『私たちはどうかしている』1話のネタバレ視聴率と感想!結婚の動機が不純で感情移入できない?

『私たちはどうかしている』1話のネタバレ視聴率と感想!

1話では「オレと結婚しない?」「しましょう、結婚」の偽装結婚がスタート。

15年前の樹(鈴木伸之)殺人事件の真相とは?

そして山崎育三郎さん演じる謎の男の正体は?

当ページでは、まさにどうかしている『わたどう』1話のネタバレと感想を紹介!

✐ドラマ『私たちはどうかしている』はhuluで全話視聴できます。


『私たちはどうかしている』2話のネタバレと感想!横浜流星のキスシーンの色気が凄い!

2020年8月20日

「私たちはどうかしている」原作の結末のネタバレと感想!最新話まで随時更新!

2020年8月2日

『私たちはどうかしている』最終回結末をネタバレ予想!15年前の犯人は樹(横浜流星)?

2020年8月19日



『私たちはどうかしている』1話の視聴率



『私たちはどうかしている』1話の視聴率は発表され次第追記します。

『私たちはどうかしている』1話のネタバレ

『私たちはどうかしている』1話をネタバレします。

菓子職人・花岡七桜


場所は石川県小松市、桜の満開の季節。

花岡七桜(浜辺美波)は、“あんこ”と“その人への思い”があればどんな御菓子でも作る菓子職人。

ある日、贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由美(小島藤子)に頼まれた七桜は、彼女の結婚式の引き出物の菓子対決をすることになる。


しかし対戦相手が老舗の和菓子屋・光月庵と聞き、七桜は青ざめる。

光月庵の跡取り息子・高月椿(横浜流星)は、15年前に七桜から全てを奪った男だったから。


15年前の事件


15年前の春、5歳の七桜は菓子職人の母:百合子(中村ゆり)と共に光月庵に住み込んでいた。

光月庵の一人息子・椿は、七桜の「桜」の字だけ見て「さくら」と呼んだ。


椿は、喘息持ちで体の弱い七桜に「菓子作りをしよう」と提案。

百合子が2人に菓子作りを教えた。

七桜は夢中で菓子を作り、椿は「僕が光月庵を継いだら、さくらを一番の職人として雇うよ」と約束してくれた。


ところがある日、明け方の雷鳴の音で目を覚ました七桜は、母屋へ。

椿が咲き乱れる庭の先で七桜が見たのは、手と顔が血まみれの椿と、そばで倒れている椿の父・樹(鈴木伸之)の姿だった。


七桜に振り向いた椿は、見たこともない冷たい顔をしていた。


皆が駆けつける中、椿はまっすぐ百合子を指さす。

さくらのお母さんがお父さんの部屋にいた


母からの手紙


この椿の一言で殺人犯の娘となった七桜は、和菓子作りだけを心の支えに生きてきたのだった。

しかし血の色=赤を見ると発作が起きるので、菓子の色に赤が使えない。


光月庵が相手と知って、菓子対決を辞退しようと思う七桜。

そんな矢先に、七桜が住み込みで働いていた菓子屋に「花岡七桜の母親は人殺しです」のメールが届いて、七桜はクビに。


職も住む家も失った七桜の前に、謎の男(山崎育三郎)が現れて手紙を渡した。

それは七桜の母・百合子からのもので「私はやってない」と書かれていた。


15年ぶりの再会


亡き母の思いを知った七桜は、黒髪をバッサリ切って勝負に挑むことを決意。

(15年前に逮捕された百合子は、取り調べ中に突然死した。凶器から百合子の指紋が発見されて椿の目撃証言もあったが、動機は不明。)


そして迎えた和菓子対決の日。

菓子のテーマは、さくら。

七桜は、15年ぶりに見た椿の冷たい視線に当惑する(幼い日の椿の面影はどこにもない)。


椿が作った菓子は、「薄墨桜」。

特別な桜=淡墨桜をイメージした3つの菓子は、キレイに型押しされていて色も美しい。


七桜が作った菓子は。「葉桜」。

皆は「桜」がテーマなのに緑色の菓子が出てきたことに驚く。

しかし七桜の「葉桜」には「桜が散ってもずっと仲良く」の意味が込められていた。

あんの中には桜の塩漬けも入っており、皆から笑顔がこぼれる。


しかし勝敗は、椿の勝ち。

実力ではなく、光月庵の七光りのおかげで勝ったのだった。


俺と結婚しない?


何をしても光月庵には勝てないと腐っていた七桜の前に椿が現れた。

七桜の手を取って「ねえ、あんたさあ、俺と結婚しない?」と驚きの発言。


七桜は一瞬フリーズするが、次の瞬間「しましょう、結婚」と答えていた。

世界一憎んでいる男との結婚なんてどうかしている。

でも15年前の真実を突きとめたい。



椿は、本気で結婚する気があるなら3日後に土産を持って光月庵に来るように言った。

「来たらもう後戻りはできない」と。


七桜が椿の結婚式をぶっ壊す


七桜は、言われた日に光月庵へ。

なんと椿は、日本屈指の旅館・長谷屋の娘・栞(岸井ゆきの)と結婚式の真っ最中。

実はこれは、最近経営が思わしくない光月庵と長谷屋の『政略結婚』だった。


ムカついた七桜は、そこへズカズカ。

土産物の漆黒の羊羹を差し出した。


菓子名は「新月」。

それは、菓子の世界は月(=光月庵)がなくても美しいと皮肉を込めたものだった。


椿は「あんたやっぱり面白いな」と言って、皆の前で「この人と結婚する」と宣言して七桜とキス。

客たちはザワザワ……栞の父で長谷屋の主人は怒り出す。


椿の母・今日子


椿の母・今日子(観月ありさ)が椿と話す。

今日子は「わがままもいいかげんにしなさい!」「追い出されたくなければ結婚式に戻りなさい!」
と椿に平手打ち。

七桜は、自分は15年前の事件も知った上で椿と一緒になる覚悟だと話す。


大旦那・宗寿郎


そこへ庭で猫に餌をやっていた宗寿郎(佐野史郎)が口を挟む。

宗寿郎は現在の光月庵の大旦那で、15年前に息子の樹(鈴木伸之)が死んでから臥せりがちだった。


宗寿郎は皆の前で「結婚式は中止にしたい。この無礼は生涯をかけて償います」と土下座。

椿も一緒になって土下座して「今回のことは私の我儘です。責任には全て私が取ります。15年前の当主を失ってからこの店は看板だけで持っているようなもの。しかし長谷屋の支援で持ち直しても一時的なもの。私は光月庵を皆様から認められる理想の店にいたします」と宣言。


宗寿郎の顔から笑みが消えて鬼の形相に。

3ヶ月で結果を出せなければその女と一緒に出ていけ


共犯者


椿と七桜。
椿:「近いうちの光月庵を俺のものにする」

七桜:「だから私みたいな女を嫁にするって言ったの?」

椿:「宣戦布告には最高の演出だっただろう。親戚連中の顔ときたら傑作だったからな~」

七桜:「でも傷ついた人もいる」

椿:「あんただって俺を好きでここに来たわけじゃないだろう」

そう、七桜と椿は例えるなら「共犯者」。


その頃、謎の男(山崎育三郎)は、吞み処「ゆうこ」のママ(須藤理沙)と話していた。

『私たちはどうかしている』1話の感想

『私たちはどうかしている』1話の感想をまとめます。


原作漫画を読んだ者としては、ドラマのあらすじが原作に忠実でびっくり。

御菓子からセリフまで、ほとんどそのまんま。


浜辺美波さんは、愛してもいない男と偽装結婚するという難しい役どころですが、演技が上手くてびっくりしました。

それ以上に、いつも以上にお綺麗でした。


横浜流星さんは、老舗和菓子屋の二世というのがもうピッタリ。

見た目に反して大胆不敵な性格も、たまりません。

2人の幼少期を演じる子役さん2人も、いい存在感を出していましたね。


浜辺さん演じる七桜の気持ちがわかりにくくちょっと感情移入しにくいですが、何もかも失った女性の気持ちとしては理解できます。

せめて母親の無念ぐらいは晴らしたいという切実な思いです。

「昼ドラっぽい」の声が多く上がりましたが、まさにそんなイメージのドラマです。


観月ありささんですが、相変わらずスタイルも良くお美しい。

メイクのせいか、原作の今日子の鬼の雰囲気がよく出ていて最高です。

(ちょっと『美食探偵』のマリアを思い出しました)


佐野史郎さんも良かったです。

猫好きの甘~い雰囲気から一転、椿を怒鳴り散らした鬼の形相怖かったです(^_^;)


2話以降にわかってきますが、椿を取り巻く環境は15年前から呪われています。

そして椿がなぜ『偽装結婚』という突拍子もないことをしたかも、2話以降に明らかになります。


最後に15年前の事件について。

椿の証言一つで警察に引っ張っていかれた百合子ですが、子供の証言でそこまでするでしょうか。


昔の話とはいえ、警察の捜査がずさん過ぎます。

やはり決め手は椿の証言ではなく、凶器に百合子の指紋がついていたからではないでしょうか。


そして山崎育三郎さん演じる謎の男が気になります。

『私たちはどうかしている』1話のツイッターの評判と感想

『私たちはどうかしている』1話のTwitterの評判と感想です。








『私たちはどうかしている』2話は、8月19日(水)よる10時から放送です。

お見逃しなく。


「私たちはどうかしている」原作の結末のネタバレと感想!最新話まで随時更新!

2020年8月2日

「私たちはどうかしている」15年前の事件の犯人黒幕をネタバレ考察!多喜川の父は犯人ではない?

2020年8月2日

「ハケンの品格2」(2020)最終回のネタバレと感想!三角関係の結末は?春子が非正規社員の道を歩んでいた本当の理由は?

2020年8月6日