『ミステリと言う勿れ』1話のネタバレと感想!謎の金髪青年の「本当に死ぬとは思ってなかったんだ」とは?

『ミステリと言う勿れ』1話では、寒河江健(さがえ・けん)殺人事件の容疑者として、主人公の久能整(くのう・ととのう/菅田将暉)が任意連行されます。

指紋も目撃情報もバッチリで、整が犯人で間違いなし?

しかし整は少しも動揺することなく、自分が犯人ではない理由を述べていきます。

終盤には、原作漫画の人気キャラクター役で永山栄太さんも出演。

ここでは『ミステリと言う勿れ』1話のネタバレと感想についてまとめています。

『ミステリと言う勿れ』原作ネタバレ!ドラマの最終回は整とカウンセラー鳴子巽の心理対決?

2022年1月9日



『ミステリと言う勿れ』1話のネタバレ



寒河江健(さがえ・けん)殺人事件


久能整(くのう・ととのう/菅田将暉)は天然パーマにコンプレックスを持つ、彼女ナシ・友達ナシの地味な大学生。

世間で“当たり前”と考えられていることに疑問を持ち、とことん考え抜く。

更に周囲で何が起きていようともしゃべらずにはいられないため、ウザイ・めんどくさいと追われ続けてきた。

無類のカレー好きだが、本格的なカレーを作ることに興味ナシ。


ある日、近所の公園で「寒河江健(さがえ・けん)殺人事件」が発生。

寒河江と高校・大学共に同級生だった久能整は、容疑者として任意同行を求められる。


藪刑事(遠藤憲一)は、事件が起こった夜に整と寒河江が言い争っているのを目撃した人物がいると迫る。

しかし整は「僕はやってません。善意の第三者の目撃証言が本当で、僕の証言が嘘だとどうして言えるのですか?」と落ち着き払った態度。

最初は威厳を保っていた刑事たちは、徐々に整のペースに飲まれていく。


池本優人(尾上松也)は巡査。

お調子者だが、プライベートで出産を控えてナーバスになっている妻の扱いに手を焼く。

「俺もゴミ捨てとかやっているのに」と言う池本に、整は「家中のゴミ箱から分別しながらゴミを集めるのは大変なんですよ。ゴミを出すだけだと奥さんしんどいんじゃないですか」とアドバイス。


風呂光聖子(伊藤沙莉)も巡査。

男ばかりの捜査一課の紅一点で、マスコットだのお茶くみだの言われて心が折れそうになっていた。

整は「おじさんたちの悪事を止める存在でいてください。あなたはおじさん達とは別の人間でいいんです」とアドバイス。


青砥成昭(筒井道隆)は、頭の切れる優秀な刑事だが、実は誤認逮捕で冤罪事件を起こした過去があった。

整は「真実は人の数だけある」と言った。


藪鑑造(遠藤憲一)は、プライベートよりも仕事を優先してきた仕事の鬼。

しかし3年前に、妻と子をひき逃げ事件で亡くした過去を持っていた。


整が「やっていません」と主張する中、目撃証言だけでなく凶器も出た。

凶器は整の部屋にある果物ナイフで、整の指紋がべったり。


誰かが自分を陥れようとしていると感じた整は、池本と風呂光に調査を依頼。

すると、1年程前に整が落とした鍵を拾って交番に届けた人物は・・・・・・藪だったことが判明。


藪はスペアキーを作り、整の部屋から果物ナイフを盗んで、寒河江殺害に及んだのだった。

そもそも整は、会話の端々から藪が怪しいと睨んでいた。

(eg.家宅捜索の際、藪は、整の部屋に押し入れとノートパソコンがあると見てもないのに言い切った)


藪が寒河江を殺した動機は、3年前の藪の妻と子をひき逃げした犯人が寒河江だったから。

藪は「復讐を果たせて良かった」と言うが、整は「本当に寒河江が引き逃げしたんでしょうか?」とさらに畳みかける。

そこへ風呂光が走ってきて「寒河江さんの先輩でした。藪さんの妻子をひき逃げしたのは」と言った。

一見金持ちのボンボンにしか見えなかった寒河江だが、実は先輩たちから金や車をせびられる日々だったのかもしれない。


整の言葉は止まらない。

「仕事を理由に妻子をほったらかしにしていたのに、復讐のためなら時間を使えるのですね」と藪の痛いところを突いた。


青砥は「この大学生は何者なのか?」と怪しむが、「親のすねかじりの学生ですよ」と整。

しかし整は自分の父親への怒りを藪にぶつけていたようだ。

風呂光聖子は辞表を消去し、もう少し慶事の仕事を続ける決意をする。


バスジャック事件


警視庁では、謎の「連続生き埋め事件」が起こっていた。

そんな中、整は美術館に行くためにバスに飛び乗る。

勢いつけて乗ったため、先に乗り始めていた熊田翔(永山栄太)にぶつかってしまう。

熊田翔は金髪のサラサラストレートヘアの美青年だった。


バスが発進して間もなく、ナイフを持った男が乗客を脅す。

そう、整が乗ったバスがジャックされたのだ。

『ミステリと言う勿れ』1話の考察・感想

『ミステリと言う勿れ』1話の考察・感想です。

菅田将暉の演技が凄い



ドラマが始まる前には「原作漫画の主人公とイメージが違う」と言われていた菅田将暉さんですが、流石の演技力で視聴者をぐいぐい引き込んでくれました。

また池本役の尾上松也さんも面白くて、2人の掛け合いが最高です!

視聴者からは「いゃ~菅田将暉の代表作ドラマが、また生まれましたね~」「菅田将暉のととのうくん良かった〜」と好評です。


熊田翔役は永山栄太


原作で超が付く重要人物・熊田翔役は永山栄太さんでした。

キレイなメイクと金髪で、最初は瑛大さんと気が付かなかったです。

視聴者からも「バスジャックの金髪の乗客、あれ永山瑛太さんだったのね!」と驚きの声が。

2話以降は、熊田翔ことガロの話も軸になってきます。


熊田翔の「本当に死ぬとは思ってなかったんだ」の意味とは?


熊田翔(瑛大)は2話公式予告で「本当に死ぬとは思ってなかったんだ」と闇落ちした暗い表情で言っています。

子供の頃に大事な友達と喧嘩して、「おまえなんか死んじゃえばいい」とつい口にしたら、本当に死んでしまったのです。


しかし後に、それは友達ではなく姉の愛珠であることが判明します。

本当は姉を愛していたガロは、愛珠が殺された時に心の底から懺悔しました。

ガロが左手首に腕時計と一緒につけているのは、赦しを願う石「エンジェライト」。