『モトカレマニア』6話のネタバレと感想!キスに元サヤと急展開で付いていけない?

『モトカレマニア』6話では、ユリカ(新木優子)マコチ(高良健吾)の立場が大逆転?

モトカノマニア化したマコチを、ユリカの元カレ・源翔(かける/柿澤勇人)が追い詰める~?

そしてさくら先生(山口紗弥加)チャラ男山下(浜野謙太)麦(田中みな実)が立て続けに元サヤに?

当記事では、大展開を迎えた『モトカレマニア』6話の

・あらすじのネタバレ

・Twitter(ツイッター)の評判と感想

・判明した事実

・原作との違い
についてまとめています。

『モトカレマニア』7話のネタバレと感想!マコチと桃絵が急接近?

2019.11.29

「モトカレマニア」ユリカの元カレ・かける役は柿澤勇人!役柄や経歴、演技を紹介!

2019.11.20

「モトカレマニア」5話のネタバレと感想!ユリカの元カレ・源翔(柿澤勇人)って誰?

2019.11.15



『モトカレマニア』相関図



引用元:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/chart/index.html

『モトカレマニア』6話の予告動画と公式あらすじ




マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)と向き合って話し合おうと決意し、彼女のアパートを訪れる。だが、そこに戻ってきたユリカは、源翔(柿澤勇人)という男性と一緒だった。翔は、ユリカがマコチと別れた後に付き合った元カレのひとり。ユリカが大切な人だと気づいた、といって突然連絡をしてきた翔は、自分がマコチを忘れさせてやる、とユリカに宣言する。

マコチは、山下(浜野謙太)に翔のことを報告した。どうしてもユリカのことが気になり、SNSを何度もチェックしていたマコチは、このままではモトカノマニアになってしまう、とこぼす。すると山下は、『好き』を全力で追いかけられる人しかマニアにはなれない、とマコチに告げる。

一方、さくら(山口紗弥加)は、元カレの和真(淵上泰史)から、多分離婚することになる、という連絡をもらう。さくらは、どう返信すべきか考えた後、『大丈夫?』とメッセージを送るが……。

チロリアン不動産の大沢(森田甘路)白井(関口メンディー)は、ユリカとマコチの会話から、ふたりの間に何かあったことを察する。するとそこに、突然、翔がやってくる。マンションを探していた翔は、マコチを担当に指名し……。

引用元: 『モトカレマニア』6話の公式あらすじ

『モトカレマニア』6話のネタバレ

『モトカレマニア』6話を時系列でネタバレします。

ユリカとマコチの立場が大逆転


ユリカ(新木優子)が他の男・源翔(柿澤勇人)と一緒にいるのを見たマコチ(高良健吾)は、卒倒するほどショックを受ける。
自分はきっと特別だ、そう思えていた頃は過ぎ去って

そして何もなくなった。

翔は、ユリカの元カレで、婚活アプリでユリカの名前を見つけてすぐに連絡してきたのだった。

翔は、ユリカに「ごめん、私はやはりマコチが好きかも」とフラれて以来、ずうっとユリカが好きだったのだ。

翔は「好きだ。今度こそ俺がマコチを忘れさせる」とユリカを抱き締めた。


一方、マコチは、ユリカのFacebookを何度も更新がないかチェックしていた(at山下の部屋)。

マコチが「俺がモトカノマニアになってしまうかも~」と頭を抱えると、

山下(浜野謙太)は「マコチさんはマニアにはなりません。好きを全力で追いかけられる人しかマニアにはなれません」と辛辣な言葉をかけた。


さくら(山口紗弥加)は、駒込和真(淵上泰史)からのLINEメッセージ「多分、離婚する」に「大丈夫?」と返信。

すると「大丈夫」の後に「……じゃないかも」とサイテーな返事が返ってきた。

さくら先生は、こんなクズと縁を切った方がいい!

翔がマコチを指名



そんなある日、チロリアン不動産に翔がやって来た。

翔は「ユリカの彼氏です」と自己紹介した後、マコチに自分が住む分譲マンションを探すように言った。


翔は、IT関係の会社経営者で、年収は3000万円!

内心ムカつきながらも仕事を全うしようとするマコチだが、翔はなにかとマコチを煽ってくる。


その夜、翔はバーで知合いの女の子に会っても、ユリカを優先。

ぐいぐいユリカを押してくる。


翌朝ユリカは「翔くんの担当、私が変わるよ」とマコチに言うが、

マコチは「最後までやる。翔くんがどんな男か見極めたい。ユリカが傷つくのをもう見たくない」と答えた。

ユリカは「それ、マコチが言います?」と呆れる。


翔が別の女とキス


翌日、マコチは翔が別の女にキスしているところを目撃。

翔は「ユリカに言う?別に言ってもいいよ、誤魔化す方法がいくらでもあるし」と開き直る。


マコチはじっと耐えるが、

翔は「お前、中身空っぽなのか。悩んでるフリしてれば周りが勝手に考えてくれるのか?そうやって振り回して来たのか、ユリカも」と更に煽ってくる。


それでもマコチはぐっと耐えるが、

翔が「欲しい言葉を与えれば喜ぶ。ユリカってバカでカワイイよな」と言った途端、翔の胸倉を掴んでしまう。

翔はマコチに「自分が空っぽと言われたから怒ってるのか?それともユリカをバカにされたから?」と問いかけた。

自分が侮辱されるのはいいが、ユリカをバカにされるのは許せない?


その日の夕方、マコチはユリカに、翔が別の女といたことを告げる。

しかしユリカは「傷つかないよ、そういう人って知ってるから」とマコチを突き放す。


モトカレマニア第二章・最悪の幕開け


ユリカから「翔くんと付き合う」と聞いたひろ美(よしこ)は、「あんた、また騙されて!」と心配する。

何しろ、翔は“港区は俺の庭 博愛主義はき違え男”だから(笑)。


ユリカ:「もう振り回されたくないから翔くんにした。私は翔くんを本気で好きになることはない」

ひろ美:「ドライな関係でうまくいく人もいる。でも私は、ユリカがそれをできるとは思わない。自分のマニア気質、なめちゃダメだよ

こんなユリカじゃ、翔くんも可愛そう

てか、よしこが相変わらずいい女過ぎる

翔がユリカにプロポーズ


翌朝、マコチは翔と紹介物件の1つであるマンションへ。

翔は「ここに決めた」と言い、そこへなんとユリカが現れた。

翔はマコチの前でユリカに「この家はユリカのものだ。結婚前提に付き合って下さい」とプロポーズ。


その後、翔はユリカと2人きりで話をする。

翔:「ユリカも本当は、マコチのことを忘れたいんだろう?じゃなきゃ、また俺と会おうなんて思わない」

ユリカは、OKしてしまう(オイオイ)。


社長がマコチの背中を押す


その夜、事情を聞いた社長(小手伸也)はマコチに話をした。
社長:「辛いね」

マコチ:「でも俺が言うことじゃないていうか、これも逃げてるんですかね」

社長:「君は面接のときに正解を探して答えた。それは悪いことじゃないが、恋愛は違う」

マコチ:「営業だとスラスラ言葉が出て来るが、ユリカを前にすると言葉が出て来ない」

社長:「答え合わせをしても意味ないよ。過去は変えられないから。みっともない自分を受け入れた上で何をしたいのか。難波さんがいなくなったら君はさみしいと思うよ

社長の言葉、刺さる~!

マコチは、学生時代の友人・深山草太の写真展に行った。

草太は、大きな賞を取って写真家として成功したのだ。
草太:「俺はお前の写真が好きだった」

マコチ:「もう2度と撮れない」

草太:「だからいいんじゃん。今のお前の写真を見てみたい」

今の俺もユリカが好きだ


ユリカの引っ越しの日。

翔は、ユリカがマコチからのプレゼントをいまだに大事にしていることを知って複雑な気持ちに。


そこへ、マコチが登場!

「好きだ!行かないで!今のおれもユリカが好きだ!」とユリカの手を取った。

翔は「別れよう。ユリカ、幸せになれよ」と言って去った。

あっさりし過ぎ

ちょっと付いていけない?


その夜。

むぎは、プロデューサーから「好きにしたら。どうせ来月には北海道に帰るんだろう?」とさじを投げられていた。

むぎは、あくまでもラジオパーソナリティーとして頑張りたいのであって、顔出しはしたくないのだ。


翌日、マコチは翔と話をする。
翔:「おめでとう、マコチ。失いたくないなら大正解だ。これじゃらずっとユリカの欲しい言葉を言い続けてね。間違うたんびにこう思われるぜ、やっぱり翔くんにしておけばよかったって。空っぽの心をユリカが埋めてくれるといいな。マコチならうまくやれるよ、お前と俺は似ているから

マコチ:「似てません」

山下と麦、さくらと和真も元サヤ?


その夜、麦は山下を待っていた。

麦は「やっぱり許せないかも。けど許せるかも」と言って目を閉じ、山下がキス。

そんな2人の様子を千鶴が見ていた。


一方、さくらは自室に和真を招いて、愚痴を聞いてやっていた。

さくらが「別れてもいんじゃない?」と言って、和真はさくらにキス。


マコチは、ユリカの部屋で「好きです、付き合ってください」と告白。

そして2人は……キス!

『モトカレマニア』6話のTwitterの評判と感想

『モトカレマニア』6話のTwitterの評判と感想を見てみましょう。

翔くんは何だったの?




6話では、ユリカの元カレ・翔が大活躍?……かと思いきや、あっさり退散(笑)。

一体、何のための登場だったのでしょうか?


強いて言うなら、ユリカとマコチの恋のキューピッド的な役割?

それにしては、なかなか癖が強かったですが……(^_^;)


Twitterでは「カケル君のドラマ都合の為だけの存在ってどうなの…みたいな😅」など疑問の声も多数。

ユリカの気持ちも翔の気持ちも、もっと丁寧に描いて欲しいなと思いました(みんな短絡的に見えちゃう)。


イミフな回







6話では、いきなりマコチがモトカノマニアに?

まあ、わからないでもないのですが、今までのマコチのキャラとは激変で違和感はありました。


こういう時は脳内会議をしてくれたら、視聴者にもマコチの気持ちが細やかに伝わるのにな~。

なんで最近、脳内会議がなくなったのでしょうか?


そして、ユリカの気持ちもわからん~。

マコチを追いかけることに疲れたから翔と付き合うところまではギリ納得できるとしても、なんでプロポーズを受けてお引越しまで(その後、すぐにキャンセルって)?

展開早過ぎやろ~(>_<)昔の月9と違うんやから。


マコチが今までユリカに最低な態度を取り続けていたのは、逃げていたからということですが、

だからと言って「もう逃げない」とユリカにいきなりド直球で告白するのも、急展開過ぎで(^_^;)


はっきり言って、今までのマコチはナンダッタノ?

翔の言う通りマコチが中身空っぽの人間だとしたら、この後が続かないんじゃ?


麦はさんざん山下の悪口を言っていたけど、あっさりキス。

もう許しちゃっていいの?


さらに恋愛小説家・さくら先生も、チャラ男と元サヤ?

さくら先生は絶対チャラ男と縁切った方がいいよ~(>_<)


よしこにだけは共感



登場人物たちが揃って迷走する中、よしこだけはイイ女。

ユリカがマコチと元サヤになった後のメッセージが以下ですが、賢い女って感じ。

ひとまずおめでとう。

けど、今までの事

なかったことにしちゃダメだよ。

ちゃんと2人で向き合って。

それが出来たら

本当のおめでとうを言います。

このドラマって、よしこが一番感情移入出来ます。

『モトカレマニア』6話で判明した事実

『モトカレマニア』6話で判明した事実を以下にまとます。
・千鶴は、お肌が荒れてイラつき気味、まだ山下のことが好き?

・マコチとユリカが元サヤ。

・山下と麦が元サヤ?

・さくらと和真がキス。

『モトカレマニア』6話の原作との違い

『モトカレマニア』6話の原作との違いを以下にまとめます。
・原作では、ユリカが元カレ・翔と元サヤった後にマンションに引っ越しする下りはない。

・何度も言うが、さくらは和真と再会しないし、キスもしない。

・つまり、6話も原作の要素はゼロ。

・強いて言えば、ユリカとマコチが元サヤる下りは原作と同じ。

「モトカレマニア」の結末を原作ネタバレ・前編!ユリカがマコチに告白!

2019.09.27

「モトカレマニア」の結末を原作ネタバレ・後篇!最新話を随時更新!

2019.09.27

『モトカレマニア』7話のあらすじを予想

原作でも、ユリカとマコチは元サヤになります。

しかし、結婚を遠回しに匂わせるユリカと、まだそこまで考えられないマコチとの間に、温度差が出来ていきます。


本来、マコチは人に合わせられない正直で天然な男。

ドラマでも、まだまだ一波乱も二波乱も起こると思います。

『モトカレマニア』7話のあらすじ

ユリカ(新木優子)は、マコチ(高良健吾)から「好きだ」と告白され、もう一度彼と付き合うことになった。朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに、幸せを感じるユリカ。マコチは、チロリアン不動産の安藤(小手伸也)たちにユリカとの交際を報告し、皆から祝福を受ける。


一方、さくら(山口紗弥加)は、女性たちに幸せを与え、自身の幸せも追求する輝く女性に贈られる『ハッピーウーマン2019』に選ばれる。だが、その賞を主催しているのが自身の小説『がんそば』を出している出版社だと知ったさくらは、複雑な心境だった。

ある日、チロリアン不動産に、ユリカが旅先で知り合った草木染作家の桃香(矢田亜希子)がやってくる。前夫と住んでいた家を売りたいのだという。マコチは、案件を抱えていたユリカに代わって、桃香の担当を引き受ける。


そんな中、ユリカの発案で、さくらの『ハッピーウーマン2019』受賞祝いのパーティーが開かれることに。海外ドラマに出てくるパーティーのように、知っている人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい、というさくらのリクエストを受け、山下(浜野謙太)やむぎ(田中みな実)、チロリアン不動産の大沢(森田甘路)、白井(関口メンディー)にも声をかけるユリカ。すると、ユリカやひろ美(よしこ)の行きつけの店『BARネコ目』を訪れていたむぎは、店にやってきた千鶴(趣里)をパーティーに誘い……。

引用元: 「モトカレマニア」公式HP

まとめ

『モトカレマニア』6話のネタバレと感想をまとめました。

せっかく元サヤったのもつかの間、原作通りであれば7話は波乱の幕開けになるはず。

『モトカレマニア』7話のネタバレと感想!マコチと桃絵が急接近?

2019.11.29

「モトカレマニア」ユリカの元カレ・かける役は柿澤勇人!役柄や経歴、演技を紹介!

2019.11.20

「モトカレマニア」5話のネタバレと感想!ユリカの元カレ・源翔(柿澤勇人)って誰?

2019.11.15