アンナチュラル 雨宮美琴の過去とは?浦和市 一家四人無理心中事件の真相

不自然死(アンナチュラル・デス)の謎を解くミステリードラマ『アンナチュラル』1話が放送されました。

ラストシーンで、主人公・三澄ミコト(石原さとみ)が「浦和市一家四人無理心中事件」の生き残りであることが判明。

ミコトが解剖医として全身全霊で奮闘するのは、この過去の事件が原因のようです。

この記事では、“主人公・ミコトの過去”=「浦和市一家四人無理心中事件」について、追求してまとめていきます。

2018年1月20日、2話の放送後に追記しました。



『アンナチュラル』主人公・三澄ミコトとは?



三澄ミコト(石原さとみ)は国内初の死因究明に特化した研究所・UDIラボの法医解剖医。

医大からラボへ移って4か月ですが、自由な職場の雰囲気を気に入っています。

ただひとり中堂系(井浦新)の存在を除いては。

中堂はミコトと同じ解剖医ですが、口が悪く他人を見下しがちな性格。

所長室に勝手に出入りし、解剖室の台で仮眠を取るようなヤツです。

1話ラストシーン、ミコトは中堂に力を合わせて不条理な死に立ち向かうことを提案しますが……?

『アンナチュラル』ミコトは「浦和市一家四人無理心中事件」の生き残り?

1話でミコトは「浦和市一家四人無理心中事件」の生き残りであることが判明しました。

そして三澄家に養子にもらわれて現在に至ります。

三澄家に来る前の名前は雨宮美琴。

壮絶な過去を持つミコトならではの言動、行動を以下にまとめました。

朝から天丼を食べる?


ミコトは朝から高カロリーで脂っこい天丼を食べることが多いです。

同僚は「朝の9時から天丼?」とちゃかしますが、ミコトは「朝だから食べるんでしょう?一日の始まりに生きようっていう……。」と説明。

朝から天丼を食べないと“何か”に押しつぶされそうなのかもしれません。


恋人を亡くしたばかりの馬場にアンパンをすすめる?


ミコトは恋人が不名誉な死を遂げたことで意気消沈している馬場路子(山口紗弥加)に「アンパン半分こしましょう。こんな時だから食べるんです。」と言って半ば強引にすすめました(恋人の死はその後のミコトの解剖・調査で名誉回復しました)。

路子はミコトの気迫に押されて食べて「美味しい……。なんでこんな時なのに美味しいんだろう?」とつぶやきますが、ミコトはこんな時だからこそアンパンが美味しいことを既に知っているようでした。

自身が家族を失った過去があるからこそ取れた行動なのでしょうね。


法医学は未来のための仕事!


ラボにやってきた久部六郎(窪田正孝)は医大生のバイトくんで、法医学は素人(大学で専攻していない)。

そんな久部にミコトは“法医学は未来のための仕事”と教えます。

これはどういう意味なのかな?と思っていましたらその答えは1話で東央医大病院がウイルス漏れを隠蔽して高野島という男性に全ての責任を押し付けようとしていたシーンで明らかになりました。

ミコトはウイルス漏れの証拠をみつけて院長に言います。

「高野島さんの名誉の回復をお願いします。ご遺族がこれからも生きていくためにも。」

“法医学は未来のための仕事”とは、亡くなった本人の未来(名誉)だけでなく、今後も生きて行かなければならないご遺族の未来のための仕事でもあるという意味だったのです。


解剖は必ずご遺族のお許しを得てから?


ミコトは解剖も、必ずご遺族のお許しを得てから行います。

自身が遺族の立場であるミコトにとって、ご遺族の気持ちは痛みとともに理解出来るのでしょう。


弟が不自然なほど心配している?


ミコトは久しぶりに実家に帰って、母(薬師丸ひろ子)と弟・秋彦(小笠原海)に「今、付き合っているひとがいて今度連れてくる。」と言います。

母はシャンパンを開けると言って大喜びしますが、明彦は怪訝な顔。

明彦:「その男……、姉ちゃんのこと知ってるの?」

ミコト:「はあ~?そりゃ……。」

明彦:「本当に知ってるの?」

ここで冷蔵庫の扉に手をかけたミコトの手が止まりました。

ミコトは笑顔で「あたしの家はここだけ。」と言います。

これについては本心は違うと思います。


カレシ・聡は3年付き合っても、ミコトがわからない?


ミコトは1話で結婚前提で付き合っている恋人・関谷聡(福士誠治)と早くも険悪になります。

理由は聡のご両親に会う約束の日に、解剖を優先して大幅に遅刻してしまったから。

聡は「3年付き合ってもミコトのことがわからない気がする。」と辛そうな態度。

ミコトはうなだれます。

そういわれても仕方がないから……。

本当は自分の家族が無理心中した事件に疑問を持っているし、受け入れられてないから……。


寝顔が見せられない?


明彦はミコトのカレシ・聡が家に挨拶にくる話が無くなったことを母から聞いて心配します。

ミコトが聡を結婚相手に選んだ理由は「まぬけな寝顔が愛しいから」。

でも明彦は知っています。

ミコト自身は寝顔を見せられないことを。

おそらくミコトが家族より先に寝てしまった日に、無理心中事件が起こったのではないかと推測出来ます。


「浦和市一家四人無理心中事件」の真相とは?

「浦和市一家四人無理心中事件」の真相については、まだ1話が放送されただけなのであまり情報はありません。

しかしミコトがこの事件にいまだに疑問を持っていることは確かで、だからでこそ“不条理な死”になりふりかまわず立ち向かうのだと思います。


2話予告編でミコトは「生きてる時も助けられず死んでからもみなかったことにするんですか?」と叫んでいます。

ミコトは家族を生きてる時に助けられませんでした……。

でも家族が死んでいなくなったからといって、みなかったことにしようとは思っていません。

時間はかかっても必ず真相を明らかにしようと決意しているミコトの思いが伝わってきます。


もしかしたら「浦和市一家四人無理心中事件」は、単純な無理心中事件ではないのかもしれません。

何か隠された真実があるような気がします。

それについては今後のドラマの中で徐々に明らかになっていくでしょう。


もしかしたら中堂(井浦新)が追っている“赤い魚”にも何か関係があるのではないか?と筆者は考えております。

『アンナチュラル』2話

『アンナチュラル』2話では、「浦和市一家四人無理心中事件」についてかなり明らかになりました。

以下に「浦和市一家四人無理心中事件」についてのネットニュースをまとめました。

〈浦和市一家四人無理心中〉三人死亡 長女の意識戻る

浦和市の住宅で雨宮総合病院の院長夫妻と長男が死亡した事件で、重体だった長女(9)が意識を取り戻した。

回復を待ち、事情を聴く方針。


事件は先月5日、雨宮英二さん(47)が出勤しないことを不審に思った病院関係者が近所に住む前院長の実父に連絡したことで発覚した。

部屋に入ると七輪や鍋で練炭を焚いた形跡があり、英二さんと妻の祥子さん(38)、高貴くん(12)が倒れており、すでに死亡。

長女のみ一命を取りとめた。

死因は練炭による一酸化炭素中毒。


3人に遺体から睡眠薬が検出されたこともあり、一家が無理心中を謀ったとみられるが、以前から夫の浮気を巡って夫妻が争っていたという証言もあり、慎重に捜査を進めている。


事件後、院長の妹夫婦がミコトを引き取って雨宮美琴から三澄ミコトになったのでした。

片仮名のミコトになったのは三澄姓に変わってからだったのです。


練炭自殺はリスクが高い?


ミコトは、その後「練炭」について研究していました。

以下、毛利刑事(大倉孝二)とミコトの会話です。

毛利刑事:「練炭自殺の経験でもあるの?」(“練炭のエキスパート”と呼ばれているミコトに冗談めかして)

ミコト:「自殺するにしても、練炭はおすすめしません。睡眠薬を飲んでも途中で起きてしまう場合があって意識はあっても身体はピクリとも動かない、地獄です。失敗したら脳に障害が残って一生寝たきり。」

これはミコトの実体験による言葉ですね……。


「無理心中」なんて言うのは日本だけ?


2話では、一軒家で4人の無理心中事件が起こります。

ミコトはため息をついて言います。

「無理心中なんて言うのは日本だけ。正しくはmurder-suicide(マーダースーサイド)。殺人とそれに伴う犯人の自殺。要するに単なる身勝手な人殺しです。」

どうやらミコトの中には両親に対する恨みの感情があるようですね。


さらにミコトは一家心中での親の心理について以下のように語っています。

親は子供を自分の所有物と考えている。

子供だけ残してあげたらかわいそうだから殺してあげる。

自分と子供が別の人間だということを理解していない。

やっぱりミコトは親のことをかなり恨んでいるとしか考えられませんね。


ミコトは練炭に関する論文まで書いていた!


ミコトは「浦和市一家四人無理心中事件」を検討した論文まで書いていました。

そこに書かれていることによると、事件の流れは以下です。

母親は紅茶に睡眠薬を入れて夫と男児を眠らせた。
       ↓
部屋で練炭を焚いて一酸化炭素を充満させた
       ↓
女児が寝ていた寝室にも一酸化炭素は徐々に流れ込んでいた。
       ↓
発見された時に父、母、男児は既に心肺停止、隣室の女児は昏睡状態にあったが病院に搬送されて一命を取りとめた。
       ↓
あと30分発見が遅ければ脳に障害が残ったと推測される

ここで疑問ですが、何故ミコトだけ3人と同じリビングではなく寝室にひとりで寝ていたのでしょう?



「浦和市一家四人無理心中事件」ミコトの目から見た真実は?


六郎(窪田正孝)は「母親がミコトだけ助けようとしたのではないか?」と推測しましたが、ミコトの口からは残酷な事実が語られました。

母親は幼いミコトに練炭を焚くのを手伝わせた後に「(睡眠薬を渡して)ラムネを食べてここで寝なさい。」と命令したのです。

でもミコトは吐き出してしまいました。

ラムネだと言われたそれがまずかったから。

母親は寝てしまい、ミコトは部屋を出ました(父と弟は既に寝ていました)。

そして寝室でひとりで寝ます。

次に目を覚ました時に世界が一変しているとも知らずに……。

ミコトは身体が動かないまま、ゆっくり死んでいく恐怖を味わうことになったのでした。


絶望するには十分?


中堂は「浦和市一家四人無理心中事件」について、「クソ親に殺されかけたんだ、絶望するには十分だ。」と言います。

ミコトは今のところ仕事熱心で絶望しているようには見えませんが、内心はどうなのでしょうか?

中堂はまだミコトが「浦和市一家四人無理心中事件」の生き残りであることに気が付いていません。


絶望したからこそ生を願っている?


朝から天丼をかっこんだり、2話で冷凍車ごと川に落とされてもう少しで死ぬ間際に「明日、何食べよう。」と言ったり、とにかく生きる力に溢れているミコト。

ツイッターではそんなミコトに対して反響がありました。



過去の事件がトラウマになりながらも、一度絶望したからこそ生に向かってまっすぐなミコトの姿に涙腺がゆるんだ人がいました。

しかしまだミコトの本心の全てはわかりません。

この記事は「浦和市一家四人無理心中事件」について新情報が入り次第、追記していきます。

ドラマを見逃したら動画で視聴しよう!



スマホ・タブレット・パソコンさえあれば、いつでもどこでもネットでドラマが見れる動画配信サービスをご紹介します。無料トライアル中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しません。

PandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマは違法ですのでご注意ください。当サイトでは安全な公式サービスだけを紹介しています。


FOD フジテレビ公式[PR]


  • コンフィデンスマンJP
  • シグナル(ポイント)
  • 隣の家族は青く見える
  • 犯罪症候群 Season2
  • コードブルー Season3
  • ディア・シスター
  • リッチマン・プアウーマン




Hulu 日テレ公式


  • 正義のセ
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル!
  • anone
  • トドメの接吻/トドメのパラレル
  • もみ消して冬




U-NEXT 作品数No.1!
ポイントが必要な作品もあります。今なら初回特典で600ポイントが付いてきます。

  • デイジー・ラック(216ポイント)
  • 半分、青い。(108ポイント)
  • 西郷どん(108ポイント)
  • あゝ、荒野(見放題)
  • 太陽の末裔(見放題)
  • 雲が描いた月明り(見放題)