『ニッポンノワール』4話のネタバレ考察と感想!ガスマスクの正体は才門?

『ニッポンノワール』4話では、南武に疑いの目が行く中、謎のガスマスク男が登場!

そして、思わぬ裏切り者が清春(賀来賢人)を襲う……!

意外にも助けてくれたのは、アノ人。

OPの「NN」の意味もわかりました。

いや~、面白くなってきましたよ!

当記事では『ニッポンノワール』4話の

  • 公式あらすじ
  • 簡単なネタバレ
  • 判明した事実
  • 考察・怪しいポイント
  • Twitterの評判と感想
  • OPとEDのネタバレ考察


についてまとめています。

「ニッポンノワール」ガスマスクの男の正体をネタバレ考察!警察内のスパイは誰だ?

2019.11.05

「ニッポンノワール」のNN(極秘プロジェクト)をネタバレ考察!清春とかつきの親子洗脳?

2019.11.05



『ニッポンノワール』4話の公式あらすじ




2つの事件をつなぐ黒幕を追う遊佐清春(賀来賢人)。

同じく黒幕を追う才門要(井浦新)は「南武(北村一輝)がホンボシだ」と清春に告げる。
さらに携帯電話の解析から薫は殺害された当日、南武に呼び出されていたことも判明。

捜査一課長でもあり捜査の指揮をとる南武がなぜ…深まる疑惑。
その一方で、南武には事件当日、江國光成(杉本哲太)と海外視察に行っているという鉄壁のアリバイもあった。

相手の弱みを握って利用するのが実に巧かったという南武。
このアリバイの裏には何かがある…そう判断した清春は南武と直接対峙を決意する。

しかし…その現場にはまさかの“裏切り者”が潜んでいた。
誰が真の敵なのか…清春に味方と呼べる存在は本当にいるのか…
人間関係と心理が複雑に渦巻く第4話開幕。

引用元: 『ニッポンノワール』公式HPより

『ニッポンノワール』相関図



引用元:https://www.ntv.co.jp/NNY/chart/

『ニッポンノワール』4話のネタバレ

『ニッポンノワール』4話のネタバレをわかりやすくまとめます。

咲良ちゃんのナレーション(バチクソわかりやすい)


冒頭から、咲良(夏帆)が1~3話までの流れ+α(1週間)をバチクソわかりやすく説明してくれました。


全ての始まりは、東堂銀行で起きた10億円強奪事件だった。

2019年9月9日。

未成年で結成された強盗団は、東堂銀行から10億円を奪って逃走。


監視カメラをハッキングして警察の追跡を逃れたことから、警察関係者の関与が疑われた。

しかし防犯カメラの映像から、強盗団の仲間割れで全員死亡したことが明らかになった。

10億円はいまだみつかっておらず、判然としない結末は物議を醸した。


事件の経緯に疑問を抱いた碓氷薫(広末涼子)は、単独で捜査を開始。

南武修介捜査一課長(北村一輝)の証言によれば、碓井薫は10億円事件の黒幕である警察関係者を割りだし、さらに10億円を探し出して犯人の知らない場所に移したという。

しかし碓氷薫は、帰らぬ人となった。


10月13日。

碓井薫の遺体を発見したのは、傍らで目を覚ました遊佐清春(賀来賢人)。

遊佐の手には拳銃、衣服には返り血が付着しており、犯行は誰が見ても明らかだったが、彼は当時の記憶を失っていた。


証拠を隠蔽して容疑を否認する遊佐だったが、同僚は普段の素行から彼に疑いの目を向けた。

そんな中、南武が、碓井薫を殺した犯人が10億円事件の黒幕であると推測した。


南武の推理を裏付けるように、遊佐の身辺から10億円事件の証拠(拳銃、犯行計画書)がでてくる。

しかしそれは本城理事官(篠井英介)の仕掛けた罠であり、その本城もまた、黒幕に利用された1人だった。


警察上層部の意向で、本城に全ての罪を被せて、事件の幕を引くことになった。

納得のいかない南武は、事件の真相を暴くために、有志を募って特別捜査班を結成した。


捜査を進めるうちに、様々な事実が判明した。

・強盗団の一人に、カウンセラーの深水星良(入山法子)を殺害した少年Aが、経歴を詐称して名を連ねていたこと。

・防犯カメラの映像が、方来撮影所によるフェイク映像だったこと。

・東堂銀行にあった10億円が、警察の極秘プロジェクトの資金だったこと。


しかし、それらは同時に多くの疑問を残した。

・なぜ少年Aは顔や経歴を変えて別人になったのに、強盗団に入って再び犯罪に手を染めたのか?

・防犯カメラの映像がフェイクだとするなら、誰がどのようにして強盗団を射殺したのか?

・3年前に殺害された深水星良が関わっていた警察の極秘プロジェクトとは?


遊佐が事件の鍵を握る才門警部(井浦新)を追い詰めた時、才門は遊佐や本城に罪を擦り付けようとした事実を認める一方で、自身も黒幕を追っていることを打ち明けた。

「俺のヨミが正しければ、本星は南武だ。克喜(田野井健)の父親は南武かもしれない」

そして才門は、消息を絶った。


あれから一週間。

重要な手掛かりが、立て続けに発見された。

遊佐が山小屋で見つけたマーク「NN」が、強盗団のアジトでも見つかった。


そして碓井薫の携帯のパスワードを解くことに成功、中身を見ることができた。

そこには、南武からのメッセージが入っていた。


南武修介(北村一輝)からの留守電メッセージは「南武だ。明日の夕方会えないか?10億円事件の犯人のことで話がある」(日付は10月10日、薫が殺された前日)。

そして事件当日、碓井薫(広末涼子)は才門要(井浦新)に「これから10億円事件の真犯人に会います」のメッセージを残していた。

つまり、薫が会いに行った10億円事件の真犯人とは南武なのか?


だが、2つの事件(碓氷薫殺害事件、10億円事件)がここにきて急速に結びついたことに違和感を覚える。

それはまるで、誰かが書いたシナリオのようだ。


南武のアリバイ


南武は、清春ら碓氷班に向かって「10億円強奪事件は、才門要を中心とした公安部の仕業である可能性が高い」と告げたが、あれは自分の罪を隠すなのか?


しかし南武には、碓井薫が殺害された日の鉄壁のアリバイがあった。

江國(杉本哲太)と一緒に海外に行っていたのだ。


血のついたシャツの才門の指紋とDNAは、南武の捏造だった。

南武はなんとしても10億円事件を公安の仕業にしたいらしいが、その理由は?


南武のところに、公安の仁平(相島一之)が来た。
仁平:「なぜ私たちが、フェイク映像を作らせたと思う?」

南武:「ははっ」

仁平:「頼まれたんだよ、例の組織に

南武:(なぜか目をそらす

仁平:「理由は知らないが、君の差し金だと思った」

南武:「私が?」

仁平:「公安部と捜査一課は犬猿の仲だ、君たちは我々を嫌っている。君は例の組織を使って我々を潰そうと画策した。公安部を強盗の黒幕に仕立て上げたのは貴様だろう~!

南武:「心外ですね、組織の名前すら知らないのに

仁平:「気を付けた方がいい、ウチの奴らは何するかわからない」


マスターによる南武の人物像とは?


場面は変わって、喫茶店。

マスター(笹野高史)、清春、咲良、名越(工藤阿須加)で話をする。


マスター:「南武は、人の弱みを握って利用するのが上手い人間

咲良:「でも南武課長って、克喜くんには優しいよね?」

マスター:「薫さんのお父さんが元警察庁長官だからでしょう。南武には薫さん共々可愛がる価値があったというわけだ」


喫茶店には、本城芹奈(佐久間由衣)がバイトに入っていた。

マスター:「事件が進展するたびにいちいち呼び出すのも大変だし、可愛いし」

芹奈が奥の部屋に入ろうとすると、「そこは入っちゃダメ」とマスター。


そこへ克喜がやってきて「南武さんは犯人じゃない」と言って走り去った。

清春の携帯に才門から「南武課長のことで話がある」のメッセージが届いた。


レッツ・シンク!


清春は才門と会う。

才門:「これまでの南武の動きで違和感があったところを徹底的に洗ってみろ!レッツ・シンク!

清春:「は?」

才門:「ガルムフェニックスのキメ台詞知らないの~?」

清春:「南武課長が、克喜の父親だろ?」

才門:「かもしれないと言っただけだ。公安部は南武を星に仕立て上げて一発逆転を狙ってる。俺か南武かそれとも?共食いの果てに生き残るのは誰だろうな?


その後、才門は公安の若手につけ狙われるが、返り討ちに。

「仁平に伝えてよ、こんなことしなくても南武のクビはきっちり差し出すって


南武と貴志の関係


清春は、貴志正臣(栄信)の家に乗り込んだ。

貴志は、南武と繋がっていた。

貴志が清春に『方来撮影所がフェイク映像を作った』という情報を流したのは、南武の指示だったのだ。
【南武と貴志の関係】

・南武は、貴志が警察に捕まった時に、服役期間が短くなるように取り計らった。

・貴志が清春とつるんでいるので、利用価値があると踏んだのだ。

貴志は、南武のパスポートを偽造して、偽のアリバイ作りに協力した。


南武と江國の関係


南武は、江國(杉本哲太)とも繋がっていた。

江國の妻・園子は都内でも有数の大学病院に入院しているが、そこを紹介したのが南武なのだ。

南武課長が大学病院の不正をもみ消して、融通を利かせたらしい。


江國の元に、変成器で声を変えた何者かから電話が。

「※奥さんのドナーのすぐに紹介できると言ったら、我々組織の頼みを聞いてもらえますか?南武の弱みを教えてください」

※園子は、臓器移植のドナー待ちの状態。ドナーの順番が来なかったらもう長くはない。


南武の回想


南武の回想シーン。

南武は、薫と克喜とにじまち遊園地へ。

南武が遊園地がヤバイ連中とモメていたのをおさめたおかげで、開園まで貸し切り状態。


南武:「克喜のやつ、変わったな~。前はあんなヤンチャだったのに。成長したな

薫:「そう見えますか?先月までは手が付けられない状態でした。それがこの短期間で急に変わったんです

南武:「何があった?克喜の父親は誰なんだよ?」

薫:「教えたくありません」


その頃、南武は自分のデスクの裏に盗聴器を発見してため息。

そこへ、克喜から電話。

克喜:「実は、母が亡くなった日、僕と南武さんが一緒にうつった写真を持ってるんです。これって見つかったらマズいですよね」

南武:「ちょっと会えないか」


克喜からの留守電「これから南武さんに会います。父親なのかどうか聞いてきます」を聞いた清春は、遊園地へ急ぐ。
克喜は、薫が殺される日の前日に、南武に会っていた。

警察病院からの克喜の検査結果には、再検査と書かれていた。

薫が忙しそうだったので、克喜は南武と一緒に病院へ。

そこにいた患者の男の子が、南武と克喜の写真を撮ってくれた。


裏切り者が清春たちを狙撃


清春は、遊園地にいた南武と克喜に合流。

南武の目的は、盗聴器を通して克喜との会話を聞かせることで、才門をおびき出すことだった。


しかし相手の方が、一枚上手だった。

相手側に買収された江國が、清春たちを狙撃してきた。


清春たちは、建物の影に隠れる。

こんな時なのに、「ガソリンですよ」と栄養ドリンクを飲む清春。

克喜は、恐怖からか軽い発作を起こしている。


清春が無線で江國と会話する。

清春:「あんたの奥さんを誘拐した」

江國:「何すんだー!」

清春:「心配するな、汚いがセレブ御用達の一流病院だ。事情のある患者だけを扱う腕のいい闇医者だ。

あんたが俺たちに付けば、解放どころが臓器移植もやってやる。

奥さんから伝言を預かった、奥さんはあんたがそぼにいてくれたらそれでいいそうだ。

今度は誇りある決断を下せ


清春VSガスマスク


迷彩マントにガスマスク姿の男が現れ、「あー」と叫んだ克喜に銃の狙いを定める。

清春が「克喜!」とかばおうとした瞬間、江國がガスマスクを狙撃。


ガスマスクが銃をぶっ放しながら逃亡、清春が追う!

決死の攻防戦を繰り広げるが、遂に清春がガスマスクに馬乗りになってマスクを外そうとする。


ところが、その時ガスマスクが清春に“ある映像”を見せる。

それは、黒地に黄色い「NN」で時折フラッシュした。


清春は、うすれゆく意識の中で、薫とコーヒーを飲んだことを思い出す。

あの時、薫はコーヒーに何かを入れた。

清春は、意識を失って倒れた。

立ち上がったガスマスク男は、鉄柱を振り上げたが……?


その頃、南武は江國から、江國を買収しようとした組織の名前を聞こうとしていた。

しかしこの時、ガスマスクが南武の胸を撃ちぬこうと狙いを定めた。


江國は、南武をかばって撃たれてしまう。

瀕死の江國が発した組織の名前とは、「ニッポン・ノワール」。


克喜の父親の名前は?


一方清春は、才門が運転する車で目覚めた。

清春は「お前がガスマスクだろう?」と問い詰めるが、「俺はお前を助けたんだ。LOOK AT ME!俺を信じろ」と才門。
【才門の話】

・ガスマスクの男は、才門を追っている組織のメンバー。

・星良が関わっていた極秘プロジェクトを立ち上げた警察の地下組織「ニッポンノワール」。

才門に「お前、ガスマスクに何された?」と聞かれて、清春は記憶をたどる。

「NN」の映像を見せられた後、薫とコーヒーを飲んだことを思い出した。

そしてあの時薫は「克喜はあなたの子よ」と言った!

『ニッポンノワール』4話のOPとED




『ニッポンノワール』のOPとEDは、捜査一課長・南武修介(北村一輝)でした。

EDは、南武が切ない表情で誰かに電話。

最後は、泣きそうになっているような感じです。

『ニッポンノワール』4話・南武について判明した事実まとめ

『ニッポンノワール』4話でフォーカスされたのは、捜査一課長の南武(北村一輝)です。


南武についてわかったことを以下にまとめます。

・証拠を捏造してでも、才門(公安)を犯人に仕立てようとしている。

・しかもそれが、仁平(相島一之)の望むことだと言っている。

・碓井薫が殺される前日「10億円事件について話がある」と薫のスマホにメッセージを入れていた。

・碓井薫殺人事件の日、貴志に偽造パスポートを作らせてアリバイを作った。

・同じ日、克喜の警察病院の再検査に付き添っている。

・清春が「克喜が最近暴れた。感情が高ぶるとコントロールが効かない」と言うと「なるほど、克喜がキーパーソンかもしれないな」と言った。

・南武は、薫から「克喜は先月は手を付けられない状態だったのに、短期間で大人しくなった」と言われていた。

・清春が「克喜はあんたの子供だろうが」と言うと「もしそうなら、克喜をお前なんかに預けるかよ」と言った。

・南武いわく、才門が克喜が南武の子供かもしれないと言った理由は、克喜に注目させようとしたのかもしれない?

・息子が大きくなったらキャッチボールをしようと思っていたが、その前に離婚。

・「ニッポンノワール」は、江國を使って、南武を殺そうとした。

ひとつはっきり言えるのは、南武は「ニッポンノワール」側の人間ではないこと。

命を狙われたのだから、まずありえないでしょう(でないと、かばった江國が報われない)。


さらに、どうやら克喜の父親でもなさそうです。

しかし克喜のことを気にかけていたのは事実。

そうでなければ、病院の再検査に付き添ったりはしないでしょう。

南武は、誰よりも早く克喜が事件のキーパーソンであることに気が付いていたようです。


マスターによる南武情報



4話では、マスターが昔南武の上司だったことが判明。

マスターは、南武について以下のように分析。

・南武は、人の弱みを握って利用するのが上手い人間。

・南武が薫や克喜に親切だったのは、薫の父親が元警察庁長官だったから。

マスターは、南武のことが嫌いなのでしょうか?

芹奈をバイトさせたり、入っちゃいけない部屋があったりと、相変わらず怪しい。

『ニッポンノワール』4話・その他の判明した事実

その他の判明した事実についてまとめます。

主に「NN=ニッポンノワール」についての事実が明らかになりました。

・強盗団4人のフェイク映像を作らせたのは、公安。

・公安を脅している存在が「ニッポンノワール」。

・江國を買収したのも「ニッポンノワール」。

・才門が追っているのも「ニッポンノワール」。

・清春、克喜、南武を襲ったのも「ニッポンノワール」。

「ニッポンノワール」とは、星良が関わっていた極秘プロジェクトを立ち上げた警察の地下組織。

・仁平は南武が「ニッポンノワール」と繋がっていると考えているが、南武は否定。

宮城は、幼少期に両親を事故で亡くしている(親戚のおじさんに育てられた?)

「ニッポンノワール」のNN(極秘プロジェクト)をネタバレ考察!清春とかつきの親子洗脳?

2019.11.05

『ニッポンノワール』4話の考察

『ニッポンノワール』4話を考察します。

キーパーソン・克喜について




克喜ですが、暴れて手が付けられない性格だったのに、短期間で大人しい性格になったことが判明。

さらに、薫が殺される前日に警察病院で再検査を受けていました。


おそらくいつも飲んでいる薬は、強力な精神安定剤で間違いないでしょう。

しかし母親である薫が、その薬に不信感を抱き、調査をした結果「ニッポンノワール」に辿り着いたのではないでしょうか?


克喜の薬の中には、人体実験段階で無許可の危ない薬が入っているのではないでしょうか?

それは暴力的な人間を大人しくさせる薬で、犯罪の抑制のために作られたのでは?

しかし副作用も、決して軽視できないものなのではないでしょうか?


清春が洗脳されている?





薫から「克喜はあなたの子供よ」と言われたことを思い出した清春ですが、どうもマインドコントロール(洗脳)されているようです。

ガスマスク男に「NN」に映像を見せられたら、気絶してしまいましたからね~。


3話までの才門による「LOOK AT ME!」も洗脳っぽかったですが、今回はそれよりハイレベルですよね。

才門は自分も「ニッポンノワール」に追われていると言っていましたが、まさか(洗脳)仲間なのでしょうか?


もしくは「ニッポンノワール」の手口を知った才門が、マスターと手を組んで、清春をコントロールする手段に使っているとか?

清春のマスターの栄養ドリンクへの依存度はドラッグ並みだし、絶対変な薬が入ってますよ……。


克喜の時にも言いましたが、暴力的な人間を大人しくさせる薬で間違いないでしょう。

何度も言いますが、副作用が怖い。


ラストシーンの清春の回想で、薫も珈琲に黄緑色の何かを入れていました。

まさかと思いますが、薫も「ニッポンノワール」の仲間?

「ニッポンノワール」のNN(極秘プロジェクト)をネタバレ考察!清春とかつきの親子洗脳?

2019.11.05

ガスマスクの男の正体は?





ガスマスク男の正体が、気になります。

現段階の登場人物で怪しいのは、才門か名越か宮城といったところでしょうか。


しかし以下の5話の公式あらすじを読むと、ガスマスク=半グレ集団ベルムズの現リーダー・陣内(落合モトキ)のようです。

こうした中突然、清春たちはガスマスクの男に散弾銃で襲撃される。
防犯カメラの映像などから犯行は半グレ集団ベルムズの現リーダー・陣内によるものだと判明。ニッポンノワールとの繋がりは…取り調べを進める清春に対し陣内は「碓氷克喜(田野井健)だっけ?俺はあいつのすべてを知っている」と謎めいた言葉を投げかける。


しかし陣内もトカゲの尻尾に過ぎず、黒幕は依然わからずといったところでしょうね。


しかも5話では、ガスマスクの男が約100人の武装集団を率いてやってくるようです(^_^;)

一方、そのころ、警察の建物にはガスマスクを装着した男が約100人の武装集団を率いて歩みを進めていた。


これって、ガスマスクの男が2人いるということですよね。

『ニッポンノワール』4話のTwitterの評判と感想

『ニッポンノワール』4話のTwitterの評判と感想を見てみましょう。

『3年A組』の須永と華の登場が嬉しい





なんと、遊園地に『3年A組』の須永謙(古川毅)と魚住華(富田望生)が登場。

華:「えー!今日休園日!念願の初デートなのに」

須永:「デートじゃねえし」

華:「よし!山に行こう!」

須永:「は?」

華:「こんなこともあるかと思って用意してきたんだ。須永くんのもあるよ」(山用のパーカーを出す)

須永:「なんで俺のもあるんだよ。しかもジャストサイズだし」

華:「レッツハーイキング」

もう、華ちゃんが可愛すぎるのですが!

須永くんと華ちゃん、お似合いですよね~。
【須永と華のなれそめ】

須永と華は、3年A組の生徒。

立て籠もり事件で何日も風呂に入れなかったある日、華は他の女生徒から「臭い」とからかわれました。

須永がその女生徒に「お前だって臭いよ」と言い返してくれて、華は須永のことを好きになります。

しかし須永の方は、華の人間性や怪力(?)には興味を持つものの、loveはなかなか感じてくれません。

卒業後、華がぐいぐい押した結果、須永が折れる形で付き合い始めます。

半年後の時点では、まだ付き合ってない可能性が高いです。

4話のその他の『3年A組』要素と言えば、才門が「レッツ・シンク!」と言いましたね。

深い意図があるのかないのか、現時点では不明ですが。

『ニッポンノワール』5話の公式あらすじ




依然として謎に包まれた「十億円強奪事件」と「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」の接点。
才門要(井浦新)は遊佐清春(賀来賢人)に、強奪された十億円は警察の極秘プロジェクト『ニッポンノワール』の資金だった。さらに薫は十億円事件を追う中で謎の組織ニッポンノワールの存在を突き止め殺害された可能性が高いとも告げる。
捜査一課長の南武修介(北村一輝)は、警察組織の中に『ニッポンノワール』の息がかかった人物が紛れ込んでいる可能性を示唆する。

規模も目的も謎に包まれた『ニッポンノワール』。
薫はどこまで真相に迫っていたのか。そして真相に迫ったからこそ殺害されたのか…
こうした中突然、清春たちはガスマスクの男に散弾銃で襲撃される。
防犯カメラの映像などから犯行は半グレ集団ベルムズの現リーダー・陣内によるものだと判明。ニッポンノワールとの繋がりは…取り調べを進める清春に対し陣内は「碓氷克喜(田野井健)だっけ?俺はあいつのすべてを知っている」と謎めいた言葉を投げかける。

一方、そのころ、警察の建物にはガスマスクを装着した男が約100人の武装集団を率いて歩みを進めていた。
誰が味方で誰が敵か…何が真実で何が虚構か…
加速する急転の第5話…。この日、ドラマ「ニッポンノワール」第1部が完結を迎える。

引用元: 『ニッポンノワール』公式HP

まとめ

『ニッポンノワール』4話のネタバレや考察、感想についてまとめました。

今回はシリアス要素が多く、物語も大きく展開して、いよいよ面白くなってきたと思ってます。

「ニッポンノワール」ガスマスクの男の正体をネタバレ考察!警察内のスパイは誰だ?

2019.11.05