アンナチュラル 葬儀屋・木林南雲役の俳優は竜星涼!演技力と役柄を紹介

ドラマ「アンナチュラル」の葬儀屋・木林南雲(きばやしなぐも)役を演じる俳優は竜星涼です。

竜星涼といえば、スーパー戦隊シリーズ「獣電戦隊キョウリュウジャー」の主演・キョウリュウレッド桐生ダイゴを演じた役者さんで筆者のお気に入り俳優です。

ドラマ「アンナチュラル」に出演する竜星涼の経歴や演技力、演じる葬儀屋・木林南雲の役柄についてご紹介します。



アンナチュラル 竜星涼の経歴

竜星涼さん(@ryo_ryusei)がシェアした投稿


竜星涼は1993年3月24日生まれで、現在24歳の俳優です。

原宿の竹下通りでスカウトを受けて2010年にドラマ「素直になれなくて」にてデビューします。

ドラマ「ハンマーセッション!」「秘密(東野圭吾原作)」「桜蘭高校ホスト部」や映画「ライアーゲーム -再生-」などに出演して順調に活躍していきます。


初主演は、前述したとおり2013年のスーパー戦隊シリーズ「獣電戦隊キョウリュウジャー」のレッド・桐生ダイゴを演じたときのことです。


スーパー戦隊シリーズの中でも主題歌が激アツで、竜星涼が演じる主人公・ダイゴの明るくまっすぐな性格と演技が最高にマッチしていた傑作だと筆者は思っています。(かなり賛否両論のある作品です)

また、当時はゴーバスターズなど変身後のスーツが豪華すぎたのですが、キョウリュウジャーではそれに対しt……

おっと、調子に乗って語りすぎるところでした(笑)


以後、竜星涼はドラマと映画の両面で着実に出演作を重ねていきます。

漫画を原作とした2016年の映画「シマウマ」では主演のドラを演じていますが、「あの熱いキョウリュウジャーの主人公がめっちゃ暴力的やん…」と演技の差に驚かされました。


「シマウマ」は“絶対に読んではいけない漫画”というキャッチコピーがあるほどグロテスクで、その中でも狂気なキャラクター・アカを須賀健太が演じています。

ダークナイトのジョーカーを彷彿とさせるアカと、それに振り回されつつ自分を通していくドラのやり取りを楽しめる作品…ですが、絶対に見ないほうがいいです(笑)

過激でダークな竜星涼を拝みたい人だけ、U-NEXTにて配信されているのでチェックしてみましょう。


そんなこんなで、ぶっ飛んだグロ作品に出演していた竜星涼は、打って変わって2017年のNHK朝ドラ「ひよっこ」にて警察官・綿引正義を演じます。

主人公・みねこ(有村架純)がいないところでこっそりダンスするシーンが可愛いと話題となり、竜星涼はさらに知名度を上げていきます。


直近では2017年10月にオトナ高校にて毒舌スパルタ教師・山田翔馬(やまだぺがさす)を演じています。

その他、以下のような作品に出演しています。

竜星涼の出演作
  • ドラマ「GTO」(2014年)芹澤航平
  • ドラマ「ごめんね青春!」(2014年)大木隆
  • ドラマ「こえ恋」(2016年)兵頭誠
  • ドラマ「小さな巨人」(2017年)中村俊哉
  • 映画「orange」(2015年)須和弘人
  • 映画「君と100回目の恋」(2017年)松田直哉
  • 映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」(2017年)春日部信司
  • 映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」(2017年)川合浩介

また、竜星涼は「Yohji Yamamoto HOMME 2016-2017AW Paris Collection」「Y-3 FALL/WINTER 2017 Paris Collection」とパリコレにもデビューを果たしていたり…


そして今回、ドラマ「アンナチュラル」ではUDIラボに出入りする葬儀屋ということで、少し胡散臭いキャラクターのようです。



竜星涼の演技力

竜星涼さん(@ryo_ryusei)がシェアした投稿


竜星涼は演技の幅があり、どんなキャラクターにもハマっていける俳優だと筆者は思っています。

竜星涼はそこまで大きな話題になる役者ではないという印象だったのですが、近年では朝ドラ「ひよっこ」への出演もあり、注目している視聴者が増えたように思えますね。

世間の評価が気になるところですが…


世間的にも評価されているようですね。

「イケメン!」と感じている人もいると思いますが、人を選ぶ顔つき…それでも今着実に人気を伸ばしているのは演技の良さだと思います。


キョウリュウジャーで演じていたときは、決して演技が上手いとは言えませんでしたが伸びしろを感じさせる内容でした。

そして、シマウマでは演技の幅に驚かされ、近年では他にもいろいろな役柄に合わせて器用な対応ができていると感じています。

“「カメレオン俳優」と呼ばれる時代が来るのか?”

今後の活躍にも期待していきたいですね。

アンナチュラル 葬儀屋・木林南雲の役柄


ドラマ「アンナチュラル」で竜星涼が演じるのはフォレスト葬儀社の社員・木林南雲(きばやしなぐも)です。


UDIラボに出入りする葬儀屋で、遺体を運ぶ役目を担っています。

しかし、UDIラボの中堂系(井浦新)と何やらつながりを持っている様子…


中堂系は主人公のミコト(石原さとみ)とは気の合わない倫理観がぶっ壊れた法医解剖医。

葬儀屋とのネットワークがあり、その裏で何を企んでいるのか…

中堂系と木林南雲の秘密が物語のスパイスになっていくのではないでしょうか。


以下の動画は竜星涼のインタビューです。



インタビューでも語っているとおり、謎の多いキャラクターだということですね。

医療系の出演は初めてということで、豪華出演陣との共演も楽しみです。

まとめ

ドラマ「アンナチュラル」に出演する竜星涼の経歴や演技力、演じる葬儀屋・木林南雲の役柄についてご紹介しました。

不自然な死を解明するドラマで、竜星涼は自然な演技で楽しませてくれるのか…

アンナチュラルの竜星涼には要チェックです。

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • 限界団地
  • コンフィデンスマンJP
  • シグナル(ポイント)
  • モンテ・クリスト伯
  • コードブルーシリーズ
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)
  • 正義のセ
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル!




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • デイジー・ラック(216ポイント)
  • 半分、青い。(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)