「ストロベリーナイト・サーガ」1話 深沢由香里(エフ)を原作ネタバレ!壮絶な過去とは?

『ストロベリーナイト・サーガ』1話では、エフこと深沢由香里(山口まゆ)が登場します。

深沢由香里は、義父から性的虐待を受け続けたことが原因で、現在は重度の精神病で入院中。

しかし彼女の正体は、実は……!

当記事では、『ストロベリーナイト・サーガ』1話のキーパーソン・エフこと深沢由香里を、原作小説からネタバレしてまとめています。


「ストロベリーナイト・サーガ」1話のネタバレと感想!ミスキャストが多くてがっかり?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」1話のネタバレと感想!ミスキャストが多くてがっかり?

「ストロベリーナイト・サーガ」姫川玲子の過去を原作ネタバレ!今も佐田倫子と戦っている?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」姫川玲子の過去を原作ネタバレ!今も佐田倫子と戦っている?

「ストロベリーナイト・サーガ」姫川玲子と菊田の恋の結末を原作ネタバレ!感動の結末!の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」姫川玲子と菊田の恋の結末を原作ネタバレ!感動の結末!

「ストロベリーナイト・サーガ」大塚(重岡大毅)原作ネタバレ!悲しすぎる結末とは?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」大塚(重岡大毅)原作ネタバレ!悲しすぎる結末とは?

「ストロベリーナイト・サーガ」北見(坂東龍太)原作ネタバレ!キーパーソンで黒幕?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」北見(坂東龍太)原作ネタバレ!キーパーソンで黒幕?

「ストロベリーナイト・サーガ」ガンテツ(江口洋介)原作ネタバレ!姫川の天敵!の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」ガンテツ(江口洋介)原作ネタバレ!姫川の天敵!



『ストロベリーナイト・サーガ』とは?


@hanatomominがシェアした投稿


『ストロベリーナイト・サーガ』とは、2019年4月11日(木)から始まる新ドラマ(初回2時間スペシャル:夜9時~10時48分)。

原作は誉田哲也氏の大人気警察小説「姫川玲子シリーズ」で、2010年から竹内結子さん主演でドラマ化、映画も公開された前シリーズから、キャスト、スタッフを一新して送る本格刑事ドラマ。


第1話の原作となるのは、「姫川玲子シリーズ」第1作目の「ストロベリーナイト」。

@hisahisa0509がシェアした投稿


2010年の土曜プレミアムで竹内結子さん主演の2時間ドラマとして放送されました。


『ストロベリーナイト・サーガ』1話のあらすじとは?

『ストロベリーナイト・サーガ』1話のあらすじを公式HPから引用します。

警視庁捜査一課の菊田和男(亀梨和也)は、第十係、姫川玲子(二階堂ふみ)が率いる通称“姫川班”への勤務を任命された。折しも、捜査一課は亀有北署に『水元公園内殺人・死体遺棄事件特別捜査本部』を立てていた。捜査本部に向かった菊田は着任の挨拶をしようとするのだが、肝心の玲子の姿がないまま、捜査会議が始まってしまう。

管理官の橋爪俊介(岡田浩暉)とともに現れた係長、今泉俊介(山口馬木也)が事件の経緯を説明。水元公園の溜池付近で死体が発見される。被害者は金原太一という営業マンで、死因は出血性ショック死。凶器は薄型の刃物で、被害者の体には無数の傷がつけられていた。しかし、多くの傷は死因とは無関係で、致命傷は喉元の頚動脈を切断されたことと推定されている。さらに、死後、みぞおちから股関節までを切開されていた。捜査官の質疑が始まる頃、ようやく玲子が姿を現す。

玲子は到着するなり、話があると会議を遮った。呆れる橋爪をよそに今泉が促すと玲子は自分の見解を話し始める。玲子は被害者が死後に腹を割かれたのは、池に沈めるためだと指摘。今回、沈めることが出来なかったのは、犯人側にトラブルが発生したためだと言う。そして、この事件のひと月前に同公園の溜池にしか存在しない寄生アメーバに感染して死亡した男がいると告げた。そして、玲子はその池には腹部を割かれた別の犠牲者がいると言い切る。溜池を再捜索すると新たな死体が発見されて…。

引用元: 「ストロベリーナイト・サーガ」公式HP


『ストロベリーナイト・サーガ』1話のあらすじの原作ネタバレ記事はこちら
「ストロベリーナイトサーガ」1話のあらすじを原作ネタバレ!殺人ショーの黒幕とは?

『ストロベリーナイト・サーガ』深沢由香里とは?



深沢由香里とは、深沢康之の妹。

重度の精神疾患を追っていて、入院中。


1話では「水元公園変死体遺棄事件」が発生。

水元公園の溜池近くの植え込みから、リンチにかけられた末に喉元をカッターナイフで切り裂かれた上半身裸の男性の遺体が発見されます。


姫川玲子(二階堂ふみ)は、溜池に発生した寄生アメーバで死亡した深沢康之が、この遺体の遺棄係であったと推察。

結果はビンゴで、康之が沈めたもう一体の遺体が溜池から上がりました。

深沢康之は、なぜ死体遺棄などしていたのか?

『ストロベリーナイト・サーガ』深沢由香里を原作ネタバレ


のんさん(@kotoko0603)がシェアした投稿


深沢由香里について、原作小説からネタバレします。

由香里の過去


深沢由香里は、薬物中毒の義父から性的虐待を受け続けていました(母親も薬物中毒)。

そしてある日、義父と母親の喉をカッターナイフで切り裂いて殺してしまいました。


由香里の兄・康之は、自宅を放火して両親の遺体を焼いて証拠隠滅。

3日後に自首して「私が帰った時には、両親はすでに死亡していました。家に火を付けたのは、死んでもまともに弔ってもらえないだろうから」と供述、少年刑務所に3年務めました。


「エフ」と呼ばれ、暴力によって自分自身の存在を確認


由香里の人生はその後も、灰色。

保護者を亡くして引き取られた施設でも、たまに強制入院させられる病院でも、居場所を見つけられず、生きているという実感を得られないまま。


まず自分の右乳房を切って、救急に運ばれます。

不幸なことに、由香里はある種の特異体質で、血液が固まりやすく、出血が早く止まるので死ねませんでした。

その後、由香里は病院内で右の乳房も切り落とし、退院後は尻の肉と腹の肉も削ぎ落しました。

つまり、女性としての特徴を全て削ぎ落したのです。


由香里は、何かを求めて街を彷徨い続けました。

マコに会ったのはそんな時。

マコは由香里の苦しい気持ちに精一杯寄り添ってくれて、自分の友達を紹介してくれました。


由香里はマコは好きだったけれど、他の連中は好きではありませんでした。

由香里はその後も自傷行為を繰り返して、マコは由香里が真っ赤になると泣きました。


由香里は、仲間の先頭に立つようになりました。

「強い」というのとはちょっと違って、ただ、どんなに傷ついてもあきらめなかっただけ。

むしろ傷は由香里の方が酷い場合が多かったけれど、一度も「参った」とは言わず、最後には相手が命ごいをしました。

そうして「エフ」(=深沢由香里)という名前が知れ渡るようになりました。


北見昇との出会い


そんなある日、マコが襲われて首をしめられて死亡しました。

由香里はマコを殺したヤツを見つけて、そいつの喉をカッターナイフで切り裂きました。

そいつは顏を熟れた苺みたいに真っ赤にして、痙攣して死亡。


実はこの男は、北見昇(坂東龍太)の友達。

北見は目の前で友人が血しぶきをあげて死んでいくのを見て、大興奮&大感動。


そこへ由香里の兄・康之もやってきて、3人で死体をどうやって遺棄するかを相談します(主に、興奮状態の北見が考えた)。

北見は遺体の腹を切って、浮かんで来ないようにしました(その後の遺体も、腹を切られていた)。


学生時代にワルはやり尽くした北見は、由香里のおかげで、リアルな死がそこに転がっていることを実感。

北見は、由香里=エフという殺しの芸術家をサポートするパトロンになることを決意。

何より、自分が、エフのショーを見たかったから。


エフは、人を殺したい衝動が自分の中にあったので、それを承諾。

康之は、妹のために死体遺棄係を引き受けたというわけです。

こうして、エフは「ストロベリーナイト」の観客たちの前で11人もの人間を惨殺しました。


「ストロベリーナイト・サーガ」北見(坂東龍太)原作ネタバレ!キーパーソンで黒幕?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」北見(坂東龍太)原作ネタバレ!キーパーソンで黒幕?


深沢由香里が姫川を助けた理由は?


ラストでは、北見が姫川玲子を手錠で拘束して、仲間が来るまでの間、姫川をいたぶります。

深沢由香里は、それを静観しています。


しかし北見が姫川の胸を触って姫川が悲鳴を上げると、自分の過去を思い出します。

さらに北見と自分とは、考え方が全く違っていたことに気が付きます。

北見は、生きている優越感を感じるために殺しのショーを開催していましたが、由香里は、ただ生きている実感を得たかっただけ。


ここで北見と由香里は仲間割れをして、由香里は姫川を助けるという驚愕の行為に出ます。

なぜ由香里が姫川を助けるのか、その本当の理由はわかりませんが、おそらく由香里が玲子を亡くなった親友・マコに見立てて、あるいは何かの錯乱でそう信じて助けようとしたことは容易に想像できます。

事件は、勝俣と菊田が乱入して解決。


ドラマでは、姫川と由香里は互いに心を通わせて泣きます。

姫川は、犯罪者(この場合は由香里)と全く心を同じにすることが出来るのです。


北見に撃たれた由香里は、心肺機能、免疫力、全てが急激に低下し、意識もほとんどないはずなのに、看護師が目を離すと、すぐに点滴を抜いてしまいます。

まるで死にたがっているかのように……。

深沢由香里を演じた女優は山口まゆ


さやかさん(@sparkle__2727)がシェアした投稿


深沢由香里を演じた女優は、山口まゆさんでした。

井上真央さん主演ドラマ『明日の約束』で、母親から食事も与えられず万引きしていた増田希美香役を演じていた女優さんです。

まだ18歳でこの演技力は凄いです。

まとめ

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』1話の深沢由香里について、原作小説「ストロベリーナイト」からネタバレしてまとめました。

姫川玲子シリーズには、壮絶な人生の登場人物が多く出てきますが、中でも由香里は断トツの存在です。


「ストロベリーナイト・サーガ」1話のネタバレと感想!ミスキャストが多くてがっかり?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」1話のネタバレと感想!ミスキャストが多くてがっかり?

「ストロベリーナイトサーガ」1話のあらすじを原作ネタバレ!殺人ショーの黒幕とは?の記事はこちら
「ストロベリーナイトサーガ」1話のあらすじを原作ネタバレ!殺人ショーの黒幕とは?

「ストロベリーナイト・サーガ」姫川玲子の過去を原作ネタバレ!今も佐田倫子と戦っている?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」姫川玲子の過去を原作ネタバレ!今も佐田倫子と戦っている?

「ストロベリーナイト・サーガ」姫川玲子と菊田の恋の結末を原作ネタバレ!感動の結末!の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」姫川玲子と菊田の恋の結末を原作ネタバレ!感動の結末!

「ストロベリーナイト・サーガ」大塚(重岡大毅)原作ネタバレ!悲しすぎる結末とは?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」大塚(重岡大毅)原作ネタバレ!悲しすぎる結末とは?

「ストロベリーナイト・サーガ」北見(坂東龍太)原作ネタバレ!キーパーソンで黒幕?の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」北見(坂東龍太)原作ネタバレ!キーパーソンで黒幕?

「ストロベリーナイト・サーガ」ガンテツ(江口洋介)原作ネタバレ!姫川の天敵!の記事はこちら
「ストロベリーナイト・サーガ」ガンテツ(江口洋介)原作ネタバレ!姫川の天敵!