『真犯人フラグ』1話のネタバレと感想!黒幕は不動産屋の林で真帆を脅していた?

愛する家族が突然失踪という、超最悪な事態に陥った相良凌介(西島秀俊)。

今回の『あなたの番です』同様、ホラーなラストに背筋が凍りました!

当ページでは『真犯人フラグ』1話のネタバレと感想についてまとめています。



『真犯人フラグ』1話のネタバレ



マイホームパパ・相良凌介(西島秀俊)


中堅の運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する相良凌介(西島秀俊)は、妻の真帆(宮沢りえ)、高校2年生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)の4人家族。

現在は狭い団地住まいだが、近いうちにマイホームに引っ越しすることになっている。

美人の妻とはラブラブ、子供たちも素直に育ってくれている。


運命の金曜日


金曜日、凌介の部署に配達中のトラックが事故に遭ったという連絡が入った。このままでは配達遅延になってしまう!

凌介は事後処理に追われるが、部下の瑞穂(芳根京子)のサポートで事なきを得た。


その夜、凌介が帰宅すると、家族が誰もいない。

3人で人気アニメ映画を見に行ったのだと解釈した凌介は、大学時代の友人・河村(田中哲司)からの誘いを思い出す。

凌介たちと同じサークルだった日野(迫田孝也)が店を出したので、お祝いにサークル仲間で集まろうという誘いだ。


凌介が店に着くと、既にサークル仲間は帰った後だった。

凌介と日野は久しぶりの再会に盛り上がり、校了を終えた河村も合流。

河村は、今最も売れている週刊誌「週刊追求」の編集長で出世頭だ。

日野と河村は「凌介は文才があるのにマイホームパパに収まっていいのか?」と聞くが、

「俺は今幸せなんだよ」と凌介。


深夜になっても家族が帰宅しない


深夜まで飲んだ凌介は、ご機嫌で帰宅。

しかし妻の真帆、娘の光莉、息子の篤斗はまだ帰宅していない!!!

電話もつながらないし、実家にも帰っていなかった。


炊飯器のタイマーが鳴る!真帆は夕飯を作るつもりだった?


翌朝6時に炊飯器のタイマーが鳴った。

真帆が出かける前に炊飯器のタイマーをかけていったらしく、凌介は前日の夜18時にご飯が炊けていたことに気付く。

つまり、真帆は帰って夕飯を用意するつもりだったのだ。


凌介は警察に届け出るが、家出の可能性もあり緊急性が認められないと言われてしまう。

凌介は、真帆のパート先や光莉と篤斗の学校を訪ねて周囲の人々に話を聞いて回るものの、特に変わった様子はなかったという。


ただ一点、真帆は「遅番」と言っていたのに実は「早番」で、いつもはパート先のスーパーで買い物して帰るのに買い物しなかったとのこと。

篤斗の見守りGPSは、サッカー教室に落ちていた!そしてロッカーにユニフォームの切れ端が挟まっていた!

山田コーチ(柿沢勇人)のよると、昨日は雨で練習は休みだったが、篤人は忘れ物を取りに来て17時半頃帰宅したという。


焦った凌介は河村に相談


焦った凌介は、河村に相談。

河村は、凌介に真帆たちが失踪した日の出来事を聞いた。
・8時前に家を出て、子供たちはもう出かけていた

・夕方頃、真帆の「あっちゃんのサッカー教室、雨でお休みになったからお迎え大丈夫!」のメッセージを職場で受け取る

・トランクルームの書斎で本を読み、21過ぎぐらいから電車で帰宅

・21:32頃電車を降りると、「先生、酷いですよ。酔っぱらって駅に放置とか。らっきょう、どうしました?家に持って帰りました?」と若い女性にいきなり手をつかまれる
女性は「ごめんなさい、人違いでした」と言って去っていった。

河村が「炊飯器失踪事件」のタイトルで記事にする


河村は、「炊飯器失踪事件」という名前で真帆たちの失踪を記事にした。

お蔭で真帆たちの失踪事件は世間に広まるが、ユーチューバー・ぷろびん(柄本時生)の動画チャンネルをきっかけに凌介は「悲劇の夫」から「疑惑の夫」へと変わってしまう!


あて先不明の荷物の中身は?


相良が部下の瑞穂と残業していると、あて先不明の荷物が戻ってきた。

なんと、差出人は相良になっている!(出した覚えなどない)


箱を開けると、発泡スチロールの箱に「お探しのものです」の紙が!

発砲スチロールの中には、10番のユニフォームを着た子供の手が(まだ全身がわからない)!

『真犯人フラグ』1話の考察

『真犯人フラグ』1話の考察をします。

エリンギサンタ事件の真犯人は?


エリンギ王・成見沢祐一(78歳)が死亡。

名付けて、エリンギサンタ事件。

関係者がみんな一癖二癖あるし、謎が多い。


事件の状況は以下の通り。
・エリンギ王・成見はウォッカを飲んで階段から転落死。
・季節外れのサンタクロース姿。
「秘書が突き落とした」
「コスプレしてはしゃいでいたら奥さんに突き落とされた」
「後妻がイケメン運転手とデキていたから、運転手か後妻が犯人」
など様々な憶測が広がりました。

結局週刊誌の編集長・河村によると、
・前妻と後妻が遺産狙いで手を組んでいた
・サンタはエリンギ王の部屋着
というオチでした。

このオチが真帆たちの失踪事件に関わりがあるのでしょうか?


失踪事件の容疑者は全員?


『あなたの番です』同様、登場人物全員が怪しい雰囲気を漂わせています。


ネコ車の老婆(平田敦子)



凌介たちの新築が立つ場所に、猫がたくさん入った荷車を押してきた老婆が怪しかったですね!

「ここに越してくる方?何もないといいけど?」ってどういう意味でしょうか?

昔、この場所で何かあったということででしょうか?


不動産屋・林(深見元基)


林が一緒に家族写真に入ることになった時、真帆の顔が一瞬曇ったような気がしました。

林と真帆の間には何か秘密があるのかもしれません。

不倫関係という声もありましたが、過去の弱みを握られるなど脅されている可能性の方が高いのでは?


山田コーチ(柿沢勇人)


凌介と義父が篤斗を探しに行った時に、急に出てきたのが山田コーチ(柿沢勇人)。

パトロール中だったと言いますが、そんな感じはしなかったですよね。


河村(田中哲司)


真帆たちが失踪したタイミングで凌介に電話してきて、しかも記事にした河村は怪しいです!


失踪当日に凌介にからんできた電車美女


真帆たちの失踪当日に、電車から降りた凌介にからんできた美女も怪しい。

真犯人ではないと思いますが、キーマンになりそうな予感です。

「先生、酷いですよ。酔っぱらって駅に放置とか。らっきょう、どうしました?家に持って帰りました?」

「ごめんなさい、人違いでした」


菱田明子(桜井ユキ)



事件の日の朝に、真帆とゴミ出ししています。

夕方に雨でサッカー教室が休みになるというやり取りをした後、連絡が途絶えたと言っています。

明子の息子も篤斗より先に帰ったから知らないと言っていますが、なあんか怪しい。


ITベンチャープロキシマの社長・橘一星(佐野勇斗)


ITベンチャープロキシマの社長・橘一星(佐野勇斗)が、スマホのメッセージを見てフリーズ。

事件のことを何か知っているのでしょうか?


配達員・望月(坂東隆汰)


10番のユニフォームを着た子供の遺体が入った箱を届けにきた望月だが、どうやら中身を知っていたらしい。

その証拠に、意味ありげな表情で振り返っていた。

真帆(宮沢りえ)が嘘をついた理由とは?


真帆は凌介に「おじいちゃんとおばあちゃんになったら、2人で縁側でのんびりしようね」と言っていて、どう考えてもラブラブでした。

それなのに、どうしてパートの早番を遅番と嘘をついたのか?


真帆の最後のメッセージは「あっちゃんのサッカー教室、雨でお休みになったからお迎え大丈夫!」。

サッカー教室がお休みになったのは事実のようですが、篤斗に何かあったとか?


真帆は米を炊いていたので、ある用事を済ませたら帰るつもりだったのではないでしょうか?

しかし、その用事が長引いている?終わらなかった?予期せぬ出来事が起こってしまった?


篤斗は生きている?死んでいる?


発泡スチロールに入れられた、少年の右腕(とおそらく身体も)。

ゼッケン10番で篤斗だと決めつけていますが、違うと思います。

違う少年の遺体ではないでしょうか?

ここで篤斗死亡では、あまりにも凄惨な幕開けになってしまいます。