『私たちはどうかしている』2話のネタバレと感想!横浜流星のキスシーンの色気が凄い!

『私たちはどうかしている』(わたどう)2話のネタバレと感想!

偽装結婚で高月家に潜入した七桜(浜辺美波)は、光月庵の最も古いお客様・白藤屋から15年前の事件の真相を聞き出そうと画策。

しかし今日子(観月ありさ)に台無しにされて、いきなり大ピンチに……!

そして世界一憎いはずの椿(横浜流星)と急接近?

『私たちはどうかしている』1話のネタバレ視聴率と感想!結婚の動機が不純で感情移入できない?

2020年8月13日

「私たちはどうかしている」原作の結末のネタバレと感想!最新話まで随時更新!

2020年8月2日

「私たちはどうかしている」15年前の事件の犯人黒幕をネタバレ考察!多喜川の父は犯人ではない?

2020年8月2日



『私たちはどうかしている』2話の視聴率



※『私たちはどうかしている』2話の視聴率は、発表され次第追記します。

『私たちはどうかしている』2話のネタバレ

『私たちはどうかしている』2話をネタバレします。

七桜が15年前の事件の真相を探るために「白藤屋」に行く


七桜(浜辺美波)は「光月庵」で椿(横浜流星)の妻として働き始めた。

皆はヒソヒソ噂話をするが、新人菓子職人の城島(高杉真宙)だけは七桜に優しい。


そんな中、七桜は15年前の事件の真相を探るために、「光月庵」で最も古いお客様である「白藤屋」へ菓子を持って訪問。

ところが、包みを開けると菓子がマニキュアで真っ赤に染まっていた!

「白藤屋」は怒って「もう光月庵さんの御菓子は買いません」と言った。


菓子にイタズラをした犯人は、椿の母・今日子(観月ありさ)だった。

今日子は、七桜に全責任を取らせて屋敷から追い出そうとする。


椿と宗寿郎の確執


そこへ椿が現れて「白藤屋さんから最中の注文が入りました。七桜が作ったものという条件で」と言い放つ。

謎の男・多喜川(山崎育三郎)が裏から手を回して「白藤屋」に注文させたのだ。


七桜は、椿の指導の下「光月庵」の最中作りをする。

ところがベテラン菓子職人の富岡(岡部たかし)が、厨房を使うことを禁止した。

椿が必死で頼んでも、聞き入れてもらえない。


椿は宗寿郎(佐野史郎)のところに行って「厨房を仕切る権限をください」と頭を下げるが、一笑に付される。

宗寿郎は、椿が今日子の不貞で出来た子供だと思っていて、跡取りとは認めていないのだ。


富岡を色仕掛けで操っていたのは、今日子だった。

椿は今日子のフリをして富岡を誘い出し、富岡が抱きついてきたところを押さえて弱みを握った。


七桜が名誉挽回


遂に、七桜が「光月庵」の最中を完成させた。

味は完璧だったが、椿は「何か足りない」と首をかしげる。


実は、七桜は「光月庵」のあんこを心から美味しいとは思っていなかったのだ。

椿が七桜の作りたいあんこを作らせると、七桜ははちみつ入りの甘さ控えめのあんこを作った。

出来上がった最中を試食した椿は「これを白藤屋へ持って行こう」と言った。


at白藤屋。

椿と七桜は、最中を持って「白藤屋」へ。

しかし中身は、七桜の新作の最中ではなくいつもの「光月庵」の最中だった。

「白藤屋」にとって最中は“たまに食べたくなるいつもの味”と知った七桜の機転だったが、その狙いは見事に当たって「白藤屋」は今後も「光月庵」で菓子を買うことを約束してくれた。


帰り道。

椿は七桜が最中を取り換えたことを黙っていたことが面白くないが、その結果上手くいったので何も言えない。

椿は「たまには夫婦らしいことをしてみるか」と七桜と手を繋いで歩く。


七桜は「これも駆け引き。ドキドキなんてしない」と自分を戒める。

七桜は「大旦那様(宗寿郎)と話せばわかり合えると思う」と言ったが、椿は「あんた、やっぱり甘ちゃんだな」と怒る。


椿と七桜が寝室を共にする


夕食の席。

「白藤屋」の一件を解決した七桜を、宗寿郎が家族の夕食の席に招いた。

宗寿郎は「椿はどうしようもない男だ」と言ったが、七桜は「そんなことありません。椿さんは大旦那様と同じくらいこの店を大事にしています」と反論。


宗寿郎は「そうか、椿を愛しているのか」とニコニコしていたが、次の瞬間「嘘をつくなあ!」と茶碗を七桜に向かって投げた。

「お前たちは結婚すると言いながら寝室が別じゃないか」

「かつてこの家に入り込んできた女が2人いた。一人はこの女狐(今日子)だ。息子と裏切って何の血のつながりもない子供(椿)を残した。もう一人は職人だと言って入ってきた。その女は息子の命を奪った。お前はこのわしから大切な何を奪おうとしているんだ?」


そこへ椿が現れて「僕の妻をいじめないでもらえますか」と宗寿郎を制した。

そして七桜をバックハグして「俺の部屋に来い」。

椿は宗寿郎に「今晩から七桜と部屋を一緒にします。それで文句ないでしょう」と宣言して、七桜を自分の部屋に連れて行った。


その夜。

七桜と椿は布団を並べて横になるが、目は合わせない。

椿は「七桜って“さくら”なんだな。昔この家にさくらという女の子がいた。彼女はこの家の唯一の光だった」と話す。


椿に「あんた太陽丘の手だよな。この手の女と一緒にいたら俺の運命も変わるんじゃないかと思って」と言われた七桜は、自分がどうかしていると思いつつも椿の背中に抱きついてしまう。

しかし七桜が「もしさくらが目の前に現れたらどうするの?」と聞くと、椿は「消えてもらうよ、俺の前から永遠に」と恐ろしいセリフを吐いた。

『私たちはどうかしている』2話の感想

『私たちはどうかしている』2話の感想をまとめます。

全10話を8話に縮小するとのことなので、展開はスピーディー。

でも原作に忠実なので、どこをはしょるのか気がかりです。


2話は、横浜流星さんと浜辺美波さんのキスシーンに「やられた」視聴者多数。



原作通りの色気ダダ洩れの椿をうまく演じてくれてますよね~。


浜辺美波さんも本当にカワイイ。


なんていうか、ちょっと大人になった美波さんて感じです。


2話では「光月庵」の悪しき伝統が発覚。

今後、宗寿郎VS(血の繋がりばない孫=)椿は白熱していきます。


15年前の事件についてもちょっぴり進展がありました。

なんと椿もまた、さくら(=七桜)を憎んでいたのです。

第3話でその理由が明らかになります。

『私たちはどうかしている』最終回結末をネタバレ予想!15年前の犯人は樹(横浜流星)?

2020年8月19日

「私たちはどうかしている」原作の結末のネタバレと感想!最新話まで随時更新!

2020年8月2日

「私たちはどうかしている」15年前の事件の犯人黒幕をネタバレ考察!多喜川の父は犯人ではない?

2020年8月2日