『テセウスの船』由紀(上野樹里)と心の結末を予想!原作ネタバレも!

『テセウスの船』3話ラストシーンで、田村心(竹内涼真)が現代(2020年)にタイムスリップ。

心が過去を変えたせいで、現代も大きく変化していました~(>_<)

そして……え?由紀(上野樹里)が生きている?

当記事では『テセウスの船』の田村由紀について原作漫画から詳しくネタバレしてまとめています。

「テセウスの船」金丸茂雄(ユースケ)の生死を考察!右手と「よお!」が意味することとは?

2020年2月3日

ドラマ『テセウスの船』加藤みきおが犯人?怪しい点を1話から最終回までネタバレ考察!

2020年1月30日



『テセウスの船』1話の田村由紀とは?



『テセウスの船』1話では、2020年(令和2年)の世界が描かれました。


田村由紀(上野樹里)は、心(竹内涼真)の妻で妊娠中。

心の父親・佐野文吾の無実を信じていて、スクラップブックに音臼小事件とその前後の不可解な事件の記事を貼って色々考察・分析しています。

やがて由紀は陣痛を訴えて病院に運ばれますが、未来(みく)を産んだ後に妊娠中毒症で死亡。

由紀の最後の願いは、心が佐野文吾に会って、音臼小事件の真相と向き合うことでした。


田村由紀を演じる女優は上野樹里



名前上野樹里
生年月日1986年5月25日
身長167㎝
年齢33才
出身地兵庫県
特技陸上短距離
事務所アミューズ

上野樹里さんは、天然な雰囲気が魅力の美人女優。

共演した監督や俳優から“天才”と言われる演技派で、現所属事務所の『アミューズ』は上野さんを引き抜くために上野さんの所属事務所ごと吸収合併という手段を採ったというから凄いです。


上野さんの代表作と言えば、2006年のドラマ『のだめカンタービレ』。


のだめ役は上野さんにとって超ハマり役で、以下のように人気シリーズとなりました。

・2008年 『のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ』

・2009年 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』

・2010年 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』(完結)

2016年のドラマ『家族ノカタチ』では熊谷葉菜子役、2018年のドラマ『グッド・ドクター』では瀬戸夏美役を演じるなど、どの作品でも印象的な演技をされています。


2019年7月期のドラマ『監察医 朝顔』では13年ぶりの月9主演を果たしました。


父親役の時任三郎さんへのセリフが日常そのもので、静かな中にもトラウマや深みを感じさせる演技でした。

やはり上野樹里さんは、主演の似合う女優さんですね。

『テセウスの船』4話~の由紀を原作ネタバレ



『テセウスの船』3話ラストシーンで、心が2020年(令和二年)にタイムスリップ。

1989年(平成元年)で心(竹内涼真)が過去を変えたせいで、2020年(令和二年)は(タイムスリップ前と)大きく変わります。

心は、和子(榮倉奈々)と慎吾が亡くなったことを知って愕然とします。

由紀が産んだ娘・未希は今どうしているのだろうか?


元いた世界とは違う!歴史が変わった


心は、由紀が入院していた病院へ行きますが、由紀が入院していた記録はありません。

次に由紀の実家へ行きますが、由紀の両親は心のことを知りませんでした。


ここは元いた世界とは違う、未来が変わったんだ!!!

そう、心が過去を変えたせいで、由紀と心が出会わない(結婚しない)未来が出来上がってしまったのです。


心が自分の部屋に行くと、1989年の犯行予告の絵と同じタッチの絵が届きました。

それは、妊婦の絵!

31年後の現代に真犯人も生きているのです。


心は、由紀の実家を再び訪問しますが、ちょうど帰宅した由紀と再会。

ところが由紀は、心のことを知りませんでした。

由紀の父親が警察を呼んだため、心はその場から逃走。


音臼小事件を追う週刊誌記者に


翌日、由紀が心のアパートへやってきました。

驚くべきことに、由紀は音臼小事件を追う週刊誌記者になっていました。


由紀は、心にICレコーダーを向けて「佐野文吾さんの次男・田村心さんで間違いないでしょうか?私に話があって訪ねて来られたんですよね?」とズケズケ聞いてきます。

心は、自分が知っている由紀ではないことに愕然とします。


由紀と佐野文吾の関係


由紀は、拘置所の佐野文吾(鈴木亮平)と何度か文通をしていました。

佐野は、自分はもう体調がすぐれないから、田村心という男を訪ねて話を聞いてくださいと由紀に伝えていました。


心は、拘置所の佐野と再会。

佐野は1989年に田村心と会ったことを覚えてくれていて、心のタイムスリップ後に音臼小事件を防ぐことが出来なかったと話しました。

しかし朗報もあり、今になって佐々木紀子(芦名星)が佐野に有益な証言をしてくれるとのこと。


心は、由紀に連絡をしてこの事を話しました。

由紀は、元々は教師を目指していたけれど、ある日和子(榮倉奈々)のインタビュー記事を見て心を突き動かされて記者になったとのこと。

記事には音臼小事件以来の佐野のことや和子の子育ての苦労などが描かれていて、由紀は加害者家族がこんなにも苦しめられていることにショックを受けたのです。


由紀の性格は変わってない


由紀が記者になった目的は、事件の真相を調べて記事にすることで、音臼小事件の犠牲者や佐野の家族を救うこと。

優しく正義感に満ち溢れた由紀の内面は全然変わってなかったのです。


由紀の子供は?未希はどこへ?


由紀は、バツ1で今年3歳になる男の子供がいました。

心は「由紀は別の人生を生きているけれど、自分と結婚して死ぬ人生よりも今の方がいい」と思うのでした。

今でも心は、由紀の幸せを心から願っていたから。


この後、心と由紀は一緒に音臼小事件について探りますが、事態はより悪くなっていきます。

そして真犯人と対峙した心は、再び1989年にタイムスリップ。


次に現代に戻った時には、心と由紀はどんな関係になっているのでしょうか?

それとも、心はもう現代に戻れないのでしょうか?



心と由紀の原作の結末を知りたい方はこちら
原作の心は、1989年の世界で黒幕の加藤みきおに殺されて死亡。

そう、心は死んじゃうんですヨ( ;∀;)


でも、和子のお腹の中の心が生まれて教師になって、28年後に職場の女性・由紀(上野樹里)と付き合うんです。

佐野一家は平和な人生を歩み、黒幕の加藤みきおは捕まって、心は由紀と(多分)結婚。

大ハッピーエンドを迎えるんです。


しかしここで、一つの疑問が生じます。

この心は、以前の心と同一人物と言えるのか?


テセウスの船と同じで、見る人によって意見は変わるところです。

例えば心という人間で言えば同一人物ですが、経験や記憶、過去で言えば全くの別人です。


ドラマは原作と犯人が違うということなので、由紀と心の結末も原作と違う可能性がありますね。

『テセウスの船』ドラマ版の由紀と心の結末を予想

『テセウスの船』ドラマ版の由紀と心の結末を予想します。

心が黒幕と対峙するために再び1989年にタイムスリップする下りは変わらないと思いますので、そこで心と由紀は再び離れ離れになると思います。

問題は、その後心と由紀がどんな形で再会するか?

原作の結末もいいのですが、出来れば心が心としての記憶を持った状態で由紀と再会して結ばれてほしいと思います。

まとめ

『テセウスの船』心の妻・由紀について原作ネタバレしてまとめました。

心が由紀と幸せになれるかどうかは、物語の一番の見どころとなるでしょう。

ドラマ『テセウスの船』ノートの事件と変わった過去まとめ!3話では真犯人がノートを拾う?

2020年1月28日