ドラマ「テセウスの船」原作との違い7選!由紀のノートの内容が全然違う!

ドラマ『テセウスの船』が、2020年1月19日(日)から始まります。

原作は東元俊哉さんによる同名漫画ですが、ドラマとの違いが気になります。

1話から早速たくさんの違いがみつかりました、今後もどんどん追記していきます!

当記事ではドラマ『テセウスの船』の原作との違い7選についてまとめています。

「テセウスの船」子役キャスト一覧!心や鈴、慎吾の子役、加藤みきおや31年前の音臼小学校の生徒役全員!

2019.12.30

「テセウスの船」原作の結末をネタバレ!田村心は死ぬのか?由紀と幸せになれるのか?

2020.01.02

「テセウスの船」タイトルの意味と原作の結末がリンクする!衝撃のラストとは?

2019.12.30



ドラマ『テセウスの船』とは?




ドラマ『テセウスの船』とは、2020年1月19日(日)から始まる新日曜ドラマ。

原作は東元俊哉さんによる同名漫画で全10巻。


日曜ドラマで初主演を務める竹内涼真さんが演じるのは、殺人事件の犯人として父親が逮捕されて世間の目を気にしながら生きてきた田村心。

なぜか父親が逮捕される直前の平成元年の世界にタイムスリップした心は、長年その存在に苦しめられてきた父親と遭遇。


父が本当に犯人なのか探る展開や、家族のために心が過去を変えることで巻き起こる出来事から目が離せません。

さらに父と子の時空を超えた友情、絆に泣けること間違いなし。

『テセウスの船』原作とドラマの違い7選

『テセウスの船』原作とドラマの違いについてまとめます。

ドラマ放送後に随時追記していきます。

➀現在の年が違う


音臼小無差別毒殺事件が起こったのは、1989年(平成元年)6月24日。

原作では2017年が現代で、1989年は28年前。

ドラマでは2020年が現代で、1989年は31年前。


➁登場人物の年齢設定


原作の田村心は27歳、ドラマの田村心は30歳(ともに平成元年の年齢)。

原作の佐野文吾は32歳、ドラマの佐野文吾は35歳(ともに平成元年の年齢)。

その他の登場人物も、原作とドラマで年齢が違います。


➂原作にはない登場人物


ドラマ『テセウスの船』には、以下の原作には出て来ない登場人物が登場します。

田中正志:せいや(霜降り温泉)



田中正志は、元町議会議員の父親・田中義男の介護のために音臼村に通う青年。

原作にはあまり出てきませんが、ドラマでは活躍する可能性も。


徳本卓也:今野浩喜



徳本卓也という人物は、原作には出てきません。

農業を営む口数の少ない男ということです。

ただの村人なのか、事件のカギを握る重要人物なのか?


井沢健次:六平直政



井沢健次も、原作には出てきません。

陽気な性格で村のまとめ役ということですが……?


➃ドラマの舞台が北海道から宮城県へ


物語の主要な場所となる音臼村(おとうすむら)は、原作では北海道にあります。

しかしドラマでは、宮城県になっています。


➄明音のエピソードが違う


原作では明音は失踪はするけれど、崖から小台に落ちて心に引き上げられるエピソードはありません。

ドラマでは佐野と心の絆のシーンを作るために、明音がリスを探しに山へ入ったエピソードが付け加えられたのでしょう。


➅由紀のノートの内容が違う


心の妻・由紀は、音臼小無差別毒殺事件とその前に起こった不可解な事件の記事をノートにまとめていました。

その内容が、原作とドラマで違います。

原作のノート
  1. 1989年1月7日 音臼小学校の児童・佐野鈴(11/白鳥玉季)が自宅屋根の除雪中に転落

    (たまたま通りかかった長谷川翼に助けられたが、凍傷で顔にあざが出来る)

  2. 1月7日 音臼村三島医院の次女・三島千夏(5)が※パラコート中毒で死亡

    (自宅倉庫にあった除草剤パラコートを誤って飲んだと見られ、激しい腹痛と嘔吐で病院に搬送された)

  3. 1月12日 木村さつき(30)の父親・木村敏行が車で運転中に事故にあう

    (雪崩に巻き込まれて重体に)

  4. 2月5日 元町議会議員の田中義男(90)が心臓発作で死亡

    (田中は心臓に持病があった。第一発見者は近所に住む少年)

  5. 2月12日 佐々木家の飼い犬が死んでいるのを妻の佐々木紀子が発見

    (犬の死因は不明)

  6. 3月12日 音臼村三島医院の長女・三島明音が行方不明になる

    (その10日後に捜査打ち切りとなり、明音がみつかることはなかった)

  7. 4月6日 佐々木紀子が青酸カリで自殺

  8. 6月24日 音臼小無差別毒殺事件が起こって39名が病院に搬送、21名が亡くなった


ドラマのノート
  1. 1989年1月7日 佐野鈴が神社の階段から転落

  2. 1月7日 三島医院の次女・千夏が自宅倉庫にあった除草剤を誤って飲んで死亡

  3. 1月9日 木村さつきの父親(木村メッキ工場の工場長)が雪崩にまきに巻き込まれて死亡

  4. 1月15日 元町議会議員・田中義男が1人暮らしで自宅の火事により死亡

    一階の寝室で就寝中で、火元は居間(なぜ?)

  5. 1月16日 三島医院の長女・明音が失踪・今も行方不明

    学校のクラブ活動を終えた後夕方5時頃帰校、目撃証言なし

  6. 3月 音臼小無差別毒殺事件が起こる

原作の鈴は自宅屋根の除雪中に転落で、ドラマの鈴は神社の階段から転落。

元町会議員の田中義男については、日付も死因も違います。

それ以降の事件についても、日付が全然違います。


➆犯人の犯行記録の取り方が違う


原作の犯人は、犯行記録をカセットテープに録音。

ドラマの犯人は、ワープロで記録しています。

「テセウスの船」子役キャスト一覧!心や鈴、慎吾の子役、加藤みきおや31年前の音臼小学校の生徒役全員!

2019.12.30

「テセウスの船」原作の結末をネタバレ!田村心は死ぬのか?由紀と幸せになれるのか?

2020.01.02

「テセウスの船」タイトルの意味と原作の結末がリンクする!衝撃のラストとは?

2019.12.30