ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・前編!大竹しのぶ主演の映画版をベースにわかりやすく!

新ドラマ『後妻業』が、2019年1月22日(火)から始まります(後9時~9時54分)。

2016年に公開された大竹しのぶさんの主演映画『後妻業の女』も記憶に新しい超問題作です!

これまで様々な役を演じてきた木村佳乃さんでも「これは大変だぞと思った」と改めて気を引き締めたそうです(笑)

当記事ではドラマ『後妻業』のあらすじの原作ネタバレ・前編をまとめています。

映画版をベースにネタバレして、原作との違いについてもまとめています。


ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・後編!男女4人の魑魅魍魎の争いの結末は?の記事はこちら
ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・後編!男女4人の魑魅魍魎の争いの結末は?

「後妻業」5話のネタバレと感想!浮気相手・絵美里(田中道子)がムカつく!の記事はこちら
「後妻業」5話のネタバレと感想!浮気相手・絵美里(田中道子)がムカつく!

ドラマ「後妻業」のタイトルの意味は?古くて新しいビジネスで殺人も厭わない?の記事はこちら
ドラマ「後妻業」のタイトルの意味は?古くて新しいビジネスで殺人も厭わない?

ドラマ「後妻業」の原作や映画との違い6選!原作と映画のラストが違うがドラマは?の記事はこちら
ドラマ「後妻業」の原作や映画との違い6選!原作と映画のラストが違うがドラマは?

ドラマ「後妻業」最終回結末をネタバレ予想!最後に勝つのは小夜子で柏木とのバディは続行!の記事はこちら
ドラマ「後妻業」最終回結末をネタバレ予想!最後に勝つのは小夜子で柏木とのバディは続行!



ドラマ『後妻業』の原作とは?



新ドラマ『後妻業』の原作は、黒川博行さんによる同名小説。

高齢の資産家男性を狙う<後妻業>を描き、世間を震撼させた超問題作です。


映画『後妻業の女』とは?



大竹しのぶさん主演映画『後妻業の女』が、2016年8月27日に公開されました。

メインキャストは以下の通り。

  • 武内小夜子:大竹しのぶ
  • 柏木亨:豊川悦司
  • 中瀬朋美:尾野真千子
  • 本多芳則:永瀬正敏
  • 三好繭美:水川あさみ
  • 岸上博司:風間俊介

資産目当て詐欺のクライムサスペンス+コメディ要素抜群で、主演の大竹しのぶさんのクレイジーでゲスな性悪女役の演技が圧巻!

トヨエツさん演じる結婚相談所の所長も、せこくてエロ過ぎで笑えました……。

原作とは違う笑いを誘う結末も◎でした。


2019年度版のメインキャストは以下の通り。

  • 武内小夜子:木村佳乃
  • 柏木亨:高橋克典
  • 中瀬朋美:木村多江
  • 本多芳則:伊原剛志
  • 三好繭美:篠田麻里子
  • 黒澤博司:葉山奨之

『僕のヤバイ妻』や『相棒』で恐怖の悪女役を演じた木村佳乃さんが、どこまで吹っ切れるかが成功のカギでしょうね!

『後妻業』の主要登場人物

『後妻業』に出てくる主要登場人物をご紹介します。

武内小夜子:木村佳乃



柏木の元で資産家の老人をたぶらかす後妻業を生業にするエース。

朋美の父親の後妻。


柏木亨:高橋克典



結婚相談所「微祥」の社長で、後妻業の黒幕・元締め。

金と女好き。


中瀬朋美:木村多江



小夜子が後妻となった資産家の娘。

父との関係は冷え切っていますが……。


本多秀則:伊原剛志



元大阪府警のマル暴刑事。

退職して私立探偵として活動しています。


黒澤博司:葉山奨之



映画では小夜子の息子、原作と2019年度ドラマ版では小夜子の弟。

ドラマ『後妻業』のあらすじを原作ネタバレ・前編



ドラマ『後妻業』のあらすじを映画をベースにネタバレして、原作との違いもまとめていきます。

後妻業のエース・小夜子


名城小夜子・48歳。

ブライダル「微祥」の所長・柏木亨の元で資産家の老人をたぶらかす“後妻業”のエース。

頭の回転のはやさ、臨機応変の口のうまさ、中でも罪悪感のなさはピカイチ。


「微祥」の会員 元木日出夫・65歳は小夜子にぞっこんですが、小夜子は焦らしています。

小夜子は、まるで泥水に住むヤモリ。


結婚相談所に限って言えば、男の高齢者がよくモテます。

第一条件は資産があること、持病があればなおgood。


看取る時間が短いから、女同士の取り合いになったりも。

所長の柏木はそのアレコレを調整するのがお仕事で、汚物を洗い流す役を引き受けています。


瀬川英子50歳は、小夜子の相棒。

妖艶な肉体を武器にしますが、面食いなのでカスばかり掴んでいる状態。


今日は「微祥」の会員たちを集めて、白浜一泊の“南紀巡り”ツアー

小夜子は、倒れた元木日出夫に駆け寄って「私、あんた看取ったるわ」と悪魔の囁き。


この後、小夜子は元木と結婚して元木は徳島で事故死。

小夜子は遺産をいただきました。


2006年初秋、元木小夜子54歳。

今日は「微祥」の会員を集めて船の中でお見合い。


「微祥」の会員 津村泰治・70歳が、小夜子の次のターゲット。

この後、小夜子は津村と入籍して津村は腹上死。

原作との違い
原作では、津村は特別養護老人ホームにて肺炎で死亡。

小夜子は自分を「尽くす女」と自己紹介したあと、テレビ局の役員だった武内宗治郎70歳にマイクを渡しました。

この男も小夜子のターゲットで、小夜子にとって2股3股は当たり前、金の匂い次第です。

小夜子は武内と入籍、武内は元木と同様に徳島で車を運転中に崖から転落死。


小夜子が中尾耕造に近付く


2013年、小夜子と柏木は相変わらず“後妻業”でもうけています。

小夜子は変幻自在で、どこで覚えたのか、あやしくツイストを踊ることも。

80歳の元女子短大教授・中瀬耕造などイチコロ(8番目の犠牲者)。


小夜子は中瀬と入籍後、食事を作らないなど全く中瀬を大切にしませんでした。

2015年晩秋、耕造が小夜子と散歩中に倒れました。


知らせを受けた柏木は「毒でも盛ったのか?」と聞きますが「そんな危ないことするかいな」と小夜子。

小夜子は、耕造の薬・ワーファリン(血液の抗凝固薬)を胃薬と取り換えたのです。

耕造は、脳梗塞を発症した模様。


しかし小夜子が後から様子を見に行くと、耕三はまだ息をしていました。

仕方がないので救急車を呼んで、病院で死ぬのを待つことにします。

原作との違い
原作では耕造は91歳だが、映画では80歳。

耕造の娘である尚子と朋美が、救急病院にやってきました。

朋美は中央区の石町で建築事務所をしていて、尚子は夫に先立たれています。

耕造はICUにいますが、意識は取り戻しません。


朋美は尚子とは違って、初めから小夜子のことが気に入りませんでした。

小夜子はいつも表情が険しく、斜めにひとを見ます。

年は69歳(映画では61歳)、色黒で痩せています。

若い頃は看護婦で、退職後は介護施設に勤めたと言いますが、耕造に対するちょっとした仕草にも優しさが感じられません。


耕造と小夜子の結婚に尚子は賛成しましたが、朋美は反対しました。

しかし言い出したらきかない耕造は、小夜子と結婚してしまったのです。


病院で尚子と朋美に会った小夜子は、素っけない挨拶の後に、葬式の費用がないから困ってると言い出します。

朋美:「はあァ?お父さん、小夜子さんに通帳預けてるはずよね?」

小夜子:「あれは年金の振り込み通帳やし、いくらも残高がないんです~」

朋美:「あたしが言うてるのは、もうひとつ別の通帳です!!」

小夜子:「大同銀行の通帳やろかァ、でも5、6万しかはいってませんよォ」


さすがに、その通帳を見せろとは言えない朋美。

そして小夜子に葬式費用がいくらかかるかたずねると、なんと400万かかるとのこと!

社会的地位のある耕造の葬式を出すにはそのぐらいかかるというわけですが、尚子も朋美も絶句。

小夜子が「半分の200万はわたしがだします、そやから半分は……」と言いかけると、「葬式のお金はお姉ちゃんと相談します!」と朋美。

結局、尚子と朋美は、葬式費用200万を小夜子に渡してしまいます。


顏に濡れタオルでもかけたれや


小夜子が柏木の事務所に来ました。

現在のターゲット・中瀬耕造に関する経過報告をします。

小夜子:「アカン、ほんまにしぶとい。今日で7日目やけど、あの人持ち直してしもた」

柏木:「運の強い爺や。酸素マスクは外したんか?」

小夜子:「3日前に」

柏木:「意識は?」

小夜子:「ない」

柏木:「それやったら顏に濡れタオルでもかけたれや」

小夜子:「そんな荒っぽいことなんかしなくても、年よりの脳梗塞や、そろそろお陀仏やろォ」


小夜子が1回1万円で耕造のためにパンツを脱いでやった話をすると、「ええ、根性やのォ、俺にも1万円で見せてくれるんか」と柏木。

小夜子が「あんたはタダでええで~。サービスしたげる」ろ言うと、「そいつは俺が金をもらいたいぐらいやな、イッヒヒ」と柏木。

小夜子は「阿保かァ!嘘に決まってるやろ!」と毒づきました。

この女に勝てる男はいない、と思う柏木。


小夜子の黒い歴史


小夜子の初婚は30歳の時で、相手は家出の途中で知り合った塗装業の星野という男。

ほどなくして星野は、塗装中の高い煙突から転落して死亡。

原作との違い
原作では、小夜子は遺失物横領の罪で警察に捕まって星野と離婚して、その後轢き逃げをした。

2番目の夫は、薬剤師の岸上。

十三の結婚相談所で知り合って、盛大な結婚式を上げてひとり息子も授かりましたが、ほどなくして小夜子は薬剤の横流しで逮捕されて夫も行方不明に。

このひとり息子が、後に登場する博司。

原作との違い
原作では、小夜子は岸上と結婚後窃盗で逮捕。

さらに原作では、小夜子には息子はなく弟の博司がいる。

3番目の夫は、サラリーマンの西山。

盗んだ自転車に乗っていたところを、窃盗で捕まりました。

ほどなくして小夜子は、その被害者である西山と結婚。

原作との違い
原作では西山と出会う前に、小夜子は盗んだ自転車に乗っているところを職務質問されてシャブが検出されたので、3年ほどの実刑判決を受けている。

その後ヤクザ者の西山と結婚して、西山の詐欺を手伝わされて、詐欺、有印私物偽装罪で逮捕。

小夜子は「ウチが本気で惚れたんは西山だけや」と言っている。

小夜子はこまごました犯罪で捕まっていますが、夫殺しは発覚していません。

この後、小夜子は後妻業に手を染めていった模様。


柏木の結婚相談所が開店した15年前。

小夜子は毒を持って毒を制する方法で、柏木の危機を何度も救いました。

「この女を怒らせてはいけない」と思う柏木。


小夜子と柏木は折半の関係


小夜子が「あんた、金庫の鍵開ける業者知らん?」と聞いて、「爺(中瀬耕造)の金庫開けるんか」と柏木。

ここにきてやっと小夜子が本題を持ち出しました。

「爺はくたばりそうだが、金庫の鍵が開かない」と最初から泣きつけばいいものをそうはしないのが、小夜子の面倒臭いところです。


柏木は、金庫開けの業者を紹介する代わりに自分も立ち会うと言います。

小夜子:「あんたにそんな権利あらへん、爺さんのものは全部アタシのもんや」

柏木:「それはないな、あんたと俺は“折れ”や。折半!昔からそうしてきた」


柏木は小夜子の太ももをなでて、隣に座りました。

「あんたいつかバチ当たるで、ウチをこきつかって爺から金巻き上げて」と小夜子。

柏木は小夜子の肩を抱き寄せて「俺を信じて稼がせろやァ、鍵師は今夜連れていくから」と囁きました。


そこへスタッフの女性が、アイスカフェオレを持って入ってきました。

小夜子が「あの子とやったんか?」と聞くと「するわけないやろ、スタッフと」と柏木。

柏木の好みは化粧の濃い蓮っ葉な女なので、彼女はタイプではないのです。


小夜子は「帰るわ。タクシー呼んで」と柏木に言って、柏木がタクシー会社に電話。

小夜子のマンションは西区の北堀江で、小夜子は北堀江から藤井寺の中尾耕造のマンションへ週三日、通い妻をしているのです(つまり、耕造の内縁の妻で籍は入っていません)。


柏木の黒い歴史


ここで、柏木の過去について説明します。

柏木の父親はヤクザで、神戸にある組の組長でした。

ところが父親は柏木が大学に入った年の夏に上部団体から絶縁処分を受けて、組を解散。

父親はその3年後に死亡。


柏木は授業料不払いで大学を除籍になって、親戚のツテで小豆の先物取引会社に入りました。

一生懸命働きましたが色々あって先物取引会社を辞めて、失業保険で食いつないで玲子というホステスのヒモに。

いつしかシャブを覚え、覚醒剤取締法違反で有罪判決を受け、執行猶予で釈放されました。


釈放されたその日、マンションの近くで出会ったのが、先物の客・金井でした。

金井は島之内で結婚相談所をしていて「うちへ来い」と柏木を誘ってくれました。


柏木は金井の事務所で会員から金を巻き上げるノウハウを学びます。

ターゲットは女より男、それも妻に先立たれた老人。

彼らはイベントやパーティーにせっせと参加し、紹介された相手の容貌や気立てがどうあろうと、一言優しい言葉をかけられたら、ほぼ例外なく交際を望んで驚くほど安易に金を出すのです。


柏木は金井の事務所に3年いて、独立。

そして金井の事務所の登録会員だった小夜子を引き抜きます。

小夜子は元々ソープ嬢でしたが、寄る年波で客がつかなくなってソープ嬢から後妻業へシフトしたのです。

柏木は東大阪の小坂に事務所を借りて『ブライダル天祥』を開き、その3年後には西宮の苦楽園に『ブライダル樹祥』を、またその4年後には吹田の餌かに『ブライダル微祥』を開設して現在に至ります。


柏木が目をかけているホステス・三好繭美


柏木は、愛人である三好繭美とデート。

繭美は派手なドレスにノーブラで登場!


繭美が「二―プレス貼ってる」と言うと「乳首かぶれんぞ~」と乳首を押す柏木。

繭美が「なんやの!亨ちゃんにはがしてもらおうと思って貼ってきたのにィ」と言うと、柏木は「ああ、はがしたる!今すぐや!」と繭美をホテルの部屋に連れ込みました。


繭美は、北新地のホステス。

あばずれではありませんが、獲物を前にした小さな肉食獣。

「結婚してくれ」「一緒に住みたい」そんなことは決して言いませんが、男を財布だと思っているオンナ。


今日もベッドからするりと脱け出て「亨ちゃん、相談してもいい?」と言い出しました。

繭美:「浜通りにアンというラウンジがあって、居抜きで敷金献金なしでマスターに家賃40万をはらうだけでいいんやけど……どう思う?」

柏木:「俺に出資しろ言うんかい、40万」

繭美:「ウチ頑張るし、亨ちゃんに損はさせへん」

柏木:「このオレがラウンジのオーナーか。わかった、直に大きな契約が取れそうやからうまいこといったら、明日にでもその浜通りの店見に行こうや」

繭美は「亨ちゃん!!!」とベッドにダイブし、柏木は繭美に乗っかかりました。


耕造の金庫に入っていたものとは?


その夜、耕造の家で鍵師を待つ小夜子と柏木。

部屋の散らかりようを見て「中瀬のじいさん、よく我慢できたもんだ」と感心する柏木。

小夜子は耕造の内縁の妻なのに食事も作らず、コンビニの惣菜とレトルトの飯しか出さなかったらしい。


鍵師が金庫の鍵を開けることに成功して、駆け寄る小夜子と柏木。

柏木は鍵師に、口止め料も含めて7万円をにぎらせておいはらいました。


金庫の中には、株が7銘柄(現評価額で2050万)、4000万近く入った通帳がありました。

小夜子:「この通帳と株、どうする?」

柏木:「死ぬ前に動かしとかな、後がややこしい。現金で引き出して解約しよう、株は全部売る」

小夜子:「わかった、まずは明日大成銀行に行くわ」

柏木:「俺も付き合ったる。印鑑は俺が持っとく、あんたは通帳や」
小夜子:「最低やな!」

柏木は、小夜子が金をひとりで持ち逃げしないか心配なのです(笑)。


その後、柏木はひとりで偽ブランド物を扱うショップへ。

小夜子のために偽物のエルメスのトートを1万5千円で買い、偽物のカルティエの腕時計も4万で買いました。

カルティエの腕時計の方は、小夜子に高く売りつけてやるのが目的。


柏木と小夜子が銀行を騙して4000万をゲット


翌朝、柏木と小夜子は大成銀行の窓口へ一緒に行きました。

小夜子が「主人が脳梗塞で倒れて、ヘリコプターで専門医のいる病院に搬送せなあかんのです。定期と投信を解約したいんです」と言うと、奥の部屋に通されて次長と話をすることに。

小夜子は次長に「主人を助けたいんです」と泣き落としにかかりますが、「その口座はご主人の名義なので、ご本人の意思確認をしませんと預金はびた一文渡せませんという決まりになってます」と次長。


小夜子が「わかりました、じゃあ今から(病院に)行きましょう」と言って、次長と女性行員、小夜子と柏木で耕造の入院する病院に行くことに。

4人が病院に着くと、耕造は小夜子の問いかけに対して「う~」「あ~」と答えるだけ。


女性行員が「奥様からのご依頼です、中瀬さんの預貯金の全額を下ろしてもよろしいでしょうか?」と聞いても、やはり「う~」とだけ返事。

しかし小夜子は「はい」「うん」とまるで耕造が何を言っているのかわかっているかのような返事をして、次長と女性行員に「どうでしょう?確認していただけましたか?」と聞きます。

次長は「ありがとうございました」と言うしかありませんでした。


無事に4,000万近い現金を手に入れた小夜子と柏木は、ベンチで一服。

柏木が偽物のエルメスを本物だと言ってプレゼントすると、小夜子は「お大尽やな、あんた」とコロッと騙されました。


さらに柏木は、小夜子に偽物のカルチェの時計(4万円で勝ったもの)を見せて「定価290万、90万なら(店の主人が)売る言うてた」と持ち掛けます。

小夜子が「あんたマージン取ってるやろ、ほんまは80万言われたんちゃうか」と言うと、柏木は「85万や」とわざと顔をしかめました。

小夜子が「80万なら買ってもいいわ」と言ったので、柏木は渋い顏をして承諾(お腹の中では、小夜子を騙して大金をもうけたのでせせら笑っています)。


柏木:「取り分は1950万ずつ。時計が80万でおれが2030万や」

小夜子:「半分も取る気ィ?」

柏木:「これで金庫の整理はできた、爺はいつ死んでもええんやぞ」

小夜子:「殺せ言うんかいな」

柏木:「脳梗塞になって2年も3年も生きてる奴いるからなァ」

小夜子:「次、良さそうなのおるんかいな?」


新しいカモが出現


柏木によると、太客が最近入会してきたとのこと。

年は70際で、不動産屋の隠居、東大阪の瓢箪山に1200坪の土地と賃貸マンション2棟も所有。

柏木に「それに、布袋さんのような男前や。会ってみるか?」と言われて、「布袋さん。会うわ」と笑顔の小夜子。

「それやったら中瀬の爺を仕上げんとな」と柏木。


柏木は、繭美の店に行って、契約がうまくいったこと(爺の4000万をゲットしたこと)を報告。

繭美は、柏木に店の女の子・理紗を紹介。


理紗は、長身でスリムで小顔なのにあか抜けない印象。

元美容部員だったらしい。

繭美は、新しい店を理紗に手伝ってもらうつもりだと言いました。


耕造が死亡


耕造の容態が急変しました。

理由は、小夜子がストローで水を飲ませて誤嚥性の肺炎になったから。


8月15日、耕造が死亡。

理由は、小夜子が点滴の管を抜いて空気を注射したから(原作では、津村も同じ方法で殺害)。


静脈内に注射された空気は、血液の流れとともに心臓の右心房から右心室にたまっていきます。

大量の空気が心室にたまれば、心臓のポンプ機能が損なわれ、心臓から肺動脈に血液を送れなくなって酸欠状態を招きます。

そうして、その状態が長く続けば、人は窒息して死に至るのです。


死因は急性肺炎ですが、実質は小夜子が耕造を殺害したのです(>_<)

注射器は金槌で砕いて焼却炉に放り込んだので、完全犯罪です。


耕造の葬式で、泣く子も黙る公正証書!


そして、耕造の葬式。

姉妹から200万ぶん取った小夜子がしたのは、粗末な葬式。

尚子が「お父さんの家に金庫があって、まとまった金額が入ってるはずだけど」と言うと、「金庫の中は見たことないけど、耕造さんの遺産はぜ~んぶ私が相続します」と本性を表す小夜子。

朋美が「どういう意味ですか?相続を放棄しろっていうことですか?」と突っかかると「朋美さん、見たことないんですか?耕造さんの遺言状」と小夜子。


小夜子は、尚子と朋美の前に、公正証書遺言を出しました。

そこには「全財産を内妻・小夜子に包括して遺贈する」と書かれていました。


尚子は小夜子が耕造と籍を入れていなかったことに驚きますが、「私はちゃんと結婚という形を取りたかった。入籍せえへんかわりに遺言状書くと言うたんが耕造さんなんよ」と小夜子。


尚子は「お父さん、羽曳野の家は私らに残すって言ってたのに」と力なくつぶやきますが、小夜子はツンとすました顔。

朋美は小夜子をにらみつけて「あんた、本性現したんやね!あんたが書かせたんや!私はしかるべき措置を取ります!このままで済むと思わんといて!」と吐き捨てて、その場を去りました。


これ、後妻業やな


朋美は尚子と一緒に、高校時代の同級生・守屋の法律事務所に相談に行きました。

守谷は現役で阪大の法学部に行った弁護士なのです。


話を聞いた守屋は「これ、後妻業やな」と言います。

後妻業とは、古くて新しいビジネスで、昔から金持ちの後妻になって遺産を狙う話はあちこちにあったけれど、それに殺人という凶器が加わったら後妻業。


後妻業の必須3条件は以下の3つ。

  • (ターゲットの家に)住民票を移す。
  • (ターゲットの家に)家具を持ち込む。
  • 近所に顔を出して○○の妻ですアピールをする。

守屋は「公正遺言証書も用意してたってことは、この女はプロや」と言い切りました。

朋美:「あんな女に全部持ってかれるなんて納得できひん!守屋くん、なんで小夜子は籍を入れへんかったん?籍を入れてたら配偶者としてお父さんの遺産の半分を黙ってても相続できるやんか!公正証書とかややこしいことせんでも!」

守屋:「そう!そこや!それが不思議なんや!なんかある。武内小夜子を徹底的に調べ上げて相続の違法性を問わなアカン!」


探偵・本多が、小夜子を追い詰める


守屋は、元大阪府警の刑事で現在は興信所の調査員・本多に調査を依頼することにします。

本多が8年前に警察を辞めた理由は、今里署の暴対係で街金業者に犯罪データを流していたのがバレて、府警本部の監察から依願退職を迫られたから。


本多は、まずは小夜子の住んでるマンションへ。

小夜子が現在住んでいる北堀江のマンションは、元近畿テレビの役員・武内総治郎名義のものでした。


小夜子の次のターゲット・舟山喜春


その後、本多は柏木が開く「プレミアムパーティー」にも参加。

そこには小夜子の次のターゲット・舟山喜春も参加していました。


パーティーのあとは、わずか数分の対面時間。

小夜子と舟山も話をして、小夜子は60歳と3つサバを読みました。

舟山は前から、小夜子が綺麗な女だと気になっていたとのこと。


本多は、武内総二治郎の息子夫婦の家へ


本多は、武内総二治郎の息子夫婦の家へ行って「武内小夜子さんについてお話を伺えないかと」と頼みました。

宗治郎の義理の娘は最初は「もうそっとしておいてください」と拒みましたが、本多が「他にも犠牲者が出そうなんです」と説明すると、中に入れてくれました。


総治郎の義理の娘は、小夜子にされたことを全て話してくれました。

夫婦は、小夜子に北堀江のマンションとこの家の土地を騙し取られたとのこと。


しかも夫婦は、総治郎が再婚していたことを総治郎の死後に知ったのです。

おととし総治郎は車の事故で死亡、夫婦がその遺体を待っているときに、いきなり小夜子が登場して「はじめまして、総治郎の妻です」と親族たちに深々とお辞儀をして「私が喪主です」と宣言。


そして夫婦が何が何だかわからないうちに、葬儀屋に指示を出し始めたのです。

夫婦が「警察呼びますよ」と言うと、小夜子は遺言公正証書を出して、その後は誰が何と言おうと通夜も葬式も喪主席に座り続けたのです。


義理の娘:「義父名義のこの土地に、主人名義で家を建てたのですが、この家を売らない限り、小夜子は相続分を換金することはできません。だからあの女が死ぬまで私たちはこの家に住み続けるつもりです」

本多:「なんで小夜子を訴えなかったんですか」

義理の娘:「恥ずかしくて、とても表沙汰には……」

本多は公正証書遺言を見せてもらい、証人の欄に柏木亨と瀬川英子の名前があることに気が付きました。


ここがポイント
小夜子が武内の籍を抜かないまま中瀬耕造の内縁の妻になった理由は、遺族年金と武内が息子夫婦に残した土地(甲子園の土地)が欲しかったから。

小夜子は武内から相続した北堀江のマンションから、中瀬耕造の家に通い妻していたのである。


小夜子は舟山との〇EXにハマる?


その夜、小夜子は舟山と豪華な食事とお酒。

その後2人はラブホテルへ!

舟山のアレは、小夜子の予想を超えて立派でした。

「通天閣や。通天閣どころやない、スカイツリーや!」と叫んで、自分で服を脱ぐ小夜子。

これ以降、小夜子は舟山との〇ックスにハマッてしまいます。


本多が柏木に接近


本多が「ブライダル微祥」にズカズカとやってきました。

相手が興信所の調査員とわかって、名刺を引っ込める柏木。


本多は「武内小夜子、おたくの会員ですね」と単刀直入に聞きますが、柏木は「さあ?それは名簿見てみないとわかりませんなあ~。ウチは会員が多いですから」とすっとぼけます。

本多は「武内小夜子の公正証書遺言の証人になっておきながら、知らないというのはおかしい」と突っこみますが、柏木は「公正証書の証人になることはけっこうありますよ。会員さんに頼まれますねん」とまたしてもとぼけようとします。


本多が「証人になったらいくらもらえるんですか?」と聞くと、「本多さん、失礼なこと聞きますね!」と怒る柏木。

本多は「それは申し訳ない」と謝りますが、その後「あんた、中瀬耕造とも堺の公証人役場で立会人になってる。両方の遺産相続人である小夜子の名前を知らないのは妙ですな」と畳み掛けます。


「知らんもんは、知らんのや」とそれでも開き直る柏木。

本多が「もうひとりの会員、瀬川英子って誰です?」と聞くと「警察官でもないアンタに個人のプライベートを話す必要はない」と柏木。

そして本多に退場を命じるのでした。


本多は「最近、後妻業という仕事でもうけるやつがいて怖い世の中ですな~」と宣戦布告して帰りました。


この15年で小夜子の夫が5人も死んでる!


本多は、報告の為に守屋法律事務所へ。

朋美も来ていて、不機嫌そうにタバコをふかしています。

朋美が葬儀場に父親の葬式の費用を聞きに行ったら120万円だったとのことで、「あの女、一銭も出さんと80万ももうかってる!」と怒っているのです(尚子と朋美は葬式費用200万を小夜子に支払った)。


元風紀委員の朋美は、とうとう自分も一緒に小夜子の調査をしたいと言い出しました。

朋美:「小夜子がどんな悪事を働いたのか、この目で確かめたいんや。絶対邪魔にならへんようにする!」

守屋:「わかった、わかった」


守屋は、本多にホワイトボードを見るように言います。

そこには、この15年の間に結婚相談所「微祥」を舞台に死んだ小夜子の夫・5人の名前が書かれていました。

名城吉彦、元木日出夫、津村義治、武内総治郎、中瀬耕造の5人です。


名城は入籍1年後に白浜で溺死、元木も1年後に飲酒運転で徳島で死亡、津村も婚姻入籍1年後に特別養護施設で死亡、武内総治郎も10年前の元木と同じく徳島で崖から落ちて1年後に死亡。

結婚して次々に夫が死に、元木と武内は同じ現場で事故死。

こんな偶然は、考えられません。


その夜、繭美に連絡がつかなくて腐った柏木は、連想ゲームのように理紗に電話。

疫病神のような探偵(本多)から宣戦布告を受けて、うっぷんが溜まっていたのです。

意外にも尻軽な理紗は、柏木の誘いに乗ります(笑)。


本多が瀬川英子に接触


本多と朋美は、小夜子の相棒・瀬川英子の家を訪問。

本多は公正証書遺言の証人になった件で話を聞こうとしますが、瀬川は「ウチはただハンコ押しただけや」とツレない態度。


しかし朋美が「調査協力費10万持ってきてます」と言うと、態度は一変。

瀬川:「悪口言う人もおるけど、ウチはあの人(小夜子)好きや。あの時も電話かかってきて自分の家族について公証人役場の人に話してくれって」

本多:「家族?」

瀬川:「大学講師の息子さんと、手塚山でお花の講師している娘さんのこと」

本多:「会ったことあるんですか?」

瀬川:「そういう設定でや。本当の息子とは生き別れでなあんかややこしい生き方してるってボヤいてた。女が結婚して幸せになるんやったらちょっとぐらいの嘘平気やって

朋美が瀬川に1万円わたして、本多が「今日はもうこのへんで」と退散。

残り9万円もわたしてもらえるとおもっていた瀬川は「あ~!ボケ~!」と絶叫。


本多は朋美に「小夜子を呼び出してください、揺さぶりをかけます」と言いました。


小夜子のクソ息子・博司


その頃、小夜子のマンションには息子・博司が来ていました。

テーブルの上には宅配寿司や、ピザが並んでいます。

博司は刑期を終えて、刑務所から出所したばかり。


小夜子:「それ食べたら出てってや」

博司:「息子がつとめ終えたらご祝儀払うんが親のつとめやろうが!」

小夜子:「ご祝儀どころやない!香典でちょうどいいわ!ここはあんたの家ちゃうでえ!野良犬よりうっとうしいわ!」

博司は「二度と戻ってきたるかい!」と言って、小夜子の金を持って出ていきました。


ここで、博司と柏木の関係について説明します。

博司は、昔柏木の父親の組に属するヤクザでした。

そして柏木が島之内の結婚相談所の手伝いをしていた時に、博司と再会。

博司は、当時ソープ嬢をしていた姉の小夜子を柏木に紹介。


ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・後編!男女4人の魑魅魍魎の争いの結末は?の記事はこちら
ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・後編!男女4人の魑魅魍魎の争いの結末は?

「後妻業」5話のネタバレと感想!浮気相手・絵美里(田中道子)がムカつく!の記事はこちら
「後妻業」5話のネタバレと感想!浮気相手・絵美里(田中道子)がムカつく!

ドラマ「後妻業」1話のあらすじのネタバレと感想!木村佳乃の関西弁に賛否両論!の記事はこちら
ドラマ「後妻業」1話のあらすじのネタバレと感想!木村佳乃の関西弁に賛否両論!

ドラマ「後妻業」のタイトルの意味は?古くて新しいビジネスで殺人も厭わない?の記事はこちら
ドラマ「後妻業」のタイトルの意味は?古くて新しいビジネスで殺人も厭わない?

ドラマ「後妻業」の原作や映画との違い6選!原作と映画のラストが違うがドラマは?の記事はこちら
ドラマ「後妻業」の原作や映画との違い6選!原作と映画のラストが違うがドラマは?

ドラマ「後妻業」最終回結末をネタバレ予想!最後に勝つのは小夜子で柏木とのバディは続行!の記事はこちら
ドラマ「後妻業」最終回結末をネタバレ予想!最後に勝つのは小夜子で柏木とのバディは続行!