「3年A組」最終回のネタバレと感想!柊の最後の目的はさくらの心を救うこと!感動の結末!

今期の大人気ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の最終回が放送されました。

澪奈(上白石萌歌)とさくら(永野芽郁)の間にあった悲しい出来事の全貌が明らかになり、さくらの流す美しい涙に視聴者は感動の涙を流しました。

当記事では、ドラマ『3年A組』最終回のあらすじのネタバレと、Twitter(ツイッター)の評判と感想をまとめています。


「3年A組」卒業式・前編のあらすじをネタバレ!1~17番の生徒の言葉と柊の言葉が泣ける!の記事はこちら
「3年A組」卒業式・前編のあらすじをネタバレ!1~17番の生徒の言葉と柊の言葉が泣ける!

「3年A組」卒業式・後編のあらすじをネタバレ!柊の最後の言葉が泣ける……!レッツ・シンクよ永遠に!の記事はこちら
「3年A組」卒業式・後編のあらすじをネタバレ!柊の最後の言葉が泣ける……!レッツ・シンクよ永遠に!



『3年A組』最終回のあらすじのネタバレ



『3年A組』の最終回のあらすじのネタバレをまとめていきます。

柊が射殺される?


柊一颯(菅田将暉)はライフルをぶっ放しながら、郡司刑事(椎名桔平)を人質に屋上に現れました。

そして、152134200円の身代金が集まったことを発表。


その時、現指揮官の本条が「許可する」と命令して、SITが柊の体を撃ち抜きました。

しかしSITが突入すると、校舎が爆破されます。

なんと、柊は防弾チョッキを着ていて無事だったのです(^_^;)


柊は、郡司刑事を蹴り上げて、銃を突き付けて、改めて要求を叫びます。

「明日の朝8時に、SNSマインドボイスのライブ中継を使って、皆さんに全ての真相をお話しします。もし邪魔したら、この校舎を全て爆破します」

真実がどこにあるのか……レーッツ・シーンク!


一方、3年A組の教室では、さくらが澪奈を殺した全容を告白しようとしていました。

「先生は今、あたしのためにあんなことしてる、だからみんなに聞いてもらいたいの」


柊が郡司に全てを話す


階段で話をする柊と郡司刑事。

SNSマインドボイスでは、柊を完全に悪者扱いしています。

郡司は「そろそろ話してもいいんじゃないのか、お前がなぜこんな事件を起こしたのか」と聞き、柊は話し出します。

きっかけは、文香のフェイク動画だった。

柊がその犯人が武智(田辺誠一)だと調べ上げた頃には、文香の心の病は進行していた。

柊は孝彦(矢島健一)に「魁皇高校の面接を受けます!そこで武智の犯罪を暴きます」と宣言して、魁皇高校の教師に。


しかし柊のすいぞう癌が再発して入院、そのころには文香は完全に引き籠りに。

そんな時、柊は、影山澪奈(上白石萌歌)もまた、フェイク動画を撮られたことを知る。


柊は澪奈に「君の力になれるかもしれない」と言うが、澪奈は飛び降り自殺。

その日は、柊があと1年の余命宣告を受けた日だった。


柊は、犯人が武智であると知りつつ、澪奈を救えなかった自分を責めたが、孝彦は「負の感情に負けちゃいけない、明日の活力に変えるんだ」と説得。

そして柊は「最後に教師としての本懐を遂げたいんです」と立て籠もり計画を実行することを決意。

協力者の五十嵐が「これは復讐なのか」と聞くと「いえ、これは文香や影山澪奈のような犠牲者を出さないための救済だと思っております」と柊。


柊は逢沢に“生徒たちのお目付け役”を命じて、「計画を成功させるためには、最終的に俺が全国の敵になる必要がある」と言った。

そうでもしなければ、目的は達せられない。

さらにこれは、ある生徒のためでもあった。


茅野さくらの告白


あの日、影山澪奈が自殺することになった日。

澪奈と一緒にビルの屋上に行ったのは、さくらでした。


目的は、みんなと一緒になって澪奈を無視したことを謝罪するため。

さくらは「澪奈は強い」と言ってしまったこのビルの屋上で、澪奈に謝りたかったのです。

しかしさくらが澪奈に謝っている最中に、さくらのスマホが鳴ります。


さくらが「ごめん」と言って返信すると、「やめて!なんでそんなこと言うの?」と言って後ずさりする澪奈。

澪奈の耳には、自分を責める人々の声が聞こえていたのです(幻聴)。


澪奈は「わかってる、さくらは味方だって。でもみんなが敵に見えるの。そしてそんな風に思う自分が嫌で。だからもう無理なんだ」と言って、飛び降りました。

さくらは駆け寄って澪奈の手を掴みましたが、「離して!もう限界なの」と澪奈。

そしてさくらは澪奈の手を離し、澪奈は落下。


場面は変わって、3年A組の教室。

さくらが「私は澪奈の手を離した」と言って、「それは違う!自分を責めるなよ!」と逢沢。


柊もまた、逢沢と同じセリフをさくらに言ったことがありました。

それは第1日目の授業が終わって、さくらが柊のノートパソコンを持って美術準備室に来た時。

さくら:「私は澪奈の手を離しました、これで澪奈が楽になるならと手を離したのです。澪奈を殺したのは私です」

柊:「影山を死に追い詰めたのは別の理由だ。たとえお前があの場で助けていたとしても、彼女は同じ末路をたどっていたかもしれない。俺を信じてこの10日間を過ごすんだ、お前自身で答えを探すんだ、この事件を最後まで見届けるんだ」


また場面は変わって、3年A組の教室。

さくらは「先生は澪奈が亡くなった理由を解き明かそうとしているけれど、そんなことで私の罪は消えない」と目を伏せます。


またまた場面は変わって、階段の柊と郡司。

柊の目的を知った郡司が「どうして生徒のためにそこまでする?」と聞き、「教師だからですよ」と柊。

柊は「あなたなら俺の最後を見届けてくれると思って」と言って、郡司刑事の手錠を外して携帯も返しました。


柊が全ての真相を語る


Mizuki Uedaさん(@uemizu1125)がシェアした投稿


もうすぐ8時。

3年A組では、さくらが「先生が死ぬかもしれない」と言い出し、生徒たちはざわつきます。

確かに事件の真相を語るだけなら教室でいいはず、屋上に出る目的は……?


郡司は部下の宮城(細田善彦)に「相良文香を連れて来い、彼女に柊が何をしようとしているのか、ちゃんと見せてやりたいんだ」と電話。

すると、大きな音が……!

3年A組の生徒たちが屋上に出るために、石をどけていたのです。

郡司も反対方向から手伝うとします。


そしてとうとう柊が屋上に現れて、告白が始まりました。

柊はまず、例の動画を流しました(武智かと思われた人物が、画像解析の結果柊だったという動画)。


この動画には続きがあり、「カーット!」の声がかかって「フェイク動画の完成です!」の声が。

そして孝彦も現れて、澪奈と思われた少女は別人でした(おそらくモデルさんか何か)。


柊が「これは俺が作ったフェイク動画だ。影山澪奈の自殺とは何の関係もない」と言い放ち、SNSは怒りと混乱でザワザワ。

柊は「混乱しているねえ!」と大笑いして、「でもけなすことは忘れない。これだよ、俺が立て籠もった理由は!」と叫びます。


9話のひとつ目のピー


そう、柊が立て籠もった理由は、SNSによる暴力を世に知らしめること。

9話のピーの一つ目は、これだったのです。

フェイク動画で状況を2転3転させることで、いかに自分たち(SNS)が不確かな情報に踊らされているか自覚させることが目的だったのです。


SNSの流れは以下です。

・1日目、柊を生徒殺しの殺人犯として叩く。

・2日目~4日目、次々に増えていく犠牲者の情報に、柊を凶悪犯として盛り上がる。

・5日目、誰も殺してないことや、教師が標的だったことを知って、今度は柊をヒーロー扱いする。

・6日目、武智の犯行をにおわせたら、ネットで武智に疑いの目を向けた。

・7日目、フェイク動画に映った人物を武智と断定して追い詰めた。

・8日目、証拠もないのにネットで武智を徹底的に糾弾した。

・9日目、柊が真犯人とわかるやいなや、矛先を柊に変えて、ネットで叩きまくった。

・10日目、全てが嘘だとわかって、混乱&怒り。

柊はSNSに向かって「お前たちはこの10日間でどれだけ自分の意見を変えた?心無い言葉を浴びせた?俺はお前らのそんな愚かな行動をあぶりだすためにこの事件を起こしたんだよ!」と叫びます。

さらに「周りに流されて、意見を合わせることしかできないお前に言ってんだよォ!」と画面を指さします。


9話のふたつ目のピー



影山澪奈を殺した本当の犯人は、SNS、マインドボイス(9話のピーの2つ目)。

澪奈はフェイク動画を流されて、その後マインドボイスの誹謗中傷の数々に耐えかねて命を絶ったのです。

何千何万の悪意にまみれたナイフに刺されて、彼女の心が殺されたのです。


その頃、体育館で幻聴に取りつかれた武智が「俺は犯人じゃないんだ~!」と叫んでいました。

校長は武智に「私ちはあなたの味方だ。あなたがやるべきことはただひとつ、償うことです。柊先生の言葉に耳を傾け、一緒に考えましょう!」と言いました。


また場面は戻って、屋上の柊。

「フェイク動画は影山澪奈の心を傷つけたが、それは1次災害に過ぎなかった。

その動画を見たSNSが浴びせた誹謗中傷、2次災害こそが、影山を死においやった原因なんだ。

影山はネットの罵詈雑言によって、幻覚や幻聴を感じるようになった。

彼女の気持ちがわかるか?!

お前らが浴びせた言葉の暴力が、彼女の心を壊したんだぞ!

お前たちが影山の命を奪ったんだ!」

澪奈が飛び降りたとき、澪奈の耳にはマインドボイスの幻聴が多数聞こえていたのです。


マインドボイスは「傷つくんならネットなんか見なきゃいいのよ」「ふざけんなよ、バーカ」「マジ殺してえ」「ネットの意見を真に受けた影山が悪い」など反論してきますが、柊は「逃げてんじゃねえぞ!」と全身で反論。


柊の祈り


なーちゃんさん(@nao.movie.love)がシェアした投稿


柊は「自分の親や友達に面と向かって言えない言葉を、見ず知らずに人間に向けるなよ」「お前らのストレス発散で他人の心をえぐるなよ!お前らそこまで馬鹿じゃないだろう」と泣きながら訴え続けます。

3年A組の生徒たちは「先生、怒ってる」と言いますが、「これは怒りじゃない、祈りだ」と郡司刑事。


さらに、柊の祈りは続きます。

「マインドボイスは誰とでも繋がれる便利なツールである一方、暴力装置にもなり得る!だから刻んで欲しいんだよ!ひとりよがりに偏った正義感が束になることで、いとも簡単に人の命を奪えるかもしれないってことを!」

「そこにいる君に!これを見ているあなたに!……これを刻んでほしいんだよ!他人をけなす前にまずは自分を律して磨いて作っていくのが大切なんじゃないのか?てかそっちの方が楽しいだろ!もっと人に優しくなろうぜ!もっと自分を大事にしようぜ!」


柊はむせび泣きながら、腰の痛みに耐えていました。

「きっと俺の言葉は、ほとんどの人間には痛くも痒くもないだろう。でも誰かひとりでいい、君ひとりでいい。自分の言葉が影山澪奈のような犠牲者を作るかもしれない、そう思って踏みとどまってくれたら、今おれがここに立っている意味がある」

柊は、その最初の1人がやがて10人になって100人になって、1000人になっていくことを信じているのです。

「聞いてくれてありがとう、レッツシンク」


1話の飛び降りシーンのその後とは……?



柊はもはやボロボロでした。

そこへ茅野さくらが駆けつけました。

柊は「これをもって俺の授業は完結する」と言って、配信終了。


そして眼鏡を取って、後ろ向きに飛び降り……。

さくらがしっかりと柊の手を握り、柊は澪奈のように「頼む、俺を楽にさせてくれ」と言ってきます。


さくらの頭に、飛び降りた澪奈の手を握った時のことが思い出されます。

あの時、さくらは澪奈の手を自分から離したりしませんでした。

さくらは「ダメ!絶対ダメ~!ずっとそばにいるから。一緒にいるから、だから生きて」と叫んだのです。

それでも、澪奈は自分から手を離した……!


感動のラスト


あやかさん(@___mitsuki.___)がシェアした投稿


さくらの力が尽きそうになった時、甲斐隼人(片寄涼太)が「死なせてたまるかよォ!」と柊の手を掴みました。

そして3年A組の生徒全員で、柊を持ち上げて救いました。


柊は眼鏡をかけて「茅野、お前に聞く。お前は本当に影山の手を離したのか?楽になると思ってその手を離したのか?」と聞き、「いえ、私は澪奈の手を必死につかんで……」とさくら。


柊はさくらの手を取って「そうだよ、お前は離さなかったんだよ。この小さな手で最後まで精一杯影山を救おうとしたんだよ。だからもう、自分を責めるな」と言いました。

あしゅれーさん(@ashley_asakkyi_)がシェアした投稿


そして「よくがんばった」とさくらを抱き締めました。


柊が「これで本当に俺の授業は終わりだ」と言って、生徒たちは柊が眼鏡をはずしていたことから死ぬつもりではなく、さくらの心を救うために飛び降りたことを知ります。

「ああ……死ぬのは怖いな」と柊。


そのころ地上では、武智が文香に謝罪していました。

「僕はあなたと影山澪奈にとんでもないことをしました、謝ってすむ問題じゃないことはわかっています。でもここから始めさせてください。本当に申しわけありませんでした!」

文香は「顏、上げてください。もう、大丈夫ですから。私は強く生きます」と答えました。


そして屋上に郡司刑事が現れて、「柊一颯、器物損壊その他もろもろの現行犯で逮捕する」と柊を逮捕。

パトカーに連行されようとする柊に、文香は「ありがとう」と涙。


生徒たちも駆け寄りましたが、警察に止められます。

柊は生徒たちの顔を見て「みんないい顏してんなあ、卒業おめでとう!」と言いました。


そして時は流れて、柊の3回忌の終了後。

生徒たちは、今は亡き柊の話をします。

柊があれから1年も生きたこと。

最後の最後までしぶとかったこと。

やっぱり柊はヒーローだったこと。

そして気になる身代金ですが、全額ユーザーに返金されたとのこと。


さくらは、ひとり教室に残っていました。

そして柊の遺影に語りかけます。

「先生、あの事件で世の中が大きく変わったなんてことは全然なくて、まるで何もなかったようにみんな相変わらずせわしなく生きてて、でも、これだけはどうしても言いたくて。あの10日間は私にとって青春でした。先生から色んなことを教わって学んで、考えるようになって、だから、私やクラスのみんなに届いたように、誰かに伝わってほしい、そう思っています。先生の思いが誰かに、誰かに」


今日、引きこもりの少年が「死ね」とマインドボイスに投稿するのを思いとどまりました。

(FIN)


『3年A組』最終回のTwitter(ツイッター)の評判と感想

『3年A組』最終回のツイッターの評判と感想を見てみましょう。

柊の目的に感動







柊の大きな目的はSNSに自分の罪を自覚させることでしたが、最終的な着地点はさくらの心を救うことでした。

そのために自分が実際に飛び降りるなんて、柊先生やりすぎです(^_^;)


さくらの手が間に合わなかったらどうするつもりだったのか?など突っ込みどころは色々あるものの、最後に3年A組の生徒全員で引っ張り上げたシーンは感動以外の何物でもありませんでした。


何より、永野芽郁さん演じるさくらが澪奈を本当に大事に思っていたことが伝わってきて、泣けるのなんのって……。

さくら、本当に辛かったんだなあって。


永野芽郁さんの演技ですが、最初は「スズメを引きずってる」など不評もありましたが、回を追うごとに素晴らしくなっていったと思います。

最後は世の中にこんな美しい涙があるのかと思うほど、引き込まれる演技でした。


感動の結末で、犯人は私たち視聴者?










屋上での柊先生の叫び(いや、祈り)は、凄かったですね……。

ブラウン管を通じて、マインドボイスを通じて、私たち視聴者にも強いメッセージを残すような内容。


もう一言一句聞き逃せなくて、グサグサきました。

ナイフで刺されるよりも言葉の暴力の方が威力があるのは、本当にその通りですから(>_<)

この忙しい世の中で、ひとりでも多くの人に聞いてほしい素晴らしい内容でした。


学校で見せるべき作品という声もありましたが、すごくいいと思います。

柊先生なら、乾ききった生徒の心に何か残せるはず。


最終回の視聴率はなんと15.4パーセント!

話題性も中身も、凄いドラマでした。


終わり方は意外と凡庸?マインドボイスのお金の使い道が残念?




一方で、終わり方が凡庸だと指摘する声もありました。

確かに、SNSが犯人というのはネット上で既に多くの方が予想されていたので、意外性は少なかったかもしれません。


でも、SNSに向かってここまでしっかり説教した先生は、やっぱり前代未聞。

筆者は、このシーンは何度か見返したいと思いました。


凡庸で地味かもしれないけど、ひとりひとりの意識の集まりしか世の中を変えられないのは事実。

政治だって税金だって。

そのためには、良い意識の集合体が不可欠になってくるのです(ひとりじゃダメなんです)。


ひとつ残念なのは、マインドボイスから集めたお金の使い道。

返却しちゃったのですね~。


校舎の復旧費用という声が大方だったのですが、何かに使ってほしかった気がします。

でもあくまでも教師という立場の柊先生が、生徒(マインドボイス)からお金を取っちゃマズいか(^_^;)


ラストシーンの少年はあのドラマのあの子



ラストシーンで誹謗中傷を引っ込めた少年(ハンドルネーム「最後の在校生」)は、『高嶺の花』の自転車少年・宗太(館 秀々輝)。

引き籠りの部屋といい、『高嶺の花』と重なる設定で懐かしかったです。


しかも宗太って、『高峰の花』の最終回には自転車の旅を終えて見事に改心するんです。

もしかしたら、『3年A組』ラストシーンの宗太は、自転車旅行に行く前の宗太なのかも。


とにかく最高のドラマだった






ドラマの放送が終わっても、感動の声は止まりません。

色々無理な設定はあったにせよ、菅田将暉さんの演技の熱量が凄かったし、生徒役の若手キャストさん達の演技もまさに体当たりで半端ありませんでした。


柊の生徒たち個々への授業シーンはもちろん、最終回の生徒たち全員で柊を引っ張り上げるシーンと、柊が最後に「卒業おめでとう!」と言ったシーンは、今思い出しても泣きそうになります。

このドラマは、しばらく尾を引くと思います。

まとめ

『3年A組』最終回のあらすじのネタバレと、Twitter(ツイッター)の評判と感想をまとめました。

早くも深刻なロスの声が上がっていますが、筆者もそのひとりです。


「3年A組」卒業式・前編のあらすじをネタバレ!1~17番の生徒の言葉と柊の言葉が泣ける!の記事はこちら
「3年A組」卒業式・前編のあらすじをネタバレ!1~17番の生徒の言葉と柊の言葉が泣ける!

「3年A組」卒業式・後編のあらすじをネタバレ!柊の最後の言葉が泣ける……!レッツ・シンクよ永遠に!の記事はこちら
「3年A組」卒業式・後編のあらすじをネタバレ!柊の最後の言葉が泣ける……!レッツ・シンクよ永遠に!