「トレース~科捜研の男~」武蔵野一家殺人事件の真犯人を原作ネタバレ!復讐ではなく裁きを下す!

ドラマ『トレース』で、真野礼二(錦戸亮)の23年前の一家惨殺事件の犯人は真野の兄・義一です。

しかし真野は兄は犯人ではないと信じて、真犯人を特定できる証拠を探しています。

当記事ではドラマ『トレース』で23年前に真野の家族を惨殺した真犯人について、原作からネタバレしてまとめています。


ドラマ「トレース」最終回の武蔵野一家殺人事件の真相を原作と比較!爽やか過ぎるラストに違和感?の記事はこちら
ドラマ「トレース」最終回の武蔵野一家殺人事件の真相を原作と比較!爽やか過ぎるラストに違和感?

ドラマ「トレース」最終回結末をネタバレ予想!真野は殺人犯になってしまうのか?の記事はこちら
ドラマ「トレース」最終回結末をネタバレ予想!真野は殺人犯になってしまうのか?

ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・前編!真野は正義の味方or復讐鬼?の記事はこちら
ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・前編!真野は正義の味方or復讐鬼?

ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・後編!沢口の真野への愛は本物?の記事はこちら
ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・後編!沢口の真野への愛は本物?

ドラマ『トレース 科捜研の男』原作との違い5選!正義の味方の人形がないし船越英一郎も違うの記事はこちら
ドラマ『トレース 科捜研の男』原作との違い5選!正義の味方の人形がないし船越英一郎も違う



『トレース』23年前の真野礼二の事件とは?


View this post on Instagram

@ryonskd113がシェアした投稿


ドラマ『トレース』真野礼二の事件とは、23年前の練馬区一家殺人事件。

源家の長男・義一が両親と妹の仁美を刺殺した後、自分の部屋のドアノブで首をつって自殺しました。

そして次男の源礼二(当時8歳)だけが生き残りました。

源礼二とは、現在科捜研で法医研究員として働く真野礼二。


真野はずっと兄が犯人だと思っていましたが、大学入試の少し前に遺品を整理していたら、1つ欠けた客用の湯呑みセットが出てきます。

そういえば事件のあった日、姉は大事な客が来ると言っていました。


客と、1つ欠けた湯呑み。

「その客が僕の家族を奪ったんじゃないのか。そして証拠隠滅のために自分が使った湯呑みを持ち帰ったんじゃないのか」と思う真野。


真野礼二の家族が惨殺された事件の詳しい記事はこちら
ドラマ「トレース」真野礼二(錦戸亮)の過去とは?真実だけが彼を救う?


『トレース』真野礼二の事件の真犯人を原作ネタバレ



『トレース』真野礼二の事件の真犯人について原作からネタバレしていきます。

兄貴はいじめられていた


23年前の事件が起こる前、礼二の兄・義一は3人のクラスメイトにいじめを受けていました。

3人の名前は、壇浩輝(だん・ひろき)、佐保優作(さぼ・ゆうさく)、新妻大介(にいづま・だいすけ)。


そしてその3人の誰かの指示で、許されざる事件が起こりました。

礼二の姉・仁美が義一に呼ばれて体育館に行くと、3人が待ち構えていて仁美をレイプしたのです。


義一は3人に「言う事を聞かなければ殺す」と脅されて、仁美を呼び出すしかなかったのです。

仁美は妊娠してしまいますが、産むことを決意。

理由は、この命に罪はないから。


この事実を打ち明けられた仁美の副担任教師は、兄のためにもお腹の赤ちゃんのためにも警察沙汰にしたくないから休学して子供を産むという仁美に何も言えませんでした。


この後に一家惨殺事件が起こって、副担任教師は辞職。

副担任教師は、大人になった礼二にこの事実を全て告白。


副担任教師は、自分があの時仁美を無理にでも警察に連れて行っていれば……と自責の年にかられていたのです。

マスコミは義一が両親と仁美を殺害したあと自殺をしたとして、彼がいじめの被害に遭っていたことや仁美さんが妊娠していたことは一切報道しませんでした。


犯人候補は3人


副担任教師と礼二は、義一が犯人でないなら誰が一家惨殺の真犯人なのか追っていきます。

犯人候補は、壇浩輝、佐保優作、新妻大介。


礼二は当時仁美を解剖した医者のところに行って、胎児のDNAを手に入れます。

これと3人のDNAを比べれば、親子鑑定が出来ます。


礼二は、事件の関係者になった佐保のDNAを得ることに成功。

しかし佐保は、胎児の父親ではありませんでした。


新妻の告白


次に礼二は、浮浪者となった新妻と再会。

新妻は元々義一の親友で、礼二や仁美にも優しかった男。


新妻は「許してくれ、すまなかった」と礼二に謝罪。

新妻によると、レイプ事件の数か月後、礼二の父親が新妻の家を訪問したとのこと。

そして「君たち3人を責めることはしない。ただ娘に……心から謝罪してほしい。そのつもりがあるなら6月20日に家に来てくれ」と震える声で言ったそうです。

父親は壇と佐保の家にも同様に訪問しましたが、どちらの家庭も「何の証拠もない」と突っぱねました。


しかし新妻は、6月20日にひとりで義一の家へ行ったのです。

なぜなら新妻はずっと仁美のことが好きで、それなのにあんなことをしたのをどうしても謝りたかったから。


新妻が家に入ると、家の中は静まり返っていて、新妻は義一の部屋を開けました。

すると、義一がドアノブで首をつって死んでいました。

そばにあった大量のルーズリーフには、3人から受けたいじめについて書かれているようでした(新妻は混乱して詳しい内容は読めなかった)。


「誰かに見られたらおしまいだ」と思った新妻は、それを全て鞄に入れて指紋を拭き取って逃げ帰りました。

そして翌朝のニュースで、義一が両親と仁美を殺して自殺をはかったことを知ったのです。


壇浩輝は、佐保と新妻の王だった?


礼二は「ルーズリーフは今どこにある?」と聞きますが、壇が処分したとのこと。

「今思うと壇と俺たち(佐保、新妻)の関係は主と家来のようだった」と新妻は語ります。


義一のいじめも仁美を襲うと決めたのも、壇だったのです。

壇の決定には、佐保も新妻も言いなりでした。


壇は成績優秀、容姿端麗、家柄もよく、それらを鼻にかけない気さくな人柄で、誰からも好かれていました。

しかし壇は「新妻くん、義一くんの遺体はどうだった?いいなァ僕も見たかったなァ。だって自殺させてみたくて義一くんをいじめてたんだから」と言うような奴だったのです。

礼二は新妻のDNAも手に入れましたが、新妻も胎児の父親ではありませんでした。


新妻が何者かに殺害される


その後、新妻は23年前に礼二の家があった場所で、何者かに殺害されました。

そして現場に残された軍手からは、4人の血液(新妻、礼二の両親と姉の仁美)の血液が出たのです!!

「もしかして23年前の真犯人が新妻を殺したのか?!」と思う副担任教師。

結局、新妻殺しの犯人はわからずDNAも出ませんでした。


刑事部長・壇


壇は、今では史上最年少の警視庁・刑事部長に成りあがっています。

佐保も新妻も違うのであれば、壇が胎児の父親と考えて間違いないでしょう。


壇の父親・崇は、23年前は現法務大臣で警視総監でした。

もし当時の警視総監・壇崇や刑事部長の壇浩輝が、事件に関与しているとしたら、彼らなら事件の痕跡なんて握りつぶせるでしょう。


壇は、科捜研の真野礼二=源礼二であることに気付いていました。

しかし団はそのことで全く動じていませんでした。


一方、佐保は新妻が殺された事件を知って、自分も殺されるかもと怯えていました。

佐保は今では妻と可愛い娘がいる幸せな男なのです。

佐保から電話を受けた壇は「大丈夫ですよ、警察(私たち)に任せてください」と冷静な声。


23年前の事件の資料が残っていない


23年前、事件現場からは多くの鑑定資料(血痕や犯人の遺留品)が採取されたはず。

しかし鑑定書も捜査資料もどこにも残されていません。


礼二は8年間探し続けたけれど。事件に関わる資料を何もみつけられなかったのです。

警察のデータベースには、一行の記載すらありません。

「4人の血液が付着した軍手は23年前の鑑定資料なのか、誰がなぜ新妻殺害現場に遺した?」と思う礼二。


壇が血まみれのDNA採取キットを礼二に渡す


壇刑事部長の視察が、科捜研に入ることになりました。

礼二にとって、壇のDNAを採取するチャンスです。


ところが壇は視察の前に「練馬区ホームレス殺害事件(新妻が殺された事件)」について、礼二と話をしたいという。

礼二は「嫌だ」と断りますが、上司に言われて仕方なく会うことに。


礼二は壇の待つ部屋へ。

壇はDNA採取キットを手に取り、自分の頬の内側を血が出るまでこすりました。

そして「礼二くん、礼二くぅぅぅん、私のDNAですよ」と言って、礼二に血まみれのキットを渡しました。

壇は口についてる血を舐めながら「ずっとほしかったんでしょう」と言いました。


礼二は「あんたが悪だとわかればその時は僕が裁く」と言って、キットを受け取りました。

礼二が部屋を出たあと、うふっふふふぅうふ……と気持ち悪い笑い方をする壇。


そしてDNA鑑定の結果、壇は父親ではありませんでした。

礼二は強姦の事実を証明するために父親を知りたかったのですが、これでは3人の中の誰も胎児の父親ではないことになってしまいます。


ただ父親が誰であろうと、6月20日(事件当日)に壇、佐保、新妻が家に招かれたことは事実。

新妻の証言がそれを裏付けているからです。

礼二が「3人のDNAは判明した。あとは現場資料を入手するだけだ」と言うと、「しかし父親は一体?」と副担任。


壇は、礼二の目的はわかっていました。

その上で自分のDNAを差し出したのは、真犯人ではないからなのか、それとも証拠はないと確信しているからなのか?


海塚から渡されたものとは?


ある日真野は、課長の海塚(小雪)から話があると言われます。

そして、練馬ホームレス殺人事件(新妻の事件)の軍手は、20年以上前に自分が鑑定したものかもしれないと言います。

その時の事件は、練馬一家殺人事件(23年前の真野礼二の事件)。


当時海塚はまだ32歳で、DNA型鑑定はまだ導入されたばかりでした。

「これからは間違いなくDNA鑑定が主流になる」と思った海塚は、資料をできるだけ残そうと努力。

DNA鑑定技術の進歩は目覚ましいので、未来に真実が明らかになることも考え得るからです。


事件発生から2か月ほどして、海塚は当時の法医局長に呼ばれます。

法医局長は「練馬一家殺人事件の鑑定書の控えやメモ、事件に関する書類全てを提出しろ」と言ってきました。

海塚は「しかし控えやメモは通常、科捜研に保管するのでは」と反論。


「詳細は所長にもわからんそうだ。命令の出どころさえも」と法医局長。

海塚は納得出来ませんでしたが、命令には従うしまありませんでした。

法医局長は「明日アサイチの提出だ」と言いながらも、科捜研は組織のために存在しているのではなく真実のために存在していると伝えました。


海塚は翌朝全てを提出し、それらは20年経った今も戻ってきません。

しかし海塚は、全ての内容をメモ(ノート)に残していました。


そして新妻殺しの現場でみつかった軍手は、本来署に冷凍保存されているはずと話します。

それが現場にあったということは……練馬一家殺人事件を隠したい人間が警視庁にいたということを意味します。

礼二が「何でそんな話僕に……」と聞くと「私はあの数年で退職なのね。その前に君に真実を託そうと思った」と海塚。


牛濱勇の手紙


礼二がノートをめくると、牛濱勇(うしはま・いさみ)の名前がありました。

牛濱とは、練馬一家殺人事件の担当刑事で当時45歳。

人事記録によると彼は事件の4か月後捜査第一課から総務部へ異動。

3年後、上司への傷害事件を起こして懲戒処分となり、その後依願退職。

彼は退職後離婚して、郷里である鹿児島に戻ったそうです。


礼二は牛濱の家に行きますが、牛濱は亡くなっていました。

礼二は牛濱の家に忍び込み、離婚した妻と息子にあてた手紙を発見して盗んで持ち帰ります。

住所が書かれてないので、手紙というより独白なのかもしれません。


手紙には幾度となく“あの事件”というワードが出てきて、「真実が闇に葬られるのを黙って見ていることなど出来なかった」と書かれています。

“あの事件”とは、23年前の真野礼二の事件でしょうか?


礼二は、牛濱のの嫁の由利子と息子の優太を探すことを決意。

礼二はどんなわずかな手掛かりでも追うつもりでした、その先になる真実だけが礼二を救うから。


兄・義一が養子?


牛濱の書類から、牛濱が源家の人間についてかなり詳細に調べていたことが判明。

犯人は、源家に強い恨みを抱く人間と考えたからです。


牛濱が注目していたのは以下の2点。

  • 長女・仁美が妊娠していた事実
  • 被疑者・源義一が養子らしいという情報

真野は義一が養子かもしれないと聞いて動揺しますが、源家の戸籍を見たことも、義一のDNA型を調べたこともありませんでした。

真野だけでなく虎丸も「義一は犯人ではない、真犯人は他にいる」と睨んでいます。


しかし壇は恐ろしい人間です。

虎丸は真野に「これ以上事件に関わるな」と忠告しますが……。


その後、義一が養子である事実が判明します。

まとめ

ドラマ『トレース』真犯人について原作からネタバレしてまとめました。

今後も真犯人について新情報が入り次第、追記します。


ドラマ「トレース」最終回の武蔵野一家殺人事件の真相を原作と比較!爽やか過ぎるラストに違和感?の記事はこちら
ドラマ「トレース」最終回の武蔵野一家殺人事件の真相を原作と比較!爽やか過ぎるラストに違和感?

ドラマ「トレース」真野礼二(錦戸亮)の過去とは?真実だけが彼を救う?の記事はこちら
ドラマ「トレース」真野礼二(錦戸亮)の過去とは?真実だけが彼を救う?

ドラマ「トレース」最終回結末をネタバレ予想!真野は殺人犯になってしまうのか?の記事はこちら
ドラマ「トレース」最終回結末をネタバレ予想!真野は殺人犯になってしまうのか?

ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・前編!真野は正義の味方or復讐鬼?の記事はこちら
ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・前編!真野は正義の味方or復讐鬼?

ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・後編!沢口の真野への愛は本物?の記事はこちら
ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・後編!沢口の真野への愛は本物?

ドラマ「トレース 科捜研の男」の船越英一郎にイライラ?原作と違うし火サスみたい?の記事はこちら
ドラマ「トレース 科捜研の男」の船越英一郎にイライラ?原作と違うし火サスみたい?

ドラマ『トレース 科捜研の男』原作との違い5選!正義の味方の人形がないし船越英一郎も違うの記事はこちら
ドラマ『トレース 科捜研の男』原作との違い5選!正義の味方の人形がないし船越英一郎も違う

ドラマ「トレース」姉・仁美が妊娠3ヵ月?原作から相手の男をネタバレ予想!の記事はこちら
ドラマ「トレース」姉・仁美が妊娠3ヵ月?原作から相手の男をネタバレ予想!