「シロクロ」精神科医・門田が黒幕?最終回は直輝と催眠術で対決?

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の黒幕最有力候補は、精神科医・門田明宏(山崎樹範)。

ミスパンダを操る直輝(横浜流星)同様に催眠療法ができる人物で、レン(清野菜名)の主治医です。

当記事ではドラマ『シロクロ』の精神科医・門田黒幕説についてまとめています。

ドラマ『シロクロ』4話で門田と直輝が直接対決を追記しました。

『シロクロ』Mr.ノーコンプライアンスの正体と目的は?コアラ男は自作自演?

2020年1月25日

『シロクロ 考察』コアラ男の正体をネタバレ!4話であずさに画像を送り付けた理由は?

2020年1月23日



ドラマ『シロクロ』精神科医・門田明宏(山崎樹範)とは?

ドラマ『シロクロ』の精神科医・門田明宏(山崎樹範)とは、どんな人物なのでしょうか?


大学病院の精神科医にして、直輝(横浜流星)のゼミの教官。

10年前の連続放火事件事件以降、レン(清野菜名)の担当医として診察しているよき理解者。


登場人物の中で、唯一主人公2人ともに関わりがある人物なんです!


門田を演じる役者は山崎樹範



精神科医・門田を演じる役者は、山崎樹範(やまざき・しげのり)さんです。

名前山崎樹範(やまざき・しげのり)
生年月日 1974年2月26日
年令45歳
血液型A型
身長165㎝
出身地東京都
所属劇団カムカムミニキーナ
事務所トルチュ
公式公式プロフ

山崎樹範さんは、1995年から劇団カムカムミニキーナに所属。

劇団の先輩でもある八嶋智人さんとは20歳の頃からの付き合いで、かなり厳しい指導を受けていました。

八嶋さんは、山崎さんの演技に器用さがあるのを見抜いていたそうです。


その後、山崎さんは役者として全く売れない時期をしばらく過ごします。

初めてお金をもらった仕事は1996年テレビアニメ『るろうに剣心』の斬られ役、ドラマデビューの作品は1997年『白線流しスペシャル 〜19の春』の劇団員役でした。


八嶋さんの結婚式2次会でのグダグダな司会がドラマのプロデューサーの目に留まり、2002年の連続ドラマ『天体観測』の出演が決まりました。

連続ドラマのレギュラー出演はこの作品が初めてで、山崎さんはオーディション合格を聞いてトイレで号泣したそうです。


現在では、名バイプレイヤーとして様々な作品に出演するようになりました。

主役ではないものの、個性的な演技が光ります。


2019年1月期の月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』では、主人公・真野礼二(錦戸亮)の同僚・相楽一臣役を演じました。


第4話でダメダメな兄の死の真相を知って泣くシーンは、胸をうたれました。


2019年12月の『相棒18』第9話・10話に冠城亘(反町隆史)の旧友・桝本修一役で出演、これまた超熱演を見せてくれました。


【山崎さん演じる桝本修一とは?】

週刊記者。

研究者・皆藤(中村育二)が開発した技術であるドローン爆弾で妻を亡くした。

自身の研究を悪用された皆藤は自殺テロを企て、升本はそのスイッチを押す役割を担った。

右京(水谷豊)に「(亘と升本が)とても同じ年には見えませんね~」とディスられていたのが面白かったです。

ドラマ『シロクロ』精神科医・門田の怪しい点を考察

ドラマ『シロクロ』の精神科医・門田の怪しい点を考察していきます。

主人公2人の過去に関わっている



精神科医・門田を演じる山崎樹範さんは、公式動画で「門田は主人公2人の過去に関わっている」と公言しています。

現在の門田は、レン(清野菜名)の主治医であり直輝(横浜流星)のゼミの教官。


門田がレンと直輝の過去に関わっているとすると、以下の2つの事件への関与が疑われます。

  1. レンが10年前に遭遇した連続放火事件(姉のリコが死亡)。
  2. 直輝の父・哲也(田中圭)が8年前に謎の失踪、5年前に白骨遺体で発見された事件。

門田は、哲也が追っていたコアラ男で、レンの姉を焼き殺した放火犯なのでしょうか?


コアラ男の可能性が高い



コアラ男とは、8~10年前に中学生の佐島あずさ(白石聖)を誘拐した謎の覆面男。

コアラ男があずさの父で当時は議員の佐島(佐藤二朗)に1億円を要求する動画が、哲也が直輝に託したUSBのファイル001に入っていました。


コアラ男は、隣にいるあずさが膝立ちであることから、低身長であると思われます。

山崎さんは165㎝と男性にしては背が高くないことから、コアラ男の可能性が高いです。


レンに対して催眠療法のグレーゾーンに踏み込んでいそう?



第1話で、門田は催眠療法のグレーゾーンについて直輝たちに語りました。

催眠療法とは、かける方とかけられる方の信頼関係が非常に重要なんだ。

患者が完璧に信頼している状態なら、催眠状態を利用して別の人格を組み込むことができる……かもしれない。

もちろん医療行為としては認められてないから、絶対にやっちゃダメだぞー!

引用元:ドラマ『シロクロ』第1話・門田のセリフより


繰り返しますが、門田はレンの主治医です。

(レンは、過去の事件のショックでPTSDを発症しています)


門田はこの10年間でレンの信頼を得ているでしょうから、レンに別の人格を組み込んでいたとしてもおかしくありません。

それはレンを傷つけないためなのか、それとも門田自身の欲(保身)のためなのか?


もし門田がコアラ男で放火犯だとしたら、レンはその現場を目撃したのかもしれませんね。

レンの家を放火したのも、口封じが目的?


マスターとの関係が怪しい!レンに過去を思い出させたくない理由は?




第2話ラストシーンで、門田は囲碁喫茶のマスター・加賀春男(升毅)と以下の意味深な会話をしていました。

マスター:「10年前の記憶に怯えているみたいで……今までは一度もそんなことはなかったのですが」

門田:「お姉ちゃんが燃えた、そう言っていたんですね」

マスター:「わかりました」

門田:「毎週薬を処方していますし、そんな症状が出るはずないのですが。何か外部から別の力が加わっているのかも。もし何か変わったことがあったら教えてください。どんな些細なことでもかまいませんので」

マスター:「わかりました」

ちなみに、マスターとはレンがアルバイトをしている囲碁喫茶の店主。

かつてはプロの囲碁棋士で、才能あふれるレンにすべての技術を継承した師匠でもあります。

近所に住むレンを幼い頃から可愛がる親代わりの存在で、レンの過去の秘密を知る数少ない人物です。

レンに過去を思い出させたくない理由とは?



門田とマスターは、レンに思い出してほしくないことがあるようですね。

門田は、そのためにレンにお薬を処方しているというわけですね~。


筆者の予想では、マスターはレンのことを心配しているから思い出して欲しくなくて、門田は別の理由でレンに思い出して欲しくないのだと思います。

チェインストーリー1.5を見る限りでは、マスターはレンのこと超大好きって感じなのでレンに不利益なことをしない人だと思うのですよね~。


とは言え、門田とマスターの間に2人だけが知るレンの秘密があるのは間違いありません。

マスターがレンのことを大好きなのは疑う余地がないので、門田に騙されて情報提供しているだけかも?


門田がレンに思い出して欲しくないこととは?


門田がレンに思い出して欲しくないこととは、レンが本当はリコであることだと思います。

リコは門田の何らかの犯罪の証拠を目撃しているため、門田はリコに出てきてもらうと困るのだと思います。


門田がリコに催眠療法をしてレンの記憶を植え付け、その結果自分をレンだと信じるリコが出来上がったのではないかと思います。


直輝がレンと出会った時に「檻から出して」の声が聞こえたのは、本当の自我=リコが悲鳴を上げていたから。

レンがリコだと考えることで、麻衣子に(リコの好物の)バナナを持って行ったことや、檻の中から麻衣子を見る夢を見てうなされたことが説明が付くのです。


マスターもレン=リコに気が付いているとすると、リコがまた麻衣子にいじめられないようにレンと偽って育てているのかもしれません。

ドラマ『シロクロ』3話で門田の目的が判明?全ては論文のため?

『シロクロ』チェインストーリー1.5で、門田は現在執筆中の論文のタイトルを直輝に教えてくれませんでした。


そして『シロクロ』3話で門田が「一卵性双生児における記憶の相互関係」という論文を書いていることが判明。

さらに、レンが双子の姉・リコであることも(ほぼ)判明。

門田はレンにリコの記憶をインプットすることでリコだと思い込ませ、論文のネタにしていたのではないでしょうか。

ドラマ『シロクロ』4話で門田と直輝が直接対決



ドラマ『シロクロ』4話で、直輝が門田に「レンは……レンじゃないですよね?」とズバッと切り込みました。

門田は最初こそはぐらかしたものの、レンの正体がリコであることを認めました。

ハイ!レンがリコであること確定です!


驚くべきことに、リコはレンになることを自ら志願して門田に頼み込んでいました。

その理由は、母親が自分をレンだと思っているのに、今さらリコと言えないから( ;∀;)

諸悪の根源は麻衣子。


門田は「(リコ自身が志願したから)そうするしかなかった」と被害者面をしますが、鋭い直輝は「本当にそれだけですか?」と突っ込みました。

直輝は、門田がリコを論文ネタにすることにも勘づいているのでしょう。


門田の方も「お前こそ彼女に何をしているんだ」と詰め寄りましたから、直輝がレンに催眠をしていることに気が付いています。

(この後門田は加賀に「もしレンちゃんがミスパンダだとしたら」と問いかけているので、ミスパンダ=レンと確信していますね)


門田はレン(本当はリコ)のところに行って「森島直輝は君を愛していない。利用しているだけ」と残酷な言葉を言って直輝とレンを引き離そうとします。

しかしレンは「それでもいい。役に立てるなら嬉しい」と直輝の元へ。

レンがいきなり超ポジティブな性格に!

この性格はリコである可能性が高い。

ドラマ『シロクロ』最終回は直輝VS門田の催眠療法対決?




4話で門田がリコをレンにする催眠をする一方で、直輝はリコに戻す催眠をしていることが判明!

つまり門田と直輝は利害相反関係?


どちらの催眠がレンに効くのか……、もしかしたら最終回までに直輝の催眠が門田に負けて、レンがミスパンダに変身できなくなる展開もあるかもしれません。

キーワードは、もちろん「信頼関係」。

『シロクロ』5話で門田が殺された!

『シロクロ』5話で門田が殺されました。

よって門田は黒幕ではありませんでした(スイマセン)。

門田を殺した犯人の考察記事は以下です。

『シロクロ』門田を殺した犯人を考察!マスター犯人説はミスリード?

2020年2月11日

まとめ

ドラマ『シロクロ』の怪しい人物・門田についてまとめました。

今後も新情報が入り次第、追記していきます。

『シロクロ』Mr.ノーコンプライアンスの正体と目的は?コアラ男は自作自演?

2020年1月25日

『シロクロ 考察』コアラ男の正体をネタバレ!4話であずさに画像を送り付けた理由は?

2020年1月23日