ドラマ「TWO WEEKS」結城大地の過去とは?8年前にすみれと別れた理由は?

2019年7月16日(火)から、三浦春馬さん主演ドラマ『TWO WEEKS(トゥー・ウィークス)』がスタート。

原作は、逃亡劇というハードな内容ながら、父性愛を描き、温かみのある内容で人気を得た韓国の同名ドラマ。

8年前、主人公の結城大地(三浦春馬)は、元恋人・青柳すみれ(比嘉愛未)を残酷な捨て方をしましたが、一体何故なのでしょうか?

当記事では、ドラマ『TWO WEEKS(トゥー・ウィークス)』の結城大地の過去について原作ドラマからネタバレしています。



ドラマ『TWO WEEKS(トゥー・ウィークス)』とは?



ドラマ『TWO WEEKS』とは、殺人の濡れ衣を着せられた男・結城大地(三浦春馬)が、白血病を患う娘(稲垣来泉)を救うために逃亡するタイムリミットサスペンス。

原作は、2013年8月7日から9月26日まで全16回に渡って放送された韓国のテレビドラマ。

本作では、原作とは違うオリジナルの展開も加わる。


結城大地(三浦春馬)は、過去の“ある出来事”を機に人生を諦めていたが、娘と出会い父性愛に目覚め、ドナーに適合したことで生きる意味を見つける。

しかし、2週間後の骨髄移植手術を待つ中、当然逮捕されてしまい……!

CHECK!・結城はなぜ逮捕されたのか?

・過去の“ある出来事”とは?

韓国ドラマ『TWO WEEKS』1話と2話が、2019年7月9日(火)00:00から2019年10月28日(月)23:59の期間、「GYAO!」で無料視聴出来ます。

ドラマ『TWO WEEKS』結城大地の過去を原作ネタバレ

結城大地の過去を原作ドラマからネタバレします。

結城大地と青柳すみれの出会い


結城大地は、組織暴力団のボス・柴崎要(高嶋政伸)の元でチンピラとして働いていた。

今日も借金の回収に来ていたところ、「第8回 プサン国際映画祭 宣伝パフォーマンス(平たく言うとお祭り)」で人魚の銅像のフリをした青柳すみれ(比嘉愛未)に出会う。

人魚かどうか確かめるためにすみれの胸を触り、後からすみれに怒られる。

荒んだ生活をしていた結城だったが、すみれに一目惚れ、本気で愛するようになる。


結城がすみれに一方的に別れを告げた理由とは?


8年前、結城はすみれに一方的に別れを告げ、お腹にいた子供もおろさせた。

非情な言葉ですみれを突き放した結城だが、これには辛い理由があった。

柴崎から「言うことを聞いて(柴崎の)身代わりに刑務所に入らなければ彼女(すみれ)を殺す」と脅されたのだ。


結城はすみれを守るために別れを告げ、2年間服役。

原作の結城は、柴崎の代わりに過去2度も服役している(今回も含めると3回)。

冒頭の“過去のある出来事”とは、最愛のすみれを守るために彼女を失ったこと。


結城が柴崎の奴隷である理由


結城が柴崎の代わりに刑務所に入ることになった理由は、結城が柴崎の命令通りに人を殺せなかったから。

幼少期、結城は母の自殺現場を目撃してしまい、それがトラウマになっているのだ。


結城の過去は検事・月島と関係がある?


結城の過去は、検事・月島楓(芳根京子)と関係がある。

月島は8年前に父親を死に追いやった事件の黒幕を追っていて、それが結城が柴崎の代わりに服役した事件なのだ。

月島は真犯人の証拠を掴むために奔走している。


検事・月島の過去とは?


月島楓の父親は、柴崎(高嶋政伸)が強引に実行しようとしていた商店街の撤去反対運動をしていた。

そして柴崎が商店街に火を放とうとした時、月島の父親は「警察に通報して、テレビやマスコミを呼んでやる!極道が施工会社の社長だと?誰の後ろ盾ではいったのかもバラしてやる!」と言い放った。

柴崎は月島の父親を刺し、その一部始終をまだ学生だった月島が見ていた。

さらにその直後、国会議員・久我早穂子(黒木瞳)が柴崎と一緒にいるところも目撃(ドラマでは見ていない)。

久我を慕っていた月島は、大きなショックを受ける。

そして月島の父親を刺したのは柴崎なのに、結城が代わりに服役した。

裁判で月島は「その男が犯人じゃない!」と叫んだが、聞き入れてもらえなかった。

2年後、月島の父親が悔しい気持ちを抱えたまま死亡。

月島は、柴崎への復讐を誓っている。


結城の現在


結城は、今も柴崎と繋がっている。

現在の柴崎は実業家に成り上がり、結城はその傘下の質屋の店長。

ギャンブルやホストまがいの行為に身を投じて、荒んだ日々を過ごす。

最愛のすみれを失った結城は、もはや“生ける屍”なのだ。


柴崎が結城を奴隷として扱う理由


柴崎は、合計3回も結城を自分の身代わりにする。

いくら結城がクズだからと言っても、まさに虫けらのような扱い。


柴崎が3回も結城を陥れた理由は……

  • 結城が何をさせても文句を言わず反抗もしない弱いヤツだから。
  • まともに生きず、男なのに野望もない、“今日死んでも明日死んでもいい”が口癖のヤツだから。

確かに、結城は母親に自殺されてから自暴自棄な生き方をしてきた。

しかし今は違う、愛する娘の存在を知ったから。

ドラマ『TWO WEEKS』結城大地の逮捕理由は?

8年後、結城とすみれは再会しますが、その直後に結城が逮捕されてしまいます。

結城とすみれの再会


8年後、すみれが結城が勤める質屋を訪れる。

すみれは、以前と変わらず美しかった。

すみれ:「頼みがあるの、血液検査をして。子供がいるの、娘が急性白血病で。骨髄移植が必要なのにドナーがいないの」

結城:「よく話がわからないな」

すみれ:「子供は8歳よ」

結城:「子供を産んだのか?産んだのかよ!」

すみれ:「あなたには関係ない。結婚を考えてるひとがいるの。娘も彼になついてる。だからテサンは血液検査だけして」

結城:「今までひとりで育てたのか?なぜ産んだんだ?」

なんと、すみれは結城との子供を産んで育てていたのだ。

大ショックの結城だが、病院で娘(稲垣来泉)の姿を見た途端に、父性が湧き出て来る。

そして結城の骨髄が奇跡的に娘と適合し、2週間後の手術を待つのみとなる。

ところが、またしても結城が殺人事件の容疑者として逮捕されてしまい……?

結城の逮捕理由とは?


柴崎は、自分を裏切った愛人・柏木愛(立花恵理)を殺害。

結城は、その殺害現場におびき出されて、そこへ刑事がやってきたので逮捕された。


全ては、柴崎が仕組んだこと。

身寄りのないクズな結城を生贄にしたのだ。



以前の結城なら甘んじて受け入れたが、今の結城には娘という守るべきものがある。

俺はクズだ、でもすみれと別れた時に死んだこの心臓が再び動き出した。

あの子に出会ってから。

人生で一度だけ、一度だけでも人として生きたい。

結城は逃亡を図り、娘のために真人間になることを誓う……!

そして事件の真相に近づいていく……!

まとめ

ドラマ『TWO WEEKS』結城大地の過去を原作ドラマからネタバレしました。

結城が過去を乗り越えて、娘のために変わっていく姿は、涙なくしては見られません。