『義母と娘のブルース2020/正月スペシャル』ネタバレと感想!終わり方にモヤモヤで続編決定!

「『義母と娘のブルース(ぎぼむす)』2020年 謹賀新年スペシャル」が、2020年1月2日(木)に放送されました。

今回は下ネタ満載で麦田(佐藤健)とみゆき(上白石萌歌)の可愛い〇ホさも全開!

そして専務(赤ちゃん)が可愛い~!

バリキャリ・亜希子さん(綾瀬はるか)も健在で、子育てに悩む人々に希望ある未来を作ってくれました。

衝撃のラストシーンでは竹野内豊さんの正体が判明して、続編があるとしか思えない終わり方?

当記事では“ぎぼむす”続編となる2020年謹賀新年スペシャルのあらすじのネタバレと、Twitter(ツイッター)の評判と感想についてまとめています。

『義母と娘の間のフェルマータ』麦田編・良治編・大樹編のネタバレと感想!続編は決定?

2020年1月4日

『義母と娘のブルース』2020年 謹賀新年スペシャル|キャスト、あらすじ、見どころ、放送日を紹介!

2019年12月20日



『義母と娘のブルース2020/正月SP』相関図



引用元:『義母と娘のブルース』2020年 謹賀新年スペシャル|TBSテレビ

『義母と娘のブルース2020/正月SP』公式あらすじ

義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。

亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。

女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。

そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇!

さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた!そこへ帰宅するみゆき。まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。

「これは一体どうしたことでしょう!」

こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。
「本当の幸せとは何か?」血のつながらない母と娘、そんな二人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく。周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。

このドラマは、
一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、
そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語である。

引用元:
『義母と娘のブルース』2020年 謹賀新年スペシャル|TBSテレビ

『義母と娘のブルース2020/正月SP』のあらすじのネタバレ

『義母と娘のブルース2020/正月SP』のあらすじのネタバレを簡単にまとめます。

亜希子がまさかのクビ


2019年秋。

義母・宮本亜希子(綾瀬はるか)は、大阪の「アクセル・ビジネスパートナーズ」社でバリバリ働いていた。


一方、娘・みゆき(上白石萌歌)は、(義母と違って)優秀ではないけれど明るくほっこり周囲を和ませる女子大生に。

彼氏・黒田大樹(くろだ・ひろき/井之脇海)との仲も順調。


そんな中、亜希子は会社のボス(橋本さとし)から今までで一番大きな仕事(=「ゴルディック」の再建プラン)を任される。

これを成功させれば、ベース(給料)アップと正式採用間違いなし!


ところが、亜希子はプレゼンで「ゴルディック」社長の山本勘九郎(武田鉄矢)を怒らせてしまう。

亜希子の「腐った手足を切り落とすリストラ提案」に対し、勘九郎は「人は石垣、人は城や!」と怒鳴ったのだ。


なんと亜希子は、ボスからクビを言い渡された。

なんでも勘九郎が「亜希子をクビにしろ」と命令したらしいが、フツー他社の人事に口を出すだろうか?


謎の赤ちゃん



亜希子が久しぶりにみゆきのアパートに帰ると、裸にバスタオル一丁の麦田(佐藤健)赤ちゃんを抱いていた!

亜希子は大パニックに陥り、そこへみゆきも帰宅。


みゆきが誰の子かわからない子を産んだと勘違いした亜希子は、命は尊いから祖母として自分が育てると宣言(笑)。


しかし実は赤ちゃんは、ベーカリー麦田の前に置かれていた“捨て子”だった。

「麦田さんこの赤ちゃんはあなたの子です」の置手紙と共に~~~!


亜希子は麦田に誘導尋問開始(笑)。

亜希子:「本当にこの子の母親に心当たりはないのですか?私には店長のような“ナチュラルボーングッドルッキング愛され男子”を世の女性が放っておくとは思えないです。もしかしたら女性は覚えているけれど店長は忘れているというよな罪なことはありませんか?

麦田:「ま~そうかもしれませんね~」

とりあえず麦田は“心当たり”に連絡を取ってみることになり、下山(麻生祐未)が赤ちゃんの面倒を見ることになる。


亜希子が初めての育児に奮闘するも……



ところがその後下山がぎっくり腰をやってしまい、亜希子が赤ちゃんの面倒を見ることになる。

亜希子は、威厳のあるお顔の赤ちゃんを「専務」と呼んで初めての育児に奮闘するが、すぐに煮詰まってしまう。

思った以上に、手がかかるのだ。


子育て支援センターへ



亜希子は、「専務」と一緒に『子育て支援センター』へ。

専務の母親を探すことが目的で、亜希子は新米ベビーシッターという設定だ。


子育てに悩む母親たちが「赤ちゃんを見てくれる人がいると助かる。便利になってもやっぱ人よね~」と話すのを聞いた亜希子は、勘九郎の「人は石垣、人は城や!」を思い出す。

亜希子は、子育て支援センターに(人の)ニーズがあることに目を付けるが、それをいかにビジネスとして展開させるかに悩む。


亜希子がひらめいた



その後亜希子は、みゆきがサークルの先輩の桜向日葵(さくら・ひまわり/吉川愛)に“120バイトと麦田のパン3日分”で専務のお世話を頼むのを見て、ビジネスを思いついた!


それは、「ゴルディック」を子育てを応援する社会貢献度の高い企業にリブランニングするというもの。

そして互助的な連携スキムを構築できれば、プロのシッターを大量に雇う必要はないのではないか?

「バイト」のような通貨と言えば……ポイントだ!


「自分の娘が子育てしやすい世界を作っておきたい」「すべての人々に健康と福祉を」と奮闘する亜希子を、尊敬の目であたたかく見守るみゆき。

今度は宮本亜希子個人として、改めて「ゴルディック」に経営改善の提案をするつもりだ。


一方、自分と「専務」の親子関係を確かめたい麦田は、「専務」の毛2~3本を狙っていた(笑)。

しかし「専務」は髪の毛を引っ張られると、泣き叫ぶ。

そして「専務」は、野球ボールに興味があるらしい。


亜希子とみゆきが大喧嘩!


「専務」がやってきて早2週間が経過。

亜希子はそろそろ警察に届けるべきだと言うが、みゆきは「無責任な親だったら専務がかわいそう」と猛反対。
亜希子:「私は相当な理由がない限り、実の親御さんの元で育つ方が子供にとって幸せだと思います」

みゆき:「なんで?」

亜希子:「輸血などが必要となった場合の血縁間なら可能なソリューションが、赤の他人よりはずいぶん多くなるでしょうし、日々の生活についても体質についても血が繋がっていればおのずとわかる、血が繋がっていないと苦労してもわからない、というようなことがあるのではいないでしょうか

みゆき:「それってさ~、私を育てるのがすごくしんどかったってこと?

亜希子:「そうは言っていません」

みゆき:「言ってるじゃん」

亜希子:「とにかく専務は明日警察に連れていきます

みゆき:「自分のためだよね?」

亜希子:「あなたのためでもありますよ、専務と長くいればいるほど正しい判断ができなくなるんじゃないですか

みゆきと麦田が犯罪計画?


みゆきは家を飛び出し、ベーカリー麦田へ。

麦田に以下のとんでもない提案をした。
・専務にもし母親が見つからず、なし崩し的に麦田が育てることになった場合、亜希子は「専務」のために麦田と結婚するはず。

・だから「専務」の髪の毛と偽って麦田の父親の髪を拝借して麦田とDNA鑑定すれば、実の親子だからDNAは一致する。

麦田は「犯罪じゃん」とあきれつつも、亜希子と結婚したいがためにこの案に乗っかった(笑)。

その後麦田は父親の口の中の粘膜をゲットすべく奮闘するが、父親から「とうとう頭にきたか」と同情されてしまいうまくいかない。


専務のパパ登場



翌朝、みゆきは“散歩に行ってきます”の置手紙をして、「専務」を外へ連れ出した。

怒った亜希子は、ターミネーターような歩き方とド迫力でみゆきと「専務」を見つけ出した。


路上でもみ合いになった2人は、「専務」のベビーカーの手を放してしまった!

しかし一人の男性(リュックに専務が好きな野球ボールのキーホルダー)がベビーカーを受け止めてくれた。


ところが、この男性が「専務」を抱っこして逃げた~!

みゆきは偶然通りかかった大樹に「あの男捕まえないと、一生フナッシー使わせないよ!」と脅迫して男を捕まえさせた。


実はこの男性は「専務(本名は日向)」の父親・川田優也(高岡蒼佑)だった。

妻が出産後死亡してシングルファザーとして「専務」を育てていたが、仕事も辞めてママ友も出来ずに孤立していったとのこと。

そしてちょっとおかしくなりかけていた時に、赤ちゃんを楽しそうにあやす麦田を見かけて、押し付けてしまったのだ。


みゆきは「辛くなったらまた同じことをするんじゃないですか?」と男を責める。

しかし亜希子は「私はマイナスな気持ちになりましたよ。立ち直れたのは周りにみゆき達がいたから。つまりこの方の問題は資質ではなく環境ではないかと」と言った。

つまり、足りないのは“助け”。

亜希子が「今後もこの方の“助け”として専務に会いに行きましょう」と言って、みゆきもようやく納得。


みゆきは超ラッキー


その夜、亜希子とみゆきはイルミネーションを見に行った。
みゆき:「ごめんね、私はお母さんと一緒ですごく幸せだったから。だから血の繋がった親の方が幸せとか絶対言ってほしくなくて

亜希子:「一般論としてはわかるんです、みゆきの言ってることが正しい場合も多いと思うのです。でもそれは私には口が裂けても言えない言葉なんですよ

みゆき:「なんで」

亜希子:「みゆきを作ってくれた愛さんと良一さんは、私には感謝しかない存在ですから。それに子供を産むというのは実は命がけの行為で、その1点のみでも実の親は尊いと思いますし。もし良一さんと愛さんが生きていて、あの2人に育てられていれば、私といるより何百倍も幸せだったんじゃないかとも素直に思いますしね

みゆき:「私は超ラッキーってことか。どっちでも幸せとかさ。恵まれ過ぎだよね

その時、父親が田舎から出てきて困っている麦田からみゆきに電話がかかってきた(笑)。


「ゴルディック」に子育て支援サービスを提案!プレゼンは大成功!



亜希子は「ゴルディック」の勘九郎(武田鉄矢)に奇襲をかけて、新ビジネスの提案をして採用された。

新ビジネスとは、子育てサポートネット(会員間で子供の面倒を見合うネットワーク)など子育て支援に関するサービスを打ち出すこと。


「孤独に育てる」=「孤育て」という社会問題を解決することで、今よりたくさんの人が子供を持とうと思える社会を作ることが目的です。

プレゼンは大成功して、亜希子は「ゴルディック」と契約を結んだ。


みゆきは「頑張ってね、お母さんは私の自慢だから」と笑った。

明日も頑張らねば……と胸が熱くなる亜希子。


「ゴルディック」が乗っ取りにあう!新オーナーとは?



そして迎えた正月。

亜希子とみゆきは、麦田に挨拶に行った。

「ゴルディック」の仕事がもうすぐ終了する亜希子は、再びベーカリー麦田で働くことになる。


亜希子がおみくじ「大凶」を引いてショックを受けていると、「ゴルディック」の社長秘書から電話が!

なんと年末に“乗っ取り”にあって急遽オーナーが変わることになったとのこと。


そのオーナーがリニューアルの全面中止を要求してきて、ショックで社長(武田鉄矢)が体調を崩したという。

亜希子が急いで駆けつけると、そこに亡くなった良一(竹野内豊)そっくりの新オーナーが現れた。

彼の名前は、ダインキャピタル・ジャパンの代表・岩城良治(いわき・りょうじ)。

『義母と娘のブルース2020/正月SP』Twitterの評判と感想

『義母と娘のブルース2020/正月SP』Twitterの評判と感想を見てみましょう!

フナッピーの〇〇〇に対する勘違いが母娘で同じ(笑)




大樹はベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)からフナッピーのラムネっぽい袋に入った避妊具を渡されました。

そしてその夜みゆきの部屋に行った大樹はその避妊具をポケットから落としてしまい、それを見たみゆきはフナッピーのピーピーラムネと勘違い(笑)。


その後、亜希子もピーピーラムネと勘違い。

みゆきは「奇跡なんだけど、ありえないんだけどこんな被り」と大笑いしました。

2人はやっぱり素敵な母娘です。


あんた意外と……の続きは?





冒頭から、佐藤健さん演じる麦田のサービスショット連発。

なんと、腰に巻いたタオルが取れて……!

下山:「あらま!あんた意外と~」

麦田:「意外とどっちなんだよ?」

下山:「意外と~」

結局、「意外と」の後に何が続くのかはわかりませんでした(^_^;)


赤ちゃんに対しても礼儀正しい亜希子(笑)





赤ちゃんに対しても敬意を払う亜希子は、思わず赤ちゃんを「専務」と呼んでしまいます(笑)。

理由はどことなく威厳のあるお顔だからとのことですが、赤ちゃんに「専務」はナイですよね~(^_^;)


おむつを替えるタイミングを間違えておしっこをかけられた時も、敬語で謝る亜希子が面白すぎです。

「同席したいのはやまやまですが、私には専務のアテンドがございますので」のアテンドという言葉にも、Twitterで大爆笑が起こりました。


母性か高じて母乳まで出る亜希子





母性が高じた亜希子は、なんと母乳が出てしまいました。

これには、綾瀬はるかさんの『おっぱいバレー』を思い出す視聴者が続出。

残念ながら綾瀬さんが専務に母乳をあげるシーンは、大きなマント型の布で全く見えませんでしたが。


専務の演技が上手すぎる






「専務」役の赤ちゃんの演技が、メチャクチャ上手でした。

泣くタイミングも笑うタイミングも……バッチリなのです。

その上手すぎる演技と風格は、まさに専務!


一体どういう状況下で撮影が行われたのか?メイキングビデオを見たいほどです。

話しかけられたらビッグスマイルを返すとか、凄すぎるのですが!


DNA鑑定に喜ぶ麦田が〇ホ過ぎる!






今回の麦田も、〇ホ可愛くて最高でした。

「DNA!」と踊る姿や、(亜希子と夫婦みたいと言われて)「夫婦か~」とスキップする姿は、平和だな~って感じです(笑)。

「ラブイズオーバーだぜ~!」とか、愛終わっちゃってるし(笑)。

ちなみに予告の時点で話題になった結婚写真は、麦田の妄想でした(笑)。


みゆきと麦田の作戦が〇ホ過ぎる





みゆきと麦田は、実は2人とも〇ホ可愛いという点でそっくり。

みゆきと麦田の以下の作戦が、犯罪ギリギリで本当に〇カ丸出しでした。

・麦田と専務の親子関係をでっちあげて、亜希子が麦田と結婚するように仕向ける。

この2人だから許せますが、こんなことしちゃダメですよ、ホントに!


シングルファザーの苦悩に共感!テーマが素晴らしい!







今回は、子育ての大変さ、特にシングルファザーの苦悩がテーマ。

シングルマザーももちろん大変ですが、シングルファザーは数が少ないだけに孤独感はさらに強そうです。


専務の父親役で高岡蒼甫さんが出演。

抜群の演技力で、ドラマを盛り上げてくれました。


亜希子がゴルディックに提案した“子育て支援プロジェクト”ですが、今後の課題は“相互間の信頼関係”でしょうか?

「孤育て」で悩む人がネットですぐに助けを求められるという案は素晴らしいのですが、相手がどんな人かわからないとちょっと怖いですよね。

しかし亜希子さんのことだから、その辺の対策も抜かりなさそうです。


亜希子の腹芸がすごい



なんと、またしても亜希子の腹芸が見られました(笑)。

このドラマでは、綾瀬はるかさんが真顔で面白いことをこれでもかとやってくれる楽しいドラマです。

専務、めちゃくちゃ喜んでくれてましたよね~(o^―^o)

『義母と娘のブルース2020/正月SP』竹野内豊の正体をネタバレ!幽霊ではない?






物語冒頭から良一(竹野内豊)のそっくりさんが、まるで前作『義母と娘のブルース』の麦田(佐藤健)のように、色んなところから神出鬼没な現れ方をしました。


亜希子が「どうしましょう?良一さん!みゆきが誰の子かわからない子を産んでしまいました!」とつぶやきながら通りかかったときには、「いま良一って言った?もう少しで俺だったのにな~」と意味深な発言。


さんざん視聴者を焦らせましたが、ラストでその正体が判明。

それは、亜希子が個人で仕事をした「ゴルディック」を乗っ取った新オーナー・岩城良治。


「良一(りょういち)」と「良治(りょうじ)」で一文字違い(笑)。

直前に亜希子は大凶のおみくじ引いたけど、茶柱は立っていたから、この出会いが何を意味するかはまだ不明です。

『義母と娘の間のフェルマータ』麦田編・良治編・大樹編のネタバレと感想!続編は決定?

2020年1月4日

『義母と娘のブルース2020/正月SP』の終わり方にモヤモヤ?続編希望!

『義母と娘のブルース2020/正月SP』の終わり方が続編を感じさせると評判です。




亜希子がせっかく提案したリニューアルのプランを、全面中止したのが良一のそっくりさんの岩城良治(竹野内豊)。

顔はそっくりさんですが、良一さんとは似ても似つかない腹黒そうな男です。


良一のことが好きだった亜希子はメチャ動揺していましたが、麦田はどうなるのでしょうか?

個人的には、麦田と結ばれてほしい。

いや、これは続編なかったらストレス溜まりますよ!

『義母と娘の間のフェルマータ』麦田編・良治編・大樹編のネタバレと感想!続編は決定?

2020年1月4日