『レッドアイズ』5話のネタバレ考察と感想!内通者の正体は「М」でKSBCのメンバー?

『レッドアイズ』5話のネタバレ考察と感想!内通者の正体は「М」でKSBCのメンバー?

長篠文香(趣里)の壮絶な過去が明らかに!

そして新たに登場した「青のパーカー男」がメチャクチャ強い!

青のコートの男・鳥羽和樹(高嶋政伸)の目的とは?

当ページでは、『レッドアイズ』5話のネタバレ考察と感想について、わかりやすく詳しくまとめています。



『レッドアイズ』5話のネタバレ



黒幕が狙うのはKSBCのメンバー!警察内部に内通者がいる


伏見響介(亀梨和也)は、KSBCのメンバーが狙われているのではないか?という考えに至る。
・北畠は、美保(小野ゆり子)を殺した青いコートの男とよく似たコートを着て、腕に傷まであった。

・次の犯人・蠣崎は、湊川(シシド・カフカ)と島原(松下奈緒)の家族を狙った。

・神田川が狙ったのは、山崎(木村祐一)の息子。
そして彼らの裏で操っている人物が先生。

先生は、美保を殺した犯人。


ここまでわかっても捜査できない理由は、警察内部に真犯人と通じる内通者がいるから。

(蠣崎は、島原の家族や生活リズムまで知り尽くしていた)

連続殺人事件が発生!長篠の過去とは?


連続爆発事件が発生し、捜査一課の2人の刑事が犠牲になった。

事件現場のモニターを調べていた長篠(趣里)の様子に違和感を覚えた伏見(亀梨和也)は、小牧(松村北斗)に長篠の調査を指示。

山崎(木村祐一)は、亡くなった刑事2人に送られていたメールから、犯人が警察に恨みを持っていると分析。(ユナ・ボマーの模倣犯)


実は長篠は、11年前の拉致・監禁事件の被害者だった。

亡くなった刑事2人は、その事件の担当者。


当時の担当刑事は、あと1人いる。

それは長久手(川瀬陽太)。


長篠が長久手を呼び出したことを知った伏見たちは、現場へ向かう。

しかし長篠の目的は、長久手を犯人から守ることだった。


真犯人は長篠の兄


真犯人は、長篠の兄。

長篠の兄は、11年前に長篠が拉致された後に警察に届けたが、単なる家出だと処理された。

長篠の兄は、何百台もの監視カメラ映像から犯人を特定して、自力で長篠の監禁場所を見つけて救出。

そこへ帰ってきた男を殺してしまった。


長篠の兄は、傷害致死で自分を逮捕した警察を恨んだ。

なぜ、自分がこんな目に合わなければならないのか?

警察が何もしなかったから、こんなことになったんじゃないか。



監視カメラ映像の大切さが身に染みた長篠は、警察官の道へ。

長篠の兄は、憎い警察になった長篠のことも恨むようになった。


KSBCに、長篠の兄から電話。

要求は「爆弾を送ったから、長篠だけ残して後は退散しろ」。

センター長の島原だけは、こっそり残る。

長篠の兄は、長篠が自分のことを売ったのだと恨んでいた。


長篠はスマホ画面越しに、兄に謝罪と感謝。

「私いつしかお兄ちゃんを疎ましく思っていた。

事件のことを忘れたかったから。

お兄ちゃん、ごめんなさい」


妹の痛みを思い出した兄は、起爆装置のボタンを押せない。

しかし「もう後には戻れない~!」と絶叫。


そこへ伏見が駆け付け、兄を逮捕。

起爆装置も解除。


長篠は島原に「退職届」を提出。

島原は「あなたがすべきことは、お兄さんみたいな人を2度と生まないこと。わかったら仕事に戻って」と言った。


「先生」の発信元がわかる


それにしても、長篠の兄は、11年も前の復讐をどうして今になって決行したのか。

小牧が長篠の兄のスマホを解析すると、「先生」とのやり取りと「先生」の発信元の住所が出てきた。

鳥羽のスマホに「М」から「奴がきました」のメッセージ。


鳥羽は、「先生」の発信元である小屋に到着。

すると、またしても青いパーカー男・真弓(TAK∴)が現れて、伏見を殴った。

『レッドアイズ』5話の感想



5話では、長篠の壮絶な過去が判明。

長篠役の趣里さんの演技が、素晴らしかったですね。

趣里さんは「有吉ゼミ」の激辛も食べ切ったナイスファイトの持ち主でもあり、今後の活躍が楽しみです。

『レッドアイズ』5話の考察ポイント


鳥羽(高嶋政伸)が島原(松下奈緒)のカウンセリングをする理由とは?


カウンセラー・鳥羽は、島原をアカシアの木に例えて、彼女の心の傷を癒します。

「私、庭に木を植えるのが好きでしてねえ。

去年、アカシアの木を育てることにしたんです。

でもある日台風が来てしまって、なぜかアカシアの木だけがぽっきり折れてしまったんです」

鳥羽は、島原を洗脳して、自分の駒として使うつもりかもしれません。


蠣崎(忍成修吾)が伏見(亀梨和也)を挑発する目的とは?


蠣崎は、美保の妊娠を知っていました。

この事実は、ごく一部の人間しか知らないはずなのに。


蠣崎は、島原の夫・信嗣を殺害。

湊川の息子が乗ったバスに爆弾(偽物)を仕掛け、

山崎の息子を狙った神田川兄弟から改造銃を買っている。


なぜ、蠣崎はKSBCの周りで起きる事件に、いちいち関わるのか?

蠣崎は、伏見を挑発して「俺を殺せ」と言ってきます。

蠣崎の目的がさっぱりわかりません。


先生とは?




蠣崎は電話で「すべては先生の計画度通りです」と言っていました。

先生の正体は、おそらく鳥羽(高嶋政伸)。


青のパーカー男が強い



5話では、青いパーカーの男・真弓(TAK∴)が、伏見と湊川の行く手を阻みました。

この青いパーカー男が、もうめちゃくちゃ強い!

特殊な戦闘訓練を受けた人物であることは、間違いない。


次はこまき?



「先生」から「長篠兄」へのメッセージが、縦読みすると「つぎはこまき」と読めます。

ゾゾッ。

6話の「先生」の標的は、やっぱり小牧(松村北斗)!