花のち晴れ 西門総二郎(松田翔太)原作ネタバレ!益荒男祭が関係してる?

1話で道明寺司(松本潤)、3話で花沢類(小栗旬)登場で、Twitter(ツイッター)を中心に大きな盛り上がりを見せるドラマ『花のち晴れ』。

次はF4(エフフォー)のどのメンバーが登場するのか、気がかりなひとも多いことでしょう。

原作では、次に登場するのは……西門総二郎 にしかど・そうじろう(松田翔太)です。

当記事では原作漫画『花のち晴れ』7巻と69~71話(最新話)の西門総二郎の登場シーンについて詳しくまとめました。


『花のち晴れ』メグリンが原作と違って可愛くないというツイッターの評判記事はこちら
花のち晴れ メグリンが原作と違って可愛くない?愛莉の方が可愛い?



『花より男子』西門総二郎を紹介



※一番左が西門総二郎

西門総二郎は、茶道西門流・第16代目家元。

両親は仲が冷え切った仮面夫婦で、無類の女好き。


ノリの良いF4のムードメーカーで、要領がよく口は軽い。

ドラマ版では、バイクが趣味で、ハーレーダビッドソンに乗っています。


「純情で重たい女が苦手」と公言していますが、中学の時の初恋の相手・日向更(ひなた・さら)は素朴な女性。


両想いだったにもかかわらず、ある約束を総二郎が破ったため実らず、それがきっかけで女遊びが激しくなりました。


西門はヒロイン・つくし(井上真央)の親友・優紀のおかげで、やっと初恋を終わらせることが出来ました。

原作では、西門は優紀と一度だけ関係を持ちます。

『花のち晴れ』西門総二郎の登場シーンは?



『花のち晴れ』西門総二郎登場シーンは、晴(平野紫耀)が京都の杉丸(中田圭祐)の武道場で弓(ゆみ)の練習をしている時です。

晴は天馬(中川大志)から“益荒男祭(ますらおさい)での戦い”を申し込まれて負けるわけにはいかないので、杉丸の師範の知り合いに頼んで京都で猛特訓していたのでした。


益荒男祭についての記事はこちら
花のち晴れ 益荒男祭(ますらおさい)とは?実際にもあるの?


一方、西門は毎年恒例の「流鏑馬(やぶさめ)の大会(馬に乗って矢を射る大会)」のために練習していたことろ。

晴は西門を見て、驚きます。


まさか、こんなところで会えるとは夢にも思っていなかったから……。

西門の腕は素晴らしく、晴の目の前で見事的(まと)に皆中(かいちゅう)させました。


晴は、憧れの西門と2人で話すことに。

英徳に在籍していながらほとんど大学に行っていない西門は、益荒男祭(ますらおさい)で英徳のトップ・晴と桃乃園学院のトップ・天満(中川大志)が対決することを知りませんでした。

晴の相手である天馬が、武道総合ジュニアチャンピオンと知って「マジすか、スゲー」と驚きます。


晴が「負けたら、道明寺さんに顔向けできません。こんなことをF4の西門さんに言うことではないですが」と言うと、「司?なんで知り合い?」と西門。

晴が「英徳の生徒としてF4がいた頃の黄金時代に泥をぬるわけにはいかない」と言うと、「何それ、くっだらない」と笑われます。

たった一人で威信をかけて戦うわけ?

そんなのになんの意味あるんだよ、バカバカしい

引用元:『花のち晴れ』7巻・西門総二郎のセリフより



晴はもう建前を言うのはやめて、本音を言います。

本当は好きな女がいて

そいつのために負けたくないんです

引用元:『花のち晴れ』7巻・神楽木晴のセリフより



西門は「そーいうことなら話が別。女のためとか嫌いじゃないね」とニヤッと笑います。

「オッケ、行こうかハルト。勝つしかないだろ」と言って、晴に弓道を教授してくれることに。


晴は、西門のスターのようなオーラにクラクラして見とれてしまいます。

「まーしょーがねーな、俺かっこいから」と西門が言った瞬間、晴のハートはズッキュウンと撃ちぬかれ、晴はコクコクコク……とうなずきました。

西門は自分で自分をかっこいいと言って許される数少ない偉人なのです。


肝心の弓道ですが、晴はなかなか的には当たりません。

西門によると、安定して当たるまでには数年かかるとのこと。

皆中は無理でも、4本勝負で2本は当てたいところ。


晴は、西門に会ったと一茶(鈴木仁)に言ったら大騒ぎされるだろうな~と思います。

一茶にとって西門は、永遠の憧れですから。


西門は現在は日本の伝統文化の伝承と紹介でデモンストレーションのために欧米にいることが多く、英徳大学にはあまり顔を出していないとのことでした。


西門が、道明寺の話で大笑い?


晴は以前道明寺に会って「頼んだぜ、この英徳を」と言われた話を西門にします。

西門は「いやマジで?司が?ないわ、それ。あいつが言うか、そんなん」と大爆笑。


晴は「え、そんな。この一心で俺ここまで」とへこんでしまいます。

そんな晴を見て西門は「ま、そのうち司が返ってくるから聞いてみようぜ」と笑顔。

「C5(シーファイブ)ね、いーじゃん頑張んな」と言ってくれました。


歴史は繰り返す?


西門は、晴が闘う理由になった女の子がどんな子なのか晴に聞きます。

晴は……

令嬢じゃないっす、アパートに住んでるド庶民で

めっちゃかわいいわけでもないんですが、俺そいつじゃないとダメなんす

引用元:『花のち晴れ』7巻・神楽木晴のセリフより



西門は「うへ、マジか。知ってるわ、そーゆー奴。なんなんだよ、歴史は繰り返すってか」とある人物を思い浮かべました。

そう……道明寺司もめちゃくちゃ可愛いわけではないド庶民の牧野つくしじゃないとダメだったんです。


『花のち晴れ』西門総二郎登場シーン・二回目



『花のち晴れ』7巻では、もう一度西門総二郎が登場します。

益荒男祭で不戦勝ではあるものの天馬に勝利した晴は、流鏑馬(やぶさめ)の大会に出場している西門に会いにいくのです。

もちろん、西門の成績は皆中でした。


不戦勝で買ったことにモヤモヤしている晴に、「おいラッキーだろうが。不戦勝。勝ちは勝ちだ。もっと自信持て」と西門。

さらに「四条大橋でまちあわせて、一緒に鴨川沿いとか歩いてさいいムードにしちゃいなよ」と恋のアドバイスも。


西門は舞妓さんに呼ばれて、これからお茶屋遊び。

晴は「このひとのおかげで勝てた。F4やっぱすげえ。そうだ西門さんの言う通り、勝ちは勝ちだ。俺はなんら遠慮することはない」と自信が持てました。

改めて、音(杉咲花)への気持ちをあきらめないことを誓うのでした。


益荒男祭についての記事はこちら
花のち晴れ 益荒男祭(ますらおさい)とは?実際にもあるの?

『花のち晴れ』西門総二郎登場シーン・三回目



西門総二郎の三回目の登場シーンは、69~71話(最新話)。

晴に幼い頃から筋違いの逆恨みをして神楽木家ごと乗っ取ろうと企んだ景・ウィンザー(キャスト未定)の存在が原因で、またしても喧嘩してしまった晴と音をくっつけるのに一役買ってくれます。

ちなみに今回は西門総二郎だけではなく、美作あきら(阿部力)も登場します(美作あきらは初登場)。

さらに、西門総二郎ご用達のリムジンやメルヘンチックな美作邸も出てきます。

まとめ

原作『花のち晴れ』での西門総二郎の登場シーンについてまとめました。

原作ではF4卒業2年後が描かれているので西門総二郎は大学生ですが、ドラマではF4卒業10年後が描かれているので社会人の西門登場ということになります。

願わくば、弓道で肩を出したセクシーな西門総二郎を見たいと思います。


『花のち晴れ』最終回予想記事はこちら
花のち晴れ 結末予想!四条大橋か『花より男子』の最終回かどっち?

益荒男祭についての記事はこちら
花のち晴れ 益荒男祭(ますらおさい)とは?実際にもあるの?

『花のち晴れ』愛莉が二度目の恋をする記事はこちら
花のち晴れ 愛莉が天馬を好きになる?原作からネタバレ

『花のち晴れ』原作ネタバレ前編はこちら
花のち晴れ原作ネタバレ前編!運命の恋と奇跡の恋…どっちかなんて選べない?

『花のち晴れ』原作ネタバレ後編はこちら
花のち晴れ 原作 ネタバレ 後編!晴が音をあきらめて別人のように冷たくなる?

『花のち晴れ』原作とドラマの違いの記事はこちら
花のち晴れ 原作との違い10選!原作ではただの婚約者なのにドラマでは初恋の人?

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • コンフィデンスマンJP
  • シグナル(ポイント)
  • 隣の家族は青く見える
  • 犯罪症候群 Season2
  • コードブルー Season3
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン




Hulu 日テレ公式


  • 正義のセ
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル!
  • anone
  • トドメの接吻/トドメのパラレル
  • もみ消して冬




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • デイジー・ラック(216ポイント)
  • 半分、青い。(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)