『竜の道』原作のあらすじのネタバレと感想!双子の兄弟の復讐は失敗する?

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』は、双子の兄弟の壮絶な復讐劇。

主人公は玉木宏さんで、整形を繰り返して裏社会で暗躍する非情な兄・竜一を演じます。

当ページでは『竜の道 二つの顔の復讐者』の原作を最初から結末までネタバレしていきます。

『竜の道』原作とドラマの違い11選!美佐とまゆみの設定が大きく違う!

2020年5月22日

『竜の道』最終回結末をネタバレ予想!竜二が裏切って竜一が破滅?

2020年5月24日



ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』とは?



ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』は、2020年4月14日(火)放送開始予定でしたが、コロナの影響で放送延期となりました。

タイトル『竜の道 二つの顔の復讐者』
放送開始日未定
原作白川道『竜の道』(幻冬舎文庫)
脚本篠崎絵里子、守口悠介
制作カンテレ

竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、生まれてまもなく小さな運送会社を営む吉江夫妻に養子として引き取られた双子の兄弟。その後、夫妻の間に生まれた妹の美佐(松本穂香)を加え、5人家族として仲良く暮らしていた。しかし、二人が15歳のとき、霧島源平(遠藤憲一)率いる運送会社の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた両親は、自殺してしまう。二人は、両親から命を、そして幼い妹の美佐から実の親を奪った霧島への復讐を誓い合う。

それから7年後、竜一は整形で別人になり替わり、裏社会と関わりを持ち始める。一方、竜二は運送会社を監督する国土交通省に入省する。竜一が生きていることは、妹の美佐も知らない二人だけの秘密。「これからは、なんでも二人だ」。コインの裏表のような、正反対の立場の双子による、波乱万丈の復讐劇が幕を開ける!

引用元:

『竜の道 二つの顔の復讐者』公式HPより


原作



ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』の原作は、『竜の道』上・下巻、『竜の道 飛翔編』と『竜の道 昇竜編』。

『竜の道』の原作

・単行本:『竜の道 飛翔編』(講談社)と『竜の道 昇竜編』(幻冬舎)。

・文庫本:『竜の道』上下巻(=『竜の道 飛翔編』)と『竜の道 昇竜編』(ともに幻冬舎文庫)。


作者の白川道氏は、『竜の道 飛翔編』『竜の道 昇竜編』に続く完結編を執筆予定でしたが、その前に逝去(2015年)。

残念ながら未完となっていますが、ドラマ版では原作にはないある要素(未発表)を加えることで、波乱に満ちた竜一と竜二による復讐劇を結末まで描いていきます。


■竜の道 上 Amazon楽天リンク


■竜の道 下 Amazon楽天リンク


■竜の道 昇龍編 Amazon楽天リンク

「竜の道 飛翔編」を原作ネタバレ



「竜の道 飛翔編」の簡単なあらすじ

キリシマ急便の社長・霧島(遠藤憲一)への復讐を誓う双子の兄弟が、表の世界と裏の世界に分かれて復讐の準備をする。

兄・竜一(玉木宏)は養父母を殺害して自分も死んだことにして、整形して斉藤一成になって裏社会で暗躍。

弟・竜二(高橋一生)は東大からエリート官僚の道へ進む。

兄は裏社会のドンの後ろ盾を得ることに成功し、復讐に必要な100億円を得ていったん海外逃亡。

弟は霧島の娘・まゆみ(松本まりか)に近づいて自分に夢中にさせることに成功。


以下、詳しいあらすじをネタバレしていきます。

双子の兄弟の過去


竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、双子の兄弟。

幼い頃に実の両親に捨てられ、廃品工場を営む養父母に育てられた。

養父母はクソッたれな人物で、双子をこき使っていじめ抜いた。


近所の人々も双子に白い目を向ける中、美佐(松本穂香)と運送会社を営む両親だけは双子に優しく接してくれた。

しかし美佐の両親は、キリシマ急便(遠藤憲一)による悪質な乗っ取りを苦に自殺。

美佐も道連れとなったが、重傷で見つかる。

しかし美佐は失明していた。


双子の兄弟の4つの誓い


このように竜一と竜二は「悲惨」としか言いようがない運命の持ち主だが、天は彼らに以下の2つの「かけがえのないもの」を与えていた。 
・2人とも天才的頭脳の持ち主であること。

・双子であること。
双子だからこそ出来ることとは、コインの表と裏になること。

二階堂急便を表の世界と裏の世界から追い詰めれば、完璧な復讐が出来る。

いいか、竜二。

これからのお前と俺は月と太陽になる。

おまえが太陽で、俺が月だ。

おまえは常に世間の脚光を浴びる生き方をしろ。

おれは夜の世界に君臨する。

引用元:「竜の道 飛翔編」竜一のセリフより


竜一と竜二は、4つの誓いをする。

  1. 世の中を見返すこと。
  2. 美佐の両親を死に追いやった二階堂急便を叩き潰すか手中に収める(そのためには、二階堂急便と互角に戦える資力を備えねばならない)
  3. 美佐を幸せにすること。
  4. 実の両親を探し出して殺すこと。

竜一の復讐の準備


18歳の竜一(玉木宏)は、最初の計画を実行に移す。

養父母と自分の身代わりとなる男を焼き殺して、顔も名前も変えて別人(斉藤一成)に成り代わり、竜二の前からも姿を消した。


別人となった竜一は、養父母が溜め込んでいた3000万を元手に動き出す。

竜一の目的は、復讐に必要な人脈と金を手に入れること。


そのためにヤクザまがいの会社「株式日日新報」(株の業界紙)の社員となり、社長が倒れたのをきっかけに会社を乗っ取った。

しかし「株式日日新報」の社長にはならず、別の人間を社長にして自分は「影の社長」(裏から操る傀儡師)となる。


次に、裏社会のドン・曽根村始(西郷輝彦)に取り入り、曽根村の人脈と庇護を得た。
CHECK!
竜一が曽根村始に気に入られるためにしたことは、以下の2つ。
  1. 曽根村が株で損するはずだった金を(別ルートから)逆に増やした。
  2. 曽根村が気に入らない人間を暗殺。

  3. まさに、手段を選ばず(^_^;)

やがて曽根村は竜一(斉藤一成)の正体が別人であることを見破るが、竜一は自分の過去も本名も復讐心も洗いざらい話す。

霧島への復讐には絶対に裏の世界の庇護が必要だから、竜一は曽根村に懸けたのだ。

曽根村は、野心家の竜一を気に入って息子のように可愛がるようになった。


竜二の復讐の準備


竜二は、養父母の生命保険金9000万と土地の売却代金6000万を元手に動き出す。

まずは東大文科一類に入学して、豪華マンションを購入、金に糸目をつけずに身の回りを常にきらびやかにする。

コインの表らしく、光り輝いている自分の姿を世間に見せつけるためだ。


東大在学中に、国家公務員上級甲種試験に合格。

そしてあらゆる手を尽くし、※運送会社を監督する運輸省(ドラマでは国土交通省)へキャリアとして入省。

その後はキリシマ急便を我がモノにするため、省内で深く潜行。

※「運輸省」に入ればキリシマ急便を監督することができるから。


竜一と竜二は他人として生活し、連絡は細心の注意を払う。

竜一が他人の顔と戸籍で生きていることは、竜二しか知らない。

絶対に2人の関係を周囲に知られてはならない。


美佐の存在


美佐(松本穂香)は両親の心中に巻き込まれて失明したあとは施設へ、そのあとは盲学校寄宿舎へ。

(美佐の親戚は、誰一人美佐をひきとろうとはしなかった)


竜二は美佐とずっと文通していて、実の妹のように可愛がっていた。

竜一は名前と顔を変えてからは美佐とは二度と会わないと決めていたが、竜二同様に美佐を妹と思う気持ちに変わりはなかった。


しかし美佐に「予知能力」が芽生えてからは、竜一の心に変化が生じる。

美佐は、死んだことになっている竜一が生きていると断言し、竜二の国家公務員上級試験合格を予言したのだ。


その後美佐は『未来との懸け橋を持つ少女』と週刊誌に取り上げられるようになり、上京して竜二の家の近くに住む。

竜一は、美佐の持っている「無垢でとらえどころのない心」と「予知能力」を恐れ、竜二に美佐と距離を置くように言う。

しかし竜二は、美佐に関しては竜一との約束を守れない。


二階堂の娘・まゆみ


竜一は、キリシマ急便を潰すという計画を立てたものの、妙案がなかなか浮かばなかった。

しかし興信所を使って霧島(遠藤憲一)のことを調べ上げたところ、ワンマン社長で知られる霧島に一つだけ「泣き所」があることが判明。


それは長年子宝に恵まれなかった霧島が、愛人の芸者に産ませた娘・まゆみ(松本まりか)の存在。

竜一は、自分の分身である竜二にまゆみを誘惑させることを思いつく。


竜一はまゆみの現恋人を殺し、竜二にまゆみに接近するように命令。

まゆみはすぐに甘いマスクの竜二に夢中になって父親に会って欲しいと頼むが、竜二はのらりくらりとまゆみを弄ぶ。

まゆみはいつか役に立つときまで取っておく「復讐の切り札」だ。


竜一が詐欺事件を起こして海外逃亡


竜一は、株や相場の世界で欲に目がくらんだハイエナどもを騙して、100億円もの巨額詐欺事件を実行に移す。

その間に竜一の過去を嗅ぎまわる人間も出てくるが、竜一はそいつらを(あっさり)暗殺。


100億円を集めることに成功した竜一は、これらに関わる金融会社、顧問屋、「株式日日新報」を倒産させた後、100億円を頂戴して海外へ逃亡!

(海外に発つ前に、曽根村に50億円、竜二に50億円を託した)


竜一の行き先は(曽根村が用意してくれたチケットで)ブラジルのリオデジャネイロ。

今度日本に帰ってくるときは顔も変えて新しい殻(戸籍)も得た状態なので、誰も竜一に気が付かないだろう。


竜一が逃亡した後の日本は大混乱。

マスコミは竜一を「詐欺の天才」「悪魔の申し子」などと書き立てた。

「竜の道 昇竜編」を原作ネタバレ



「竜の道 昇竜編」の簡単なあらすじ

4年後、竜一は(整形して)和田猛として帰国。

曽根村の養女・咲と結婚して、海外逃亡前に竜二に託した50億円(現在は竜二が株で150億円に増やす)を元手に動き出す。

まずは「グローバルTSコーポレーション」を立ち上げ、投資業を行う。

肝心のキリシマ急便への復讐の具体案は、竜二がまゆみと結婚することでキリシマ急便を牛耳ることになる。

竜二は実は美佐(松本穂香)を愛していたが、竜一との復讐の道を選ぶ。


以下、詳しいあらすじをネタバレしていきます。

竜一の帰国


4年後、竜一は(顔も戸籍も変えて)和田猛として帰国。

曽根村の義理の愛娘・宇田咲と結婚して日本国籍を取得、いよいよ再始動だ。


竜一と竜二は再会を喜び合った。

竜二は、4年前に竜一が託した50億円を株で150億円に増やしてくれていた。


しかしキリシマ急便は今や、業界のナンバー4。

こちらは150億と曽根村の後ろ盾だけが頼り。


竜一は「グローバルTSコーポレーション」という投資会社を立ち上げた(Tは猛のT、Sは咲のS)。

竜一の目的は、国内はおろか、海外でも認められる一大ホテルチェーンを作り出すこと。


一方、女版・竜一のような野心家の咲は「レインボー咲」という会社を立ち上げ、美容業界に乗り出す。

竜一がホテルチェーンで成功した暁には、各ホテルに咲の美容グループのテナントを入れる予定だ。


曽根村は、竜一と竜二に、キリシマ急便を叩き潰したあとの夢を持つことが大事だと言った。

曽根村は現在の双子にとって、キリシマ急便は取るに足らない相手だと見ていた。

竜一は実業家として成功したいという夢を持ち、竜二は曽根村の勧めで政治家を目指すことに。


美佐が童話作家に


竜二は、竜一不在中も美佐と懇意にしていた。

美佐は、2年前に覆面童話作家(ペンネームはりゅう)になって大ブレイクしていた。

美佐の童話とは?

・空想の動物を擬人化した、人間の未来を暗示するような物語。

・テーマは、人間の心と愛情。


竜一は「美佐に会いたい」と竜二に頼んだ。

美佐は竜二と一緒に待ち合わせの中華料理店に現れたが、竜一は少し離れたところから美佐を見た。


久しぶりに見る美佐は、まばゆいほどの美女になっていた。

まゆみが外見だけの美しさだとしたら、美佐は品性のある美しさだ。


竜一の不安は大きくなった。

竜二と美佐の間には、障害物がない。

しかし自分と美佐の間には、決して超えられない大きな壁が感じられた。


竜一は、美佐の予知能力を確かめるため、美佐の隣を通り過ぎてみた。

すると美佐は「いちあんちゃん」と竜一であることを見破った。

竜二が「別人だ、顔も違う」と言い聞かせても、美佐は「いちあんちゃんよ」とさっきよりも強い口調で言い切った。


美佐に対して恐怖心を感じた竜一は、竜二に言った。
竜一:「美佐の純真な心は俺たちの復讐とかけ離れている。もし俺が美佐を切り捨てろと言ったらどうする?」

竜二:「竜一、なんてことを言うんだ。もし美佐と美佐の親の温かい愛情がなければ今の俺たちはあり得なかった」
竜一は「悪かった」と謝罪し、復讐が成功した暁には竜二が美佐と一緒になることを認めた。


まゆみと竜二


まゆみはもはや竜二なしでは生きていけない状態となり、二言目には「結婚してほしい」と言う始末。

竜二が、蛇の生殺しのような付き合い方をしているので、無理もない。


竜二は、まゆみにうんざりしていた。

その大きな理由は、竜二が美佐を愛するようになったから。


竜一は竜二に「まゆみと結婚できるか?」と聞く。

二階堂急便を潰すには、やはりまゆみとの結婚が不可欠だからだ。


竜二は「今まで汚い役割をしてくれた竜二に背く事なんて出来ない」と、まゆみとの結婚を承諾する。

竜一は「大陸に着いたらまゆみなんて捨てて、美佐と一緒になればいい」と言うが、自分たちが大陸に着くことがあるのだろうか?


竜二がまゆみにプロポーズすると、まゆみは泣いて快諾。

霧島は、エリートで自信家の竜二を気に入って「是非ともキリシマ急便を継いでもらいたい」と言った。

こうして竜二は運輸省を辞めて、キリシマ急便に婿入りすることになった。


竜二は、まゆみと結婚しても、そのことを美佐には伏せておくつもりだった。

まゆみと家庭を持っても、まゆみは竜二の行動に目を瞑るだろう。

しかし感受性の強い美佐を騙しきれるだろうか?


霧島のもう一つのアキレス腱


霧島には、娘のまゆみ以外にもう一つ「泣き所」があった。

それは「キリシマ急便」の支社である「東京キリシマ急便」の社長・大西の存在。

「東京キリシマ急便」とは?

・「東京キリシマ急便」の社長・大西勇は、「キリシマ急便」の傘下の運送業者で、自社株を半分以上持っている。

・独自のルートで政財界、裏の世界へとパイプを拡張していて、ここ数年で大西は二階堂急便の中にあって唯一二階堂源平に逆らえる存在に成長。

・「東京二階堂急便」の路線網は関東一円で、もし大西が「二階堂急便」の傘下から離脱するようなことがあれば、霧島にとっては相当な痛手だろう。


竜一と竜二は、大西を利用して霧島を陥れる計画を考える。

大西は現在、政界とのパイプ作りのために大量の手形を振り出していた。


大西を利用できるのは、新法律(物流二法)が制定されるまでの2年間だけ。

物流二法が施行されれば、霧島は大西がいなくても全国ネットの運送業は展開できるようになるからだ。


竜一は、大西に「東京キリシマ急便」の手形をより大量に振り出させた。

いずれ霧島が尻ぬぐいでその回収に乗り出す時には、膨大な金額に膨れ上がっている予定だ。


さらに竜一は、大西に霧島が敵対する会社の株を買い占めさせた。

もし大西が敵対会社に吸収されることになれば、霧島は大きな痛手を被る。


このように竜一の計画でキリシマ急便はやがて窮地に追いやられるが、その時には竜二がまゆみの夫としてキリシマ急便に潜入している。

竜二は結婚の条件として霧島に「キリシマ急便に関することは全て話せ」と言ってあるので、情報は完璧に入ってくるはず。

その時には、キリシマ急便が脱税を隠すために作った会社「協立商事」も叩くつもりだ。


竜二は「いよいよ復讐だな」と意気込む。

しかし竜一の霧島への気持ちは、当初の復讐という感情から変化して、乗っ取りたいという欲望が芽生え始めている。


ようやく殻を渡り歩くことから脱出できたのだ、これからは己の存在を世に問いたい。

しかしそんな胸の内を竜二には明かせない。


美佐が竜一の未来を予言?


咲は『未来との架け橋をもつ少女』である美佐を「レインボー咲」の広告塔にしようと考える。

曽根村も、九州の財界人の間で人気の美佐に、自分の未来も占って欲しいと興味を持つ。


竜一は嫌な予感がしつつも、仕方なく曽根村と咲を美佐に会わせた。

感受性の強い美佐は2人に嫌悪感を持ち、占いはせずに帰った。


美佐は竜二に「私には咲さんの未来が見えたわ」と言った。

大きな火、それも野原を焼き尽くすような大きな火だったわ。その火のなかに、あの人がいたの。それもひとりじゃなかった。誰かはわからなかったけれど、男の人よ。ふたり共、その火の中で、なにかを叫んでいた……

引用元:「竜の道 昇竜編」美佐のセリフより

咲と一緒に居る男とは、竜一。

美佐は、竜一の復讐の失敗を予言しているのか?


美佐は竜二に対しては「(まゆみは)竜二に災いをもたらす」「竜二が苦しんでいるから救いたい」と言った。

もしかしたら、美佐は復讐計画そのものにも気づいているのかもしれない。


美佐が記者に狙われる


そんな中、竜二が尾行される。

尾行していたのは、沖和紀(おき・かずのり)という元東京地検検事で、ヤメ検のフリーライター。


竜一は、今までとは違って一筋縄ではいかない予感を感じる。

金回りが良すぎるエリート官僚の竜二に目を付けたのだろうか?

しかし沖が調べていたのは未来を予知する少女・美佐の方で、竜二は美佐と会っていたから目を付けられたのだ。


竜二は「野郎、美佐に対して異常な関心を抱いてやがる」とはらわたが煮えくり返る。

おそらく美佐の両親が自殺したことや、美佐がそのせいで失明したことは掴んでいるだろう。


美佐の両親の運送会社が、キリシマ急便によって潰されたことまで掴んでいるだろうか?

問題なのは、美佐の両親の死の原因がキリシマ急便にあることを知っていた場合だ。

美佐と特別な関係である竜二がキリシマ急便の娘と結婚することに疑いの目を向けられるようなことがあれば、復讐計画に支障が出る。


竜一は、沖に接触。

沖は、竜一が養父母を焼き殺した事件まで調べていて「今夜が始まりかもしれないぞ」と意味深なセリフを吐いた。

その後沖は曽根村の手下に殺されたが、もしかしたら沖は他に仲間がいるのかもしれない。


曽根村が倒れる


竜一は、曽根村がもう年であることに不安を感じていた。

もし今曽根村にもしものことがあれば、竜一は強力な後ろ盾を失って窮地に陥ってしまう。


竜一は、曽根村も知らない腹心の部下が自分には必要だと考えるようになる。

それは、ロスにいるときに知り合った米国籍のゲイ。

彼なら殺しの技術に精通しているから使える。


そんな中、曽根村が脳梗塞で倒れる。

曽根村が竜一に肩入れしていることを知っているのは久本だけだが、久本は竜一に反旗を翻すかもしれない。

咲も「久本の扱いには用心したほうがいい。父にしたって久本を信用はしていても信頼はしていない」と言った。


回復したとしても、曽根村はもう使えない。

そして早晩、曽根村倒れると報道されることになる。


しかしここで竜一はひらめく。

「廃人にも廃人なりの利用方法があるのではないか」と。


マスコミは俺のことを「悪魔の申し子」と呼んだ。

それなら、そう生きればいい。

感想

裏社会でのし上がって詐欺事件で大金を手にする竜一には、惚れ惚れします。

竜二は竜一に絶対的な信頼を持ち、汚い仕事をしてくれていることに感謝していますが、優しさも捨てきれません。

さらに竜二は美佐への愛を捨てることが出来ず、非情に生きようとする竜一を困らせてしまいます。


コインの表と裏の間に存在する美佐が、復讐の鍵を握るのは間違いありません。

そんな美佐は「予知能力」を持ち、竜一が生きていることや、竜二が苦しんでいることに気付いています。

もしかすると、美佐は双子の復讐計画そのものにも気付いているのかもしれません。


見方によっては、竜二が霧島家に婿入りしてキリシマ急便を継ぐことが決まっているので、復讐は80%ぐらいは成功したかに見えます。

しかし双子の兄弟の宿敵・霧島が、裏がないとは思えません。

まゆみもこのまま大人しく従っているだけとは思えないし、ヤメ検のフリーライター・沖和紀にも仲間がいそうです。

まさに、竜一と竜二の復讐計画は火種だらけ?


原作は竜一と竜二が復讐計画をまさに実行する直前に、強力な後ろ盾である曽根村が脳梗塞で倒れたところで終わっていますが、ドラマではこの先も描かれます。

もはや復讐は失敗するとしか思えませんが、竜一と竜二の結末が気になります。

『竜の道』ドラマは原作と全然違う?

ドラマ『竜の道』は、実は原作とかなり違います。

そもそも双子の兄弟の生い立ちと復讐の目的からして違うんです。

原作では双子はクソッたれな養父母に虐待されて育ち、世の中全般を憎んでいます(しかし美佐とその両親だけは優しくしてくれた)。

ドラマでは双子は美佐の両親に育てられるので、義理の妹の美佐と共に幸せに育ちます。

なので原作の双子の復讐目的が世の中を見返すこと(その中に霧島への復讐も含まれる)なのに対し、ドラマの双子の復讐目的は霧島を破滅させることに一本化されています。


美佐の設定「予知能力を持つ童話作家」から「小学校教諭」へと大きく変化。

ドラマの美佐は、予知能力ではなく自分で過去を調べることで双子の復讐計画に迫っていきます。


まゆみの設定「竜二にベタぼれな世間知らずな女」から「悪女」へと大きく変化。

ドラマのまゆみは、竜二を振り回しそうです。


さらに霧島の妻、霧島の秘書、竜二のパートナーで「笑わない女」の遠山凛子など、オリジナルキャラクターがこれでもかと出てきます。


ここまで違うと、ドラマは原作とは全く違うものになりそうです。

しかし竜一の向かうところ敵なしのハードボイルドな活躍や、竜二の自信たっぷりな二枚目男は健在。

美佐のちょっと恐ろしいほどの純真無垢さも、原作と同じ。


なので細かい設定はかなり違っていても、大筋は原作と変わらないと予想します。

竜一と竜二は天才的頭脳を持ちながら復讐計画を淡々とやり遂げるけれど、美佐が障害となる。

そしてドラマでは、オリジナルキャラクターが多い分、竜一と竜二の敵が増えるのだと思います。

『竜の道』原作とドラマの違い11選!美佐とまゆみの設定が大きく違う!

2020年5月22日

『竜の道』最終回結末をネタバレ予想!竜二が裏切って竜一が破滅?

2020年5月24日