ドラマ「トレース~科捜研の男~」の原作あらすじの結末をネタバレ・後編!沢口の真野への愛は本物?

ドラマ『トレース』は、「鑑定結果こそが真実」という信念を持つ科捜研法医研究員・真野礼二(錦戸亮)が、闇に葬り去られようとしている事件の真相を暴き、被害者の無念を晴らしていく本格ミステリー。

原作漫画を手掛ける古賀慶さんは、科捜研の元研究員なので、リアルな鑑定シーンも見どころです。

当記事ではドラマ『トレース』の原作のあらすじのネタバレ・後編をまとめています。


ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・前編!真野は正義の味方or復讐鬼?の記事はこちら
ドラマ「トレース」の原作あらすじの結末をネタバレ・前編!真野は正義の味方or復讐鬼?

「トレース」23年前の真野の事件の真犯人を原作ネタバレ!復讐ではなく裁きを下す!の記事はこちら
「トレース」23年前の真野の事件の真犯人を原作ネタバレ!復讐ではなく裁きを下す!

ドラマ「トレース」真野礼二(錦戸亮)の過去とは?真実だけが彼を救う?の記事はこちら
ドラマ「トレース」真野礼二(錦戸亮)の過去とは?真実だけが彼を救う?



ドラマ『トレース』原作あらすじのネタバレ・後編



ドラマ『トレース』原作あらすじのネタバレ・後編をまとめていきます。

佐保は父親ではない


真野(錦戸亮)は、23年前に姉・仁美の遺体を解剖した医者のところへ。

真野が仁美の弟だと知った医者は「ずいぶんしんどかったやろ。あの娘さんはよう覚えとる。未婚、しかも16歳という若さで妊娠しとったんやからな」と言いました。


医者から姉の絨毛(じゅうもう)を手に入れた真野は、仁美のお腹にいた胎児のDNA鑑定をしました。

(絨毛とは、胎盤の元であり、胎児の細胞で出来ています)


胎児のDNAと、家に保存されていた仁美のへその緒のDNA型と、佐保のDNA型を比べれば、親子鑑定が出来ます。

鑑定の結果、佐保は父親ではありませんでした。

佐保が父親でないとすると、残る壇か新妻が父親ということになります。


「焦る必要はない。冷静に客観的に欠片を集めろ」と自分に言い聞かせる真野。

そこへ鑑識での研修を終えた沢口(新木優子)が帰ってきて、笑顔を見せました。


土中の遺品:前編


新宿警察署の窓口に、吉岡玲子が息子・和馬がいなくなったから探してほしいと言いにきました。

吉岡玲子は「あんな親不孝モン、どこで野垂れ死んでも構わないんだけどね」とクールな態度。


事件の概要は以下です。

行方不明者は吉岡和馬・18歳。

約3ヵ月前、吉岡と見られる男がレンタカーで連れ去られる様子が防カメで確認できた。

レンタカーに乗っていたのは吉岡の遊び仲間いずれも21歳の男女4名。


そのうちの1人・八木さや香だけが証言をはじめた。

吉岡とモメて話し合うために車に乗せたんだけど、暴れるから大人しくさせようとうしろの2人が吉岡を殴ってた。

そのうち動かなくなって、息してないぽくて。


八木さや香はそんなことしたくなかったが、仲間と一緒に吉岡和馬の遺体を土に埋めた。

約1か月後、4人は死体を掘り返して、別の仲間に教えられた廃校の焼却炉で焼いて、残った灰は海に捨てた。

この状況では、遺体の発見は極めて困難です。


真野と沢口、虎丸の3人で、4人が吉岡和馬を暴行した車を調べます。

ルミノール検査の反応は、車内のシートの多くの部分で陽性でした。

かなりの暴行を受けなければ、これだけの血液は飛び散りません。


翌日、八木さや香を連れて長野の山中に向かう虎丸。

八木さや香の誘導で連れていかれた場所には、たしかに遺体を掘り返したような跡がありました。


虎丸たちは掘り起こして遺留品がないか調べましたが、何も出てきません。

しかし、真野の要望で土は全て科捜研に持ち帰りました。

「これから俺たちは焼却炉の確認に行ってくる!土(こっち)は頼んだぜ、センセイ!」と虎丸。


真野は、遺体を埋めた土にルミノール検査をするつもりなのです。

土の中に吉岡和馬の血が遺されていれば、彼がそこに埋められていた客観的証拠になるから。

しかしルミノール検査の結果は、陰性でした。


沢口:「焼却炉や海でも何もみつからなかったら、どうなるのでしょうか?」

真野:「遺体の一部でも発見できなければ、レンタカーでの逮捕監禁罪、傷害罪……その程度かもしれない」

沢口:「そんなの納得できません!吉岡さんのお母さんにも気の毒です!」


土中の遺品:後編


真野と虎丸は、土の中から吉岡和馬の毛髪を探す作業に取り掛かりました。

吉岡和馬を燃やした焼却炉からも、灰を捨てた海周辺からも、何もみつからないので、もうこれしか方法がないのです。

しかし毛髪からはDNA鑑定はできないはずなのですが……。


沢口:「そんな無茶ですよ!どれだけ時間がかかるか」

真野:「毛髪は腐りにくいから、土中に遺されている可能性は高い」

虎丸:「俺は真野先生の考えにかけるぜ」


結局沢口も手伝うことにして、3人で土を調べ始めます。

食事するのも忘れて作業に没頭する真野を見て、「やっぱり真野主任は正義のヒーローですね」と沢口。

真野は「ちがう。僕はただ真実がほしくてもがいてるだけだ」と言いました。


さらに助っ人がやってきてみんなで探した結果、4本の毛髪が発見できました。

顕微鏡で観察すると、そのうちの3本はぬれた筆先のような毛根で、すなわち遺体から抜け落ちた毛根でした。

しかし毛根硝(髪の毛を根っこから抜いた時の皮膚の一部)がないので、吉岡和馬の遺体から抜け落ちたものだと証明できません。


真野は「ミトコンドリアDNA型鑑定」をすると言います。

STRのように個人特定は出来ませんが、ミトコンドリアは母親の遺伝子だけを引き継ぎます。

毛髪と母親・吉岡玲子のミトコンドリアDNA型が同じであれば、これらが吉岡和馬の毛髪であるという可能性は否定されないのです。


すなわち、以下の3つの条件がそろうことで吉岡和馬の毛髪であると断定できるのです。

  • 吉岡の遺体を埋めたという証言
  • そこから発見された「遺体から脱落した毛髪」
  • そのミトコンドリアDNA型は吉岡玲子のものと同型

真野の鑑定の結果、吉岡玲子と毛髪のミトコンドリアDNA型は一致し、その後吉岡の友人4人は逮捕監禁・傷害致死・死体遺棄罪等で起訴されました。


虎丸は、吉岡玲子に、鑑定結果と和馬を襲った4人から得られた新たな供述を伝えました。

事件当日、トラブルが起こったきっかけは、和馬がグループを抜けると言い出しから。

和馬は「まともに働く。お袋にこれ以上迷惑かけたくねーから」と言ったのです。

吉岡玲子は、和馬の遺髪を抱きしめて泣きました。


真野が新妻大介と再会


その夜、真野は仁美を襲った3人のひとり・新妻大介と再会。

新妻は浮浪者になっていて、最初は真野を義一(真野の兄)と間違えてびっくりしました。


中学時代、新妻は義一と親友で、真野や仁美にも優しかった男。

事件後は学校に来なくなり、間もなく失踪していました。


新妻は土下座して「許してくれ、すまなかった。23年間ずっと謝りたかった」と真野に謝罪。

新妻は事件当時のことを話しました。

新妻は壇と佐保の3人で、義一をいじめていた。

当時はちょっとしたゲーム感覚だった。

あるとき義一を脅して仁美を体育館倉庫に呼び出させ、彼女を襲った。


その数か月後、義一の父親が新妻の家にやってきた。

父親は「娘は強姦で妊娠した。君たち3人を責めることはしない。ただ娘に心から謝罪してほしい。そのつもりがあるなら6月20日家に来てくれ」と言った。

新妻の母親は、強姦の話すら信じなかった。


父親は壇と佐保の家にも行ったが、どちらの家庭も反応は同じ。

「何の証拠もない」と突っぱねたらしい。


しかし新妻は6月20日、ひとり源家へ行った。

新妻は仁美のことが好きで、それなのに酷いことをしたからどうしても謝りたかったのだ。


インターホンを押しても誰も出なかったので、2階の義一の部屋に行くとドアノブで首をつって死んでいた。

近くにあった大量のルーズリーフには、新妻たちのいじめについて書いてあるようだったが、混乱して詳しい内容は読めなかった。

「誰かに見られたらおしまいだ」と思った新妻は、それをすべて鞄に入れて自分の指紋をふきとって逃げ帰った。

翌朝のニュースで、義一が両親と仁美を殺してから自殺したのだと知った。

真野が「ルーズリーフはどこにある?」と聞くと、3人のリーダー格の壇の手に渡ったのこと。

壇と新妻、佐保の関係は、主と家来のようで、義一のいじめも仁美を襲うと決めたのも壇でした。


新妻と佐保は壇の言いなりでしたが、成績優秀で容姿端麗、家柄もよくて気さくな性格の壇はみんなから好かれていました。


だから新妻と佐保以外は、壇の本性を知る者はいなかったのです。

本当の壇は「新妻くん、義一くんの遺体はどうたった。僕も見たかったなァ。だって自殺させてみたくて義一くんをいじめていたんだから」と言うような奴だったのに。


新妻は「俺の話はここまでだ。復讐されて当然だ」とふさぎますが、「ここへ来たのは真実を知るため。復讐のためでもあなたの謝罪を聞くたけでもない」と真野。

真野は真実の先にあるのは復讐ではなく、裁きだと思っているから。

新妻の話には客観的証拠がなく、まだ真犯人である可能性は消えていませんが、真野は新妻の飲んだ空き缶から彼のDNAを採取することに成功。


新妻が殺された


その晩、新妻が複数個所をを刺されて死亡。

凶器は見つかっていませんが、包丁のような刃物。


事件現場は、23年前に源家があった場所でした。

翌日、部下から新妻死亡の報告を聞く警視庁・刑事部長 壇浩輝の姿がありました。


事件現場にのこされた遺留品の軍手を調べた真野は、絶句。

4人分の血液が付着していて、新妻以外は真野の両親と仁美の血液だったのです!


そして軍手の内側からは皮膚片は発見できず、犯人は犯行時のみこの軍手をはめていたようです。

真野は警察には、4人分の血液が付着していてひとつは新妻のものであること、3つは古い血液であることだけ伝えました。


真野は、仁美の元副担任教師を呼び出して、鑑定結果を伝えました。

副担任教師:「新妻殺害の犯人は23年前の事件の関係者ですね。もしかすると23年前の真犯人こそが新妻を……」

真野:「やめてくれ。それ以上は……憶測だ、それは。真実を鈍らせる不純物でしかない」


真野の検査の結果、新妻は胎児の父親ではありませんでした。

となると、壇が父親でまず間違いないでしょう。


真野たち科捜研のメンバーでお花見をします。

沢口は「花見が好きです。今この時を生きてるって実感ができて」と言いますが、「僕の季節は23年前の梅雨で止まったままだ」と思う真野。

沢口は「真野主任はどうして科捜研に入ったんですか?」と聞いてきました。


真野が科捜研に入ったきっかけ


それは、13年前のちょうど今頃、真野が大学入試を控えた3月の終わりのことでした。

事件後、真野は母方の遠縁にあたる真野夫婦の養子に。

夫妻に子供はなく、とてもよくしてくれました。


真野はそもそも高校卒業後は就職して自立するつもりでしたが、夫妻は進学を強く進めてくれました。


そしてこの頃、真野は事件について思いだすことはあっても深く考えることはありませんでした。

いや、むしろ考えることを避けていました。

考えてしまえば、あんな事件さえなければと兄を恨むことしかできないとわかっていたから。


真野は夫妻から事件当時の遺品を整理するように言われて、箱をあけていきます。

すると、大好きだった正義の味方の人形が出てきました。


そしてアルバムや日記や手帖、そんな中に母親が大切にしていた客用の湯呑みセットが出てきました。

ところが5つ入っていたはずなのに、1つありません。


真野は事件の日の朝、仁美が「大事なお客さんが来るの」と言っていたことを思い出します。

そしてそのために父親も会社を休んでいました。


客。そしてひとつ欠けた湯呑み。

真野は、この客が自分の家族を奪って証拠隠滅のために自分が使った湯呑みを持ち帰ったのではないかと思います。

他にも何か手掛かりはないかと探しますが、出てきたのは仁美の手帖。

真野はそこにアドレスが載っていた友人と会いますが、何の情報も得られぬまま2年が経過。


2006年、真野は「最新DNA型鑑定」が導入されるという記事をみつけました。

そこには「飛躍的な制度の向上によりほぼ確実な個人特定が可能となる。最新の科学が犯罪捜査を変える」と書かれています。

事件が発生した1994年当時は、科学捜査の主流は血液型鑑定で、当時のDNA型鑑定はまだ制度が低く、普及していなかったのです。


犯人は必ず事件現場に痕跡(指紋、足跡、髪の毛、皮膚片や体液)を残し、そして痕跡は現場から採取され捜査終了後も保管されます。

「当時の鑑定ではわからなかった事実も、最新のDNA型鑑定なら明らかにできる。犯人のDNA型がわかるかもしれない」と思う真野。

DNA型鑑定を行うのは、科学捜査研究所、通称「科捜研」。


場面は現在に戻って、花見をしながら話す真野と沢口。

真野が「科捜研なら真実を明らかに出来ると思った。だからここに入った」と言うと「真実。何のですか?」と沢口。

ハッとした真野は「いや、最新のDNA型鑑定に興味があってね」と誤魔化すのでした。

沢口が「今やってるSTR法?何がそんなに……」と聞くと、海塚科長が桜の木のコスプレであられてSTR法について説明してくれました。


STR法とは……

STR法とは、DNA型鑑定法のひとつで、精度が高い上に市販のキットを使用する方法で、型判定はコンピューター解析。

つまり方法を学んで正しく行えば、誰にでもいつどこでも同じ結果を出すことができる。

「ただし誰にでもできるのは検査手段や機械コンピューターの操作だけで、どんな資料から何をどう鑑定するかは、研究員の腕の見せどころ!冷静さと熱意……プライドが試されるのね」と海塚科長。


兄貴は家族を殺していない


2009年に真野は科捜研に入所、業務を学びながら姉・仁美のことを調べ続けました。

そして仁美のクラスの副担任をしていた男に会えたのは、その年の秋。

彼は仁美が強姦されて妊娠したこと、出産のため休学予定だったことを話しました。


驚いた真野は「誰に?!」と聞きますが「わかりません……ただお兄さんの義一くんが同級生に脅されて彼女を呼び出したと」と副担任教師。

真野は「兄貴は家族を殺してなんかいない」と言って、「(真犯人を探すのを)手伝わせてください」と副担任教師。


それから真野と副担任教師は、兄・義一の同級生に話を聞いて回りました。

すると、兄がいじめにあっていて、その主犯格として壇浩輝、佐保優作、新妻大介の3人の男の名前があがります。

壇浩輝は、現警視庁・刑事部長で、その父親・壇崇は、現法務大臣にして事件当時警視総監であった男。

偶然なのか、それとも……?


真野と副担任教師がいくら調べても、事件の資料や証拠品はみつからず、警視庁には事件を知る人間すらほとんどいませんでした。

真野は、当時の警視総監の壇崇や、刑事部長の壇浩輝が事件に関与していて、事件の痕跡を握りつぶしているのではないかと考えます。


「慎重にやるべきだ。僕たちの存在が知られたらわずかに残された真実の欠片すら消されてしまう。誰にも邪魔はさせない」

真野の部屋には壇浩輝、佐保優作、新妻大介と書かれた紙が貼ってあります。


以降も、新妻殺しの犯人は見つからず、DNAも出ません。

部下から報告を聞いた壇浩輝は、鑑定人の欄を見て「真野礼二……いや源礼二くん」とつぶやきました。


電車内の痴漢事件


科捜研に、電車内の痴漢事件が発生したという連絡が入りました。

痴漢には通常「迷惑防止条例違反」が適用され、行為がエスカレートすれば「強制わいせつ罪」が適用されます。

密室の混雑した中で行われる痴漢は、目撃証言に乏しいことも多く、科捜研による鑑定結果が唯一の客観的証拠になり得ます。


事件概要は……

被害者は電車に乗車中、膣内に指を入れられた。

また彼女は、犯人は立ち位置からして参考人の高山田で間違いないと証言。

「電車で見ず知らずの人に?!怖すぎる!」と青ざめる沢口。

しかしあくまで任意の同行で、参考人・高山田は容疑を否認。


真野と沢口で、鑑定開始。

真野が被害者女性のパンティを広げる姿を見て、「異様な光景なのに、私も少しずつ慣れてきました」と沢口。

翌日、被害者女性の下着からは被害者のDNA型にしか検出されず、参考人の手指の付着物からは参考人のDNA型しか検出されませんでした。


参考人高山田が犯人だとして……
  • 被害女性の下着から彼のDNAが出ないことは「下着に付着した皮膚片が少ないから」で説明可能。
  • しかし手指に被害女性のDNAがついていないのは不自然。膣に指を入れたら、いくら何だって彼女の細胞がつくはず。

真野は、警察に“もう1点の資料”を提出してもらいました。

“もう1点の資料”とは、事件の日に高山田が着用していたスーツ。


真野は、スーツに唾液や精液、膣液のような体液がついていないか調べます。

ブラックライトを使えば、UV放射により肉眼では確認できない物質を可視化できるのです。


そしてスーツの尻ポケットの内側から、女性のDNAが発見されました。

犯人は犯行に及んだあと、指をポケットの内側で拭ったのです。


その後の取り調べによると、高山田は痴漢の常習犯で、捕まれば手指の付着物を採取されるという認識があり、女性に触った指を尻ポケットのハンカチで拭い、そのハンカチは電車内に捨てたと供述。

高山田は強制わいせつの罪で、逮捕起訴されました。


警察が「高山田のスーツに証拠が遺されていると、先生には確信でもあったのかい?」と聞くと、「いや、わずかな可能性があれば乗客だろうと車両だろうと何でも鑑定する、それだけだ」と真野。

沢口は、もしスーツから何もみつからなかったら、真野は「現場車両・乗客全て調べる」と言い出したんじゃないかと思います。

そしてそこが真野のかっこいいところだと本気で思うのでした。


深夜のひき逃げ事件


深夜のひき逃げ事件が起こり、加害者が出頭しました。

事件の概要は……

25日夜深夜、新宿区の路上で78歳の男性が乗用車にはねられて死亡。

警察は運転手の住井葉子容疑者を、自動車運転過失致死の疑いで取り調べ中。

住井容疑者は、東京都議会・二階堂都議の事務所職員で、事故当時都議も車に同乗していた。

二階堂は、警察とマスコミに対して土下座して謝罪。

二階堂は「都民第一」をモットーとする好感度ナンバー1の若手議員で、愛妻家で3児の父。

政治家一家に生まれたエリートですが、気取らぬ性格と二枚目のルックスで、人気者。

亡くなったおじいさんが痴呆で徘徊していたことから、二階堂に対して非難の声より同情の声が集まりました。


虎丸は、新人刑事・新見南と一緒に、住井容疑者を取り調べますが、住井は何か隠している様子。

「ここはひとつ、センセイにお伺いを立てるとするか」と虎丸。


虎丸は「有能な男だ。性格に若干難ありだがな」と言いながら、新見を科捜研に連れていきました。

新見は「現場から3㎞離れた地点の防カメに事故発生前の車が映っていた。左右にブレながらの走行。さらに現場にはスリップ痕がなく、被害者をひいてそのまま電柱へ衝突して停車」と事件の様子を真野に説明。

共に典型的な飲酒運転の特徴です。


そこで虎丸が「無視できねェ違和感がある」と真野に告げます。

虎丸の言う違和感とは……

  • 事故直後容疑者・住井からアルコールは不検出で、二階堂からは検出された。相当飲んでたようで事故発生時は眠ってたらしい。
  • 事情聴取で住井は、被害者への謝罪をするばかりで、事故の詳細は覚えてないの一点張り。

虎丸は「ここからは俺の推測だが、実際に車を運転していたのは二階堂じゃねエか。住井は二階堂を庇っているのでは……」と言います。

事件直後二階堂は酩酊状態、危険運転致死生罪が適用されれば、政治家として失脚するどころじゃすみません。


真野は「そんな想像は時間の無駄だ。さっさと見せてくれ、事故車」と言って、虎丸は事故車の部品を持ってきました。

真野は、事故当時作動したエアバッグを調べます。

運転席のエアバッグから検出されるDNA型の持ち主が運転手、すなわち事故を起こした張本人だから。


エアバッグが顏にぶつかる際に、唾液が付着した可能性があります。

唾液付着部位の鑑定には「ブルースターチ法」を使います。


鑑定の結果、運転手・助手席の両エアバッグから、それぞれ1人分のDNA型が検出されました。


運転手は二階堂でも住井でもない、別の女性でした。

二階堂のDNAは助手席から検出されたので、証言通り助手席にいたのは間違いありません。

その後の調べで、このDNA型の持ち主は、二階堂の秘書・小貫貴子であることが判明。


小貫は二階堂と不倫していて、その日もホテルに向かう途中で、事故を起こしてしまったのです。

二階堂は、小貫に自宅に戻るように命令。

そして住井を呼び出して脅迫。

「住井さん、君が身代わりになってよ。旦那さんが残した借金・1千万は僕が払ってあげるよ。住井さんの娘13歳だっけ?処女?君が断ったらどうなっちゃうかわかるよね?」


後日、小貫は危険運転致死障害で、二階堂は飲酒運転幇助罪・脅迫罪等で逮捕されました。

住井は夫に先立たれてからはパートを掛け持ちし、借金を返済しながら子育てをしていて、二階堂の事務所に雇われて強い恩義を感じていたとのこと。


虎丸は事件解決のお礼に、甘味屋で真野にあんみつをたっぷり奢りました。

虎丸が「妙な事件があって俺の刑事の勘によるとだな……」と切り出すと「客観的事実だけ述べてくれ。君の主観はいらない」と食いつく真野。

どうやら虎丸は真野の“トリセツ”を完全に理解したようです(笑)。


壇が真野に血だらけのDNAキットを渡す?!


佐保が壇に電話。

「壇、お前何とも思わないのか。新妻は義一の家があったところで殺されたんだぞ!いじめを知ってる誰かが俺たち3人に復讐しているんじゃないか?こ……殺されるかも。例えば義一には弟がいただろ。俺たちを恨んで……当然だ!!」

壇は薄く笑って「大丈夫です、警察(わたしたち)に任せてください」と言って電話を切りました。

佐保には、今は妻と可愛い娘がいます。


練馬区ホームレス殺人事件(新妻殺人事件)の捜査は進展を見せず、発生から約一月が経過。

事件担当は、引き続き真野が担当。

未解決事件にはそれぞれ担当研究員がつき、事件資料の鑑定全てを行っているのです。


真野は、事件現場に遺された軍手の数か所がすでに切り取られた状態だったことを、警察に報告。

この軍手は、真野より前に誰かが鑑定した可能性があるのです。

「私の知る限り、そんな事実はありません」と警察。


23年前、事件現場からは多くの鑑定視聴が採取されたはず。

しかし真野と仁美の副担任教師が8年間探し続けた結果、事件に関わるものは何ひとつ見つかりませんでした。

警察のデータベースには一行の記載もなく、まるで事件など存在しないかのよう。

「この軍手は、23年前の鑑定資料なのか?誰がなぜ新妻殺害現場に遺した?」と思う真野。


海塚が「今から2時間後に、壇刑事部長の視察があるのね」と科捜研のメンバーに言います。

沢口が「視察って何するんですか?」と聞くと「DNA型鑑定の見学会ってとこだね」と同僚たち。


壇刑事部長は、キャリアの中でもずば抜けた存在。

キャリアとは難関の国家試験Ⅰ種に合格し、警察庁に採用された警察官を指します。

彼らは国家公務員であり、幹部候補生。


これに対してノンキャリアとは各都道府県で採用された警察官を指します。

彼らは地方公務員であり、警察官の大多数に当たります。


キャリアとノンキャリアでは採用時から階級が異なり、出世スピードにも大差があります。

ノンキャリアは定年までに警視庁まで昇進できる仕組みだが実際は非常に厳しく、巡査部長や警部補で警察人生を終える者も少なくないのです。

そんな中、壇刑事部長は42歳で警視庁。キャリア最短コースなのです。


「壇のDNAを採取するチャンスだ」と思う真野。

海塚が「真野くん、練馬区ホームレス殺害事件のことで壇刑事部長が君と話したいそうなのね、視察の前に」と言って、真野は「嫌だ」と返事。


しかし断れば妙に思われるので、真野は壇と会うことに。

海塚がパソコンが壊れて出ていったのをきっかけに、壇の付き添いの人物2人も部屋を出ていき、真野は壇と2人きりに。


壇は「DNAキット。もちろん使うのも初めてです」と言って、自分の口内を血が出るまでゴシゴシこすりました。

そして「礼二くん、礼二くううん、私のDNAですよ。ずっと欲しかったんでしょう?」と言って、真野にその血だらけのキットを渡しました。


真野はキットを受け取って「あんたが悪だとわかれば、その時は僕は裁く」と言って、部屋を出ました。

その後ひとり「うふっふふふっうふ……」と笑う壇。


壇も父親ではない?!


DNA型鑑定の結果、壇は胎児の父親ではありませんでした。

仁美の元副担任教師は「3人とも父親ではない?しかし仁美さんは確かに」と驚きます。


真野:「僕は強姦の事実を証明するために父親を知りたかったんだ。ただ誰が父親であろうと、6月20日(事件当日)に壇・佐保・新妻が家へ招かれたことは事実だ。3人のDNA型は判明した。あとは現場資料を入手するだけだ」

元副担任教師:「しかし、父親は一体……」


法医学の原点・血液型鑑定


新人研究員が、今日から「血液型鑑定」を学びます。

なんと沢口も先輩として教える立場につきます。


DNA型鑑定が普及するまで個人識別に用いられていたのが血液型鑑定であり、現在も数は多くないですが行われています。

どんな時に血液型鑑定するのかというと……

犯人の血液型とDNA型が判明している事件で、容疑者がたくさんいる場合、全員のDNAを鑑定すると時間がかかる。

そこであらかじめ血液型鑑定をして犯人候補(B型)を絞れば、B型の容疑者だけDNA型鑑定すればよいので効率的。


ちなみに血液型は、唾液や精液、尿、爪、毛髪からわかります。

血液型鑑定は、DNA型鑑定資格取得前の研究員にとって重要な仕事であり、また繊細な手作業で行われるため、個人の技量が試されます。

だから新人のうちは、かなりの時間をその訓練に費やすのです。


将来再鑑定する可能性もあるので、出来るだけ少量で判定することが大事(残りは未来に残す)。

ほんの10年前の技術さえ今とは比べ物にならないことから考えると、資料を残すことは真実を未来につなぐことになるのです。


海塚の衝撃の告白


海塚が「話をしたい」と言って、真野を部屋に呼びました。

海塚は「練馬区ホームレス事件の軍手は、自分が20年以上前に鑑定したものかもしれない。その事件は、練馬区一家殺人事件」と打ち明けました。


当時、海塚は32歳。

DNA型鑑定は導入されたばかりで、まだ普及していませんでした

まして、この事件は一家心中とみなされて、言い方はわるいけど「終わった事件」だったからDNA型鑑定は不要とされたのです。


海塚は、遺留品の軍手を血液型鑑定。

「これからは間違いなくDNA型鑑定が主流になるのね。これらの資料にもいずれDNA型鑑定が必要となる日が来るかもしれない。できるだけ多く残そう、真実を未来につなぐため」と思う海塚。


海塚の鑑定の結果、軍手に付いた血液の血液型が全てA型で一家のものと一致。

それだけなら、20年以上前の事件など忘れてしまうところですが、でもあの事件は特別でした。


事件発生から2か月ほどして、海塚は当時の法医課長に呼ばれます。

なんと、所長から、練馬区一家殺人事件の鑑定書の控えやメモ、事件に関する全ての書類を提出しろという依頼が来たとのこと。

しかし所長にも詳細はわからず、命令の出どころさえわからないとのこと。


海塚は「納得できません。何のために」と抗議。

通常は事件の控えやメモは、科捜研に保管するのが決まりだから。

しかし「命令には従うしかない」と法医局長。


あきらめた海塚が「わかりました、提出します」と言うと、「海塚、明日朝イチだ」と法局長。

さらに「科捜研は組織の一員だが、組織のために存在しているのではない。真実のため。それだけがうちの正義だ」と言いました。


翌朝、海塚は全てを提出しましたが、全ての内容を写したノートを残しました。

ノートによると、軍手は本来署に冷凍保存されているはず。


それがなぜホームレス殺人事件現場に遺留されていたかは不明。

ただ、練馬区一家殺人事件を隠蔽したい誰かが警視庁にいたのです。


海塚は「私はあと数年で退職。誰よりも真摯に真実と向き合う君にこれを託す」と言って、真野にノートを渡しました。


牛濱勇


真野はノートの中に、牛濱勇(うしはま・いさみ)という名前を見つけます。

牛濱とは、練馬区一家殺人事件を担当した刑事で当時45歳。


人事記録によると、彼は事件の4か月後、捜査第一課から総務部へ異動。

3年後、上司への傷害事件を起こして懲戒処分となり、その後依願退職。


牛濱の高校の同級生によれば、彼は退職後離婚し、郷里である鹿児島へ帰ったそうです。

真野は、牛濱に会う為に鹿児島へ。


牛濱の家へ向かうタクシーの中で、真野は考えます。

壇は、僕(真野)の目的を知っていてなぜDNAを渡したのか。

真犯人ではないからか、あるいは証拠は無いと確信しているからか。

壇は、僕が牛濱を訪ねることも予期しているかもしれない。


真野は牛濱の家に着きましたが、そこには誰も住んでいない様子。

道路では、年配のご婦人が警察に「ご遺体がお父さんかどうか見てもらわんといかん!」と説得されています。

「見たくないよ!腐った顏なんて!ようやく死んでくれてあとは書類にハンコ押しゃ終わりだと思ったから、会議を延期してこんな田舎まで来たっていうのに私の時間返してくれ!タイムイズマニー!」とご婦人。


なんでもそこのボロアパートから孤独死の遺体が発見されたそうで、ご婦人は九州店舗ナンバー1・格安ビジネスホテル「ナインズ」社長の大久保ゆかりでした。

警察は大久保ゆかりに、孤独死の老人が父親かどうか顏を見てくれと頼んでいたのです。


警察は「顏を見てくれないなら、DNA鑑定をしたい」と言いますが、大久保は「DNA鑑定ってのは何だい?興味ないよ、あの腐ってるのが誰かなんて!ああ、でもアレが父親なら清々する!」と言い放ちました。


真野は大久保ゆかりの前に出ていき、DNA型鑑定の説明をしました。

人は2セットのゲノムを持つ、両親から1セットずつ引き継いだものだ。

ゲノムは遺伝情報、それを構成しているのがDNA。

ヒトは母由来の23本の染色体と、父由来の23本の染色体の計46本の染色体を持つ。

染色体23本がゲノム1セットである。

従って2人のDNA型の半分が同じなら、両者は親子とみなして矛盾しない。

DNAの採取は数分ですむ。

真野のおかげで、大久保ゆかりはDNAの採取をすることを承諾しました。

真野は、牛濱の家は息子が亡くなってから誰もいなくてもう3年が経過したという情報を得ます。


西郷隆広


夜になって、真野は鹿児島県警科捜研の法医研究員・西郷隆広と5年ぶりに再会。

真野と西郷は、長い研修を一緒に受けた仲間でした。


西郷は、若い警官から昼間の話を聞いて、真野だとピーンときていたとのこと。

若い警察官は真野のことを「科捜研に詳しい東京弁の茶髪で無愛想な男」と言ったのです(笑)。


西郷は真野に「採取した大久保ゆかりのDNA型が妙である」と言います。

西郷:「女性のDNA型、1人分のDNA型は各STR毎に原則1種か2種の数字で表されるはずが、わずかに3種目が検出されてる。どう思う?」

真野:「他者のDNAの混合か、あるいは口腔内細胞(バッカル)の立会警察官や研究員の細胞が混合した可能性も否定できない」

※STRとは、DNA配列の中で特定配列が繰り返している部分で、繰り返し数に個人差があります。


真野が「彼女の口腔内細胞(バッカル)を再採取すべきだろう」と言って、西郷も同意見。


大久保ゆかりが「真野に説明させろ」と言ったので、真野も西郷についていきます。

大久保ゆかり:「つまりアレは私の父親と判明したが、警察のミスがあったからもう一度私のDNAをよこせと」

真野:「ミスかはまだわからないが、可能性はある」

大久保ゆかり:「その割にエラそうだね。これだから警察は嫌いだよ」


大久保ゆかりは幼少期から母親と一緒に父親に殴られていたのに、近所から通報されてやってきた警察は「夫婦喧嘩はほどほどに」と言うだけで助けてくれなかったのです。

父親とは、大久保ゆかりが12歳のときに母親が離婚してそれっきり。

父親は大久保ゆかりが大病しても知らんぷりで、母親が亡くなっても線香ひとつあげに来ませんでした。


大久保ゆかりはDNA採取キットで口腔内をこすって渡したあと、「アレ、勝手に燃やしてくれ」と立ち去ろうとします。

次の瞬間、真野が大久保ゆかりの前で大きくパアンと手を叩きました。


大久保ゆかりがびっくりすると、真野は手のひらの蚊を見せました。

大久保ゆかりは一瞬あっけにとられますが、仕事が忙しいと帰っていきました。


真野は、大久保ゆかりの口腔内細胞と共に、蚊が吸った大久保ゆかりの血液もDNA鑑定すると言います。

真野:「最初に採取した彼女の口腔内細胞には、他社のDNAが混合している可能性がある」

西郷:「おおかた口腔内細胞採取に立ち会った警察官のDNAじゃないか?」


真野:「だからこうして採取しなおした」

西郷:「それなのに血も鑑定すんのけ?」

真野:「混合の原因は他にもあるかもしれない。それを確かめるために血液型のDNA型鑑定をする、白衣貸してくれ」


真野は「僕は明日の朝の便で東京に帰らなくちゃいけない。それまでに結果を出す」と今から朝まで鑑定を行うつもりですが、「親子関係は判明してるしそこまでやらんでも」と西郷。

真野は「真実を知りたいんだ」と言って、西郷はやると言ったら聞かない真野の性格を知っているのであきらめました。


その後、西郷は大久保ゆかりの会社に行き、鑑定結果を知らせました。

真野と鑑定を行った結果、大久保ゆかりはキメラでした。


キメラとは同一細胞生中に異なるDNAを持つ細胞が混ざっていること。

空想上の生物・キマイラが由来で、ライオンの頭と山羊の胴体、そして蛇の尾を持ちます。


先天性のキメラは、体内に2人分のDNAを持っています。

二卵性双生児は子宮内に2個の受精卵がありますが、何らかの理由で2個の受精卵が融合した場合です。


大久保ゆかりは、後天性のキメラでした。

彼女は過去に急性白血病で骨髄移植を受けていて、その時の提供者(ドナー)の骨髄から作られる血液が流れているのです。


つまり大久保ゆかりは、血液のDNA型のみが提供者(ドナー)のDNA型で置き換わったキメラ。

彼女の口腔内細胞に混合していたのはドナーのDNAで、口腔内をこすった時にわずかに出血してそれが混合したのです。


そしてドナーは、大久保ゆかりの父親でした。

ドナーには全身麻酔での手術や入院が必要で、最悪の場合は死に至ることも。

プライバシー保護のためにどこの誰かは知らされませんでしたが、母親は「あんたのことをどうしても助けたいって思ったんじゃろ。自分は死んでも良いからって思ったんじゃろ」と言っていました。

大久保ゆかりはドナーにもらった命を粗末しないように生きて、気が付いたらホテルナインズをひとりで築き上げていました。


大久保ゆかりは「最低の父親だ。酒飲んじゃ暴れて……その事実は変わらん。だが私の命を救ったのもまた事実。顏拝んでやる、最期くらいは」と言いました。

ご遺体を確認する彼女は、穏やかな顏をしていました。


西郷は、真野に電話してお礼を言いました。

西郷:「よく骨髄移植に気が付いたなあ」

真野:「彼女の口腔内細胞のDNAとご遺体のDNAとを比較して、可能性があると思っただけだ。事実を確かめるには彼女の血液を調べるしかなかった」


牛濱の家から出てきたものとは……


真野が、誰もいない牛濱の家に入ってみつけたものとは、牛濱が離婚した妻と息子あてに書いた手紙でした。

住所が書かれていないので、手紙というより独白に近いのかもしれません。


毎年妻と息子の誕生日に書いていたようで、「あの事件がなければ今頃は、と考えないわけではない。家族3人平凡ながらも幸せに暮らしていたのだろうかと。しかし私には真実が闇に葬られるのを黙って見ていることなどできなかった」と書かれています。

「あの事件」が「練馬区一家殺人事件」だとしたら、牛濱は一体何を見たのか?


真野は、牛濱の妻・由利子と息子・優太を探すことを決意。

わずかな手掛かりの先にある真実だけが自分を救うから。


女児殺害事件


高尾警察署の巡査部長・鶴見茂が、科捜研に来ました。

今回の女児殺害事件の全容は以下です。

被害者は、松戸ココ・7歳。

彼女は24日午後、同級生・三島唯と公園で遊んでいたが、夕方5時頃三島唯は先に帰宅。

同日夜9時12分、母親から被害者が帰宅しないとの通報があり、翌日早朝、警察がご遺体を発見した。


公園から100mほど離れた山林で遺体が発見されるまでの11時間、被害者の目撃者は今のところいない。

死因は窒息死、首に巻き付いたロープが凶器と思われる。

殺害された松戸ココの写真を見た沢口は「子供相手にむごいことを……とつぶやきました。

鶴見は「最近、管内で女児を狙った性犯罪が発生していました。犯人はそいつである可能性が高いと見ています。被害者は性的暴行を加えられた後殺されたのではないかと」と話しました。


さらに「御遺体はうつぶせで発見されましたが、尿班が背中側に見られたので、犯人は仰向けの被害者を窒息死させ、その後ご遺体をうつぶせの状態で現場に遺棄したのでしょう」と続けます。


性犯罪者のしわざと決めつける鶴見に「果たしてそうかな?性犯罪者と同一班かはまだわからない。真実の欠片は鑑定資料にある」と真野。

真野の腕が確かだという噂を聞いていた鶴見は「鑑定を頼みます」と真野に頭を下げました。


真野と沢口で鑑定を始めます。

鑑定資料は松戸ココの心臓血、膣内容物、衣類、そして首に巻き付いていたロープ。

ロープには、犯行時犯人が掴んだ可能性が高い2か所にナイロン袋が被せてあります。


ロープの2部位の付着物を採取してDNA鑑定を行い、衣服と膣内容物は精液付着の有無を鑑定します。

沢口は「まだ7歳の女の子が性犯罪の被害者……しかも殺されるなんて」と思わず涙しますが、真野は「沢口さんのそういうところは好ましいと思う。それが鑑定の原動力になるなら」と言いました。


真野が「酸性ホスファターゼ試験を行う」と言って、試薬を準備する沢口。

本試験は、精液を検出するために行います。


沢口が「準備できました。試薬噴射します!」と言うと「いや、直接噴射すると試薬の色が衣類につくから、まず衣類の付着物をろ紙に転写してそこに噴射する」と真野。

遺品を可能な限り、綺麗に残したいのが真野の考えなのです。

「いつも冷静で淡々としているけれど、真野主任の原動力は被害者や遺族を救いたいという強い意思なのかもしれない」と思う沢口。


酸性ホスファターゼ試験試験は陰性で、精液の付着は認められず、ロープの両端からは被害者松戸ココのDNA型しか検出されませんでした。


真野は検査の結果を聞きに来た鶴見に、血の付いたロープの結び目を見せました。

鶴見は「これは犯人の血?今すぐ鑑定してくれ」と言いました。


松井ココの遺体発見から3日目、高尾署は女児を狙った強制わいせつ事件の容疑者として20代の男を任意同行。

男は色んな女の子にいたずらしたことを認めましたが、ココちゃんにはいたずらしていないと供述。


鶴見は男の口腔内細胞を採取しようとしますが、そこへ真野から電話が。

なんとロープの血痕は女性のもので、松井ココの衣類をもっと調べたいとのこと。

「あの子はわいせつ目的で殺されたのではないのか?だったらなぜあの子は殺された?」と思う鶴見。


真野がルミノール検査を行った結果、ココちゃんのシャツの両脇部分と両靴下の足首部分にごく微量の血液が付着。

DNA型は、ロープの血痕と同じでした。


真野は「衣服の汚れ具合から、血痕の持ち主は血が付着した手で松戸ココの足首を掴んで引きずった可能性が高い」と言いました。

シャツとズボンが背中側だけ汚れているのに対し、靴下は綺麗だったからです。


血痕の持ち主は、ココちゃんの両脇に触れたけれど、引きずれなかった可能性があります。

つまり、死体を遺棄したのは非力な人物……?


血液のDNA型は、松井ココの友人・三島唯のものと一致。

ココちゃんは喧嘩しているママとパパを仲直りさせるために、自殺ごっこをすることを思いついたのです。

6年生の子がやってみたと学校で噂になっていて、首をひもでしめてふわ~って気絶するけどすぐ目が覚めるから安全ということです。


唯ちゃんはココちゃんを止めますが、ココちゃんは「大丈夫だって!足が届くところでやるんだもん」と言って首を吊って足をバタバタ。

そのうちココちゃんが地面に落ちてきて、唯ちゃんはすぐにロープをほどこうとしますが指を負傷。


そしてココちゃんは既に亡くなっていました。

怖くなった唯ちゃんは、ココちゃんの足を引きずって運んだのです。

ロープの血痕はココちゃんを殺すためではなく、助けるためについたものだったのです。


沢口が「辛い真実ですね。ご両親は知らない方が良かったなんて思ったりしないでしょうか?」と言うと「わからない。でも真実が明かされなければ、なぜ、どうしてと永遠に問い続けることになる。決して救われない。暗闇のままだ」と真野。

沢口は、こんなにも真実を求める真野のことをもっと深く知りたいと思うのでした。

(『トレース』6巻に続く)

「トレース」23年前の真野の事件の真犯人を原作ネタバレ!復讐ではなく裁きを下す!の記事はこちら
「トレース」23年前の真野の事件の真犯人を原作ネタバレ!復讐ではなく裁きを下す!

ドラマ「トレース」真野礼二(錦戸亮)の過去とは?真実だけが彼を救う?の記事はこちら
ドラマ「トレース」真野礼二(錦戸亮)の過去とは?真実だけが彼を救う?

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • 黄昏流星群
  • SUITS/スーツ
  • 僕らは奇跡でできている(ポイント)
  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • コンフィデンスマンJP
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 獣になれない私たち
  • ドロ刑
  • 今日から俺は!!
  • ブラックスキャンダル
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • 昭和元禄落語心中(216ポイント)
  • まんぷく(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)