『TWO WEEKS』3話のネタバレと感想!8年前の月島の父親の事件の全容が判明!

『TWO WEEKS』3話では、逃亡犯・結城(三浦春馬)が老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着きます。

結城が逃亡犯だと気づいた義江の驚くべき反応とは……?

当記事では、『TWO WEEKS』3話のあらすじのネタバレとTwitter(ツイッター)の評判と感想をまとめています。

『TWO WEEKS』2話のネタバレと感想!謎の殺し屋・灰谷は敵か味方かどっち?

2019.07.24

「TWO WEEKS」黒幕(犯人)の正体を原作ネタバレ!黒木瞳は味方か敵かどっち?

2019.07.23

ドラマ「TWO WEEKS」の最終回結末をネタバレ予想!結城と月島が恋に落ちる?

2019.07.22



ドラマ『TWO WEEKS』3話の公式あらすじ




雑木林で警察に追い詰められた結城大地(三浦春馬)は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。

傷を負いながらも、なんとかその場から逃げ出した結城は、やがて一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。

結城の顔を見て、世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は……。

そのころ、結城の行方を追っていた月島楓(芳根京子)は、雑木林で灰谷に遭遇し、見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。

一方で警察は、何者かに結城の捜索を妨害されたことから、逃亡を手助けする協力者の存在を疑い始める。


移植手術を控える結城の娘・青柳はな(稲垣来泉)の看病をしていた青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したというニュースを知り、がくぜんとしていた。

助かるはずだった娘の命が再び死の危機にさらされ、絶望の淵に沈むすみれ。するとそこへ、警察の追手から逃げる結城から電話が。

憤りを抑えきれないすみれに対し、結城は「俺の無実を証明する証拠を必ず見つける」と約束。


今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、同居人のサトル(森永悠希)に連絡をし、受け渡しのために会う約束をするがー。

引用元: 『TWO WEEKS』3話の公式あらすじ

ドラマ『TWO WEEKS』3話のネタバレ

『TWO WEEKS』3話のネタバレをしていきます。

灰谷は敵!



8月21日。

2話で味方かと思われた灰谷(磯村勇斗)が、ナイフを出して結城に襲い掛かってきた。

結城の喉元にナイフをあてて「デジカメはどこだ?」と聞いてきたので、結城は灰谷が柴崎(高嶋政伸)の刺客であることを確信。


北村義江の家に身を寄せる



その後、結城は老女・北村義江(倍賞美津子)の家に身を寄せる。

義江を縛り上げて、久しぶりの飯を食らう。


結城は、柴崎の目的がデジカメであることに気付く。

アノ中に柴崎の弱みでも入っているのか?


警察がやってきて、義江が玄関に出るが結城のことは黙っていてくれた(いい人!)。


その頃、灰谷が柴崎の刺客であることに気付いた検事・月島(芳根京子)は「デジカメはもう柴崎の手に渡ったのかもしれない」と思っていた。


結城は、心臓の発作を起こした義江を病院に連れて行ってやる。

義江は結城の手を握って「あんたはやってないんだろう、信じるよ。あんたは生きるんだ、生きてさえいればどうにかなるさ」と洋服と金を与えてくれた。

義江には、結城と同じくらいの年齢の息子がいたがもう亡くなっていたのだ。


結城がすみれに電話



8月22日。

義江の息子のスーツと眼鏡に着替えた結城は、バスに乗る。

警察の検問に引っかかるが、なんとか乗り切る(こんなイケメンに気付かないとは?)。


結城は、病院のすみれ(比嘉愛未)に電話。

すみれは「はな(稲垣来泉)が大変な時に人を殺して逃げるなんて!」と責めるが、結城は「はなを助けるために逃げてる。逮捕されたままだとドナーになれない!」と涙を流して必死で伝える。

結城:「これだけは信じて欲しい、俺は殺してない。俺のことは誰にも話すな」

すみれ:「あの子を助けてあげて……。お願い!!!」

結城:「心配するな、手術日には病院に行くから。それがあの子との約束だ」


すみれが結城との約束を守る


結城の足取りがつかめない警察は、イラつく。

そんな中、有馬(三浦貴大)と部下の乾大輝(鈴木仁)は、結城の勤め先である質屋に行く。

店員のホンダ(玉置令央)が「2週間くらい前に、店長(結城)をすごいイイ女が訪ねてきた。白いシャツに茶色のパンツ」と言って、有馬は2週間前のすみれの服装も同じ感じだったことを思い出す。


その頃、すみれは担当医の小池(原沙知絵)から「ドナーが結城であることを有馬に言うべきだと思う、いずれバレるから」と言われていた。

その後有馬がやってきて「何があったら何でも俺に話してほしい」と言ってきたが、すみれは何も話さなかった(結城との約束を守った)。


月島の過去・8年前の事件とは?


月島楓(芳根京子)は、検察事務官の角田智一(近藤公園)に自分が結城の事件にこだわる理由を話す。

【月島の話の内容】

8年前、柴崎が月島の父を刺した。

月島の父親は精密機器の会社に勤めていて、真面目に働いて役員にまでなった。

そんな父親がなぜ柴崎と関わるようになったかわからないが、ある日父親は月島の目の前で柴崎に刺された。

しかし自首して裁かれたのは柴崎ではなく、結城だった。

月島は事実を訴えたが、父親が刺されたショックでおかしくなったんじゃないかと言われた。

父親は弱って、意識が戻らないまま2年後に亡くなった。

母親もふさぎ込むようになって、月島の家族は柴崎に壊された。

決して柴崎を赦せない、自分は柴崎の悪事を暴くために検事になった。

しかし最近、月島のスパイをしてくれた柏木愛(立花恵理)が殺された。

「そんなことがあったんですか」と驚く角田。


その後、月島と角田は2人で柴崎に会いに行く。

月島は「デジカメは私が持っています、証拠の映像をコピーしてあげましょうか?」とカマをかけるが、柴崎は「じゃあ、教えてくれ。証拠の映像って何だ?お前も持ってない」と月島の嘘を見破った。

しかしこれで、柴崎もデジカメを持っていないことが判明した!


デジカメが事件の鍵を握る


結城が質屋に現れて、ホンダを締め上げた。

ホンダは「俺はただ柴崎社長の命令で、あんたに倉庫に行くように電話しただけ!」と言った。


結城は、愛を殺したのが柴崎であることを確信。

柴崎は、8年前と同じように結城に罪をなすりつけたのだ。


結城は、同居人のサトル(森永悠希)がデジカメを彼女との旅行に持って行ったことを思い出す。

今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、サトルに連絡をして受け渡しのために児童養護施設で会う約束をする。

サトルは気づかなかったが、有馬たちが尾行していた。


サトルが……!


結城が到着して、サトルを探す。

ところが見つけたサトルは、殺されていた!


結城はサトルの体をまさぐってデジカメを探すが、ない!

しかしデジカメの他に頼んでいたもう一つの物(はなのヌイグルミ)はあった。


しかし背後から、ナイフを持った灰谷が近寄っていた。

その後、逃げようとした結城はなんと有馬とぶつかる!

ドラマ『TWO WEEKS』3話のTwitterの評判と感想

ドラマ『TWO WEEKS』3話のTwitterの評判と感想を見てみましょう。

灰谷が殺し屋にしてはポンコツ?





2話で結城を助けたかに見えた灰谷ですが、やっぱり敵でした(^_^;)

柴崎から「デジカメを奪うまでは結城を殺すな、警察に結城を渡すな」と言われていたから、とりあえず結城を警察から引き離しただけだったのです。

気になる灰谷の正体の原作ネタバレ記事はこちら
『TWO WEEKS』2話のネタバレと感想!謎の殺し屋・灰谷は敵か味方かどっち?


「灰谷が殺し屋なのに結城を逃がしてポンコツ過ぎる」という意見が多かったですが、原作でも灰谷は何度も結城を取り逃がします(^_^;)

原作を見た筆者も、灰谷はポンコツだと思っちゃいました。

ま、娘の命がかかった男は殺し屋をも超えるという設定なのでしょうけれど。


結城が怪我ばっかり!感染症にならなければいいの?



はなの担当医から「手術までは怪我はダメ」と言われた結城なのに、じゃんじゃん怪我しまくっています(^_^;)

でもこれは原作と同じ展開で、遂には結城は銃で撃たれる大怪我までします。


しかし結城は抗生剤を飲んだり消毒もして、うまく対処していきます。

要は、感染症にさえならなければ大丈夫なようです。


倍賞美津子さんの演技が泣ける……






最初は結城を疑ったものの、途中からは結城をかばってくれた義江(倍賞美津子)。

結城もめっちゃいい奴で、逃亡中なのに義江をおぶって病院まで運んでやりました。

そんな2人のピュアなやり取りに、感涙する視聴者多数。

こういう話はいいですよね~( ;∀;)


やっぱり黒木瞳演じる久我が怪しい






3話では、月島(芳根京子)の父親が柴崎(高嶋政伸)に殺された時、久我(黒木瞳)が月島に検事になるように勧めたことが判明。

父親への復讐心に燃える月島に「法律を勉強してみたら。直接復讐してもあなた自身が不幸になるだけ。法という正義で柴崎を裁くの」と言ってくれるなんて、久我は月島に本気で親身になっているとしか思えません。


ますます“いい人感”が強まる一方の久我ですが、Twitterでは相変わらず「怪しい」の声多数。

ま~間違いなく途中から月島を裏切るのでしょうね~(^_^;)


多分、今久我が心血を注いでいる「ディアチャイルドプロジェクト=東京小児難病支援センター設立」が鍵なんじゃないかな?

小児慢性特定疾病の患者さんの治療・療養生活、在宅ケアをサポートする難病支援の拠点となるこのプロジェクトを成功させるためなら、久我は何でもやるつもりなんじゃないでしょうか?

そこへ金の力を持った柴崎が割り込んできたら……?

「TWO WEEKS」黒幕(犯人)の正体を原作ネタバレ!黒木瞳は味方か敵かどっち?

2019.07.23

三浦春馬のオールバックにスーツは萌える





3話の三浦春馬のイケメンシーンは、何といってもオールバックに眼鏡スーツ姿。

これはちょっとヤバいくらいカッコ良かったですが、警察の目は誤魔化せたようです(^_^;)

こんなイケメン、いるだけで目立ちそうなもんですが……。


「すごい美人」ですみれと気付く有馬が凄い?




3話では、有馬がすみれと結城の関係にうっすら気づきます。

しかし原作に比べると、気づくのが早すぎです(^_^;)

普通は「スゴイ美人」だけで自分の婚約者を思い浮かべたりしないような気がします。


柴崎が最低過ぎる!なぜ月島の証言が採用されなかったの?






3話では、8年前の月島の父親の事件の全貌が判明。

自分が殺しておきながら結城に罪をなすりつけて、月島の証言までひねりつぶすとは、柴崎が最低過ぎる!


そしてなぜ月島の証言が採用されなかったのか?

原作ではこの時点で当時弁護士の久我が柴崎の後ろ盾についていたのですが、ドラマではそうではなさそうだし?


近藤公園だけは裏切らないでほしい




黒木瞳さんもですが、近藤公園さんのことも怪しむ声も多数。

確かに月島ちゃん、すぐに心をゆるし過ぎです(^_^;)


しかし近藤公園さん演じる事務官は、原作では月島を献身的に支えてくれます。

色々言いながらも、月島をサポートし続けてくれるんです。

でもドラマでは、どうなるかわかりませんよね。

まとめ

ドラマ『TWO WEEKS』3話のネタバレと感想をまとめました。

4話は、結城と有馬の対峙のシーンからスタートです!

ドラマ「TWO WEEKS」の原作あらすじ結末をネタバレ!韓国版はハッピーエンド?

2019.07.18

「TWO WEEKS」1話のネタバレと感想!結城と柴崎の8年前の関係とは?

2019.07.17

ドラマ「TWO WEEKS」8年前の結城大地の過去とは?月島の父親の事件との関係は?

2019.07.06