ドラマ「後妻業」2話のネタバレと感想!遂に中瀬耕造を殺害!しかし教会で聖女?

ドラマ『後妻業』2話では、武内小夜子(木村佳乃)と柏木亨(高橋克典)が、中瀬耕造(泉谷しげる)の金庫の中身をゲット。

そしてもはや利用価値がなくなった中瀬を、小夜子が驚きの手段で殺害します(>_<)

当記事では、ドラマ『後妻業』2話のあらすじのネタバレと、Twitter(ツイッター)の評判と感想をまとめています。


『後妻業』3話のネタバレと感想!小夜子は「尊厳死のプロ」か後妻業のエースか?の記事はこちら
『後妻業』3話のネタバレと感想!小夜子は「尊厳死のプロ」か後妻業のエースか?

ドラマ「後妻業」1話のあらすじのネタバレと感想!木村佳乃の関西弁に賛否両論!の記事はこちら
ドラマ「後妻業」1話のあらすじのネタバレと感想!木村佳乃の関西弁に賛否両論!

ドラマ「後妻業」最終回結末をネタバレ予想!最後に勝つのは小夜子で柏木とのバディは続行!の記事はこちら
ドラマ「後妻業」最終回結末をネタバレ予想!最後に勝つのは小夜子で柏木とのバディは続行!

ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・前編!大竹しのぶ主演の映画版との違いも!の記事はこちら
ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・前編!大竹しのぶ主演の映画版との違いも!

ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・後編!男女4人の魑魅魍魎の争いの結末は?の記事はこちら
ドラマ「後妻業」のあらすじを原作ネタバレ・後編!男女4人の魑魅魍魎の争いの結末は?



ドラマ『後妻業』2話のあらすじのネタバレ



ドラマ『後妻業』2話のあらすじのネタバレをまとめていきます。

ドエライお宝爺さんの金庫の中身は……



中瀬耕造(泉谷しげる)に「遺言公正証書」を書かせて全ての遺産を相続できるようにした武内小夜子(木村佳乃)ですが、家の金庫の暗証番号は教えてもらえませんでした。

耕造は小夜子にベタ惚れだったにもかかわらず、小夜子を信用していたわけではないのです(^_^;)


困った小夜子がは、相棒である柏木亨(高橋克典)に相談。

柏木の知り合いの闇の金庫開け業者に、耕造の金庫を開けてもらいました。


中には……

  • 定期預金が2300万
  • 投資信託が1600万
  • 普通預金が230万

合計で、なんと4130万もありました~(≧∇≦)

さらに株は10銘柄で2900万!


柏木:「定期預金と投資信託は解約して現金にかえる。株もみんな売る」

小夜子:「わかった!明日銀行に行く」

柏木:「俺も行く。こないな大金心配やからな~。お前は通帳、俺は印鑑や」

柏木は小夜子のことを全く信用していないのです(^_^;)


場所は変わって東京。

中瀬朋美(木村多江)の事務所では、夫の佐藤司郎(長谷川朝晴)と山本絵美里(田中道子)がイチャイチャ?


その夜。

本多芳則(伊原剛志)が内縁の妻(山本真由美)と子供の家に帰宅すると、妻は子供のご飯を作っていませんでした。

子供は夕食にカップラーメンを食べていました。


翌日、小夜子と柏木は銀行に行って耕造の口座を解約しようとしますが、耕造の意思確認がないと無理だと言われてしまいます。


そんな中、小夜子は耕造の担当医師から転院を勧められます。

小夜子はまず長女の尚子(濱田マリ)に電話しますが、「お父さんのことは全て小夜子さんにお願いします」と冷たい態度。

仕方がないのでインテリ次女・朋美に電話すると、「仕事を調整して明日伺います」と意外にも次女の方がまともな対応。


小夜子と柏木は、金を独り占めに



翌朝、小夜子と柏木は、銀行員を病院に連れて行って寝たきりの耕造に会わせました。

今この時間は、尚子、朋美姉妹は、医者と面談中なので邪魔される危険性はゼロです。

耕造は「あー」「うー」しか言いませんが、小夜子の芝居でなんとか耕造がうなづいたように見せて、銀行員たちも渋々OK。


小夜子と柏木は、無事に口座を解約して4000万の現金を受け取りました。


お金は振込みではなく、現金で受け取る。

支店からこちらの口座に振り込みをすると、記録が残るから。

定期預金と投資信託の通帳が破棄して、耕造の通帳は破棄。

株の指定口座は変えて、売る。

尚子、朋美姉妹には、1円も渡さない計画です(^_^;)

柏木が「じいさんの金は手に入った。もういつ死んでもええんやぞ」と言って、「わかっとる。仕上げるわ、今夜」と小夜子。


医者から耕造の転院を勧められた尚子と朋美は、もし在宅介護になった場合にどちらが耕造を引き取るかで言い争いに。

小夜子がマンションに帰宅すると、本多がいました。

本多は、小夜子のタイガースのバッグに大金が入っているのを目撃。


その夜。

小夜子は耕造のマンションから自分の荷物を持ち去って、朋美は本多から報告を受けがてら酒を飲みました。

本多は大学時代と変わらず頼りになると思う朋美。


ホテルについた朋美は、東京の司郎に電話。

するとこんな遅い時間なのに、絵美里の声も聞こえました。

2人は浮気しているのかも?と不安になる朋美。


小夜子の仕上げ


小夜子は病院に忍び込み、耕造の腕に空気注射。

注射器いっぱいの空気を十数回(およそ200~300CC)耕造の体内に入れると、静脈内に注射された空気は血液の流れとともに心臓の右心房から右心室にたまっていきます。

大量の空気が心室にたまれば、心臓のポンプ機能が損なわれ、心臓から肺動脈に血液を送れなくなって酸欠状態を招いて、死に至るのです。


その後、耕造が死亡(医者の診断は急性肺炎)。

医者に呼ばれた小夜子はわざとらしく、耕造の遺体にすがって泣き叫びました。


知らせをお願いします。受けた柏木は、繭美(篠田麻里子)の新店でピンドンと白ドンを開けて上機嫌。

柏木が「今日スポンサーが死んだんや」と笑顔で言うのを、なにかおかしいと思う繭美。


遺産は全部ウチのもんや



場面は変わって病院。

小夜子は耕造が死んだ途端に、喪主は自分がつとめるから葬式費用400万の半分を出せと朋美に迫ります。

朋美は、しぶしぶ200万をだすことを承諾。


朋美が「ねえ、お金がないって本当なの?いくらなんでもお父さん少しぐらいは蓄えがあるはずよ」と聞くと、小夜子は立ち上がって「あの人の遺産ぜ~んぶ相続するんはウチや」と言い放ちます。


朋美が「どういうこと?」と尋ねると、小夜子はバッグから“遺言公正証”のコピーを取り出して朋美に。

そこには、全ての財産を内縁の妻・武内小夜子に譲ると書かれています。


朋美は、小夜子が耕造の正式な妻ではなく“内縁の妻”だったと知ってびっくり。

しかし小夜子は、朋美も司郎と籍を入れていないことを鋭く指摘して、大した意味はないと言い切ります。

さらに「あんた、ウチが相続する耕造さんの財産にはいっさい手ェ出されへんから」と自信たっぷりに言いました。


小夜子の過去



本多が、とうとう小夜子の過去を掴んだと電話してきました。

朋美と本多は、朋美の建築事務所で会うことに。


朋美は耕造の葬式が貧相なもので、絶対400万はかかっていないと話します。

しかし葬儀屋の領収書には400万かかったと書いてあったので、おそらく葬儀屋もグル。


場面は変わって、柏木の事務所。

実際に葬儀費用は90万しかかかっておらず、小夜子と柏木は浮いた金を山分けしていました・


また場面は変わって、朋美の建築事務所。

いよいよ本多が本題に入ります。

小夜子の本名は武内小夜子。

武内とは、亡くなった前の夫の姓。

しかも3番目の夫。

小夜子の出生の時の名前は黒沢小夜子。

36歳の時に最初の結婚をして、名城小夜子に。

2番目の結婚で、津村小夜子に。

3年前に3回目の結婚で、今の武内小夜子に。

そして小夜子と入籍後2年以内に、3人ともみんな死亡。

朋美が「もしかしてお父さんもあの人に殺された?」と青ざめると、「その可能性はある。そして多分全員の遺産を手にしているはずや」と本多。


朋美は、小夜子に「(司郎との)事実婚に深い意味があるのか」と聞かれたことを気にしていました。

10年前、子供が出来にくいと分かった時に事実婚でいいと決めたのは自分なのに。

「俺も籍は入れてへん。中瀬とおんなじや」と本多。


遺言公正証書によると、尚子が相続した家以外の全ての財産を小夜子に譲ると書いてあります。

現在耕造の遺産として考えられるのは耕造が住んでいたマンション、もちろん他にもあるのかもしれません。


本多は「小夜子がなぜ耕造と籍を入れなかったのか、調べてみる」と言い「中瀬はこれからどうしたい?」と朋美の希望を聞きます。

朋美は「あの女がお父さんを殺したってことを認めさせたい!罪を償わせたい!」と叫び、「よっしゃわかった」と本多。


また場面は変わって柏木の事務所。

小夜子は「中瀬のマンションは売る。私には本宅があるもん」と柏木に話していました。

悪ノリした柏木が「武内のじいさん、死因はなんやったやろな」と言って、「忘れるか?そんな大事なこと」と小夜子。


小夜子が教会で聖女に?



部屋を出て行こうとする小夜子に「また行くんか?」と柏木が聞いて、「当たり前や。決まり事やからね」と小夜子。

小夜子が向かった先は、なんと教会。

ひざまづいて手をあわせて、耕造との今までを思い出す小夜子。


最後に十字を切って教会を出ると、柏木が待っていました。

小夜子が「なんや、待ってたんか」と言うと、「当たり前や、決まり事やからな」と柏木。

柏木は小夜子の肩を抱いて「ごくろうさん」と言いました。


ここからは小夜子の子供の頃の回想シーン。

小夜子は児童養護施設「こどもの園」にいて、やはり教会で十字架を握っていました。


翌日、小夜子は次のターゲットがいる高級老人ホームへ。

相手は、大手外食チェーンの会長を務める富樫幹夫(佐藤蛾次郎)。


ドラマ『後妻業』2話のツイッターの評判と感想

ドラマ『後妻業』2話のツイッターの評判と感想を見てみましょう。

公正証書があっても遺留分はもらえるはず





小夜子は朋美に「ウチが想像する耕造さんの遺産にあんたは手ェ出されへん」と言っていましたが、朋美には“遺留分”という対抗手段があるはず。

遺留分についての詳しい記事はこちら
ドラマ『後妻業』の遺言公正証書とは?耕造の娘の朋美(木村多江)の対抗手段は?


小夜子が3回結婚していて3回とも死別?






2話では、小夜子が耕造の内縁の妻になる前に、3回結婚していたことが判明。

しかも3人ともが、入籍後2年以内に死亡(>_<)

映画では小夜子は合計7人の夫と結婚していて、耕造も含めて5人が不審死を遂げています。


小夜子が耕造と籍を入れなかった理由は?



小夜子は3人の夫と籍を入れたのに、耕造とは籍を入れませんでした。

原作と映画では、小夜子は前の夫・武内の遺産目当てで籍を抜いていません。


総じて面白い?









木村佳乃さんの関西弁や変顔に賛否両論の声があるものの、「面白いから見る」と言う声が多数。

W木村の戦いも「面白い」と好評です。


そして耕造を殺して間もないのに、もう小夜子は次のターゲットにロックオン。

血も涙もないとしか思えないのに、教会で聖女ぶってるのは何故なのでしょうか(^_^;)

原作と映画ではこんなシーンは全くないので、ドラマのオリジナル要素です。


『後妻業』3話のネタバレと感想!小夜子は「尊厳死のプロ」か後妻業のエースか?の記事はこちら
『後妻業』3話のネタバレと感想!小夜子は「尊厳死のプロ」か後妻業のエースか?