「相棒18」2話のネタバレと感想!悪魔・片山雛子(木村佳乃)は最強?

2019年10月16日(水)、『相棒18』第2話「アレスの進撃~最終決戦」が放送されました。

連続殺人事件の犯人は、人間殺戮兵器の異名を取る元レンジャーの岩田(船越英一郎)なのか?

今回は衝撃的かつ後味の悪い結末です。

当記事では『相棒18』2話のあらすじのネタバレと、Twitter(ツイッター)の評判と感想についてまとめています。

「相棒18」1話ネタバレと感想!右京さんの寝間着姿が可愛すぎる!

2019.10.10

「相棒18」3話【少女】ネタバレと感想!子役・大島美優の演技が凄い!

2019.10.24



『相棒18』1話の簡単なあらすじ

天礼島の“信頼と友好の館”で、連続殺人事件が発生。

事件が起こった時、杉下右京(水谷豊)は囚われの身でした。


最初の犠牲者甘村井留加(団時朗)
集会室で殺された2人松嶋至(海老沢七海)、播磨長吉(本山功康)
冷蔵庫から発見された1人三河大悟(阿邊龍之介)
生きのこり2人岩田ミナ(北香那)、橘禾怜(加弥乃)
行方不明2人成田藤一郎(足立理)、音羽暁(森優作)
最重要容疑者岩田純(船越英一郎)


『相棒18』2話のあらすじのネタバレ

『相棒18』2話のあらすじをネタバレします。

特命係が、館で見つけた物とは?


行方不明者2人(ダン、オット)の生存が確認され、ミナ(北香那)とハナ(加弥乃)を合わせて4人が生き残ったことが判明。

杉下右京(水谷豊)冠城亘(反町隆史)は、警察の目を連続殺人犯の疑いがある岩田(船越英一郎)に向けて、“信頼と友好の館”へ住居侵入に不法捜査。

右京:「館に落としてしまった僕の落とし物を探すだけ。決して捜査ではありません」

亘:「屁理屈ここに極まれり、さすが杉下右京」

右京:「どうも!」


その頃、岩田はボートの上で昔のことを思い出していた。

幼いミナは「私、大きくなったらパパみたいになりたい。自衛隊に入ってパパと闘うわ」と言っていた。


館を散策中の右京と亘は、ミナらメンバーの部屋から、片山雛子(木村佳乃)が※防衛技術振興協会の顧問に就任したことを伝える週刊フォトスを2冊も見つける。
※武器輸出を促進しましょうという団体。

さらに、殺戮の行われる1時間前に、館から誰かが岩田に電話したこともわかる。


モールス信号と強欲な悪魔



右京と亘は、館のメンバーが利用していた漁師小屋で、海上の船から発せられているモールス信号を目撃。

解読の結果、それがロシア語を意味しているのではないかと考えた亘は、社美彌子(仲間由紀恵)に解読を頼むことに。

【社の解読結果】
我々の“贈り物”は気に入っていただけただろうか。間違いなくあなた方の役に立つことだろう。恐れるな、強欲な悪魔を退治するためなら、神も許したもうはずだ。検討を祈る。

右京は、“贈り物”とはロシアの何者かが館のメンバー宛てに贈ったアザラシの中身だと推理。

アザラシは潮流で流れ着き、そのお腹には“良からぬ物”が詰められていたはず。


社がチクったせいで、右京と亘は北海道警察に見つかって拘束されてしまう(笑)。

特命係を追って天礼島に上陸した捜査一課の伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)、副総監の命令を受けた青木(浅利陽介)も合流。


岩田が、警察に保護されている館のメンバーの前に再び姿を現した!

警察官1人が襲われたが、気絶させられただけで殺されなかった。


特命係の2人は、岩田の前に立ちはだかった。

岩田は、連続殺人の罪を認めた上で、亘の首を絞めて気絶させて逃亡!

「まだやり残したことがあるんだ」と言い残して。


それでも右京は、どうしても連続殺人事件の犯人が岩田とは思えない。

しかし殺害方法は素手で一ひねり、岩田以外の誰がそんなことを出来るというのか?


事件を整理



杉下右京が、事件を整理して考察。

ますは、以下の事実が判明する。

  • 右京の携帯を海に流したのはミナではなく、最初に殺された甘村井。
  • つまり仲間を穏便に裏切ったのは、甘村井だったことになる。

さらに、生き残った4人のメンバーの経歴も明らかに。
  • 岩田ミナ(北香那):意外にも運動神経抜群で体育大学出身。
  • 成田藤一郎(足立理)通称ダン:大学は機械科学科出身で理工系エリート。
  • 音羽暁(森優作)通称オット:かつては引き籠り
  • 橘禾怜(加弥乃)通称ハナ:無名の劇団の看板女優だった。

上記の4名と死亡者3名が、5年前の難民ボランティア団体で出会った。

そしてボランティア団体の寄付者が、信頼と友好の館の理事の甘村井だったのだ。

帰国後、7名は甘村井の本拠地であるこの島にやってきて共同生活を送るようになった。

強欲な悪魔=片山雛子?


北海道の洞爺湖にいる片山雛子が電話してきた(週刊フォトスの風間楓子も一緒)。

右京は、雛子が国際会議と同時進行で武器の見本市を開催すると聞いてピンとくる。

ロシアからのモールス信号の“強欲な悪魔”とは、雛子のことではないだろうか?


その後、生き残り4名は稚内(北海道)へ行くと言って姿を消す。

右京は、行方知れずの岩田もクマの如く泳いで稚内に渡ったと推理。


陸上自衛官の高級幹部だった岩田が、先日突然辞表を出したことが判明。

岩田は、一体何をしようとしているのか?


デーモン・コア



特命係の2人は、「防衛技術振興協会・シンポジウム」にいる片山雛子のところへ。

防衛技術振興会の副会長の桂川と風間楓子を追い払い、雛子と話をする。


そこへ、ミナ達4名もやってきた。

「強欲な悪魔=雛子=武器商人」と交渉するために。


強欲バスターズ・4名は「アタシたち、この世俗にまみれた尼さんに用があるの」と雛子に“玉手箱”をプレゼント。

“玉手箱”は3㎏もあってズシリと重くて、ミナは「決して開けてはならない」と警告。

ロックがかかっていて、ボタンはミナ達が持っている。


中身はなんと、デーモン・コア!プルトニウムの塊。

箱を開けたが最後、致死量の放射線が発生する。


ミナ達の要求は、難民ボランティア団体に3億円の寄付をすること。

戦に武器が必要なのは仕方ないが、それによって家を追われ傷つく人々がいる。


しかし雛子は「テロには屈しない」と要求を撥ねつけた。

ミナ達は「それなら見本市はやらせない、1分後に爆発させる」と言い残して立ち去ろうとする。


ミナの正体と最悪の結末



その時岩田が現れて、ミナと対決。

実は、ミナも父である岩田に鍛え上げられた殺戮兵器だったのだ!


岩田は気絶したミナを抱えて、その場を立ち去った。

「追いかけてくれば、秘密兵器のボタンを押す」と言われて、さすがの特命係も追うことが出来ない。


雛子が館内の電波防御装置を発動させたので、特命係は岩田を追いかけた。

しかし2人が駆けつけた時には、岩田はミナを殺害した後だった。


ギリシャから電話してきたとき、ミナは岩田に「パパはアレスよ」と言った。

アレスとは、狂暴極まりない戦いの神、大いなる嫌われ者。

そして、岩田のアレスの影はミナにも受け継がれていた……。


事件の全容


今回の事件の全容は以下の通り。
ギリシャの難民ボランティアで意気投合したミナ達7名と甘村井は、離島へ。

漁師小屋は、館のメンバーとロシアの通信基地だった。


ミナ達はアザラシの死体を装って、デーモン・コアを密輸。

武器を輸出する悪魔・片山雛子を脅して、難民ボランティアに寄付させることが目的だった。

その現場を見られた右京を監禁した。


しかし甘村井が裏切って、右京の携帯を潮流を利用して亘に届けた。

そのことを知ったミナは、甘村井と裏切り者3名の殺害を決意。


ミナは、全ての罪を自分の父親である岩田になすりつけることを思いつく。

右京が殺されなかった理由は、岩田が右京を殺す動機がないから。


ミナは、岩田譲りの腕で4人を次々に殺害。

その後、ミナは「冷静に話し合いたいの」と岩田を館に呼び出した。


ミナが自分をハメたことを知った岩田は、全てがミナの犯行だと確信。

ミナを探して、自分の手で殺した。


岩田は、幼いミナに“護身術”と称して武術を教え込んだ。

それが高じて、ミナは殺りく兵器になってしまったのだ。

『相棒18』2話のTwitter(ツイッター)の評判と感想

『相棒18』2話のツイッターの評判と感想を見てみましょう。

船越英一郎がハマり役過ぎる





いや~、船越英一郎さんが凄かったですね。

何しろ、熊と同じスペックですから(笑)。

もうそろそろ肌寒い季節に、20キロメートルも泳いだとはスゴイです!


窓から覗いていた船越さんを見たときは、筆者も「ぎゃあっ」と言ってしまいました(笑)。

船越さんって2時間ドラマのイメージが強いのですが、こういう役柄も似合うのですね。


右京と亘の口喧嘩が面白い





亘が社にロシア語の翻訳を頼んだせいで、特命係の居場所がバレてしまって右京と亘が言い合いに!

自分が翻訳していれば良かったと嘆く右京に「自惚れるな」と亘(右京はロシア語は出来ない)。

亘:「謙虚にしてください」

右京:「キミに言われる筋合いはありませんよ!僕は謙虚を胸に生きてるような男ですよ!

亘:「へそが茶~沸かしますよ!」

北海道警察が「あなた方は小学生ですか!」と怒るのも当然です(^_^;)


鑓鞍兵衛(柄本明)がゲスト出演



『相棒18』2話では、衆議院議員で国家公安委員長・鑓鞍兵衛(柄本明)がゲスト出演。

防衛省の固い扉をこじ開けて、岩田の情報を引き出してくれました。


以下の会話から、鑓鞍兵衛は右京の力を認めていて、いずれは自分が使いたいと思っている様子。

鑓鞍兵衛:「君はそのうちしくじって路頭に迷うこともあるだろうから、その時は事務所においで。使ってあげるよ~」

右京:「冠城亘も一緒でもよろしいですか」

鑓鞍兵衛:「あはは、2人一緒に面倒みるよ」


『相棒』にデーモン・コアが出て来るとは!




テロリスト4人が持ってきた箱の中身は、デーモン・コアでした。

これは2人の科学者の命を奪った経緯から「デーモン・コア=悪魔のコア」と呼ばれていて、プルトニウムの塊です。

まさか、アザラシのお腹に入っていたのがコレだったとは(>_<)


デーモン・コアについて詳しく知りたい方はこちら
「デーモン・コア(悪魔のコア)」で被ばくした科学者はどのようにして死んでいったのか


片山雛子回






『相棒18』1話、2話は、片山雛子回でした。

尼になったのにも関わらず「武器の輸出」を企むとは、まさに転んでもタダでは起きない鋼の女!


武器も使いようだと笑う雛子は、根っからの政治家気質ですね~。

「ヨーロッパの平和主義のせいでヒトラーが育ってしまった」の下りは、思わず論破されそうになりました(^_^;)


デーモン・コアの箱を涼しい顔で持っていたのも、凄かった……!

それとも、右京がいたから安心していたのかな?

わざわざ右京に電話したのも、自身に身の危険が迫っていることに薄々気が付いていたからとか。


片山雛子の新相棒・桂川宗佐



片山雛子が現在手を組んでいる人物が、桂川宗佐(村上新悟)。

東亜ダイナミクス社長で、防衛技術振興協会の副会長。

今後も、出演が期待できます。


真犯人が怖すぎる






真犯人は、実の父親を“壊れた殺りく兵器”と言って犯人扱いしていたミナ。

小さい頃は大好きだった父親を憎むようになった理由が、不可解です。


ハナが言っていたように、父親のことを好き過ぎて嫌いになったパターンなのでしょうか?

だからでこそ、父親の中に潜んでいた人殺しのDNAが伝染してしまったのでしょうか?


ミナの目ですが、あれはサイコパスの目でした。

殺人に快楽を覚えていたとしか言いようがありません。


『相棒』らしい後味の悪い結末が辛い









今回は、犯人であるミナが殺されるという最悪の結末に。

「犯罪者と言えども罪を償う機会を与えられるべき」のポリシーを持つ右京なのに、岩田の気持ちを読み切れずにしくじってしまいました。


岩田の目的は、娘であるハナの更生だったのに、殺してしまうなんて(>_<)

やはり岩田は破壊神で、娘はそのエネルギーに呑まれてしまった犠牲者なのでしょうか。


う~ん、このラストはなかなかの迫力でした。

特に岩田がミナの首を絞めるシーンは、ミナの顔色がみるみる変化していって怖かったです(>_<)


船越さん、本当にハマり役だったと思います。

ミナ役の北香那さんも、こんなアクション演技も出来るとは驚きました(そりゃ、右京さんも見抜けないはずだわ)。


特命係に新手の待遇が!



無断欠勤に勝手な捜査をした特命係への罰は、なんと副総監・衣笠(杉本哲太)からの金一封と感謝状!

洞爺湖会議の危機を救ったことが評価されたとのことですが、なんだか腑に落ちない右京。

これで衣笠が引っ込むとは思えないので、何か企んではいるのでしょうね。

『相棒』シリーズを視聴する方法とは?

『相棒18』は、毎話放送後、毎週木曜日夜の12時からビデオパスで配信開始されます。

『相棒14』~『相棒17』も全話視聴できます。


初回登録に限り、30日間は無料。

月額562円(税抜)で、人気作品が見放題です。

さらに、毎月もらえる550コインで最新作も一本見ることが出来ます。


※最新の配信情報はビデオパス公式サイトでご確認ください。

まとめ

『相棒18』1話、2話の初回スペシャルですが、期待を裏切らずとても面白かったです。

右京役の水谷豊さんが「全体的なバランスが凄くいい」と絶賛されるのも、納得です。

今期は亘の恋物語も描かれるそうで、なかなか振り幅の大きいクールになりそうな予感がします。

「相棒18」1話ネタバレと感想!右京さんの寝間着姿が可愛すぎる!

2019.10.10

「相棒18」3話【少女】ネタバレと感想!子役・大島美優の演技が凄い!

2019.10.24