「わたし、定時で帰ります」諏訪巧(たくみ)を原作ネタバレ!結衣との結婚の行方は?

『わたし、定時で帰ります』のヒロイン・結衣(吉高由里子)の今カレで婚約者・巧(中丸雄一)は、価値観ピッタリの理想の相手。

元婚約者でワーカホリックの昂太郎(向井理)とは大違い……と思いきや、原作の中盤から後半で結衣と巧は大きくすれ違っていきます。

果たして結衣は、巧と結婚できるのでしょうか?

当記事では『わたし、定時で帰ります』の諏訪巧(すわ・たくみ)について、原作小説からネタバレしてまとめています。


「わたし、定時で帰ります」最終回をネタバレ予想!ラスボスは福永ではなく昂太郎!の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」最終回をネタバレ予想!ラスボスは福永ではなく昂太郎!

「わたし、定時で帰ります」1話のネタバレと感想!結衣(吉高百合子)の過去が壮絶!の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」1話のネタバレと感想!結衣(吉高百合子)の過去が壮絶!

「わたし、定時で帰ります」2話のネタバレと感想!原作との違いも!の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」2話のネタバレと感想!賤ケ岳(内田有紀)のやる気が空回り?!

「わたし、定時で帰ります」愁の正体を原作ネタバレ!引き籠っている衝撃の理由とは?の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」愁の正体を原作ネタバレ!引き籠っている衝撃の理由とは?

「わたし、定時で帰ります。」結衣と昂太郎が別れた理由は?お互いに未練が?の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります。」結衣と昂太郎が別れた理由は?お互いに未練が?

「わたし、定時で帰ります」結衣が定時で帰る理由を原作ネタバレ!ドラマの理由も!の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」結衣が定時で帰る理由を原作ネタバレ!ドラマの理由も!



『わたし、定時で帰ります』諏訪巧を演じる俳優は中丸雄一



『わたし、定時で帰ります』で諏訪巧を演じる俳優は、中丸雄一さんです。

男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバーで、愛称は「ゆっち」。

1983年9月4日生まれの35歳で「ジャニーズ事務所」所属、優しく落ち着いた雰囲気が魅力です。

ドラマ『ファーストクラス』ではヒロイン・ちなみ(沢尻エリカ)を支えるカメラマン役、ドラマ『マッサージ探偵ジョー』では主演・矢吹原丈役を演じました。


『わたし、定時で帰ります』諏訪巧とは?



ドラマ『わたし、定時で帰ります』の諏訪巧とは、ヒロイン・東山結衣の今カレ。

2話で結衣にプロポーズしたので、現在は婚約者です。


結衣には、元婚約者・種田昂太郎(向井理)と、彼のワーカホリックが原因で破局した辛い過去があります。

また、結衣の父親も家庭を顧みず働く仕事人間で、結衣自身も就職後トラウマとなる事件を経て転職した過去を持っています。


そんな経緯から、結衣は「価値観がピッタリな」巧を選びました。

巧も結衣と同じく「仕事」より「家庭」を大事にするタイプで、残業もしない主義。


とはいっても、巧は仕事ができないわけではなく、業界最大大手のWEB制作会社のやり手営業マン。

効率よく仕事を進めて定時きっかりで帰る結衣とは、バッチリ気が合うのです。


巧の趣味は、「アウトドア」と「料理」。

いつも結衣のために美味しい手料理を作ってくれます。


それでいて、自分の「アウトドア」の趣味を結衣に押し付けません。

結衣の仕事の悩みも聞いてくれて、親身なアドバイスもくれます。

なんて優しい、理想の彼氏(≧∇≦)


しかし巧は、結衣の元婚約者・昂太郎の存在を強く意識しています。

巧:「種田さん本社に戻ってきたでしょう?種田さんとまた仕事できてうれしいんじゃない?」

結衣:「ないない。仕事はできるかもしてないけど、連日徹夜で休日もなし、人間のすることじゃないよ~。わたしは一緒にいてくれる人との生活を大事にしたい」

結衣:「夕方には仕事終わって、ご飯食べながら今日あったことを話したり聞いたりしたい」

巧:「そろそろウチの両親に結衣ちゃん紹介しなきゃね」

引用元: 「わたし、定時で帰ります。」1話のネタバレと感想!結衣(吉高由里子)の過去が壮絶!


呑気な結衣は気づいていないようですが、巧は、結衣がまた昂太郎と仕事をするようになったことを気にしています。


2話では、雰囲気のあるバーで、ダイヤモンドの指輪を渡してプロポーズ。


結衣は指輪をはめてとろけた笑顔を見せますが、その現場を福永(ユースケ・サンタマリア)に目撃されて大慌て!

結衣は、こともあろうに、元婚約者の昂太郎と破局を迎えた時に、会社の人間に謝罪して回るのが大変だったと愚痴ります。

巧は「僕と結衣ちゃんは、ちゃんと結婚するよ」と言いますが、内心は前の婚約者と同じ並びで考えられたことが不服だったに違いありません。

『わたし、定時で帰ります』諏訪巧を原作ネタバレ

『わたし、定時で帰ります』の諏訪巧を原作小説からネタバレします。

2人の出会い


結衣と巧の出会いは、1年前。

結衣が担当した企業の公式サイトを、巧の会社が引き継ぐことになり、営業を担当していた巧と打ち合わせする内に親しくなりました。


気の合うポイント


結衣と巧の気の合うポイントは、2人とも早く仕事を終えて帰るタイプで、無理はしない点。

もっとも巧の場合は、趣味のアウトドアに時間を割きたいというのが理由でしたが。

一緒にいて欲しいと結衣が頼めば、巧は仕事を切り上げてでも来てくれます。


実家暮らし


巧は結衣と同じ32歳ですが、実家暮らし。

親の車を借りたり、アウトドアグッズをしまうのに便利だからだそうです。


昂太郎とは正反対


巧は、昂太郎とは正反対。

「専業主婦になれ」と言ってきた昂太郎とは違って、働く女性と結婚したかったのだと言ってきました。

家事も育児も、分担していこうと言ってくれています。


仕事より結衣との結婚が大事


巧と付き合い始める前、結衣は、別れたばかりの昂太郎の悪口をさんざん言いました。

巧は黙って聞いてくれました。


結衣は自分では意識していませんが、巧との結婚を昂太郎のときと比較しています。

巧が「そろそろ親に結衣ちゃんを紹介しないとね」と言うと、結衣は昂太郎と別れた時も結婚話を進めていた頃だと思い出します。


昂太郎からは指輪こそもらいませんでしたが、破談になりました。

両家の顔合わせの日、予約したレストランに、昂太郎が現れなかったのです。


嫌な予感がした結衣が、マンションに行くと、昂太郎はぐったりしていました。

3日間、徹夜で働き、着替えを取り返ったところで意識を失ったらしい。

結衣が「仕事と私との結婚、どっちが大事?」と聞くと「仕事だよ」と昂太郎。


結衣はこの言葉に深く傷つき、巧にも同じ質問をしました。

巧はためらうことなく「君との結婚だ」と返答。


プロポーズ


原作の巧も、でっかいダイヤモンドの指輪を結衣に渡してプロポーズ。

しかし結衣は、まだ結婚することを職場に言っていません。

両家の顔合わせが終わってから発表するつもりでいます。


結衣がなかなか結婚を職場に報告しない理由は……

・前回は顔合わせの前に報告して、破談になって、けっこうなダメージだったから。

そう、結衣にとってしっかりトラウマになっているのです。

そんな結衣に「前回とは違う。僕たちはちゃんと結婚する」と巧。


結衣が巧の実家へ挨拶に行く


結衣が巧の実家に挨拶に行きました。

諏訪家は大きなガレージのある一戸建てで、広々としたリビング、ブランドものの食器、巧の母親の料理は美味だし、父親は温和でした。


巧の両親によると、巧は料理も掃除も得意とのこと。

巧はローストビーフなんかが得意ですが、結衣はビールに合いさえすればなんでもいいという考え。

巧と結婚したら、料理教室に通って勉強した方がいいかもしれない。


巧の母親は、結衣に驚愕の発言をしました。

・web業界は大変だから、家事までさせたら趣味の時間がなくなってしまう。

・結衣は定時に帰るのだから、時間はたっぷりあるんだから、家事をしっかりやってあげてほしい。

・巧はお店で買ったケーキはダメだから、週末には必ずケーキを焼いてあげてほしい。

結衣は「頑張ります……」としか言えませんでした。


巧が結衣の実家へ挨拶に来る


巧が結衣の実家へ挨拶にやってきました。


その日の午前中、2人で新居を捜しに不動産屋に寄ります。

巧が指さしたのは、新築メゾネットマンションで、家賃は25万円!

結衣は定時で帰るのがモットーなのに、「残業代を稼げばなんとかなるかもしれない」という考えが浮かびます。

このあたりから、結衣と巧の感覚にズレが生じ始めます(^_^;)


そして巧の実家は、ガレージ付きで広い家なのに、結衣の実家は、狭小住宅でした。

巧は「結衣ちゃんと一緒で、なんか気が抜けていいね」と目を細めます。

自分が住むのでなければ、何でもいいらしい(^_^;)


巧は柔らかな物腰で結衣の両親と話しましたが、料理がヘタな結衣の母親の料理には箸をつけませんでした。

父親が「ゴルフはやるのか?」と聞いても「やりません」と返答。

父親は「昂太郎君は出されたものは全部食べたし、ゴルフにもつきあってくれるって言ってた」と結衣に言います。


家賃25万円のデザイナーズマンションに住む?


巧は最後まで譲らず、結局、新居として家賃25万円のしんちくメゾネットマンションを借りることに。

結衣は、実際に暮らせば、巧も自分の給料で生活する大変さがわかるはず、その後でもうちょっと安い部屋に移ろう、と思うのでした。


新築も買うつもり?


巧はなんと、新築のマンションをゆくゆくは購入するつもりでした。

福永のせいで毎日1時間残業することになった結衣に「でも残業代出るんでしょ?ちょうどいいじゃない。新築買うなら稼がなきゃだし」と心無い発言をします。

結衣が「会社辞めたいなあ」と言っても「でも、僕だけじゃここの家賃払えないよ」とまたしても心無い発言。


巧の考えは、今となっては、マンション購入中心で回っているのです(^_^;)

そして巧は、正式に入籍するまでは実家での生活を満喫したいからと、しばらく結衣がひとりで住むことになります(>_<)


巧が、結衣たちの受注先に割り込む?


そんな中、巧が結衣の会社の受注先に割り込んで来るという事態が発生。

しかもそのことを巧は、結衣に言いませんでした(>_<)。


その後、結衣と昂太郎は、巧が若いアシスタントの女性・三橋を連れているところに遭遇。

巧は割り込んだことを結衣に謝罪しました。

謝ってすむことなのかどうか(^_^;)


そして巧は、結衣が結婚指輪をしていないことにイラッ。

しかし福永のことで、結衣はそれどころではない状態。


ここで昂太郎が「東山さんの得意料理は、サッポロ一番ですよね」といかにも結衣のことを知ってるぞ発言。

これで巧の顏から笑みが消えました(>_<)。


両者顔合わせの日に……!


その後も結衣は仕事に追われ、巧のメールへの返信も遅れてしまいます。

巧から「両家の顔合わせの日程だけど、決めちゃったよ」のメッセージ。


巧が指定してきた日にちは、仕事の引き渡しの日で、結衣が定時で帰れるかわからない日。

結衣がそのことを伝えると、「でも、その日しか予定が合わないんだよ。僕、土日はヨットの練習があるし、うちの両親がベネチア旅行に行っちゃうし」と巧。

「なぜ旅行に行く?忙しいこっちに合わせてくれてもいいんじゃないか?」と思う結衣(でも、言えない)。


巧は、土日に新居に行っても、ずうっとパソコンを見たままの結衣にイラついていたのです。

巧みに「前の結衣ちゃんならチーフ降りてるよね?なんでそうしないの?種田さんがいるから?」と言われて「違います!」と怒る結衣。

しかし巧は、変わらず優しい声でした。


月曜日の夕方が、両家の顔合わせ。

結衣は3日分の着替えを用意してギリギリまで仕事をすることに。

まるで、2年前の昂太郎と同じ。


そして結衣は、顔合わせの日に、過労で倒れて額を大怪我。

結衣は自分を犠牲にすることで、ワーカホリックの昂太郎に変わってほしかったのです。

愛する人が目の前で倒れる苦しみをわかってほしかったのです。


昂太郎が「その傷の償いをさせてくれ」と言って、2人でまずは新居のマンションへ。

結衣は婚約指輪を取ってからレストランに向かおうとしますが、マンションの2階から物音が……!


なんと、巧が浮気してました~~~!!!

相手は、アシスタントの三橋。

結衣は巧から「仕事と僕との結婚とどっちが大事?」と聞かれた時、答えることができませんでした。

昂太郎から「仕事だ」と言われたことをあんなに引きずっていたのに、自分は選択すらできなかったのです。


巧は、そんな結衣を許せませんでした。

浮気現場を押さえられてもいいとさえ、思ったのです。


結衣は、見なかったことにしてやり直そうとしますが、昂太郎が結衣から指輪の箱を取って、川に投げてしまいます。

「もうあきらめろ。じゃないと俺が苦しくなる」と昂太郎。


結衣は、昂太郎の自分とは全く違うところを好きになりました。

巧とは、同じところ(仕事より自分を選ぶ)を相手に求め、違うところは見ないようにしました。



結衣は、巧が好きでした。

納期など放り出して家に帰っていれば、巧を失わずにすんだのではないか。

きっとこれからも何度も考えてしまうことでしょう。


昂太郎がめずらしく「どうせ、もうすぐ定時だ」と言ったので、2人で飲みに行くことに。

何かが変わったような、でも何も変わってないようでもある。


昂太郎がまた(仕事で)自分を止められなくなったら、結衣は何度でも同じことをするでしょう。

昂太郎と永遠に分かり合えないかもしてれないし、一生孤独かもしれない。


原作小説はここで終わります。

結衣は巧と別れますが、昂太郎とやり直すわけでもないのです。

ドラマ『わたし、定時で帰ります』3話ラストシーンのインスタの女とは?




ドラマ『わたし、定時で帰ります』3話ラストシーンで、巧がアップしたインスタ画像に美女がうつっていました。

この美女の名前は、桜宮彩奈(清水くるみ)。

新規案件のヘルプとして、結衣たちの「ネットヒーローズ」にやってくる派遣デザイナー。

巧の浮気相手ではなさそうです。

まとめ

『わたし、定時で帰ります』諏訪巧について原作小説からネタバレしてまとめました。

ドラマの結末も楽しみです。


「わたし、定時で帰ります」最終回をネタバレ予想!ラスボスは福永ではなく昂太郎!の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」最終回をネタバレ予想!ラスボスは福永ではなく昂太郎!

「わたし、定時で帰ります」1話のネタバレと感想!結衣(吉高百合子)の過去が壮絶!の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」1話のネタバレと感想!結衣(吉高百合子)の過去が壮絶!

「わたし、定時で帰ります」2話のネタバレと感想!原作との違いも!の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」2話のネタバレと感想!賤ケ岳(内田有紀)のやる気が空回り?!

「わたし、定時で帰ります」愁の正体を原作ネタバレ!引き籠っている衝撃の理由とは?の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」愁の正体を原作ネタバレ!引き籠っている衝撃の理由とは?

「わたし、定時で帰ります。」結衣と昂太郎が別れた理由は?お互いに未練が?の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります。」結衣と昂太郎が別れた理由は?お互いに未練が?

「わたし、定時で帰ります」結衣が定時で帰る理由を原作ネタバレ!ドラマの理由も!の記事はこちら
「わたし、定時で帰ります」結衣が定時で帰る理由を原作ネタバレ!ドラマの理由も!