貌について語った。

親友・星良(入山法子)の死をきっかけに、碓井薫は調査を開始。

3年かけて、父である碓井政明元警察庁長官に辿り着いた。


ニッポンノワールとは、元は内務省による国家警察だった頃、凶悪事件を極秘で扱うセクションとして発足されたのが始まりだった。

何度か名称を変えた後、今のニッポンノワールと呼ばれるようになった。


ニッポンノワールの極秘プロジェクトとして行われている人体実験は、いくつかのジャンルに分かれている。

星良が携わっていたのは、人格矯正プログラム。


再犯率の高い未成年の犯罪者を対象に、これまでの記憶を消去して、新たな記憶を植え付ける。

人格矯正プログラムの根幹は、感情の抑制と記憶の改ざん。


何度も繰り返すことで、別の記憶を植え付け、国家にとって都合のいい人間を作ることが可能になる。

未成年を被験者に選ぶ理由は、脳が成熟する前の方が適応しやすいから。

星良は、こにプログラムを受けた宝生順平のカウンセリングを担当したことで、組織と関わることになった。

克喜の真実


清春は「克喜にも同じ実験をしたのか?まだ9歳だぞ」と憤る。

しかし「君は、克喜がどんな子供だったか知っているのか?」と碓氷。


昔の克喜は薫の手に負えない子供で、毎日暴れた。

薫は根気よく話を続けたが、ある日克喜に「殺す」とナイフを向けられて心が折れた。


薫は克喜を実家に預けて、1週間の出張へ。

しかし薫が帰宅すると克喜は別人になっていた。


清春は「だからって克喜に人体実験したのか?」と憤るが、「確かに私は克喜を実験場に連れていったが、それは克喜が望んだことだ」と碓氷。

「克喜は、自分で人格矯正プログラムを志願したんだ」


薫が克喜を殺した?


清春は、以下の記憶を思い出す。
克喜が自分から人体実験を受けたことを知った薫は、大ショック。

克喜は、以前とは違う大人しい子供になった。


でも薫は克喜が「はい、わかりました」と言うたび、苦しくなった。

薫は清春に「全部私のせい。だからあの子は笑えなくなった。私があの子を殺したの」と言って涙を流した。

清春、江國、南武が碓氷を追い詰める


清春:「衝突しても、乗り越えていくもんじゃないのかよ?」

碓井:「詭弁だな。この国に必要なのは勝者の先導に従順な人間だ。これはそういう人間を作る為のプログラムなんだ」

清春:「そんなくだらないことのために、克喜を犠牲にしたのか」

碓井:「克喜は重要なサンプルだ。克喜は母親を失ったことでプログラムが無効化しかけている。このままでは元の粗悪な性格に戻る可能性が高い。だから再び……

清春:「いい加減にしろ!俺はあいつの本心とぶつかり合いたいんだよ!俺は彼女の代わりに克喜と向き合っていく!克喜は俺の息子だ!俺が守る!」

碓井:「君には無理だ。なぜなら遊佐清春は凶悪事件の容疑者なんだからな」

そこへ江國が現れて、清春に拳銃を向けた。


……と思ったら、江國は碓氷に拳銃を向けた。

碓井は「愚かだな~。君の代わりはいくらでもいる」と言って赤いボタンを押した。


そこへ南武と宮城(細田善彦)も登場。

南武は、碓井の発言を全てICレコーダーに録音していた。


絶体絶命のように見えた碓氷だが、碓井は高らかに笑った。

「これで終わりだと思っているのか。だとしたら我々を過小評価している」


南武の裏切り


そこへ警視総監から南武に電話。

電話を切った南武は、ICレコーダーを碓氷に渡して、清春を貴志正臣(栄信)殺しの容疑者として逮捕した。
南武:「警視総直々の命令だ!ニッポンノワールの話は聞かなかったことにする。連行する!」

碓井:「連行ではない、射殺命令だったはずだ」

南武:「警視総監には納得していただきました」

宮城の秘密



宮城は「こんなこと許されていいのか!」と碓氷に抗議。

すると碓井は、宮城に向かって驚愕の事実を述べた。

最初に日本で、人格矯正プログラムが適用されたのは、2010年7月。

被験者は、当時20歳の青年。

彼は、小さな子供を殺害して『神隠し』にあった。

当時、法でさばけない者を秘密裏に処罰するニッポンノワールのことを、人はそう呼んだ。

その青年は神隠しにあって、人体実験を受けた。

それは、宮城。

宮城は、人格矯正プログラム・被験者第1号。

犯罪者だった宮城は、人格だけでなく、名前も経歴も変えた。


つまり、別人として生まれ変わったのだ。

宮城は「そんなバカなことがあるかー!」と叫ぶが、「心当たりはあるだろう」と碓氷。
なぜ、毎月1回警察病院の診察を受けないといけないのか。

なぜ、両親のことを覚えていないのか。

なぜ、記憶の相違が生じるのか。

碓井は「宮城遼一。君はニッポンノワールに作られた人間なんだよ」と告げた。

『ニッポンノワール』7話で判明した事実

『ニッポンノワール』7話で判明した事実を登場人物ごとに以下にまとめます。

碓井政明について判明した事実

・碓井政明元警察庁長官(大和田伸也)は、ニッポンノワールに関わっていた。

・碓井政明は、克喜に人格矯正プログラムを行った。

・碓井政明は「彼(清春)は重要な案件を抱えている。覚醒する前に全てを終わらせなければならない」と南武に言った。

克喜について判明した事実

・克喜(田野井健)は、昔は手の付けられない子供で、遂には薫にナイフを向けた。

・克喜は、人格矯正プログラム以降、別人のようにおとなしくなった。

・克喜は、薫との関係を修復するために自分から人体実験を受けた。

・克喜はニッポンノワールにとって重要なサンプル。

・克喜は母親を失ったことでプログラムが無効化しかけていて、このままでは元の粗悪な性格に戻る可能性が高い。

碓井薫について判明した事実

・碓氷薫は、3年かけてニッポンノワールに自分の父親が関わっていること、父親が克喜に人体実験を受けさせた事実に辿り着いた。

・碓井薫は、克喜に人体実験を受けさせたのは、全て自分のせいだと後悔していた。

南武について判明した事実

・南武修介(北村一輝)は、刑事部長のポストを蹴ってまで、碓井政明を追い詰めた。

・ところが南武は、警視総監に弱みを握られて、清春の敵に回った。

才門要について判明した事実

・才門要(井浦新)は、工作員たちによって上階に運ばれたのが監視カメラに映っていたが、その後ゴミ捨て場で発見された。

・才門は、既に心肺停止。

・才門は江國に「NN」マークが映るスマホを託していた。

宮城について判明した事実

・宮城遼一(細田善彦)は、水越涼音(福原遥)と真壁翔(神尾楓珠)、熊沢花恋(堀田真由)と話した事実を覚えていなかった。

・宮城は、2010年7月の20歳の時に、人格矯正プログラム第1号になった。

・宮城は、小さな子供を殺害した犯罪者で、プログラム実行後は名前も経歴も変えて別人となった。

ニッポンノワールについて判明した事実

・ニッポンノワールは、元は内務省による国家警察だった頃、凶悪事件を極秘で扱うセクションとして発足されたのが始まりで、何度か名称を変えた後に今のニッポンノワールと呼ばれるようになった。

・ニッポンノワールの極秘プロジェクトとして行われている人体実験は、いくつかのジャンルに分かれている。

・星良が携わっていたのは、その中の一つである人格矯正プログラム。

・人格矯正プログラムの根幹は感情の抑制と記憶の改ざんで、何度も繰り返すことで別の記憶を植え付け、国家にとって都合のいい人間が作り出される。

・未成年を被験者に選ぶ理由は、脳が成熟する前の方が適応しやすいから。

・星良は、こにプログラムを受けた宝生順平のカウンセリングを担当したことで、組織と関わることになった。

『ニッポンノワール』7話の怪しい点をネタバレ考察

『ニッポンノワール』7話の怪しい点や気になる点について、ネタバレ考察します。

芹奈が宮城にキス




芹奈(佐久間由衣)は、しつこい元カレを追い払うために、たまたま喫茶店に来た宮城にキス。

宮城は、その後胸を痛みを感じて、芹奈に恋をしてしまいました(チョロすぎる・笑・)。

手に「僕と付き合ってください」と書いたり、やたらピュア。


その後、宮城がニッポンノワールに作られた人間だったことが判明。

芹奈の愛が、宮城を救う展開も考えられるのでは?


宮城は南武の息子?






宮城が、ニッポンノワールの人体実験第1号で、名前や経歴まで別人だったことが判明。

確かに『3年A組』の宮城はライトなキャラだったのに、『ニッポンノワール』の宮城はやたら体育館系でシリアスで、別人格を疑う声も多かったですよね。


しかしこれは、宮城にとってダメージが強すぎる……!

「宮城が南武の息子なのでは?」の声もありましたが、年齢的にナイと思います。

宮城は、10年前に20歳。

南武の息子は、現在20歳。


宮城がが10年前に子供を殺していたことと、細田さんが同じ年に『ジョーカー』というドラマに犯人役で出ていたことが繋がると話題になっています。


才門が清春に渡したUSBの中身とは?


6話ラストシーンで才門が清春に渡したUSBの中身ですが、いまだに不明。

はっきりしているのは、清春がこれをパソコンに差し込むとゾンビが現れ、引っこ抜くとゾンビの動きが止まったということ。

ゾンビの中に埋め込まれているICチップと繋がっているのかもしれません。


その後、咲良がそのUSBの中身を確認しますが、何も入っていなかった様子。

咲良はそのUSBが刺さったPCごと立ち去りましたが、まさかこれは咲良が黒幕である伏線?


南武はどんな弱みを握られた?




南武は、清春を公安から守るために、アジトまで用意しました。

また、碓井元警察庁長官の独白を録音までしました。


それなのに、警視総監から電話がかかってきたら、いとも簡単に清春を裏切りました。

一体、南武はどんな弱みを握られたのでしょうか?

警視総監との電話における南武の言葉は以下です。

「はい、南武です。えっそんな。ホントですか」

「ちょ、ちょっと待ってください」

「いや、それは……できません」

「はあ、わかりました」

多分、南武の息子が見つかったんじゃないかな~と思います。

さすがの南武も、息子を人質に取られては手も足も出なかったのでは?


清春の覚醒とは何かネタバレ考察




7話では、克喜もベルムズも人体実験されていたことが判明。

さらに、宮城も人体実験されていました。


碓井から“人格矯正プログラム”が国家に都合のいい別人格を作るプロジェクトであることは説明されましたが、それ以外にもプログラムは存在します。

清春も人体実験を受けている可能性が高いですが、『覚醒』という言葉が使われているので、克喜や宮城とは別種類の実験なのではないでしょうか?


碓井は、清春が覚醒する前に全てを終わらせようとしています。

清春が覚醒するとマズいということは、清春は覚醒したらとんでもないモンスターに変身するとかでしょうか?


それにしても、本来の人格を上書きして別の人格を植え付けて人体を強化するって『仮面ライダービルド』そのものなのですが(^_^;)

何度も言いますが、清春が仮面ライダー・ノワールに変身するラストじゃないでしょうね~。


才門は生きているのかネタバレ考察








才門は、監視カメラでは工作員たちに抱えられて、上の階に行っていました。

それなのに、発見されたのはゴミ捨て場?


工作員たちは何かを才門にした後、捨てたのでしょうか?

USBも開かないし、どうも怪しすぎる才門。

江國に「NN」マークを渡していた理由も気になります。


まだまだ才門が、生きている可能性はあると思います。

ゴミ捨て場で死んでいたのは、才門の顏に整形された別人とかクローンとか?

本物の才門は、被験者として後に蘇るとか?


今後は才門が死んだことにした方が事が上手く運びやすいから、偽装したのではないでしょうか?

「改造人間となって復活するのでは?」の声もありましたが、このドラマの世界観なら有り得ますね。

「ニッポンノワール」6話7話で才門要(井浦新)が死んだのかネタバレ考察!貴志正臣と地獄で会話?

2019.11.19

『ニッポンノワール』7話のTwitterの評判と感想

『ニッポンノワール』7話のTwitterの評判と感想をまとめます。

毎回、NNマークで気絶する清春にウンザリ?









Twitterでは、毎回清春がお決まりで気絶するのにウンザリ。

主人公なら、避けるとか対処方法はないのでしょうか(^_^;)


咲良は清春が好き?


克喜は咲良が清春のことが好きで、2人がくっつくといいと思っている様子。

Twitterでは裏切り者の一人として名前が挙がっている咲良が、清春のことを好きな展開はあるのでしょうか?


清春がアジトで咲良に迫った時には「ないない、今はない!」と逃げましたが、後ならアリなのでしょうか?

現時点では咲良の方は意識してそうですが、清春の方は全然ナイみたい(^_^;)


克喜が切なすぎる





手の付けられない子供だった克喜ですが、薫とやり直したいと切望していました。

でもそのために人格矯正プログラムって、なんか凄過ぎる(^_^;)

本当に、それしか方法がなかったのかな。

そりゃ、薫も落ち込みますよね……。

『ニッポンノワール』7話のOPとED




『ニッポンノワール』7話のOPは名越(初登場)、EDは宮城(初登場)。

宮城は、伯父に電話して亡くなった両親について聞いていますが、伯父は「答えられない」と答えることを拒否。

『ニッポンノワール』8話の公式あらすじ


警察の地下組織:ニッポンノワールが極秘プロジェクトとして行っていた人体実験。その最初の被験者は……宮城遼一(細田善彦)だった。

警視総監の命令を受けた南武修介(北村一輝)により身柄を拘束された遊佐清春(賀来賢人)。
これまでモザイクがかかっていたように失われていた記憶が次々に戻ってゆく…

碓氷薫(広末涼子)の一人息子であり、自身の息子でもあると分かった9歳の碓氷克喜(田野井健)は、母の愛を獲得するために自ら志願してこの人体実験を受けたのだという――。

碓氷政明(大和田伸也)の命令によりニッポンノワールの工作員らに連れ去られた克喜。眞木光流(矢本悠馬)が再実験を施そうと克喜に迫る。一方、克喜の身を案じながらも拘留され身動きの取れないままでいる清春。と、その清春の前に現れたのはガスマスクの男であった!

その頃、衝撃的な事実を突きつけられた宮城は、未だに葛藤に苦しんでいて……。
歴史、メンバー、目的…次々に明らかになるニッポンノワールの全容。
そして第8話の最後には、ついに清春が黒幕に迫る。風雲急告げる第八話――開幕。

引用元: 『ニッポンノワール』公式HP



「ニッポンノワール」8話のネタバレ考察と感想!ガスマスク男の正体は南武の息子?

2019.12.02