「スカーレット」大人の百合子役は福田麻由子!モデルや役柄、経歴、演技を紹介!

『スカーレット』第43話からは、大人の川原百合子(ゆりこ/福田麻由子)が登場します。

少女期役の住田萌乃ちゃんから、大人の川原百合子役の福田麻由子(ふくだ・まゆこ)さんにバトンタッチです。

当記事では『スカーレット』で大人の川原百合子(13歳~)を演じる福田麻由子さんの

  • 役柄とプロフィール
  • 川原百合子のモデル
  • 福田麻由子の過去出演作品(ドラマ)
  • 福田麻由子の過去出演作品(映画)
  • 福田麻由子の演技の評判
についてまとめています。

「スカーレット」妹・百合子の幼少期の子役は稲垣来泉!役柄や経歴、演技を紹介!

2019.09.27

「スカーレット」妹・百合子の少女期の子役は住田萌乃!役柄や経歴、演技を紹介!

2019.09.26



『スカーレット』大人の百合子役の福田麻由子の【役柄】と【プロフィール】

はじめに、『スカーレット』で大人の川原百合子(ゆりこ)を演じる福田麻由子(ふくだ・まゆこ)さんの【役柄】と【プロフィール】をご紹介します。


福田麻由子【役柄】



川原百合子は、ヒロイン・喜美子(戸田恵梨香)の下の妹で川原家の三女。

川原家が大阪から信楽に移り住んだ時にはまだ赤ちゃんだった百合子が、13歳になりました。

福田麻由子さんは、百合子の特性を「まっすぐで無邪気なところと気遣い屋の2面性」と表現しています。

川原家の三女。大阪から移ってきたときにはまだ赤ちゃんで、根っからの信楽育ち。母親の優しくて穏やかな性格を、一番受け継いでいる。直子とは対照的に、ずっと信楽に住んで喜美子に寄り添い、相談相手となる。

引用元:「スカーレット」公式HP


「スカーレット」妹・百合子の幼少期の子役は稲垣来泉!役柄や経歴、演技を紹介!

2019.09.27

「スカーレット」妹・百合子の少女期の子役は住田萌乃!役柄や経歴、演技を紹介!

2019.09.26



福田麻由子【プロフィール】


名前福田麻由子(ふくだ・まゆこ)
愛称まゆゆ
生年月日1994年8月4日
年令25歳
サイズH161/S24.0
血液型B型
出身地東京都
学歴立教大学文学部卒業
所属フラーム
趣味読書、手芸
特技ピアノ
好きな作家村上春樹など
好きな音楽ポルノグラフィティ、椎名林檎
好物いか、メロン
公式福田麻由子 – FLaMme official website

福田麻由子さんは、愛くるしいルックスと意思の強そうな瞳が魅力の若手女優。

子役時代から「演技派」と呼ばれる本物の実力の持ち主です。

好きな言葉は「やってやれないことはない/やらずにできるわけがない」と勉強熱心で、小学校5年生の3学期のときにはオール5を取ったこともある努力家です。


1998年に東京児童劇団に入り、『ケンタッキーフライドチキン』のCMに出演して芸能界デビュー。

2000年、『Summer Snow』でドラマデビュー。

2004年、『下妻物語』で映画デビュー。


2005年、フラームに移籍。

2006年、演劇集団キャラメルボックスの公演『雨と夢のあとに』で舞台デビュー。

2007年、『ピアノの森』でアニメ声優デビュー。


2009年、『ヘブンズ・ドア』で長編映画初主演(長瀬智也さんとW主演)。


同作は、余命わずかと宣告された男女二人組(28歳の男と14歳の少女)が思い出の海を目指して旅をする過程を描くロード・ムービーで、福田さんは若干14歳で死と向き合う役を演じました。


2013年公開の日仏合作映画『FLARE〜フレア〜』で、初の長編映画単独主演を飾ります。


同作は、親の虐待から逃れるため家出をした17歳の少女・三井フレア(福田麻由子)が、売れないフランス人写真家のジャン・オゾンの写真に感銘を受け、ジャンのアトリエでアシスタントとして働き始めるが、やがて借金を抱えたジャンのためにお金を作ろうと援助交際に手を染めていくというストーリー。

福田麻由子『スカーレット』で朝の連続テレビ小説初出演



子役から芸歴の長い福田麻由子さんですが、朝の連続テレビ小説は初出演です。

福田さんは、朝ドラのオファーを「びっくりしました」とコメント。

「台本を読んでいるだけでも幸せな気持ちになる作品。とてもうれしくワクワクしております」と喜んでいます。

楽しむことを怖がらないで、この1年、心をスカーレットにささげたい


百合子は、これから大人になって結婚もするでしょうし、末っ子で甘えていたのが成長して周囲の人たちを助けていく存在になると思います。

そんな百合子の姿を、私自身、楽しみにしています。

『スカーレット』川原百合子のモデル

「スカーレット』川原百合子のモデルは、ヒロイン・喜美子のモデルの神山清子さんの妹・金場静子さん。

静子さんは、大阪で食堂を営みます。


平成2年、清子さんの長男・神山賢一さんが白血病になった時には、HLAが完全一致していない状態でしたが骨髄移植を引き受け、平成3年に手術が行われました。

このことからわかるように、静子さんは姉の清子さんと姉妹仲がとても良かったのです。


この手術が成功して賢一さんは一時的に元気になりますが、平成4年2月に白血病が再発して死亡。

福田麻由子・ドラマ出演

福田麻由子さんのドラマ出演作品を一部抜粋でご紹介します。


2005年7月期のドラマ『女王の教室』では、秀才・進藤ひかる役を演じました。


志田未来さん、伊藤沙莉さんと共に、天才子役としての実力を発揮しました。


後に2017年のドラマ『コウノドリ2』では、福田さんと志田さんの妊婦役にTwitterでは「大きくなったなあ」と感激の声も。


伊藤沙莉さんも『ひよっこ』の米屋の娘役でブレイクして以来、『隣の家族は青く見える』『この世界の片隅に』『獣になれない私たち』などドラマに引っ張りだこです。


2006年1月期のドラマ『白夜行』では、綾瀬はるかさん演じる雪穂の少女期を熱演。


「綾瀬さんを凌ぐほどの神がかった素晴らしい演技」と評価されました。


2019年1月6日のSPドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』では、無認可保育園の娘・田辺瑛里華役を熱演。


悪行を重ねてきた両親に「あなたたちとは縁を切る。私は私の人生をやり直す」と言って決別する壮絶な役どころでした。


その他の過去出演ドラマ(一部抜粋)は以下の通り。

2004年 『ほんとにあった怖い話 「旅立ちの靴音」』:主演・田村宏美役

2008年 『霧の火 樺太・真岡郵便局に散った九人の乙女たち』:主演・中村瑞枝(少女期)役

2011年 『それでも、生きてゆく』:遠山灯里役

2016年 『最後のレストラン』:有賀千絵役

福田麻由子・映画出演

福田麻由子さんの映画出演作品を一部抜粋でご紹介します。


2008年2月9日に公開されたLが主人公の『デスノート』のスピンオフ映画『L change the WorLd』に、ウイルスを抱えた少女・二階堂真希役で出演。


同作は天才役者・松山ケンイチさんの出世作ですが、松山さんは福田麻由子さんの演技を高く評価していました。


2019年4月5日公開の、音楽青春エンターテインメント映画『ラ』に出演。


福田麻由子さんの役柄はヒロイン・加藤ゆかり役。

ある出来事によって解散したバンド「LACTIC ACID」の元ボーカルで恋人の岡浜慎平に「あるもの」と引きかえに金銭をバックアップする役どころでした。


福田さんは、一途に人を愛するがあまり狂気を帯びるゆかりについて以下のように語っています。

私が演じるゆかりという女性を、理解・共感できないというところからのスタートでした。自分自身とは真逆の人間だったので、自分の価値観を根本から変えて、この子の事を理解しないと嘘になってしまうと。私はこれまで芯が強くて自分を持っているような役を演じる事が多かったのですが、今回は他人に依存するとても弱い女性。しかし演じてみて、弱さもあるけど、ある意味では私にない強さもある女性だと感じました


その他の出演映画(一部抜粋)は以下の通り。

2006年 『ハヴァ、ナイスデー 「夕凪」』:あずさ役

2007年 『Little DJ〜小さな恋の物語』海乃たまき役

2008年 『犬と私の10の約束』:斎藤あかり役

2009年 『マイマイ新子と千年の魔法』:青木新子役

女優・福田麻由子の演技の評判

福田麻由子さんの演技の評判を見てみましょう。





『女王の教室』では志田未来さんと共に「天才子役」と言われ、『白夜行』では泉澤祐希さんとともに「子役2人の演技が素晴らしい」と大絶賛された福田麻由子さんは、文句なく演技が上手いと思います。


ヒロイン役を務めた映画『ラ』での演技の評判も「感動した」「狂気的ともいえる演技がすごかった」など高評価を得ています。

【その他の福田麻由子さんの演技の評判】

・隅々まで行き届いた演技。

・天才的にそこに存在する。

・圧倒される。

福田さんの演技は、迫力に満ちていて説得力があり、視る者の心を大きく揺さぶりますよね。

まとめ

『スカーレット』で大人の百合子役を演じる女優・福田麻由子さんをご紹介しました。

ここ数年はドラマではあまりお見掛けしなかった福田さんの演技を堪能できるのは、とても楽しみです。

「スカーレット」妹・百合子の幼少期の子役は稲垣来泉!役柄や経歴、演技を紹介!

2019.09.27

「スカーレット」妹・百合子の少女期の子役は住田萌乃!役柄や経歴、演技を紹介!

2019.09.26