「テセウスの船」3話のネタバレと感想!金丸刑事(ユースケ)を突き落としたのは誰?

『テセウスの船』3話では、心(竹内涼真)が佐野(鈴木亮平)に「音臼小事件の犯人はあなたなんです!」と遂に告白。

佐野と決裂した心の味方になってくれたのは、意外にも金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)。

真犯人の存在に気付いた金丸は、単身音臼山の小屋に向かいますが……?

当時では、ドラマ『テセウスの船』3話の

・あらすじのネタバレ

・考察ポイント3つ

・Twitterの評判と感想

・筆者の感想
についてまとめています。

「テセウスの船」金丸茂雄(ユースケ)の生死を考察!右手と「よお!」が意味することとは?

2020年2月3日

『テセウスの船』由紀(上野樹里)と心の結末を予想!原作ネタバレも!

2020年2月5日



『テセウスの船』3話のあらすじのネタバレ

『テセウスの船』3話のあらすじのネタバレをします。

金丸が心を逮捕


田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった※一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。
※三島千夏(湯本柚子)殺害、明音(あんな)監禁罪、長谷川翼(竜星涼)を口封じのために殺害。


翼(竜星涼)の死因は手に持っていた青酸カリ、明音(あんな)は低体温症で意識が戻らない。

木村さつき(麻生祐未)の父親の木村メッキ工場からは青酸カリの瓶が1本消えていて、その工場で働く一人は翼の婚約者の佐々木紀子(芦名星)。

盗まれた青酸カリは1000人分の致死量で、いまだ見つからず。


心は、逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てたが、金丸の厳しい尋問を受けることに。

それでも、父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。


金丸が心をいきなり釈放


ところが捜査会議に出席した金丸は、明音事件の報告書を見てある事実に気付き、いきなり心を釈放。

他に容疑者も見つかっていないのに、何故?

右手をじっと見つめていたよね?

手の大きさに関係が?

犯行予告の絵と贈り物


平成元年1月19日。

そんな心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。

一体誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?


心が急いでノートを捨てた場所に行くと、鈴のキーホルダーが落ちていた!


不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告してきた!

それは、泣いている女の子の上にホッチキスでSマークが打たれた絵。

S=鈴なのか?


真犯人は、楽しそうにワープロを打った。

贈り物をするって楽しいなあ。

今どんな顔をしているんだろう。

もっともっと楽しませてあげないと

オレンジジュースが届く


平成元年1月20日。

5年生の教室に、オレンジジュースが『21』と書かれた箱に入れて届けられた。

『21』から音臼小事件の犠牲者の21人を連想した心は「飲むな!」と叫ぶが、野村悠(笹木祐良)が飲んでしまう。

幸い何も異常は起こらなかったが、心はこれは真犯人からのメッセージに違いないと確信する。


心が佐野に全てを激白


これ以上はもう黙っているわけにはいかない。

心は、遂に佐野文吾に、3月12日に音臼小事件が起こることを話す。


「お楽しみ会で出たオレンジジュースに青酸カリが仕込まれていて21人が死亡……そして犯人は佐野文吾!あなたなんです!

僕は、今和子さん(榮倉奈々)のお腹にいるあなたの息子です!

家族を連れて今すぐこの村を出てください!もう限界なんです!」


パニックになった佐野は怒り狂い、心を追い出してしまう。


心は、金丸刑事に「自分を釈放した理由を教えてくれ。犯人の手がかりを教えてくれ!」と頭を下げに行く。

金丸に「あんたがこの村に来た目的を話すなら教えてやってもいい」と言われて、

心は音臼小事件のこと、佐野が犯人になること、自分が佐野の息子であることを話す。


驚くべきことに、金丸は心の言うことを信じてくれた(以外にもイイ奴)。

しかしまだ、心を釈放した理由は教えてくれない。


心と金丸が捜査をスタート


平成元年1月21日。

心と金丸は、ノートと免許証を捨てた雪山へ。

しかし(ノートを拾った)真犯人の足跡は残っていなかった。


その頃、明音が意識を取り戻して、監禁したのが翼だと証言した。

これで明音事件は、被疑者自殺で幕を閉じる。


その夜、心を音臼小まで送った金丸は、その後車を止めて降りた。

「よお!」


第2の犯行予告の絵と金丸の死?


平成元年1月22日。

学校のソファで目覚めた心は、犯行予告の絵を受け取る。

女の子が泣いていて、そばにはSのキーホルダー、場所は音臼神社のお稲荷さん(長谷川翼が死んだ場所)!


心は金丸にこのことを報告した後、すぐに音臼神社へ!

金丸は、無線で佐野に話をする。

あんなとんでもない事件の話を佐野さんが受け入れがたいのはよくわかる。

正直、俺だって信じられん。

でも、あいつ(心)が佐野さんたち家族を心底大事に思っていることだけはわかるよ。

気が進まないと思うが、あいつ一人では危険だ。

助けてやってくれよ、な、親父殿。

俺はこれから重要な証拠を捜しに行かないといけない。

あんたを殺人犯にしないためにもな。


事件が終わったら3人で酒でも飲んで、あいつから万馬券でも聞き出そうや。

頼むぞ。

佐野が到着すると、心は雪山に倒れていた。

心は雪山に置いてあった瓶を取ろうとした際に誰かから押されて、階段を転がり落ちたのだった。


佐野は「心ざん、この間はすまなかった」と謝罪したが、

「佐野さんは悪くないんです」と心。


それでも、佐野は村は出ないという。

警察官として、悲惨な事件が起こるとわかっているのに一人だけ助かれないというのだ。

佐野:「何としても阻止する、だから一緒に戦ってくれるか。

正直心さんが俺の息子だって実感はないけど、大切な家族だよ」

心:「はい」

その頃、金丸は風速計のある小屋の前にいた。

金丸は崖に向かって「ここか?ここでいいのかー?」と呼びかけ、背後からの足音に気付いて振り向くと、その人物に崖下へ突き落とされた。


心が現代にタイムスリップ


その直後、心は2020年2月18日(現代)にタイムスリップ。

急いで音臼小事件について調べるが、音臼小事件はやはり3月12日に起きていて犯人は佐野文吾!

過去を変えられなかったのだ!


心がさらに調べると、和子は一家心中を図り、和子と慎吾は死亡、心と鈴だけが生き残っていた。

音臼小事件を防げなかったばかりか、事態はより悪くなってしまった!

『テセウスの船』3話で判明した事実

『テセウスの船』3話で判明した事実を以下にまとめます。

・心が捕まる前にノートと免許証を捨てたが、その後免許証だけが返ってきた。

・音臼小学校5年生の教室に、缶に21と書かれたオレンジジュースが届く。

・心が、音臼小学校の事件のことを文吾に告白。

・心は金丸にも全てを告白、金丸も文吾も心を信じる。

・金丸は真犯人の証拠を掴むために単独捜査した結果、崖から突き落とされた。

『テセウスの船』3話の考察ポイント

『テセウスの船』3話の考察ポイントを以下にまとめます。。

金丸は真犯人の存在に気付いていた?突き落としたのは誰?


捜査会議で明音事件の資料を見た金丸は、不意にはっとした表情を見せました。

そして自分の手の平をじっと見つめた後、心を釈放。


あれだけ心を疑い力づくで逮捕したのに、何故あっさり釈放したのでしょうか?


答えは、金丸は真犯人の目星がついたからに間違いありません。


しかし目星はついても、証拠はなかったのでしょう。

その後、金丸が証拠探しに奔走していることから、それは明らかです。


金丸が心を音臼小へ送った後に会っていたのは、大人でしょうね。

こんな遅い時間に子供に会うとは思えませんので。


でも「よお!」と大人に呼びかけるでしょうか?

相手は年下か旧知の仲の人間?

心と捜査していることは警察内部には内緒でしょうから、同僚や部下ではないはずで、となると……?


ラストシーン、金丸は真犯人に呼び出されて風速計のある小屋へ行き、崖下へ突き落とされます。

金丸は(犯人の指示通り)崖ギリギリまで近寄り、背後から忍び寄った犯人に突き落とされました。


真犯人は、心を階段の上から突き落とした直後に、金丸を崖から突き落としています。

少し離れた場所にいる2人を連続で手にかけるのはなかなか大変なので、犯人は2人組?


心と金丸を突き落としたのは誰なのでしょうか?

以下の2020年の2人組は怪しいですね。


さつき先生がミスパンダみたいな髪型に~!


2枚の犯行予告の絵の意味は?


3話では、鈴と思われる女の子が描かれた犯行予告の絵が2枚も届きました。

SのキーホルダーやSのホッチキスマークから鈴が狙われているとしか思えませんでしたが、鈴はダミーで犯人の目的は別にありました。

おそらく金丸が犯人に接触したため、犯人は金丸殺害を企んだのでしょう。

金丸も、一人で行動しなければこんなことにならなかったのに(>_<)


翼は本当に自殺?


明音が、監禁したのは翼だと証言して、翼が持っていた青酸カリを飲んで死んだため、

明音事件は、被疑者死亡で幕を閉じました。

しかし本当に翼は自殺なのでしょうか?

『テセウスの船』3話のTwitterの評判と感想










佐野家にいたずら電話をかけていたのは、井沢健次(六平直政)でしたね(^_^;)

こんな閉鎖的な村だから、佐野文吾も犯人にされちゃったのでしょうかね~。

金丸刑事が最後死んだのかどうか、本当にいい奴だったのかどうか、疑問の声が飛び交っております。

『テセウスの船』3話の感想


ユースケ・サンタマリアさん演じる金丸刑事が、意外にも愛ある人物で泣かされた回でした。

まさか、心が未来の人間であることを信じてくれるなんて~~!


それに捜査会議で真犯人の存在に気付いて独自の捜査をするなど、かなり頭もキレる人間です。

しかし一人で犯人と勝負したのが間違いでしたね、殺されちゃいました(よね?多分)。


金丸を殺した真犯人は、誰なのでしょうか?

せっかく金丸の株が急上昇したのに、口惜しい限りです……。


そして心が現代にタイムスリップしましたね!

音臼小事件は予定通り起こり、和子が一家心中で鈴と心が生き残りと、過去はより悲惨な状態に!!!

心が今後巻き返せるのかに注目です。

「テセウスの船」金丸茂雄(ユースケ)の生死を考察!右手と「よお!」が意味することとは?

2020年2月3日

『テセウスの船』由紀(上野樹里)と心の結末を予想!原作ネタバレも!

2020年2月5日