「なつぞら」演劇部顧問 倉田隆一役は柄本佑(たすく)!「詳しい役柄」や「経歴」を紹介!

『なつぞら』第3週では、なつ(広瀬すず)は18歳になって十勝農業高校に通っています。

そんな中、柴田家の酪農の経営を巡り、泰樹(草刈正雄)と農協で働く剛男(藤木直人)が対立。

悩んだなつが雪次郎(山田裕貴)に相談すると、演劇部の顧問・倉田(柄本佑)を紹介されます。

倉田は「魂」という言葉が大好きなパッション溢れる男で、なかなかの変人なのです(笑)。

当記事では、朝ドラ『なつぞら』で倉田隆一(くらた・りゅういち)を演じる柄本佑(えもと・たすく)について「詳しい役柄」や「経歴」についてまとめています。


「なつぞら」番長・門倉務役は板橋駿谷!「詳しい役柄」や「経歴」「演技」を紹介!の記事はこちら
「なつぞら」番長・門倉務役は板橋駿谷!「詳しい役柄」や「経歴」「演技」を紹介!

「なつぞら」井村良子役は富田望生(みう)!役柄や経歴、演技を紹介!の記事はこちら
「なつぞら」井村良子役は富田望生(みう)!役柄や経歴、演技を紹介!

「なつぞら」柴田照男役は清原翔!詳しい役柄や経歴、演技を紹介!なつと結婚?の記事はこちら
「なつぞら」柴田輝男役は清原翔!詳しい役柄や経歴、演技を紹介!なつと結婚?

「なつぞら」主題歌はスピッツの「優しいあの子」!無料視聴や歌詞、発売日も!の記事はこちら
「なつぞら」主題歌はスピッツの「優しいあの子」!無料視聴や歌詞、発売日も!

「なつぞら」子役キャスト一覧!なつの子役・粟野咲莉など総勢11人!の記事はこちら
「なつぞら」子役キャスト一覧!なつの子役・粟野咲莉など総勢11人!

「なつぞら」柴田明美(あけみ)の子役は平尾菜々花と吉田萌果!役柄や経歴、演技を紹介!の記事はこちら
「なつぞら」柴田明美(あけみ)の子役は平尾菜々花!役柄や経歴、演技を紹介!



『なつぞら』演劇部の顧問 倉田隆一役の俳優・柄本佑とは?


プロフィール


  • 本名 柄本佑(えもと・たすく)
  • 生年月日 1986年12月16日
  • 年齢 32歳
  • 身長 182㎝
  • 血液型 B型
  • 出身地 東京都
  • 配偶者 安藤サクラ
  • 事務所 アルファエージェンシー

経歴


柄本佑さんは、独特の空気感を持った個性派俳優。

前作の朝ドラ『まんぷく』のヒロイン・安藤サクラさんの旦那様です。

さらに父は俳優・柄本明さん、母は女優・角替和枝さん、弟は俳優・柄本時生さんと、まさに芸能一家の出身。


子どもの頃に家族で『座頭市』を観た事をきっかけに、映画監督になりたいと思っていました。


14歳の時に母のマネージャーの勧めで『美しい夏キリシマ』のオーディションに応募して合格、2003年に同作の主人公・康夫役でデビューして芸能界活動を本格的にスタート。


2004年同作で第77回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞受賞、第13回日本映画批評家大賞新人賞受賞。


2008年から弟の柄本時生さんと演劇ユニット『ET×2』を結成、小劇場で公演を重ねます。


2012年公開の映画『臨場 劇場版』では通り魔役で怪演を見せましたが、映画の公開と同時期に大阪のミナミで通り魔事件が発生したため、テレビスポットからはカットされてしまいました。


2013年公開の映画『フィギュアなあなた』に主演、人気グラドルの佐々木心音さんと共演します。

emi☆さん(@alice_jill)がシェアした投稿


同作は、孤独なオタク青年の健太郎(柄本佑)と美少女フィギュア(佐々木心音)の奇妙な同居生活を描いた作品。


2015年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』で、主人公の姉・はつ(宮崎あおい)の夫・惣兵衛役を怪演して知名度アップ。


朝ドラは他にも2010年の『ゲゲゲの女房』に出演しています。


2017年11月、映画『ムーンライト下落合』で映画監督に挑戦。


これで、“幼い時の夢=映画監督になる”を達成したことになります。


同年の映画『追憶』では、刑事役を岡田准一さんが、容疑者役を小栗旬さんが演じ、柄本さんは被害者役を演じました。

妻の安藤サクラさんも出演していて、舞台挨拶は夫婦揃って登場しました。


2018年公開の映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』では、「母がダイナマイトで心中した」過去を持つ実在の編集者・末井昭を演じました。

桃缶さん(@jery_1987)がシェアした投稿



2018年に主演した3作品『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』での演技が認められて、第92回キネマ旬報ベスト・テンと第73回毎日映画コンクールで「主演男優賞」に輝きました。

@ogr.sがシェアした投稿


同年に『万引き家族』に主演した妻の安藤サクラさんも主演女優賞を受賞したため、両賞で初の夫婦W受賞に輝きました。


『なつぞら』俳優・柄本佑の役柄は?



『なつぞら』での柄本佑さんの役柄は、なつが通う農業高校の演劇部の顧問・倉田隆一。

地元の社会ネタを題材に創作する戯曲は評価が高く、過去には北海道の高校演劇コンクールで優勝したことも。


泰樹のことで悩むなつに、演劇部に入って、泰樹の問題を解決するように勧めます。

「魂」という言葉が好きなパッション溢れる男性。

倉田隆一をネタバレ


ここからは、倉田隆一をネタバレしていきます。

ドラマのあらすじのネタバレになりますので、読みたくない方はご注意下さい。

なつが、演劇部の顧問・倉田に家庭の問題を相談


第3週では、なつは18歳になって十勝農業高校に通っています。

柴田家では酪農の経営を巡り、泰樹(草刈正雄)と農協で働く剛男(藤木直人)が対立。

自由経済の時代になり、これまで付き合いのなかった乳業メーカーがこの地域にも参入してきたことを、剛男と農協は問題視したのです。

酪農家が牛乳を卸すメーカーを個別に選ぶようになり、メーカーの待遇も各農家で違いが出てくる。

結果的に不公平も生まれる。

それを解決するため、農協が牛乳を一手に引き取って、メーカー側と交渉していきたいと考えていた。

だが、これまで一人でやってきた泰樹は、農協を頼りたくない。

自分の牛乳は、自分の力で売りたいのだ。

何より古いつきあいのあるメーカーとの関係を切りたくなかった。

このままだと力の弱い小さい農家が泣くことになる。

それを心配する剛男は、「頼む、なつ。音門別の酪農のために、立ち上がってくれないか」と迫った。

なつなら泰樹を説得できると考えたのだ。

引用元:小説「なつぞら」上巻より


家族の仲たがいに悩んだなつ(広瀬すず)は、同級生の雪次郎(山田裕貴)に相談。


すると、雪次郎は、自身が所属する演劇部の倉田に、なつを紹介します。

十勝農業高校、略して「勝農」は、意外にも演劇部が盛んで、なつ達が入学する前には、北海道の演劇コンクールで1位を取ったこともあるほどで、全ては倉田の尽力によるものでした。


農協の考えと泰樹の気持ちのどちらが正しいかわからないと困るなつに、倉田は「お前が、自分で答えを見つけなきゃ、おじいちゃんにも、お父さんにも、何も物が言えない。お前の問題として考えてみれ」とアドバイス。

倉田の言っている意味がわからないなつは、天陽(吉沢亮)に聞いてみます。


天陽は「それは、なっちゃんが、農協が牛乳を集めて売った方がいいと思うのか、それとも直接メーカーに売った方がいいと思うのか、その答えを見つけれってことじゃないかな」と説明。

なつは倉田の言っていることはわかりませんでしたが、天陽の説明はすんなり理解できました。


奥原なつ、お前、演劇をやれ


ストレスを溜めるなつに、雪次郎が「今度の日曜日に会わせたい人がいる」と言ってきました。

雪次郎が会わせたい人とは、倉田でした。


倉田:「まあ、座れ。奥原なつ、お前、演劇やれ」

なつ:「なんですか?いきなり!?」

倉田:「おじいちゃんの問題をお前が表現するんだよ」

倉田は、泰樹と農協の問題を演劇にしようと考えたのです。

倉田は地元で起きている社会ネタを拾って、いつも演劇の題材にしていて、面白くて評価が高いのです。


なつ:「本当にそれが、じいちゃんのためになるんですか?」

倉田:「分からん。そのためには取材が必要だ。それを奥原にも手伝ってもらいたいんだ、当事者の目で」


なつが倉田と共に取材した結果……

柴田牧場だけが十勝一として繁栄するのではなく、十勝全体の底上げを目指すという農協の考え方が妥当に思えてきました。

そして泰樹も、組合のことに全く理解がないわけではないことも分かってきます。


女優になれ


翌日、なつは放課後、演劇部の稽古に行き、もう一度倉田と話をしました。

なつ:「先生はどんな演劇を作りたいんですか?じいちゃんを励ませられるような演劇ですか?」

倉田:「そりゃ、当たり前だ」

なつ:「私はじいちゃんに間違っているとは言えません!だから、じいちゃんの気持ちに寄り添えることを見つけたいんです!」

倉田は、なつの心が何かに駆り立てられ始めていることに気が付きます。


倉田:「演劇とは、生活者が、楽しみながら、自分の生活を見つめなおす機会を得られるものであると私は思っている。地面と格闘し、そのことだけに苦しみがちな農民にこそ、演劇は必要なんだ。そう思って、私はこの演劇部の顧問になった」

なつ:「こんな私にも、何かお手伝いできることはあるんでしょうか?」

倉田:「ある。女優として舞台に立て。それがいちばん、じいちゃんのためになることだ」

倉田は演劇の先生だけあって、話を転がすのが上手でした。

なつを巧みに誘導し、後には引けない状態にしていきます(笑)。


ちょうど稽古場に部員たちが入ってきたところに、「おい、みんな聞いてくれ。今日から奥原が演劇部に入った。勝農演劇部、女優第一号だ!」と一気に宣言。

「おお!」と拍手喝采する部員一同。


なつは「そんなの無理です!」と慌てますが、雪次郎は「大丈夫だよ、なっちゃん。みんな下手だから」と言って、倉田は「安心しろ。高校演劇は、あんまり上手いと客が冷める」と言いました。

そういうことではなく、なつには酪農の仕事があるのです。


すると倉田は「放課後の一時間でもいい、日曜日だけでもいい、働きながらやるのが俺たちの演劇だ。お前の想像力を、じいちゃんに響かせろ」とぐいぐい押してきます。

雪次郎が「先生、これでやっと女優を使えますね」とニコニコして「おう、作戦成功だ」と倉田。

どうやら、なつは2人の作戦にまんまと巻き込まれてしまったようです(笑)。


魂が大事!


倉田の台本はできるのに長い時間がかかったうえに、表紙の「白蛇伝説」以外の本文が走り書き過ぎて判読できません(笑)。

倉田は「それは魂で書いているからだ」と言い、心配無用、程なく聖書が出てきました。


ざっと読んでもダイナミックな内容に、なつの胸は躍ります。

倉田は“物語の重要な役=ペチカ”をなつに演じるように言いました。

なぜなら、じいちゃんが喜ぶから。


さらに倉田が「絵」が必要だと言ったので、天陽に頼むことに。

倉田が「好きに描いてくれ。君の絵には十勝の土に生きる人間の魂が見事に表現されていた」と言うと「は?」と小首をかしげる天陽。

倉田は、おそらく魂で天陽のことを信用したのです。


いよいよ演劇の稽古が始まりますが、倉田は慣れないセリフに苦心するなつに、容赦なくダメ出しを繰り返します。

倉田:「あーダメだ!お前のセリフには魂が見えないんだ」

天陽:「魂なんてどこに見えるんですか?なっちゃんのままでいてはだめなんですか?」

見かねた部員の門倉(板橋駿谷)が天陽の胸倉をつかんで「おい、分かったようなこと言ってんじゃねえよ!」と吠えます。


しかし倉田は「彼の言う通りだ、彼はよくわかってる、俺の言いたいことも彼とほぼ同じだ」とあっさり認めました。

倉田:「奥原は、自分の気持ちや魂を何も動かしていない。ただ文字に書かれている人物像をまねようとしているだけだ。それでは何も伝わらない。奥原なつらしく、その気持ちや魂を見せるしかないんだよ。それが、演劇を作るということだ」

分かったような、分からないような……部員たちはそれぞれ倉田の言葉を噛みしめます。


倉田の狙い


倉田は、血の繋がらない柴田家の家族が互いに思う余りに気を遣っている様子を想像力で感じ取り、「白蛇伝説」の台本に潜ませていました。

稽古中、セリフとなつの心情が重なって、なつは語りながら、自然に涙を流します。

そして本番を迎え、集団と個人をテーマにした物語が泰樹の心を打ち、柴田家の問題は見事解決しました。

まとめ

朝ドラ『なつぞら』で倉田隆一役を演じる俳優・柄本佑さんご紹介しました。

個性派俳優のインパクトある演技で、ドラマはいっそう盛り上がりを見せることでしょう。


「なつぞら」番長・門倉務役は板橋駿谷!「詳しい役柄」や「経歴」「演技」を紹介!の記事はこちら
「なつぞら」番長・門倉務役は板橋駿谷!「詳しい役柄」や「経歴」「演技」を紹介!

「なつぞら」井村良子役は富田望生(みう)!役柄や経歴、演技を紹介!の記事はこちら
「なつぞら」井村良子役は富田望生(みう)!役柄や経歴、演技を紹介!

「なつぞら」柴田照男役は清原翔!詳しい役柄や経歴、演技を紹介!なつと結婚?の記事はこちら
「なつぞら」柴田輝男役は清原翔!詳しい役柄や経歴、演技を紹介!なつと結婚?

「なつぞら」主題歌はスピッツの「優しいあの子」!無料視聴や歌詞、発売日も!の記事はこちら
「なつぞら」主題歌はスピッツの「優しいあの子」!無料視聴や歌詞、発売日も!

「なつぞら」子役キャスト一覧!なつの子役・粟野咲莉など総勢11人!の記事はこちら
「なつぞら」子役キャスト一覧!なつの子役・粟野咲莉など総勢11人!

「なつぞら」柴田明美(あけみ)の子役は平尾菜々花と吉田萌果!役柄や経歴、演技を紹介!の記事はこちら
「なつぞら」柴田明美(あけみ)の子役は平尾菜々花!役柄や経歴、演技を紹介!