『相棒18』青木のエピソードを全ネタバレ!7話ではお見合いに行かされる?

『相棒15』でレギュラー化した青木年男(浅利陽介)は、時にとんでもないことをやらかすジョーカー的存在。

『相棒18』2話では、衣笠副総監(杉本哲太)の特命で北の果てまで杉下右京(水谷豊)を探しに行くなど、とにかく特命係の2人と縁が深い?

当記事では『相棒18』の青木年男に関する主なエピソードについてネタバレしてまとめています。




『相棒18』青木年男(浅利陽介)とは?



『相棒18』青木年男とは、警視庁サイバーセキュリティ対策本部の特別捜査官・巡査部長。

役所に勤める公務員だったが、コンピューターの専門知識と衣笠副総監のコネにより、特別捜査官として警視庁に転職。極度の“警察嫌い”の上、公務員時代に殺人事件の目撃者になった際、右京と亘にハメられたことを根に持ち、復讐の機会をうかがっている。自身が起こした不祥事により、一時期は特命係に異動させられていたが、衣笠副総監の計らいで現職に出戻った。


青木は『相棒14』第15話「警察嫌い」でハメられて以来、右京と亘を恨んでいます。

以下のように、2人の写真に画びょうで目つぶしをしたこともあったほど。


ところが現実は、右京と亘にあごで使われる日々。

キレた青木は『相棒15』最終回「悪魔の証明」で亘のPCに侵入して、亘に事件の嫌疑が向くように仕向けましたが、あえなく失敗。



懲りない青木は『相棒16』最終回で週刊フォトスの記者・風間楓子(芦名星)をエスカレーターの上から傘で突き落としました。

青木は「あくまでも過失だ」と言い張りましたが、衣笠副総監によって特命係に異動させられます。


『相棒17』では青木は3人目の特命係として登場。

ところが『相棒17』正月スぺシャルで青木が衣笠の不正を隠蔽するのに一役買って、早くもサイバー対策室に返り咲いてしまいました。

『相棒18』1話の青木年男



『相棒18』1話では、青木は元の警視庁サイバーセキュリティ対策本部として登場。

しかし同僚から『出戻り』呼ばわりされることに(笑)。


ちなみに青木は、行方不明になった右京のことを微塵も心配しません。

青木:「このまま杉下さんが帰ってこなかったら、冠城さんの天下ですね。よ!天下取り!」

亘:「ああ、その時はお前を家来にしてやるから特命係に戻って来い。出戻り

『相棒18』2話の青木年男



『相棒18』2話では、青木は衣笠副総監の特命で右京と亘がいる天礼島へ。

特命係が勝手な捜査をした上に携帯が通じないから、青木がはるばる海を渡ることになったというわけです(^_^;)


「北海道くんだりまで!しかも島!」と激怒する青木。

いつもいつも特命係に振り回されるのが、青木の宿命?

『相棒18』3話の青木年男

『相棒18』3話では、右京に頼まれた青木が被害者・沢木のスマホを公園で発見。

超お手柄の青木に、さすがの亘も「よくやった」と褒めました。

『相棒18』4話の青木年男

『相棒18』4話では、またしても右京に頼まれた青木が“やくとう工業”について調査します。
青木:「杉下さん、僕の事、いつまでも特命係の雑用係と思ってませんか」

右京:「いえ~。そんなこと、ひとつも思ってませんよ。こんなこと頼めるのは青木くん、君だけですから」

そこへ亘もやってきて青木をからかいます。
亘:「なーにこんなとこで油売ってるんだお前、ま、俺に会いたい気持ちもわかるけどね」

青木:「別に会いたくありません!できれば一生!」

そんなこと言いつつまた特命係に顔を出す青木って一体……?

『相棒18』5話の青木年男

『相棒18』5話では、青木の調べで、亘のモトカノ・竹田ユキ(佐藤江梨子)が偽名で本名が南侑希であることが判明。

さらに、実父殺しの前科があることまで判明してしまう。


しかも、その手口が今回の殺人事件と同じ青酸カリ。

伊丹らは竹田ユキを容疑者として捜査を開始する。


青木はここぞとばかりに「かつて愛した女性が被疑者だなんて、冠城さんて女性を見る目がなさすぎ。少々モテるからといい気になってるからこんな目に遭うんです」と嫌味を言いますが、その時には特命係の2人は既に立ち去った後で……。

「礼ぐらい言えよ!もう!」

相変わらず、特命係に相手にされない青木です。

『相棒18』6話の青木年男



『相棒18』6話では、目を大怪我した右京がいつものように紅茶を入れる際に手元が狂って、青木に熱い湯をかけてしまいます(笑)。

右京:「これは失礼!やはり距離感がむつかしいですね~」

青木:「やらなきゃいいじゃないですか!」

いつもいつもとばっちりを受ける青木(笑)。

『相棒18』7話の青木年男

『相棒18』7話「ご縁」は、青木回。

青木のキモカワキャラさく裂で、面白い回となりました。

無断で婚活パーティーに経歴が使われる!モテないなどディスられる!





捜査のためとはいえ、特命係が青木の偽の経歴を勝手に捏造した上、婚活パーティーに登録。

さらに、右京(水谷豊)が青木の父親代わりを名乗って代理婚活パーティーに出席。


右京は青木を「大義よりも利益で動く人間」「職場の人間(右京)にチェスで勝つために休日も引き籠っている」と散々ディスり、亘(反町隆史)も「あいつモテないから」と悪口言いまくり。


おじさま3人からパワハラを受ける!



やりたい放題の右京は、目星を付けた人物の娘と青木をデートさせるため、1人につき20万円も支払う約束をします。

20万円も支払わないとデートしてもらえない青木って一体……(^_^;)

おっさん3人(右京、亘、角田)に迫られた青木は「それ以上近づくな!」と怒りつつ、お相手が美女2人であることに釣られてデートすることに。


ささやかな逆襲



1人目の女性とデートの日、青木は少し離れたところにいる亘に聞こえるように、亘の悪口を言いました。

さらに、亘目がけてあっかんべー。

あまりにもささやかな逆襲ですが、亘は舌打ちして悔しがりました。


パリピ女にのぼせ上がる?



青木の2人目のデートの相手は清楚な女性のはずが、写真とは似ても似つかないパリピ女が登場。

最初はヤケクソになる青木ですが、意外にも彼女と意気投合!


のぼせ上った青木は、捜査であることも忘れて彼女と楽しい時間を過ごしてしまいます(情報収集はゼロ)。

その後も青木は、スマホの彼女とのツーショット写真を見て、ニヤニヤ。


ところが彼女は詐欺を働く半グレ集団のリーダーの彼女で、7話ラストでは逮捕されてしまいました。

青木、あえなく失恋。

まとめ

『相棒18』の青木の主なエピソードをネタバレしました。

今後も青木のエピソードを追記します。