ドラマ「偽装不倫」姉・葉子(ようこ)と風太の不倫の恋を原作ネタバレ!出会い~結末まで!

ドラマ『偽装不倫』で、本当に不倫をしているのは姉・葉子(仲間由紀恵)です。

お相手は、一回り以上も年下のピンク頭のプロボクサー・八神風太(瀬戸利樹)。

当記事では、ドラマ『偽装不倫』姉・葉子(ようこ)と風太(ふうた)の不倫の恋について原作漫画からネタバレしてまとめています。

ドラマ「偽装不倫」をネタバレ!原作やあらすじ、最終回結末(最新話情報)も!の記事はこちら
ドラマ「偽装不倫」をネタバレ!原作やあらすじ、最終回結末(最新話情報)も!

ドラマ「偽装不倫」キャスト一覧!原作のキャラも詳しく解説!再現度は?の記事はこちら
ドラマ「偽装不倫」キャスト一覧!原作のキャラも詳しく解説!再現度は?

ドラマ「偽装不倫」鐘子(しょうこ)と丈(じょう)の恋の結末を原作ネタバレ!悲しい結末?の記事はこちら
ドラマ「偽装不倫」鐘子(しょうこ)と丈(じょう)の恋の結末を原作ネタバレ!悲しい結末?

「偽装不倫」八神風太(ふうた)役は瀬戸利樹!原作の役柄や経歴、演技も紹介!の記事はこちら
「偽装不倫」八神風太(ふうた)役は瀬戸利樹!原作の役柄や経歴、演技も紹介!



ドラマ『偽装不倫』とは?



ドラマ『偽装不倫』とは、32歳・独身の鐘子(杏)が、お一人様旅行中に出会った年下男子に自分が「既婚」だと嘘をつき、恋が始まるラブストーリー。

一方、姉の葉子(仲間由紀恵)は既婚なのに独身と偽って年下イケメンと不倫を。

対照的な姉妹を杏さんと仲間由紀恵さんが演じます。

2019年7月10日(水)から放送スタート(日テレ/読売系 毎週水曜日夜10時~11時)。

「偽装不倫」の原作あらすじの結末をネタバレ!最新話を随時更新!

2019.06.28

ドラマ『偽装不倫』の原作とは?



ドラマ『偽装不倫』の原作は、「海月姫」「東京タラレバ娘」の東村アキコさんの同名人気コミックで現在も連載中(既刊4巻)。

アラサー独身女子・鐘子(杏)が「既婚」と偽って年下イケメンと恋に落ちるストーリーで、自分のたんこぶに説教される鏡子の心象風景などがユニーク。

ドラマではたんこぶに変わって、鏡の中の鐘子が登場します。

「偽装不倫」の原作あらすじの結末をネタバレ!最新話を随時更新!

2019.06.28

偽装不倫の原作を無料で読んでみませんか?

偽装不倫はLINEマンガにて連載中です。

毎週土曜日に最新話が更新されますので、是非読んでみてください。

ドラマ『偽装不倫』姉・吉沢葉子(仲間由紀恵)とは?



姉・吉沢葉子(よしざわ・ようこ)は、コンサルティング会社に勤めるキャリアウーマンで37歳。

地味で堅物だが、年収1千万の商社マン・賢治(谷原章介)と電撃結婚。

父親に建てさせた二世帯住宅に家賃ゼロで住んで、悠々自適のセレブ妻生活。

しかし独身と偽り、年下の風太と不倫している。

ドラマ『偽装不倫』八神風太(瀬戸利樹)とは?



八神風太は、プロボクサーで23歳。

天真爛漫で甘え上手。

プロボクサーとして活躍。

葉子の不倫相手の年下イケメン。

「偽装不倫」風太(ふうた)役は瀬戸利樹!原作の役柄や経歴、演技も紹介!

2019.07.04

ドラマ『偽装不倫』葉子(ようこ)と風太(ふうた)の不倫の恋の結末を原作ネタバレ

葉子と風太の不倫の恋の結末を原作ネタバレします。

意外にも素敵な出会い


葉子(仲間由紀恵)37歳(原作では35歳)、風太(瀬戸利樹)23歳の年の差カップルの出会いは、美容室。

風太は、3日後に試合なので強く見えるように赤に染めに来ていたのですが、葉子も髪の色を明るくしに来ていたのです。

2人は鏡ごしに、チラチラ目を合わせます。


風太のカラーが終わると、赤のはずがピンク色。

葉子の髪の毛も、思ったより明るい色に。


風太は「ピンクになっちゃいました」と会計で葉子に話しかけます。

すると「ここカラー下手なのよ、私も茶色くし過ぎたわ」と葉子。


しかしお互いの髪色を褒め合う2人。

葉子は風太の話を一通り聞いていたため「試合ってどこでやるの?」と声をかけて、その後は向かいのカフェでお茶して試合のチケットを買ってあげました。


2人のデートはどんな感じ?


いつもは地味な葉子ですが、風太とデートの時はホテルのトイレで大変身!

キリッとアップにした髪を下ろして真っ赤なリップを付け、胸元のあいたワンピに着替えるんです。


そして表参道のカフェで待ち合わせて、白昼堂々とイチャつきます。

ダンナの賢治(谷原章介)には“出張”だと嘘をついて。



このデートの様子を妹の鐘子(杏)が目撃するのですが、葉子は「ダンナには言わないで」と口止めしてきます。

【妹・鐘子の心の声】

お姉ちゃんよ、なぜだ。

なぜこんなにハンサムで背が高くて男らしくて

私なんかに急須でお茶を入れてくれるような優しい人を裏切って


独身だと嘘をつく


風太の誕生日に、ホテルの部屋を取ってシャンパンでお祝いする葉子。

葉子は「私、そもそも結婚っていう制度自体に興味がないみたい」と自分は独身だと嘘をついています。

風太は、35歳の葉子は“おばさん”じゃないし、葉子といると疲れないのがいいと言います。

「同じ年とか年下の女の子と付き合うと疲れちゃう。自分がもっと大人になって成功して余裕ができたら、若い娘と付き合うのも楽しいかもしれないけど」と風太。


出張だと嘘をつく


葉子は夫の賢治には「仕事が忙しいから」「泊まりの出張だから」と嘘をついて風太に会います。

それがしょっちゅうなので、賢治は当然疑い始めます。


不倫のためなら妹も利用する


葉子は、風太と会うために妹の鐘子を利用します。

鐘子を腹痛にしたり、情緒不安定な設定にしたり、やりたい放題です。


もちろん、賢治は葉子のヘタな嘘などお見通し。

影で2人のことを「嘘つき姉妹」と呼んでいたりします。

もはや完全にバレているとしか言いようがないのですが、葉子と賢治は表面的には仲良し夫婦を演じ続けます(怖い)。


葉子が不倫をする理由は?


葉子が不倫をする理由は、賢治に愛されてないから。

葉子と賢治は結婚相談所で出会い、お互い条件が合ったから結婚しました。


葉子も、イケメンで高収入な賢治を条件で選びましたが、それは愛情ありきのことでした。

しかし賢治は葉子を愛しているのではなく、自分にそっくりな息子を産んで欲しいから結婚したのでした。


そのことがよくわかる葉子と賢治の会話を原作から抜粋します。

賢治:「葉子、今年中に子供作って来年には育休取れるように仕事も調整してくれる?」

葉子:「まだ結婚したばかりだよ?もう少し2人の生活を楽しんでも……」

賢治:「いやいや、もう葉子は31歳だから待ったなしだよ」

葉子:「待ったなしって、そんな言い方」

賢治:「だって僕はそのためにこの家に入ってマスオさんすることにしたんだから。二世帯住宅ならいつでもお義母さんに子供の面倒みてもらえるし」

葉子:「まあ確かに。子供生まれたらその方がいいってことで……この二世帯住宅を建ててもらったとこもあるけど……でもそんなにあせんなくても……」

賢治:「母体のことを考えると1日でも早い方がいいよ。来年生まれたら成人するときに僕は57歳。うーん、息子と一緒にハワイでサーフィン、ギリギリだなー」

葉子:「そんなの、息子かどうかわかんないじゃない」

賢治:「ははっ大丈夫。女の子ならもう一人産んでもらうから」

葉子:「・・・」

賢治:「とにかく僕早く子供できるようにがんばるから」

この会話の後、賢治は実際に頑張りました。

しかし子作り以外の日は完全なレス。

賢治は葉子を赤ちゃん製造マシーンのように思っているのです。


葉子は“子作り”が嫌になって「しばらく子供は欲しくない、もっと2人で旅行など楽しみたい」と言ってみます。

すると賢治は「そうかうん、わかったよ。じゃあこれから半年はそういう時間にあてようか」と半年限定で納得。

賢治は話が通じてるようで通じてない、ゆずってるようで絶対にゆずらない性格なのです。

彼にとって私はライフプランの一部に過ぎないのよ。

記念日のディナーも、この週末の旅行も、子供を作る前に過ごす2人の時間っていう彼のプラン。

そして私はそれをカラオケみたいに延長し続けている。

引用元:漫画「偽装不倫」葉子のセリフより


葉子の話を聞いた鐘子は驚きます。

姉夫婦は、誰もが羨む完璧な夫婦だと思っていたから。


嘘の結婚生活と本気の不倫を続けるしかない


葉子は、自分もライフプランの為に結婚したんだから、自分も賢治と同じだと言います。

結局、結婚はそんな甘いものではなかったと。


葉子は今では風太を愛しているので、浮気とはいえやめられない。

賢治との結婚も、二世帯住宅まで建てた今となってはやめられない。

嘘の結婚生活と本気の不倫を続けるしかないというわけ(恐ろしい)。


風太が葉子に指輪をプレゼント


葉子が風太を本気で愛しているのと同様、風太も葉子を本気で愛するように。

ある日試合に勝った風太は、葉子に黄色い石の指輪をプレゼント。


風太が「ガラス?安物なのに綺麗な石だね」と言うと「5千円は風太にとったら大金でしょ」と葉子。

そして「本物のダイヤよりこっちの方がいいよ。石も大きいし」と言った。


「葉子さんのそういうところが好きだ。若い女の子だと値段とかブランドを気にするから」と風太。

「私も若い頃はそうだったんだよ、いつの間にか雑誌に影響されて」と葉子。

「誠実で優しい正社員の男にブランドのいい指輪を買ってもらって、マイホーム買って。

それが女の幸せだから全部手に入れなきゃって。

でもこの年になって、風太に出会って、実は興味ないんだって気づいたの。」


葉子の嘘が翔太にバレる


風太は、葉子が両親と兄と妹(鐘子)と一戸建てに住んでいると思っていて、結婚していることを知りませんでした。

ところが、ジョバンヒ(丈)からLINEの返信が来なくて落ち込んでいた鐘子が、バッタリ出くわした風太に葉子が結婚していることをバラしてしまいます。

バラそうと思って言ったのではなく、ジョバンヒ(丈)と自分の出会いの話をするときに「ポケットにお姉ちゃんの結婚指輪が入っていて」とついポロッと言ってしまったのです。

風太は、ショックを受けつつも、葉子と愛し合っていることには自信があると鐘子に言うのでした。


風太の気持ちは?


風太は、葉子が独身と嘘をついていたことについて一言も彼女を責めませんでした。

それどころか、何があっても葉子を守ると約束。

結婚していることがバレたら風太が去ってしまうと思っていた葉子は、風太の良い本性を知って幸せな気持ちに。

風太は、葉子が結婚していることを知った今も、葉子をあきらめるつもりはないのです。


とはいえ、葉子は二世帯住宅まで建てた以上、離婚はできない。

このまま、風太と会い続けるけど、家庭も捨てられない状態。


風太が勝負に出る


66話では、葉子と風太が車の中で話をします(3度目の韓国に旅立つ鐘子を空港に送った後)。

風太:「ホントのお姉さんって感じでなんか感動しちゃった」

葉子:「本当のお姉さんか。嘘ばっかついてる姉だけど」

風太:「みんなついてるよ、嘘なんて」

葉子:「風太も何か嘘ついてる?」

風太:「え、僕?あ、すごい。僕嘘ついてないかも。愛してるよ葉子さん。できるならずっと一緒にいたいと思ってる、ほんとだよ

葉子:「私も、もう嘘つくの疲れたなあ。

嘘ついてその場その場をやり過ごして、結局同じところをぐるぐるぐるぐる回ってる。

嘘ってそういうことだよね。同じところを回ってゆっくり置いていく感じ。

落ちた先には何があるんだろう?

嘘に時間いっぱい使っておばあちゃんになった私かな」

風太:「じゃ、僕そこで待ってようかな。

あ、わかった。どうせ下まで落っこちちゃうなら、今自分から飛び降りちゃえば?

その方が一緒にいられる時間が長くなるよ」

葉子:「風太」

風太:「僕が下で受け止めてあげるから

飛び降りておいでよ。

僕お金ないけどいっぱいバイトするし、試合でも勝てるように頑張るから。

それとも、やっぱり旦那さんのこと愛してる?

葉子:「愛してない、愛してなんかないよ

(青信号に変わる)

葉子:「飛び降りたらどうなるんだろう?

鐘子も、あの子も嘘のループから飛び降りるために飛行機に乗ったんだよね。

相手どんな男なんだろう?

落ちて来た鐘子のこと受け止めてくれるかな?」

翔太、遠回しですが葉子にプロポーズ!

しかし葉子の中にはまだ迷いがあるようですが……。

ドラマ『偽装不倫』葉子と風太の恋の結末をネタバレ予想

ドラマ『偽装不倫』葉子と風太の恋の結末をネタバレ予想します。

打算で結婚したにもかかわらず、苦し紛れの嘘を重ねて風太に会い続ける葉子。

そして葉子が既婚者だと知っても、葉子を決してあきらめない風太。

「純愛」と言いたいところですが、不倫は不倫。

いくら賢治がサイコパスな性格とは言え、葉子の方も条件で賢治を選んだのだからお互い様です。

たっぷり慰謝料を払って、両親に土下座してでも風太と一緒になりたいかどうか、ですね。

まとめ

ドラマ『偽装不倫』姉・葉子と風太の出会い~恋の結末についてネタバレしてまとめました。

今後も新展開があり次第、追記します。


ドラマ「偽装不倫」キャスト一覧!原作のキャラも詳しく解説!再現度は?の記事はこちら
ドラマ「偽装不倫」キャスト一覧!原作のキャラも詳しく解説!再現度は?

ドラマ「偽装不倫」鐘子(しょうこ)と丈(じょう)の恋の結末を原作ネタバレ!悲しい結末?の記事はこちら
ドラマ「偽装不倫」鐘子(しょうこ)と丈(じょう)の恋の結末を原作ネタバレ!悲しい結末?

「偽装不倫」八神風太(ふうた)役は瀬戸利樹!原作の役柄や経歴、演技も紹介!の記事はこちら
「偽装不倫」八神風太(ふうた)役は瀬戸利樹!原作の役柄や経歴、演技も紹介!