「メゾン・ド・ポリス」2話のあらすじのネタバレと感想!フリー素材の知らない男よ!が衝撃的!

『メゾン・ド・ポリス』2話でも、ひより(高畑充希)はおじさま達と協力して事件を解決します。

そしてなんと鑑識の杉岡(西田尚美)が東堂(野口五郎)の2番目の元妻であることが判明!

そしてそして~! 事件のカギを握るのは、ウサギの毛?

当記事ではドラマ『メゾン・ド・ポリス』2話のあらすじのネタバレと、Twitter(ツイッター)の評判と感想をまとめています。


ドラマ「メゾン・ド・ポリス」キャスト一覧!原作やあらすじ、見どころ、主題歌も!の記事はこちら
ドラマ「メゾン・ド・ポリス」キャスト一覧!原作やあらすじ、見どころ、主題歌も!

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」1話のネタバレと感想!高畑充希のピュアな刑事役がハマッてる!の記事はこちら
ドラマ「メゾン・ド・ポリス」1話のネタバレと感想!高畑充希のピュアな刑事役がハマッてる!

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」夏目の過去とは?警察を辞めた理由とは?の記事はこちら
ドラマ「メゾン・ド・ポリス」夏目の過去とは?警察を辞めた理由とは?



ドラマ『メゾン・ド・ポリス』2話のあらすじのネタバレ



ドラマ『メゾン・ド・ポリス』2話のあらすじのネタバレをまとめていきます。

2話の事件の概要



年金暮らしをしていた独居老人・平松祥恵(内田尋子)が自宅で死亡しているのが発見されます。

平松は睡眠薬を飲んだ後、トイレで硫化水素を吸い、呼吸不全により死亡。

気密性を保つためにトイレのドアには接着剤で目張りがされていて、使用された接着剤はトイレの中。


連絡が取れないことを心配した知人の三上絵里花(中山エミリ)が、大家に頼んで玄関の扉を開けてもらって遺体を発見。

つまり玄関とトイレのドア、現場は二重の密室だったということ。

その場に「もう生きる意味がありません。さようなら」の遺書もあり、孤独に耐えかねた独居老人の自殺として見られています。


新人刑事・ひより(高畑充希)に呼ばれた迫田(角野卓造)と東堂(野口五郎)は「なんで俺たちが自殺の後処理なんかしなきゃいけないんだよォ」と不服顏。

しかしひよりが「他殺の可能性もあります」と言うと、2人の目はキラーン!

その根拠は……

  • トイレの目張りはノズルを使えば外からでも可能。
  • 70代の女性がスマホで遺書は不自然だし、老眼鏡が離れたところに置いてあった。
  • クローゼットの中はお洒落な洋服がズラリ(人生に絶望した感じがない)。

東堂はクローゼットのコートに付いた2本の毛に大興奮して、持ち帰りました(^_^;)


東堂の元妻登場



ひよりは、現場で見つけた毛髪を調べてもらうために、鑑識の杉岡に「メゾン・ド・ポリス」に来てもらいました。

杉岡は「牧野、あんたこんなとこで何やってんの?あれは自殺。あたしが断言する!毛髪はどこ?」と不満顔。


そこへ「君が見落として僕が見つけたんだよ、さ~やちゃん」と藤堂が登場。

なんと杉岡は、藤堂の2番目の元妻だったのです。


杉岡は伊達(近藤正臣)を見て「伊達副総監!」と敬礼。

「副総監だったんですか?!」と驚くひより。


鑑定資料は半分ずつ?



東堂は「ようこそ、ボクの研究室へ」と言って、自分の部屋に杉岡とひよりを案内。

そこは型落ちだらけとはいえ、鑑定に必要な器機が揃っています。


東堂は「半分こ」と言って現場で手に入れた毛を1本だけ杉岡に渡します。

杉岡は「なんで部外者に半分譲らないといけないのよ」と不満ですが、裏で伊達の力が動いていると知ってあきらめました。


その後、ひよりと杉岡、おじさま達がリビングで今回の事件の不審な点を整理。

ひよりは、亡くなった平松は“子供見守り隊”として毎日道路に立っていて、十分な“生き甲斐”があったと話します、

しかし杉岡は、平松はずっと未婚で、毎日見る子供たちの顔に“孤独感”を深めたのだと反論。


ひよりが「でも70歳まで独身で、いまさら寂しくて自殺するでしょうか?」と問いかけると、そこに東堂登場。

杉岡に向かって「後輩のミスを見落とすわけにはいかない。まだ自殺とは断定できない。確証を得るまでは検証を続けるべきだと教えたでしょう?」と嫌味たっぷりに言いました。


杉岡がひよりに「こんな老人ホームのおじさん達に頼ってプライドはないの?」と言って、ひよりはつい「ひとりでやります!」と言ってしまいます。


牧野、結婚するぞ!



数日後、ひよりは夏目(西島秀俊)とともに第一発見者の三上絵里花(中山エミリ)を訪ねます。

と、そこにはなぜか三上の娘が通う小学校のPTA会長・本橋や渉外広報担当の森元妙子(白羽ゆり)らも同席。


小学校の“見守り隊員”を務めていた平松とPTA役員の三上には面識があったのですが、どうやら三上が犯人だという噂が出回ってしまいこれ以上あらぬ噂が立たないようPTAとして事情を聞かれたことにしたいと言うのです。


そんな三上は、夏目の「まだ自殺と決まったわけではありません。事件の可能性も視野に入れて再捜査しています」の発言に、明らかな動揺を見せます。


三上が何か隠しているのは明白ですが、警察がママ友達に事情徴収するとまた三上に迷惑がかかるかもしれません。

すると夏目は「牧野!結婚するぞ!」と言い、ママ友たちのところに行って最近引っ越してきた夫婦を装って話を聞きます。

夏目に「おーい、ひより!」と呼び捨てにされて、「今行く!」と思わず声が裏返るひより。

内心では、夫婦じゃなくて親子だろー……と思っていました。


新事実発覚!



夏目とひよりが夫婦ごっこをして聞き込みした結果、三上とPTA会長・本橋が不倫していたことが判明。

本橋は将来区議会委員とか区長を狙っていて、どうしても会長に再選したいと思っているので、三上との仲を決して知られたくないとのこと。


しかしママ友の中には、次期会長に森元妙子を押す声も多いとのこと。

森元は生活もお洒落で、ママ友たちの間で羨望の的。

夫は商社マンで今はシンガポールに赴任中ですが、毎月家族に会いに帰ってくるそう。


そして迫田は、平松の意外な顔を発見。

なんと平松は運動施設に通っていて、そこの老齢の男性たちにモテモテだったとのこと。

お洒落で金周りもよい平松は、人気者だったのです。

なんと、年金暮らしの平松には“いい金づる”がいたと言うのです!

迫田は瀬川草介(竜星涼)を使って、ひよりにこれらの事実を手紙で知らせました。


ウサギの毛?


平松のクローゼットの中のコートについていた毛は、鑑定の結果ウサギの毛と判明。

しかし平松はウサギは飼っていません。

ひよりと藤堂は小学校で飼ってるウサギ・ららちゃんの毛も調べますが、クローゼットの毛と不一致。


そんな中、平松が毎月20万円も貯金していたことが判明。

年金暮らしだったはずなのに、一体どこからそんな大金が?


ひよりは三上に話を聞こうと思いますが、既に三上は飛び降り自殺した後でした。

そして三上の手には、ウサギの毛が握られていました。


警察は、PTA会長の本橋を引っぱりました。

本橋によると、三上は本橋との不倫関係を平松に知られて、恐喝されていたとのこと。


三上はそのうち家計からやり繰りできなくなり、PTAのお金にも手をつけました。

そして本橋に「PTAのお金を補填しないといけないから、お金を貸してほしい」と頼みに行きましたが、その時本橋が「君が平松さんを殺したのか?」と聞くと彼女は否定しませんでした。


警察は、三上が現場に落ちていた接着剤と同じものを購入していたことから、彼女が犯人だとほぼ断定。

あとは、ウサギの毛の鑑定を残すばかりということになります。

ひよりが「本当に三上さんが犯人なのでしょうか?密室の謎は?」と言うと、上司に「名探偵気取りか、生意気言うな」とにらまれてしまいました。


ひよりは、三上の告別式に出席している三上の娘を、自分の幼少期に重ねます。

ひよりの父親も自殺の可能性がありましたが、いまだに真相はわからないのです。


ひよりは、杉岡から三上の手に握られていた毛の鑑定結果をもらって、メゾン・ド・ポリスに走りました。

そしておじさま達に「力を貸してください!」と頭を下げました。

悔しいけれど、どうしても事件の真相が知りたい……!


おじさま達は、こころよくひよりに再協力。

迫田によると、小柄な三上にひとりで今回の犯行は不可能。

そして夏目は、今回も「集中するためのルーティーン」へ(^_^;)


事件の全容



ひよりと夏目は、森元に会いに小学校へ。

森元は、次期PTA会長に選ばれたばかりでした。


ひよりと夏目が屋上に誘い出すと、森本は袖口にラビットファーが付いたコートで現れました。

「いつもそのコートを着てらっしゃるんですね」と夏目。


事件は、三上と森元の共犯でした。

2人は平松を睡眠薬で眠らせたあとにトイレに運び、毒ガスを発生させてトイレのドアを目張り。

三上はいったん部屋の外へ出て、森元は中から鍵をかけてクローゼットの中へ。

その後三上が大家を連れてトイレの方に行った隙に、外へ逃げたのです。

こうして2人でいわゆる密室を作り、自殺に見せかけようとしたというわけなのです。


森元の動悸は、やはり森元も平松に恐喝されていたから。

実は、ママ友に大人気の森元のSNSにあるダンナとのツーショット写真は合成(森元いわく、フリー素材の知らない男)。


三上は森元に、PTAのお金を補填するためにお金を貸してくれと頼んできて、頼みを聞いてくれないなら2人で共謀して平松を殺したことを警察に言うと脅迫。

森元は口封じのため、そして三上に全ての罪を着せるため、三上をビルの屋上から突き落としたのでした。


森元が犯人である証拠は、ウサギの毛。

クローゼットのウサギの毛は、三上の手に握られていたウサギの毛と一致しました。

さらに東堂がクローゼットを再調査すると、森元の指紋も出てきました。

手袋がズレた時に、ついてしまったのです。


事件は無事に解決して、今夜もバー完落ち(笑)。

ひよりはぐでんぐでんに酔っぱらって、夏目のアイロン・ルームへ。

夏目:「後悔しているのか、自分が余計なことをしなければ三上と森元の家庭を壊さずにすんだって」

ひより:「思ってません、思ってたとしても口には出しません」

ひよりが「警察が自殺と思ってても、自殺じゃないこともあるんですね~」と言って、「何言ってる?」と夏目。

ひよりは、亡くなった父のことを思い出していたのです。


『メゾン・ド・ポリス』2話のTwitter(ツイッター)の評判と感想は?

『メゾン・ド・ポリス』2話のTwitter(ツイッター)の評判と感想を見てみましょう。

2話の野口五郎も注目の的









今回、鑑識の杉岡(西田尚美)が東堂の2番目の元妻とわかりました(^_^;)

メゾン・ド・ポリスで18年前に別れた妻と再会なんて、なかなかシャレオツです。


それなのに藤堂ったら森元(今回の犯人)の写真を見て「綺麗なひとだねェ。不倫相手探してないかねェ。ぐへへへ」と笑ったり、「あ~無理、ぼく男同士で汗を流すとか無理」とか言ったりします(^_^;)

なんていうか、藤堂がバツ3なのも納得できるっていうか……(笑)。


西島秀俊の「結婚するぞ!」にツイッターは騒然








2話の夏目(西島秀俊)も、グイグイきます。

ママ友たちから情報を得るためにひよりと偽装夫婦を演じるのですが、いきなり「牧野!結婚するぞ!」は衝撃的です^_^;

いや~、西島さんからこんなこと言われたら鼻血出そうです。


フリー素材の知らない男よ!







カリスマ幸せ主婦を気取っていた森元の「違う、あの男はダンナじゃない!フリー素材の知らない男よ!」発言に、視聴者は凍り付きました(^_^;)

いや~、世の中にこんなパワーワードがあったとは!!!

『メゾン・ド・ポリス』3話のあらすじ




『メゾン・ド・ポリス』3話のゲストは、妖艶な美女・橋本マナミさん。

ひよりが「「メゾン・ド・エロスの色ボケじじいどもがあ~」と嘆いていますね(笑)。


3話では、柳町北署管轄内のマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生。

猫の死体に青いペンキがかけられており通称「青猫事件」が起こります。


ドラマ「メゾン・ド・ポリス」キャスト一覧!原作やあらすじ、見どころ、主題歌も!の記事はこちら
ドラマ「メゾン・ド・ポリス」キャスト一覧!原作やあらすじ、見どころ、主題歌も!

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」1話のネタバレと感想!高畑充希のピュアな刑事役がハマッてる!の記事はこちら
ドラマ「メゾン・ド・ポリス」1話のネタバレと感想!高畑充希のピュアな刑事役がハマッてる!

ドラマ「メゾン・ド・ポリス」夏目の過去とは?警察を辞めた理由とは?の記事はこちら
ドラマ「メゾン・ド・ポリス」夏目の過去とは?警察を辞めた理由とは?