deleディーリー4話のあらすじのネタバレと感想!元超能力少年の優しさが泣ける!

『deleディーリー』4話では、元超能力少年・日暮(野田洋次郎)が病死。

誰からも忘れ去られたような孤独死を遂げた日暮ですが、死ぬ前に絵を描いていました。

さらに「あれまで消えてしまうのが正しいのかわからない」という不可解なメッセージを残したことから、圭司と祐太郎が動き出します。

当記事では『deleディーリー』4話のあらすじのネタバレとTwitter(ツイッター)の評判と感想についてまとめました。


「deleディーリー祐太郎(菅田将暉)の妹の死を原作ネタバレ!圭司が犯人だった?」の記事はこちら
deleディーリー祐太郎(菅田将暉)の妹の死を原作ネタバレ!圭司が犯人だった?

「deleディーリー6話 あらすじのネタバレと感想!純真な少女を死に追いやった悪魔とは?」の記事はこちら
deleディーリー6話 あらすじのネタバレと感想!純真な少女を死に追いやった悪魔とは?

「deleディーリー圭司(山田孝之)が車椅子になった理由を原作からネタバレ!運動療法をやめた?」の記事はこちら
deleディーリー圭司(山田孝之)が車椅子になった理由を原作からネタバレ!運動療法をやめた?



『deleディーリー』4話のあらすじのネタバレ


菅田将暉さん(@sugooofficial)がシェアした投稿


『deleディーリー』4話のあらすじを簡単にネタバレします。

不可解なメッセージ


人は二度死ぬと言う。

一度目は肉体の死を迎えた時。

二度目は誰からも忘れられた時。

だとしたら、

僕はもうすぐ訪れる肉体の死より先に、一度死んでることになる。

僕のことなどもう誰も覚えていない……それでいい。

呪われた力を持った僕は、誰からも顧みられることなくこの世から消えた方がいい。

そう思う一方で……あれまで消えてしまうのが正しいのかわからない。

あの時はそうするべきだと思った。

その後の彼女の暮らしぶりを見ても、

あの判断は間違っていなかったはずだ……。

でも、本当にそうなのか?……。

僕にはもう、何もわからない。

不可解なフレーズと葛藤に満ちた、遺書のようなメールが「dele. LIFE」に届きました。


送り主は日暮裕司(野田洋次郎)という35歳の男で、「dele. LIFE」にPDFファイルの死後削除を依頼していた人物でした。

メールを受け取った坂上圭司(山田孝之)は「あれまで消えてしまうことが正しいのか」という言葉を目にするや、「あれ」が削除依頼ファイルだと推測。


「今回は特別だ」と言って、ファイルを開けます。

そこには、子どもが色鉛筆で描いたと思われる絵が数点格納されていました。

「さっぱりわけわかんない」と言う真柴祐太郎(菅田将暉)と坂上舞(麻生久美子)。


日暮は、元天才超能力少年


すぐさま日暮の死亡確認に向かった圭司と祐太郎は、日暮の部屋に不法侵入。

日暮は、色鉛筆を手に絶命していました。

圭司は、遺体の下から描きかけの風景画と古ぼけた女性の写真を発見。

検死の結果、日暮は病死(末期の肺がんで、病院に行った形跡はなし)。


「あのデータを見たことある。俺は25年前の依頼人を知ってる」と言う圭司。

日暮はかつて天才超能力少年としてもてはやされたサイコメトラー(霊視能力)で、圭司も心酔していた人物だったのです。

憧れのヒーローだから、今回圭司はいつもと違って“やる気”を見せていたのでした。


日暮少年が行方がわからなくなった人の写真に触れていると、その人のいる場所が見えました。

彼は、脳内にうつった風景を絵にしました。

あるバラエティ番組で、彼が絵に描いた通りの場所で、失踪した人がみつかります。

テレビや雑誌がこぞって日暮少年の能力を取り上げる、一大ブームが起こりました。


日暮が大バッシングを受けて姿を消す


しかし25年前、日暮はある少女の依頼で、失踪した母親の居場所を霊視しようとするも失敗。

世間から猛烈なバッシングを受け、日暮はメディアから姿を消したのだという。

「彼の能力は本物だった。でもその能力が自分たちの常識で説明つかないから、人々は抹殺した。魔女狩りの頃から人は変わってない」と圭司。


日暮の父親は、日暮が中学生の時に借金を抱えて自殺。

姉である叔母が、2年間、日暮をあずかります。

なぜなら日暮の母親は父親と離婚して、新しい家庭を持っていたから。


叔母が日暮と一緒に会いに行っても、「その子とは縁を切りました!その子は呪われた子です!」と母親は叫んだそう。

母親は日暮の能力が怖くなって、実の子なのに捨てたのです。

日暮の哀れな境遇に同情した祐太郎は圭司とともに、最期の瞬間まで日暮の心を大きく占めていた思いをひも解こうとします。


松井美香の話


そんな中、日暮にとって“最後の依頼人”となった少女・松井美香(松本若菜)の行方が判明。

圭司と祐太郎は、近所に住む父・重治(矢島健一)の助けも借りながら、今では幸せな家庭を築いているという美香を訪ねます。

母親の行方は未だにわからず、もうあきらめていると言う。


美香は、25年前の番組での出来事を話してくれました。

日暮少年は美香の母親の写真に手を当てて、なぜかハアハアと荒い息を。

ディレクターが「見えたのか?」と聞くと、うなずきました。

しかし日暮少年は美香の方を振り返って、蒼白の顔をしたそう。


「私の母親が既に死んでることが見えたから、日暮さんは嘘の絵を描いたのではないか」と美香。

美香に日暮が描いた絵を見せると「水族館の絵じゃないか」と言います。


さらにひと月ほど前、美香の娘が見知らぬおじさんに手を振っていたという。

その丸まった背中を見た美香は、あれは日暮ではないかと直観的に思ったそうです。


日暮の霊能力は本物


水族館に向かった圭司と祐太郎は、日暮の絵のとおりの建物や乗り物を発見することに。

「最後の瓶の絵、その下に美香さんのお母さんが埋まってるってことなのか」と祐太郎。


喫茶店のマスターが日暮の絵を見て、あけがた山のふもとのキャンプ場だと教えてくれました。

キャンプ場はとっくに閉鎖されているという。

早速、そこへ向かう2人。


祐太郎が刑事をおぶって、森の中へ。

なぜか霊感がある祐太郎は、導かれるままに進みます。

そこには絵に描かれていた瓶が落ちていました。

そして……日暮の幽霊?


土を掘り続ける圭司と祐太郎。

とうとう遺体を発見……!

DNA鑑定の結果、美香の母親のものと判明。

マスコミは「超能力は本物だった」と大きく取り上げました。


美香は「日暮さんには感謝してます、今の私だから受け止められたけれど、10歳の自分だったらどうなっていたか」と言って、感謝の意を表しました。


25年前の真相


その後、圭司と祐太郎は、美香の父親・ 重治(矢島健一)に会いにいきました。

遺体のそばにあった名刺入れをわたすために。


「あの時、落としたのか、全然気付かなかった」と重治。

重治はつまらない喧嘩がきっかけで、美香の母親を殺してしまったのでした。


最初は妻に失踪された夫を演じていましたが、日に日に罪悪感にさいなまされるように。

そんな中、美香がテレビに出演して母親を探したいと言うのを止めることは出来ませんでした。


「自分の罪を暴かれてもいい」と覚悟を決めたのです。

しかし重治が母親を殺すのが見えた日暮少年は、本当のことが言えませんでした。


圭司は重治に「あなたがこれからそうするかは自由です。でも我々の依頼人はあなたが美香さんの幸せを守りとおすことを望んでいます」と告げました。

事務所に帰った圭司は、日暮のデータを消去(delete)。


後日、圭司と祐太郎は、日暮の墓参りに。

祐太郎は「森の中で日暮の幽霊を見た」と言いますが、「霊など信じない」と圭司。


その後、行先を告げずに、祐太郎に車を運転させる圭司。

到着したのは、日暮の実母が住んでいる家でした。

日暮は死ぬ間際、自分の母親が住んでいる絵を描いたのです。


圭司と祐太郎は、何も言わず、立ち去りました。

「俺達が覚えていればいい、マザコンの元超能力少年のことを」と圭司。

そうすれば日暮にまだ、二度目の死は訪れません。


『deleディーリー』4話・Twitter(ツイッター)の評判と感想

『deleディーリー』4話のTwitter(ツイッター)の評判と感想を見てみましょう。

ヘタな役者が一人もいない安心感



『deleディーリー』に出てくる役者は、全員演技が上手。

完成度の高い作品に仕上がっているので、安心して見ることができますよね。

個人的に、日暮役の野田洋次郎さんの演技にぐっときましたね。


テーマが切ない




「日暮さんの最期が切ない」という声が相次ぎました。

それでも日暮の優しさのおかげで、美香の幸せは守られたと言えるでしょう。

淋しいけれど、どこか良かったと思わせる不思議なラストでしたね。

まとめ

『deleディーリー』4話のあらすじのネタバレとTwitter(ツイッター)の評判と感想をまとめました。

ドラマとは思えない深さを感じさせる『deleディーリー』は、今後も見逃せません!


「deleディーリー祐太郎(菅田将暉)の妹の死を原作ネタバレ!圭司が犯人だった?」の記事はこちら
deleディーリー祐太郎(菅田将暉)の妹の死を原作ネタバレ!圭司が犯人だった?

「deleディーリー圭司(山田孝之)が車椅子になった理由を原作からネタバレ!運動療法をやめた?」の記事はこちら
deleディーリー圭司(山田孝之)が車椅子になった理由を原作からネタバレ!運動療法をやめた?

『deleディーリー』1話のあらすじのネタバレと感想記事はこちら
deleディーリー1話 あらすじのネタバレと感想!最高の山田孝之と菅田将暉!

『deleディーリー』2話のあらすじのネタバレと感想記事はこちら
deleディーリー2話あらすじのネタバレと感想!謎のダイイングメッセージの意味を探れ!

『deleディーリー』3話のあらすじのネタバレと感想の記事はこちら
deleディーリー3話のあらすじのネタバレと感想!5本の薔薇の意味とは?

『deleディーリー』5話のあらすじのネタバレと感想の記事はこちら
deleディーリー5話 あらすじのネタバレと感想!圭司の元カノ・明奈が美しすぎる!

「deleディーリー6話 あらすじのネタバレと感想!純真な少女を死に追いやった悪魔とは?」の記事はこちら
deleディーリー6話 あらすじのネタバレと感想!純真な少女を死に追いやった悪魔とは?

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • 黄昏流星群
  • SUITS/スーツ
  • 僕らは奇跡でできている(ポイント)
  • グッドドクター
  • 絶対零度
  • コンフィデンスマンJP
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン

 



Hulu 日テレ公式


  • 獣になれない私たち
  • ドロ刑
  • 今日から俺は!!
  • ブラックスキャンダル
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • ゼロ エピソードゼロ(スピンオフ)




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • 昭和元禄落語心中(216ポイント)
  • まんぷく(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)