奥様は、取り扱い注意 菜美の過去は特殊工作員!想定外過ぎるけど面白い?

2017年秋の新ドラ『奥様は、取り扱い注意』第1話が放送されました。

冒頭からセレブな奥様の壮絶な過去が語られて、「予想外過ぎる!」とツイッターで大反響!

この記事では、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第1話で視聴者に衝撃を与えたヒロイン・伊佐山菜美の特殊工作員の過去について詳細にまとめました。

ドラマのあらすじに関するネタバレがありますので、閲覧注意の内容です。


菜美が生まれてから現在までの過去を詳細に知りたい方は以下の記事をどうぞ
奥様は、取り扱い注意 菜美の過去 幼少期 まとめ!演じている子役についても



ドラマ『奥様は、取り扱い注意』とは?



伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、IT企業を経営するイケメンの夫・勇輝(西島秀俊)のセレブ妻として何不自由ない生活を送る日々。

苦手な料理を克服するため、主婦友の大原優里(広末涼子)、佐藤京子(本田翼)と一緒に料理教室に通っています。

#あと1時間30分#奥様は取り扱い注意#10月4日よる10時#アクション#稽古中#真剣#綾瀬はるか

奥様は、取り扱い注意【公式】さん(@okusama_ntv)がシェアした投稿 –


野菜を繋げて切ったり(笑)個性的な味のドレッシングは作るものの、とても可愛い菜美は結婚後半年たった今も旦那様とラブラブ。(菜美の作る料理がマズイせいで外食が増える一方ではありますが・汗・)

1話ではDV夫に悩む水上知花(倉科カナ)をなんとか助けてあげたいと相談に乗ろうとしますが、知花は夫の呪縛から逃れられず、一歩がなかなか踏み出せずにいて……。

このように、一見、友達思いの優しいセレブ妻・菜美ですが、実は、旦那様にもナイショの超ワケありの過去があったのです!

『奥様は、取り扱い注意』菜美の過去とは?



それでは、菜美の超ワケアリの過去を具体的に見ていきましょう。

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』最初のシーン・菜美は敵であるマフィアに椅子に座らされ、手を後ろで縛られた状態で、自分の過去を話しだします。

以下、菜美の独白です。

私が欲しいものは、穏やかな生活、それとあたたかな家庭。

でも今の私は、そんなものから一番遠い場所に存在している。


敵が重要機密の入ったUSBメモリーを探している間、この状況について簡単に説明したいと思う。

私は、ある国家の情報機関に雇われた特殊工作員。


そして今回の任務はあそこのソファーで怯えている男を連れてこの国から脱出することだった。

もう少し時間がありそうなので私の生い立ちを少しだけ。


29年前、広島県福山市の福山西教会礼拝堂に生まれてすぐに捨てられた私は、人並みの愛情には恵まれずに育った。

私が特殊工作員のなるまでの経緯を詳しく話したいけれど……時間切れのようだ。

それはまた別の機会に。


私のこれまでの人生にまともな選択肢はほとんど存在しなかった。

生きていくためにはこの仕事を選択するしかなかった。


この仕事をはじめて10年……スリルとサスペンスに満ちあふれた毎日は楽しかった。

(隠し持っていたカッターの刃を使って手に縛られた紐を解いた菜美は、男たちを次々と倒していき人質を救出。)


半年前、私は決意した。

私のいるこのすさんだ世界とお別れしようと。

今、私が切実に求めているものは「穏やかな生活、あたたかな家庭」

私のこれまでの人生の選択肢には存在しなかったものだ。

そして、ただ待ってるだけではこれからも決して手に入らないもの。


だからわざと今回の任務の内容を敵に漏らして捕まり、手加減をして私をすぐに追わせることにした。

(橋の上で両側から敵に挟まれた菜美は、川に飛び込む)

だから私は死ぬことにした。

もちろん、本当に死ぬわけではない……島田優子というこれまでの私が死ぬだけだ。


既に新しい名前と戸籍は容易してある。

あとはここをうまく逃げ切ればいいだけだ……絶対逃げ切ってみせる!


そして無事に日本に戻った私は、片山菜美という人間になり、受付嬢になった。

工作員時代に修得した英語が役に立ち一流商社の受付嬢になれた。(とうとう穏やかな生活を手に入れた!)


美人セレブ妻の過去としては、かなりぶっとんだ設定でしたね~(;^_^A


まとめると……

  • 美人妻・菜美の前職は、ある国家の情報機関に雇われた特殊工作員。
  • 生まれてすぐ捨てられて、まともな愛情を受けて育っていない。
  • 島田優子が本名だが、生まれ変わって「穏やかな生活、あたたかな家庭」を手に入れるために死んだと装って、新しい名前(片山菜美)と戸籍を手に入れた。


こんな経歴なのにもかかわらず、一流会社の受付嬢の仕事を手に入れて、合コンで西島秀俊さん演じるイケメンIT企業経営者の旦那まで手に入れるのですから、ま~したたかなモンです(笑)

これで「穏やかな生活、あたたかな家庭」を全て手に入れたかに見える菜美ですが、なんと結婚半年で主婦業に飽きてしまったとのことで……(;^_^A


『奥様は、取り扱い注意』菜美の過去に対するツイッターの反応は?

菜美の過去に対するツイッターの反応は以下です。





菜美が特殊工作員であるという設定には、「設定は突拍子もないけど、ドラマらしくていいな〜。強い綾瀬はるかちゃんいいな〜。」「設定自体はよくあるような気がしますが、友人二人と旦那の秘密が気になりますね。」「設定イイね」「想定外」「ヤバい」「初っ端からぶっ飛んでる」「Mr.& Mrs.Smithの香りがする……」「めちゃめちゃ燃えた」「設定が面白い」など大反響がありました。

「旦那様の勇輝も特殊工作員だったというオチなのでは?」という人もいて、そうなるとまさに映画『Mr.& Mrs.Smith』の世界観ですね~(;^_^A

さらに、「菜美の主婦友の大原優里と佐藤京子も、実は菜美を監視するために接近してきた組織の者ではないか?」と疑い&あやしみの声も(笑)確かに、2人ともフツーの雰囲気じゃないですものね~。


また、「タイトルは『奥様は魔女』から来ているのではないか?」という声もありましたが、これはそんな感じしますね~。

「奥様は(実は)ある国の特殊工作員だったのです!」というオチですね(笑)


『奥様は、取り扱い注意』の想定外の設定について、脚本家の金城一紀さんが以下のようにおっしゃっています。


外国映画のような設定の『奥様は、取り扱い注意』ですが、「日本のドラマにこれまで存在しなかったエンタメをやりたいと思い、考えた企画」だったと知り、私は非常に納得しました。

確かに菜美を演じる綾瀬はるかさんならば、違和感なくドラマを引っ張って行ってくれそうですね(⌒∇⌒)

かっこ良すぎるアクションシーンも、1話ラストシーンで菜美がセクシー過ぎるお誘いをするシーンも、今までにないゴージャス感があります。


「設定に無理有りすぎでキビシイ。」という声もありましたが、見事吹き飛ばしてもらいたいものですね、2話以降の盛り上がりに期待しています!

まとめ

ヒロイン・伊佐山菜美の設定がぶっ飛び過ぎてて初回から衝撃的だった『奥様は、取り扱い注意』

個人的には外国映画やアニメの要素ありのドラマを見ているようで面白かったです。

2話以降は、想定外の設定にぴったりの深いストーリーも期待したいところです。

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • コンフィデンスマンJP
  • シグナル(ポイント)
  • モンテ・クリスト伯
  • 犯罪症候群 Season2
  • コードブルー Season3
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン



Hulu 日テレ公式


  • 正義のセ
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル!
  • anone
  • トドメの接吻/トドメのパラレル
  • もみ消して冬




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • デイジー・ラック(216ポイント)
  • 半分、青い。(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)